ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「日銀」の検索結果

「日銀」に関連する情報 19632件中 1〜10件目

生活意識に関するアンケート調査

今日の予定。5月の景気動向指数速報値が発表される。日銀の「生活意識に関するアンケート調査」が発表される。


日銀

今日の予定。5月の景気動向指数速報値が発表される。日銀の「生活意識に関するアンケート調査」が発表される。


日銀

今週の予定を伝えた。6日、アメリカで6月ISM非製造業景気指数が発表される。7日は日本で5月の毎月勤労統計や家計調査、よく8日には6月の景気ウォッチャーが発表される。9日に日銀が地域経済報告を発表。10日はアメリカで生産者物価指数が発表。

藤戸によると、日銀の短観はそれほど悪くない。むしろコロナの影響を受け、スーパーやドラッグストアなど好調なセクターもある。また、第2波がどれほど影響するのか先行きの見通しが注目ポイントとなる。


日銀

日銀がデジタル通貨の実現を見据えた準備を加速する。きのう記述面の論点をまとめたリポートを公表し、課題解決に向けて実証実験に乗り出す方針を明らかにした。現金を介さないデジタル決済の需要が高まり、中国などの発行計画も進む中、日銀も出遅れないように踏み込み。(日本経済新聞)


日本経済新聞

日本・アメリカ・ヨーロッパで1億人が利用する各国の雇用支援制度が今年の夏で相次いで期限切れとなる。航空や観光などの雇用環境は依然厳しく、打ち切れば多くの失業者を生み出しかねない。一方現行制度では、財政支出が100兆円に達し、延長すれば財政負担は膨れ上がる。各国は厳しい判断を迫られる。(日本経済新聞)

日銀がデジタル通貨の実現を見据えた準備を加速する。きのう記述面の論点をまとめたリポートを公表し、課題解決に向けて実証実験に乗り出す方針を明らかにした。現金を介さないデジタル決済の需要が高まり、中国などの発行計画も進む中、日銀も出遅れないように踏み込み。(日本経済新聞)


日銀

路線価についてのトーク。きのう国税庁が路線価を発表した。全国平均で1.6%増。5年連続で上昇したが、データは今年1月時点のもので、今後新型コロナの影響がどうなるのかを解説する。コロナ禍で不動産価格は安くなるか。大手ハウスメーカーの今年3月の受注は20〜30%減。長嶋さんは「値下がりはしない」「1月の路線価は現状を反映していない。観光地は計りなおしたら、かなり下がっていると思う。良くも悪くも、不動産価格に影響があるのは観光地だけ。一般的なマンションや一戸建ては関係ない。」としている。東国原さんは「収入は下がっているが税金はとる。とんでもない。」などとした。なぜ値下がりしないのか。リーマンショック時は、中小デベロッパーが多く、売り切らないと資金繰りが苦しいため値下がりした。長嶋さんは「当時は投げ売りが出て、金融システムもストップしたので、どの企業も資金繰りに追われた。今は日銀の無制限金融緩和があるので、経済は止まっても資金は止まらない。」とした。今は大手が多いので、企業体力があって売り急ぐ必要がない。また、「超低金利状態が続いていて、ローンが組みやすいので、売り手も強気でいられる。」としている。JOYさんは「家は地元に建てたいが、状況は変わっていない。」とした。長嶋さんは「金利が低いなら家賃を払うよりローンの方が良いという流れがある。」とした。中古物件については「コロナ禍で資金繰りに困り、手放す人もいる。若干、安くなる可能性もある。」「中古はほとんどが個人が売り主。新築マンションを買って、売る期限が決まっている人たちがいる。安くても売ってしまうという人も一部いる。」とした。


日銀

日銀が発表した6月の企業短期経済観測調査では、大企業製造業DIが前回比26ポイント下落のマイナス34となり、リーマンショック直後の2009年6月以来11年ぶりの低い水準となった。大企業非製造業DIでも、宿泊・飲食などの悪化が鮮明で、前回比25ポイント下落のマイナス17となった。


アクティベート

しかし、6月の日銀短観は大企業・製造業の数字がリーマンショックに次ぐマイナス34で、オフィスの在り方を変える動きも出ている。バーチャル空間のCG製作を手掛けるActiv8では先月から全従業員を在宅勤務としていて、CEOの男性はオフィスを解約してコストを削減する形となった。これによって家賃・光熱費は節約できると見ていて、浮いた金をテレワークの補助に回す方針。


日銀

日銀が発表した6月の短観は大企業・製造業は-34。6期連続の悪化だった。リーマンショック後2009年以来11年ぶりの低水準となった。


「日銀」に関連する観光・地域情報

アエロメヒコ

新型コロナウイルスをめぐる動きを紹介。日銀短観11年ぶりの低水準、「米感染者毎日10万人の恐れ」と警告、アエロメヒコ破産法申請「運航は継続」。