ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「明海大学」の検索結果

「明海大学」に関連する情報 95件中 1〜10件目

明海大学

きのう午後3時38分、板門店にトランプ大統領が現れた。その視線の先に居たのは金委員長、トランプ大統領は現職の大統領で初めて北朝鮮側に入り握手を交わした。その後、金委員長が韓国側へ、北朝鮮側で記念撮影を行った。そして2人同時に北朝鮮側に足を踏み入れた。金委員長はトランプ大統領が軍事境界線を超えたのはよくない過去を清算しいい未来を切り開くためのトランプ大統領の並々ならぬ決断などと述べた。今年2月以来3回目となった今回の会談はトランプ大統領の思いつきだった「もし金委員長がこのツイッターを見てくれたら軍事境界線の非武装地帯で握手をして挨拶するだろう」などとツイートし実現した。明海大学・小谷さんは来年アメリカでは大統領選挙がありそれに向けた1つの成果として米朝の非核化のプロセスを出来るだけ早く再開したい北朝鮮側は制裁の全面解除を望んでいるなどと述べた。


ツイッター

きのう午後3時38分、板門店にトランプ大統領が現れた。その視線の先に居たのは金委員長、トランプ大統領は現職の大統領で初めて北朝鮮側に入り握手を交わした。その後、金委員長が韓国側へ、北朝鮮側で記念撮影を行った。そして2人同時に北朝鮮側に足を踏み入れた。金委員長はトランプ大統領が軍事境界線を超えたのはよくない過去を清算しいい未来を切り開くためのトランプ大統領の並々ならぬ決断などと述べた。今年2月以来3回目となった今回の会談はトランプ大統領の思いつきだった「もし金委員長がこのツイッターを見てくれたら軍事境界線の非武装地帯で握手をして挨拶するだろう」などとツイートし実現した。明海大学・小谷さんは来年アメリカでは大統領選挙がありそれに向けた1つの成果として米朝の非核化のプロセスを出来るだけ早く再開したい北朝鮮側は制裁の全面解除を望んでいるなどと述べた。


海上自衛隊

トランプ大統領の日米同盟や安保への不満について、明海大学の小谷哲男准教授はトランプ大統領が選挙モードに入り有権者へのアピールだと解説。トランプ大統領は3年前の大統領選でも安保条約を槍玉に挙げていた。就任後は、トランプ大統領の周りが日米安保の必要性を訴えて発言は抑えていた。今後は駐留費用、防衛費、兵器購入を同盟国になされるとした。今日の日米首脳会談でも軍事装備品の購入について協議していくと話した。日本のタンカーなどがホルムズ海峡付近で攻撃を受けた際、トランプ大統領はツイッターで「アメリカが見返りなしで他国の船を守るのか、すべての国が自分たちで守るべきだ」と投稿。小谷准教授はホルムズ海峡に関しての責任分担は本気だと考えていいと指摘。日本に対し、海上自衛隊の派遣なども求められることは考えられるとした。今日は茂木経済再生担当相とライトハイザー米通商代表が協議。茂木経済再生担当相は合意に至るまでは神のみぞ知ると答えた。


トランプ大統領

トランプ大統領の日米同盟や安保への不満について、明海大学の小谷哲男准教授はトランプ大統領が選挙モードに入り有権者へのアピールだと解説。トランプ大統領は3年前の大統領選でも安保条約を槍玉に挙げていた。就任後は、トランプ大統領の周りが日米安保の必要性を訴えて発言は抑えていた。今後は駐留費用、防衛費、兵器購入を同盟国になされるとした。今日の日米首脳会談でも軍事装備品の購入について協議していくと話した。日本のタンカーなどがホルムズ海峡付近で攻撃を受けた際、トランプ大統領はツイッターで「アメリカが見返りなしで他国の船を守るのか、すべての国が自分たちで守るべきだ」と投稿。小谷准教授はホルムズ海峡に関しての責任分担は本気だと考えていいと指摘。日本に対し、海上自衛隊の派遣なども求められることは考えられるとした。今日は茂木経済再生担当相とライトハイザー米通商代表が協議。茂木経済再生担当相は合意に至るまでは神のみぞ知ると答えた。


