ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「晴れのち晴れ」の検索結果

「晴れのち晴れ」に関連する情報 174件中 61〜70件目

コインランドリー

大場久美子が櫻井宏美とともに武蔵野市の「晴れのち晴れ 吉祥寺店」を取材。櫻井はコインランドリーで大事なのは立地で近くにあるものがあると失敗しないという。正解はタワーマンションだった。櫻井はタワーマンションでは布団を干すことを禁止している場合があるり、さらにその側には日当たりの悪い物件もsる、その側にあると利用しやすいとした。櫻井自身も日当たりが悪く洗濯に悩み開業のきっかけとなった。櫻井は1店舗に2000万円かかるとし、特大サイズは300万円かかる。9割は機械代だとした。櫻井は5店舗経営しているが、週1回の点検程度だとした。

スタジオトークで、山崎弘也は今のコインランドリーがイメージと違ったとし、以前は薄暗くてたまにいいことはブラジャーが忘れられている程度だったと話した。


晴れのち晴れ 吉祥寺店

大場久美子が櫻井宏美とともに武蔵野市の「晴れのち晴れ 吉祥寺店」を取材。一般的なコインランドリーの洗濯機は4kgだが、ここでは15kgがメイン。1度に22kgまで選択乾燥できる。櫻井はこの大きさが成功のカギだという。櫻井は1週間分の洗濯は面倒だし、急な布団の汚れなど対応できるので導入していると話した。1人暮らしの1週間分の洗濯量は4.2kg、3人家族だと12.6kgとなる。櫻井のコインランドリーでは1週間分の洗濯を1回でできてしまう。共働きで洗濯できない家庭でも週末に1回で洗濯できる。最大の22kg洗濯機では羽毛布団が2枚洗濯できる。櫻井は外出先でスマホで残り時間が確認できるようにしていると話した。利用者は5人家族で3回分を40分でできるので自分にとってコストパフォーマンスがいいと話した。櫻井はコインランドリーで大事なのは立地で近くにあるものがあると失敗しないという。


「晴れのち晴れ」に関連する映画・DVD

ダウンタウンと坂上忍、田中みな実は三軒茶屋で待つ松本利夫の元へ向かった。坂上忍は田中みな実の「anan」のグラビアで見せたが美乳なのかと聞き、松本人志はに確かめてみると話した。松本利夫はEXILEを2001年の結成から支え続け、現在は劇団EXILE松組旗揚げし、映画やドラマなどに活躍。松本利夫は禁断の上下関係を暴露する。

 (劇場公開日 2013年11月23日)
「晴れのち晴れ、ときどき晴れ」

映画.com

(C)2013「晴れのち晴れ、ときどき晴れ」製作委員会


ダニ

吉祥寺のコインランドリー「晴れのち晴れ」を紹介した。家庭用の2倍から3倍の容量のある洗濯機や、32kg分の汚れ物を洗える特大型の洗濯機を置いているため、普段家ではあらえない布団やカーペットなども洗うことができる。クリーニングでは通常10000円かかるところを1700円で済ませられるほか、70分で乾燥まで済ませてくれるため洗ったその日に即使うことができる。またプロパンガスを使った高温乾燥でダニ退治も出来てしまうのが嬉しいポイントだ。


カーペット

吉祥寺のコインランドリー「晴れのち晴れ」を紹介した。家庭用の2倍から3倍の容量のある洗濯機や、32kg分の汚れ物を洗える特大型の洗濯機を置いているため、普段家ではあらえない布団やカーペットなども洗うことができる。クリーニングでは通常10000円かかるところを1700円で済ませられるほか、70分で乾燥まで済ませてくれるため洗ったその日に即使うことができる。またプロパンガスを使った高温乾燥でダニ退治も出来てしまうのが嬉しいポイントだ。


布団

吉祥寺のコインランドリー「晴れのち晴れ」を紹介した。家庭用の2倍から3倍の容量のある洗濯機や、32kg分の汚れ物を洗える特大型の洗濯機を置いているため、普段家ではあらえない布団やカーペットなども洗うことができる。クリーニングでは通常10000円かかるところを1700円で済ませられるほか、70分で乾燥まで済ませてくれるため洗ったその日に即使うことができる。またプロパンガスを使った高温乾燥でダニ退治も出来てしまうのが嬉しいポイントだ。


晴れのち晴れ

吉祥寺のコインランドリー「晴れのち晴れ」を紹介した。家庭用の2倍から3倍の容量のある洗濯機や、32kg分の汚れ物を洗える特大型の洗濯機を置いているため、普段家ではあらえない布団やカーペットなども洗うことができる。クリーニングでは通常10000円かかるところを1700円で済ませられるほか、70分で乾燥まで済ませてくれるため洗ったその日に即使うことができる。またプロパンガスを使った高温乾燥でダニ退治も出来てしまうのが嬉しいポイントだ。


コインランドリー

早稲田にある月額4000円の会員制コインランドリー「Araeru」を紹介した。24時間営業でいつでも使い放題、ふとんクリーナーやふとん乾燥機など家電のレンタルもしているほか、専用のホームページから店舗の空き状況を調べることもできる。月額4000円は、頻繁に洗濯する人にとってはけして高額な値段ではないという。

