ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「日銀」の検索結果

「日銀」に関連する情報 22800件中 1〜10件目

日銀

物価高騰について。欧米は金利を上げる抑制策をとっているが日銀は金利を上げないので金利差が拡大して円安が進み輸入品がさらに高騰する。戦争やコロナは根本的な問題ではなく、日本経済はこの数十年停滞してしまっている。日本人は新しいプラットフォームを作った日本人を叩くような文化になって日本人発の技術が世界を席巻できなくなっていると話した。


日銀

火曜日、円相場が一時1ドル136円台をつけた。115円台だったことしの始めと比べて21円円安が進んだことになり、24年ぶりの円安水準となっている。寺島氏は「日本売りが大きな流れになってきちゃってる」「世界の金利引き下げに耐えきれなくなって動き出すだろうという思惑で売り浴びせられている、意地になって日銀は守ってる形」などとコメント。


日本長期信用銀行

火曜日、円相場が一時1ドル136円台をつけた。115円台だったことしの始めと比べて21円円安が進んだことになり、24年ぶりの円安水準となっている。寺島氏は「日本売りが大きな流れになってきちゃってる」「世界の金利引き下げに耐えきれなくなって動き出すだろうという思惑で売り浴びせられている、意地になって日銀は守ってる形」などとコメント。


「日銀」に関連するグルメ情報

もやし

物価上昇について。先月の生鮮食品を除いた消費者物価指数は前年同月比2.1%上昇、2ヶ月連続で政府・日銀が賃金上昇を前提に目標としてきた2%を上回っている。上昇主な理由は原油価格の高止まりで、エネルギー全体で17.1%の大幅な上昇に至っている。茨城県のもやし工場では原料の緑豆の輸入価格が中国の人件費上昇などにより上がり、もやしを生産する際の燃料費も昨年比1.5倍以上となった事から、取引先に価格改定を申し入れたという。もやしはずっと低価格を維持しており、10円上がった程度ならば責められるべきではない、もやしの生産者さんには頑張ってほしいなどと浅尾。この物価高は年内いっぱい続くと見られる。スーパーに行っても値上がりしてない商品を探すのが難しいくらいだと浅尾。車に乗らないという選択肢がない地域に住んでいるので早く安定してほしい、とも。下がる気配が見えないというのが残念などと東山。


東京新聞

物価上昇について。先月の生鮮食品を除いた消費者物価指数は前年同月比2.1%上昇、2ヶ月連続で政府・日銀が賃金上昇を前提に目標としてきた2%を上回っている。上昇主な理由は原油価格の高止まりで、エネルギー全体で17.1%の大幅な上昇に至っている。茨城県のもやし工場では原料の緑豆の輸入価格が中国の人件費上昇などにより上がり、もやしを生産する際の燃料費も昨年比1.5倍以上となった事から、取引先に価格改定を申し入れたという。もやしはずっと低価格を維持しており、10円上がった程度ならば責められるべきではない、もやしの生産者さんには頑張ってほしいなどと浅尾。この物価高は年内いっぱい続くと見られる。スーパーに行っても値上がりしてない商品を探すのが難しいくらいだと浅尾。車に乗らないという選択肢がない地域に住んでいるので早く安定してほしい、とも。下がる気配が見えないというのが残念などと東山。


「日銀」に関連するグルメ情報

ハンバーガー

総務省が発表した5月の消費者物価指数は、生鮮商品を除いた指数が去年の同じ月を2.1%上回って9か月連続で上昇した。政府・日銀が目標としてきた2%を上回ったのは2か月連続。電気代が18.6%、ガソリンが13.1%上昇するなど、エネルギー全体で17.1%の伸び幅となった。食料では食用油が36.2%、ポテトチップスが9.0%、ハンバーガーが7.6%上昇した他、中国のロックダウンや半導体不足の影響を受けて、ルームエアコンも11.0%上昇。円安が進む中、物価高による家計への負担増が鮮明になっている。こうした中、懸念されているのが「スクリューフレーション」という現象。これは「スクリューイング」低中所得者層の生活のしめつけ。「インフレーション」食料・エネルギーの物価上昇。を合わせた造語で、リーマンショック後のアメリカでも問題になったという。生活必需品の値上がりによる負担は年収が低いほど大きくなる傾向。


「日銀」に関連するグルメ情報

ポテトチップス

総務省が発表した5月の消費者物価指数は、生鮮商品を除いた指数が去年の同じ月を2.1%上回って9か月連続で上昇した。政府・日銀が目標としてきた2%を上回ったのは2か月連続。電気代が18.6%、ガソリンが13.1%上昇するなど、エネルギー全体で17.1%の伸び幅となった。食料では食用油が36.2%、ポテトチップスが9.0%、ハンバーガーが7.6%上昇した他、中国のロックダウンや半導体不足の影響を受けて、ルームエアコンも11.0%上昇。円安が進む中、物価高による家計への負担増が鮮明になっている。こうした中、懸念されているのが「スクリューフレーション」という現象。これは「スクリューイング」低中所得者層の生活のしめつけ。「インフレーション」食料・エネルギーの物価上昇。を合わせた造語で、リーマンショック後のアメリカでも問題になったという。生活必需品の値上がりによる負担は年収が低いほど大きくなる傾向。


みずほリサーチ&テクノロジーズ

総務省が発表した5月の消費者物価指数は、生鮮商品を除いた指数が去年の同じ月を2.1%上回って9か月連続で上昇した。政府・日銀が目標としてきた2%を上回ったのは2か月連続。電気代が18.6%、ガソリンが13.1%上昇するなど、エネルギー全体で17.1%の伸び幅となった。食料では食用油が36.2%、ポテトチップスが9.0%、ハンバーガーが7.6%上昇した他、中国のロックダウンや半導体不足の影響を受けて、ルームエアコンも11.0%上昇。円安が進む中、物価高による家計への負担増が鮮明になっている。こうした中、懸念されているのが「スクリューフレーション」という現象。これは「スクリューイング」低中所得者層の生活のしめつけ。「インフレーション」食料・エネルギーの物価上昇。を合わせた造語で、リーマンショック後のアメリカでも問題になったという。生活必需品の値上がりによる負担は年収が低いほど大きくなる傾向。


日銀

総務省が発表した5月の消費者物価指数は、生鮮商品を除いた指数が去年の同じ月を2.1%上回って9か月連続で上昇した。政府・日銀が目標としてきた2%を上回ったのは2か月連続。電気代が18.6%、ガソリンが13.1%上昇するなど、エネルギー全体で17.1%の伸び幅となった。食料では食用油が36.2%、ポテトチップスが9.0%、ハンバーガーが7.6%上昇した他、中国のロックダウンや半導体不足の影響を受けて、ルームエアコンも11.0%上昇。円安が進む中、物価高による家計への負担増が鮮明になっている。こうした中、懸念されているのが「スクリューフレーション」という現象。これは「スクリューイング」低中所得者層の生活のしめつけ。「インフレーション」食料・エネルギーの物価上昇。を合わせた造語で、リーマンショック後のアメリカでも問題になったという。生活必需品の値上がりによる負担は年収が低いほど大きくなる傾向。


日銀

総務省が発表した5月の全国の消費者物価指数は変動の大きい生鮮食品を除いた指数が101.6となり、去年5月より2.1%上昇。9か月連続の上昇。政府と日銀が目標としてきた2%を超えるのは2か月連続。原油価格高騰を背景に電気代が18.6%上昇、都市ガス代が22.3%上昇。小麦粉・食用油の上昇、円安などの影響で生鮮食品を除く食料は2.7%上昇。



  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。