明海大学

トランプ大統領の日米同盟や安保への不満について、明海大学の小谷哲男准教授はトランプ大統領が選挙モードに入り有権者へのアピールだと解説。トランプ大統領は3年前の大統領選でも安保条約を槍玉に挙げていた。就任後は、トランプ大統領の周りが日米安保の必要性を訴えて発言は抑えていた。今後は駐留費用、防衛費、兵器購入を同盟国になされるとした。今日の日米首脳会談でも軍事装備品の購入について協議していくと話した。日本のタンカーなどがホルムズ海峡付近で攻撃を受けた際、トランプ大統領はツイッターで「アメリカが見返りなしで他国の船を守るのか、すべての国が自分たちで守るべきだ」と投稿。小谷准教授はホルムズ海峡に関しての責任分担は本気だと考えていいと指摘。日本に対し、海上自衛隊の派遣なども求められることは考えられるとした。今日は茂木経済再生担当相とライトハイザー米通商代表が協議。茂木経済再生担当相は合意に至るまでは神のみぞ知ると答えた。


明海大学

昨日のゴルフ直後、トランプ大統領はツイッターで農産品と牛肉を対象とした貿易交渉が進展中で、大部分は7月の選挙後だとツイート。トランプ大統領は当初、5月に協定を結べるとしていた。アメリカ側の要求は農産品の関税をTPPレベルまで引き下げること。専門家は「アメリカは中国との貿易戦争で農産品が売れなくなり焦っている。日本との関税交渉を国内向けのアピール材料にしたいと考えている。」と指摘。また、日本側の自動車関税を引き上げるもしくは輸入制限をかけると揺さぶりをかけている。今日、トランプ大統領は8月に何らかの発表をしたいと話していたが、これは日本の選挙後であることから一定の配慮をした形とみられる。


「明海大学」に関連するイベント情報

G20

明海大学准教授の小谷哲男さん曰く「大阪のG20に来るというのはつい最近決まった。今回の訪日に関しては元号が変わるということがわかっていたので去年の秋から、新しい元号の下での最初の国賓は同盟国の首脳であるアメリカ大統領にしたいと準備をしてきていたという流れ」とのこと。「国賓としておもてなしをするのは日米関係の絶好のアピールであり、アメリカ側としても日本に来ることに利益を見出している」という。いかに日米関係が親密かなどという事を国外に伝えることにより難問をうまく乗り切ろうという事が日米双方の利益になるのだそう。今後のスケジュールは、本日は皇居で天皇陛下と会見や日米首脳会談、拉致被害者家族と面会、明日は護衛艦「かが」視察などの後帰国する予定。小谷さんは「重要な問題は昨日のゴルフのカートの中でしているはず。今日は中国の問題と北朝鮮の問題などが話されていく」などと話した。


明海大学

明海大学准教授の小谷哲男さん曰く「大阪のG20に来るというのはつい最近決まった。今回の訪日に関しては元号が変わるということがわかっていたので去年の秋から、新しい元号の下での最初の国賓は同盟国の首脳であるアメリカ大統領にしたいと準備をしてきていたという流れ」とのこと。「国賓としておもてなしをするのは日米関係の絶好のアピールであり、アメリカ側としても日本に来ることに利益を見出している」という。いかに日米関係が親密かなどという事を国外に伝えることにより難問をうまく乗り切ろうという事が日米双方の利益になるのだそう。今後のスケジュールは、本日は皇居で天皇陛下と会見や日米首脳会談、拉致被害者家族と面会、明日は護衛艦「かが」視察などの後帰国する予定。小谷さんは「重要な問題は昨日のゴルフのカートの中でしているはず。今日は中国の問題と北朝鮮の問題などが話されていく」などと話した。