吉祥寺のコインランドリー「晴れのち晴れ」を紹介した。家庭用の2倍から3倍の容量のある洗濯機や、32kg分の汚れ物を洗える特大型の洗濯機を置いているため、普段家ではあらえない布団やカーペットなども洗うことができる。クリーニングでは通常10000円かかるところを1700円で済ませられるほか、70分で乾燥まで済ませてくれるため洗ったその日に即使うことができる。またプロパンガスを使った高温乾燥でダニ退治も出来てしまうのが嬉しいポイントだ。

中目黒高架下など全国に19店舗を展開する「WASH&FOLD」は植物などを飾ったスタイリッシュでモダンな店構えが特長で、店内にはオシャレ着専用の洗濯機が置かれている。回転速度を遅くしたソフトな洗い方やお店独自の特殊な洗剤で衣類をコーティングすることで装飾の痛みを防いでくれるという。またもう一つ、主婦も大助かりの独自のサービスを行っている。詳しくはCMのあと。

このあと 主婦も大助かり!クリーニング業界の革命といわれるサービスとは!?


晴れのち晴れ

今週日曜日。東京・吉祥寺にあるコインランドリー「晴れのち晴れには、大きな布団を持ち込む主婦が多く見られた。ここには、超巨大の布団洗濯機がある。容量は32kgで70分1800円。売りは大容量と安さ。


コインランドリー

今、梅雨の時期に活躍するのが「コインランドリー」。しかし、世間のイメージは「暗い」「汚い」などの印象が多い。

先週オープンした「フレディレック・ウォッシュサロントーキョー」。店内にはシャンデリア、白衣着た常駐スタッフ、カフェスペースなどがあり、わずか15分で大盛況!!

今、コインランドリーは劇的な変化を遂げている。待ち時間にネイルをしてくれるコインランドリーや、洗濯代行サービスなどを行うコインランドリーなど。

今回のテーマは「コインランドリー」。梅雨の時期に大活躍する進化型コインランドリーを紹介。坂下千里子さんらは「家の近所にあるんですけどまだ、使ったことないです。でも、暗いし古いので行きにくいです」などと言った。進化型コインランドリー増加の背景には共働き世帯・高齢者が増えていること。利用者は1980年代は単身者・学生が多かったが、2010年代は7割の主婦が利用。

今週日曜日。東京・吉祥寺にあるコインランドリー「晴れのち晴れには、大きな布団を持ち込む主婦が多く見られた。ここには、超巨大の布団洗濯機がある。容量は32kgで70分1800円。売りは大容量と安さ。

今年4月。世界初の洗濯機を導入したのが「WASH&FOLD 中目黒高架下店」。レースなどの洋服は手洗いやクリーニングが一般的だが、おしゃれ着専用の洗濯機では回転が独特で速度が遅いため、独自の特殊な洗剤を使用。装飾の傷みを防ぐ。

先週土曜日にオープンした「フレディレック・ウォッシュサロントーキョー」では、靴専用の洗濯機・乾燥機がある。子供用4足、大人用2足・40分300円。自宅にはない機能を導入。

「フレディレック・ウォッシュサロントーキョー」オープン初日に密着し見えてきたことは、洗濯機2台、乾燥機9台、洗濯乾燥機4台と都内最大をうたうコインランドリーで、シャンデリアなどを使ったおしゃれな店内は、ドイツ発のコインランドリー「フレディレック・ウォッシュサロン」が日本初上陸したもの。コンセプトは、洗濯の時間を使い楽しいコミュニティーの場を作るというもの。

このコインランドリーにはカフェが併設しており、コーヒーやジュース以外にもブラウニーやマフィンなどの軽食もとれる。また無料Wi-Fiや雑誌も自由に読める。朝ごはんついでに洗濯をすませ、ご近所さん同士仲良くなるのもよし、ご主人を同行させればコインランドリーの空き順番を待つのを夫に任せ自分はカフェでゆっくりもできる。また昔は盗難や機械の使い方など不安も多い場所とされていたが、このコインランドリーでは午前9時から午後9時までスタッフが常駐しており、背の低い女性が大きな洗濯物を持ってきたときにはサポートしてくれたり、洗濯機内の掃除もこまめに行なってくれる。また、店内にはオリジナル洗濯グッズ「洗濯ばさみ」3300円や「ランドリーバッグ」1600円なども販売している。またドイツで130年以上愛され続けている「しみ抜き専用石鹸」450円も紹介。コインランドリーの概念を覆すサービスの数々から主婦が詰めかける理由となっている。

坂下千里子さんらは「最高ですね」などとトークした。またさらに注目されているサービスは洗濯代行サービスだという。今回はコインランドリーの「WASH&FOLD」というお店を取材した。

WASH&FOLD洗濯代行サービスは、各店舗が指定した圏内であれば、依頼があった自宅まで車で集荷。洗濯・乾燥・畳む作業まで行う。洋服を詰める専用バッグ大・小ともに事前に500円で購入し、詰めるだけ。特徴は詰め放題ということ。チャックが閉まればOK。集荷お届け:小2200円/大3000円、お持ち込み:小1500円/大2200円。

持って行って洗うこともできるが、時間がない方は集荷し届けてくれる洗濯代行サービスが利用できる。

WASH&FOLD晴海店の店長、通称“手たたみ王子”こと佐々木洋介さん。詰め・たたみ上手の佐々木さんに実践していただく。ズボン5着、Tシャツ30枚、タオル5枚をランドリーバッグ小に詰める。まずは一般主婦代表として坂下さんが詰める。