ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「旭化成建材」の検索結果

「旭化成建材」に関連する情報 2790件中 1〜10件目

日産自動車

日本企業の不正問題、2015年には東洋ゴム・東芝・旭化成建材、16年にスズキ・三菱自動車など。今年に入り富士フイルムHD・日産自動車・神戸製鋼所と日本を代表する企業の不祥事が後を絶たない。

国内6工場すべてで出荷を停止した日産自動車は、「無資格者の車両検査を是正」したと発表した後も不正な検査を続けていた。日産のディーラーは、客と接点がある中で本社からの指示が具体的にないことが一番の問題、前線のディーラーに対してあまりにも情報不足と経営陣に対する不満を語った。さらに新型リーフについても、電気自動車についての問い合わせが止まった、期待していた中で全くなくなってしまったと話した。下請けの町工場は、日産から今回の話は今のところ何もない、車が売れなくなると日産の依存度が90%以上なので深刻だなどと話した。


富士フイルムホールディングス

日本企業の不正問題、2015年には東洋ゴム・東芝・旭化成建材、16年にスズキ・三菱自動車など。今年に入り富士フイルムHD・日産自動車・神戸製鋼所と日本を代表する企業の不祥事が後を絶たない。


神戸製鋼所

日本企業の不正問題、2015年には東洋ゴム・東芝・旭化成建材、16年にスズキ・三菱自動車など。今年に入り富士フイルムHD・日産自動車・神戸製鋼所と日本を代表する企業の不祥事が後を絶たない。

新たな不正発覚で今日神戸製鋼が会見。問題把握後の自主点検で管理職含む従業員が不正の隠蔽を図っていた。またJISの法令違反に相当すると認められる銅管製品のデータ改ざんがあったと発表した。データ改ざんの対象については調査中で把握していないという。会見は事実確認ができていないものがほとんどだった。

不正が行われた真岡製造所では現場従業員に向け一連の騒動についての説明が行われた。内容について取材するも誰も話さなかった。現場では不正について、報道で初めて知った声も多かぅた。だが社員による匿名口コミサイトでは、何か問題が起きても見て見ぬふりをする風習があるや、技術レベルは過去に比べ低迷している、体育会系で上に逆らえない風土があるなど不正を招いた要因も垣間見えた。

神戸本社の目と鼻の先でOB会が開かれた。不正が十数年前から継続していた点について、OBらは不正がなかったと話している。高い商品規格のプレッシャーがあったのではとの指摘もあった。

神戸製鋼所の会見を受け、経済産業省も緊急会見を開いた。神戸製鋼の自主点検に隠蔽工作があったことについて、信頼性を損なうものだと厳しく非難した。神戸製鋼に対し、2週間程度で安全検証をし結果を公表することや、外部の専門家で構成される調査委員会を設置し、事実調査・原因究明・再発防止を行うことを指示したという。

神戸製鋼所は12日に不正はないと断言した鉄鋼製品でも不正が判明した。問題を把握しながら再発防止できなかったことに取締役会は機能していたのか懐疑的な声もあがっている。政府は企業ガバナンスの問題か、経営陣の現場の掌握に問題があるのか明らかにし、こういった例が二度と起こらないよう取り組むことが重要としている。


三菱自動車

日本企業の不正問題、2015年には東洋ゴム・東芝・旭化成建材、16年にスズキ・三菱自動車など。今年に入り富士フイルムHD・日産自動車・神戸製鋼所と日本を代表する企業の不祥事が後を絶たない。


スズキ

日本企業の不正問題、2015年には東洋ゴム・東芝・旭化成建材、16年にスズキ・三菱自動車など。今年に入り富士フイルムHD・日産自動車・神戸製鋼所と日本を代表する企業の不祥事が後を絶たない。


旭化成建材

日本企業の不正問題、2015年には東洋ゴム・東芝・旭化成建材、16年にスズキ・三菱自動車など。今年に入り富士フイルムHD・日産自動車・神戸製鋼所と日本を代表する企業の不祥事が後を絶たない。


東芝

日本企業の不正問題、2015年には東洋ゴム・東芝・旭化成建材、16年にスズキ・三菱自動車など。今年に入り富士フイルムHD・日産自動車・神戸製鋼所と日本を代表する企業の不祥事が後を絶たない。

社外取締役は不正行為防止として機能しているのか、東芝元副社長で国内外10社以上で社外取締役を務めた川西剛氏は日本の場合、取締役は形で実際の運営は常務会や会議で根回しが終わっている とし、反対意見を言う人もいるが言いづらいという。社外取締役の役割は企業が隠そうとしていることを明るみに出す、隠せないようにするのが仕事だという。現状多くの社外取締役がそれをまっとうできていないという専門家もいる。4、5社と兼任している方もいて取締役会に出席できないという。東証1部で7人に1人が2社以上を兼任し、4社以上でも62人いた。専門家は社外取締役が現場と関わることが不祥事の早期発見に繋がるという。

東芝が今日公表した2015年に発覚した不適切会計以降のガバナンス体制の改善策をまとめた報告書を紹介。社外取締役について触れられている項目もあり、社外取締役に対する十分な情報が出されず、社内取締役による議論が中心となり、社外取締役による議論が活発に行われている状況ではなかった。経営トップに批判的・忌憚のない意見を述べる人物を積極的に選定しようとする姿勢がなかったとしている。


東洋ゴム

日本企業の不正問題、2015年には東洋ゴム・東芝・旭化成建材、16年にスズキ・三菱自動車など。今年に入り富士フイルムHD・日産自動車・神戸製鋼所と日本を代表する企業の不祥事が後を絶たない。


神戸製鋼

日本のモノづくりの不正が近年相次いで発覚している。2015年は東洋ゴム工業の免震ゴムのデータ偽装、化血研による血液製剤の未承認製造、旭化成建材の杭打ちデータ偽装。2016年は三菱自動車による燃費データ改ざん、2017年は日産自動車の新車無資格検査。さらに神戸製鋼の性能データ改ざんはまだ全容が見えていない。経済同友会代表幹事は今日の会見で「世界で評価されてきた日本のモノづくりの質がここ数年崩れつつある」と述べている。鈴木さんは「大手電機メーカー幹部と話した。高度成長期から作られてきた企業体質。みんなが一丸となると上から指示されたことにノーと言えるかと。言えないですよね。ある意味一時代を築いたプラス部分の綻びが出てきていると自戒を込めて言っていた。その辺が課題」などと話した。


三菱自動車

日本のモノづくりの不正が近年相次いで発覚している。2015年は東洋ゴム工業の免震ゴムのデータ偽装、化血研による血液製剤の未承認製造、旭化成建材の杭打ちデータ偽装。2016年は三菱自動車による燃費データ改ざん、2017年は日産自動車の新車無資格検査。さらに神戸製鋼の性能データ改ざんはまだ全容が見えていない。経済同友会代表幹事は今日の会見で「世界で評価されてきた日本のモノづくりの質がここ数年崩れつつある」と述べている。鈴木さんは「大手電機メーカー幹部と話した。高度成長期から作られてきた企業体質。みんなが一丸となると上から指示されたことにノーと言えるかと。言えないですよね。ある意味一時代を築いたプラス部分の綻びが出てきていると自戒を込めて言っていた。その辺が課題」などと話した。