羽田空港

昨日、令和初の国賓としてトランプ大統領夫妻がエアフォースワンに乗って来日。赤い上着を着たトランプ大統領がヘリコプターで移動したのは千葉県茂原市のゴルフ場。青いジャケットの安倍首相と合流し握手を交わした。プロゴルファーの青木功さんを混じえラウンドがスタート、暑さの中2時間半に渡りゴルフを楽しんだ。ランチはトランプ大統領の為に作られた特製ダブルチーズバーガー。提供した都内の店をジップが取材すると「通常より大きいサイズ(1.2倍)をアメリカ産の牛肉で作ってほしいという依頼があった」とのこと。首相官邸インスタグラムではゴルフ時の満面の笑みで写る両首脳のツーショット写真を公開。安倍首相は「リラックスして楽しめた」などと語る。両首脳がゴルフを楽しんでいる頃、昭恵夫人とメラニア夫人は東京・お台場の「デジタルアートミュージアム」へ。英語で会話をしながら展示場を回った。そして午後5時頃、トランプ夫妻は両国国技館に到着。大歓声の中、枡席に特別にイスを用意し着席した。まず観戦したのは58年ぶり三役経験のない優勝力士・朝乃山と御嶽海の取組み。アメリカ合衆国大統領杯の授与ではスリッパを履いて土俵に上がったトランプ大統領が初優勝を果たした朝乃山をたたえた。朝乃山に贈られたのは特別に作られたという高さ1m37cm、重さ30kgの巨大な”大統領杯”。相撲観戦の後に向かったのが夕食会が行われる六本木。厳重な警備の中、両首脳が訪れる高級炉端焼き店「田舎家」の周辺は白いテントで覆われた。午後6時過ぎに到着し、夕食会が始まった。トランプ大統領は安倍総理の一連のもてなしを高く評価し「安倍首相と多くのことを話した。生産的な1日だった」と語った。安倍総理は「リラックスしながら様々な議論、意見交換をした」などとした。

明海大学准教授の小谷哲男さん曰く「大阪のG20に来るというのはつい最近決まった。今回の訪日に関しては元号が変わるということがわかっていたので去年の秋から、新しい元号の下での最初の国賓は同盟国の首脳であるアメリカ大統領にしたいと準備をしてきていたという流れ」とのこと。「国賓としておもてなしをするのは日米関係の絶好のアピールであり、アメリカ側としても日本に来ることに利益を見出している」という。いかに日米関係が親密かなどという事を国外に伝えることにより難問をうまく乗り切ろうという事が日米双方の利益になるのだそう。今後のスケジュールは、本日は皇居で天皇陛下と会見や日米首脳会談、拉致被害者家族と面会、明日は護衛艦「かが」視察などの後帰国する予定。小谷さんは「重要な問題は昨日のゴルフのカートの中でしているはず。今日は中国の問題と北朝鮮の問題などが話されていく」などと話した。


明海大学

トランプ大統領が明日から来日。今回の警備で投入される警察官は最大計約2万5000人。アメリカの大統領単独の来日時として過去最大の規模の警備となる。記者の質問に対してトランプ大統領は「私は主賓」と強調した。3泊4日の予定で来日するトランプ大統領は、ゴルフ、大相撲観戦などを行う。アメリカは対日貿易赤字の解消のため農産品の関税引き上げと撤廃を求めている。日本政府はTPP水準までは農産品の関税引き下げも応じる選択肢があるが、無条件ではない。政府関係者はTPPの段階でオバマ政権が工業品で大きく関税を引き下げてきたから日本もあれだけ農産品で関税を下げた、トランプ政権は工業品の関税を下げるつもりはない、そうなると日本としてはTPP水準にすら関税を下げなくてもいいわけだ」と語った。渋谷政策調整統括官は「まだまだかなりお互いに開きがある」と語った。専門家は「日本は7月に参院選、アメリカは来年に大統領選がある。相手の立場を弱めるようなことは控える」「トランプ大統領は自動車産業にマイナスになるような話をアメリカから出すのは難しい」と語った。