ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「有楽町駅」の検索結果

「有楽町駅」に関連する情報 1656件中 1〜10件目

有楽町駅

2016年にオープンした日本旅館「星のや東京」の料理長・浜田統之シェフは仏料理の世界大会で日本人初の世界3位に入ったことがある。そんな浜田さんが上半期で一番美味しいと感じたお店が銀座にある「ヴェトナムアリス 銀座マロニエゲート店」。浜田さんが衝撃を受けたという「鶏肉と水菜のフォー」のこだわりは4時間かけて作るスープ。仔牛の骨と鶏ガラがベースだが、あえて甘味を出すために大根も入れている。麺はヴェトナムで特注した乾麺で、米粉の甘味ともっちりした食感が特徴。


有楽町駅

宮本亜門らと相席した男性はマッチングサイトで知り合った女性と食事をして8時に解散した後に「鳥良商店 有楽町店」で食事を行っていた。さらに店に来る途中、ナンパしていた。会話の中で宮本亜門は舞台「氷艶 hyoen2019 −月光かりの如く−」の告知を行った。


有楽町駅

小峠英二と宮本亜門が3軒目・PAIS VASCOで誕生会をしているグループと相席。ダリみたいなヒゲをした従業員がおもてなしを行った。王子と呼ばれていた男性は玉川学園で英語演劇をしていて出身校が同じの宮本亜門が大喜びした。名物ママが登場すると美空ひばりの「リンゴ追分」を披露してくれた。ママは昔、宮本亜門のオーディションを受け宮本の審査を受ける前に落ちたと話した。

4軒目・磯丸水産 有楽町日比谷店を訪れると男女3人組と相席した。3人共もともと同じ会社で社内恋愛の末に結婚したという。やり取りは付箋を使ったと話した。

宮本亜門が行きつけだという鳥良商店 有楽町店を訪れ本日最後の乾杯を行った。


「有楽町駅」に関連するレストラン・飲食店

舌舌(タンタン)

小峠英二と宮本亜門が有楽町駅周辺で朝までハシゴの旅を行った。1軒目・舌舌(タンタン)で25歳の女性グループと相席し新婚なのに夫が海外にいる事や旅行でダナンへ行った話を聞いた。


有楽町駅

小峠英二と宮本亜門が有楽町駅周辺で朝までハシゴの旅を行った。1軒目・舌舌(タンタン)で25歳の女性グループと相席し新婚なのに夫が海外にいる事や旅行でダナンへ行った話を聞いた。

小峠英二と宮本亜門が2軒目・オクヨシ精肉所で男性5人組のグループと相席した。男性の1人ははとこと結婚しており、はとこが脳の病気になった後に母が脳卒中になった事で支え合い一緒になったと話してくれた。


有楽町駅

思い出の品を捨てる終活について、インターネット上で商品の売り替えができるメルカリへの出品が急増しているという。セミナーへの参加者は去年から6倍以上で60歳前後の女性が最多となっているという。


有楽町駅

洗う前に出来る防臭テクニックから、早乾きの裏技まで、梅雨でも臭わないプロが教える正しい洗濯術について伝える。


有楽町駅

今この街がキテる! 大行列!有楽町グルメツアーへ出発。まずは東京ミッドタウン日比谷「RINGO 東京ミッドタウン日比谷店」の「カスタードアップルパイ」を紹介。パイ生地は二度焼きで中にはゴロゴロリンゴ。後入れカスタードクリームでサクサク感をキープしている。続いて「林屋新兵衛」の「古都の庭園パフェ」を紹介。ガラスの器を横から見ると萌え断。すだちシャーベットの上にマスカルポーネクリーム。そして濃厚な抹茶の苦味が一体となったパフェ。続いて東京交通会館の中にはる北海道どさんこプラザ有楽町店の「夕張メロンソフト」を紹介。発売されて10年、有楽町に来たらコレ。続いて女性に大人気「タニタカフェ 有楽町店」を紹介。ヘルシーでおいしいカフェメニューが大人気。ランチの大人気は「もち豚しゃぶとレモンのフォー」。1日に必要な野菜の半分を摂ることができる。


有楽町駅

ビルの谷間にポツンと立つ一軒家を紹介。銀座の裏通りには築70年の約15坪の家が残っているが、ここの坪単価は約2000万円以上とも見られている。ここに住んでいる男性は一人暮らしでヘルパーとして生活しているが、なぜここに残ったのかを聞かれると、父と母の財産を守りたいと話していて、家を守るために六法全書もまなんでいるという。しかし、家の補強も必要となっていて、固定資産税も毎年100万円かかるという。杉並区の土地であれば年約5万2000円ほどとなっている。日常生活に支障が出始めたら売却すると話していた。一方でこの家に住み続けると固定資産税以上の修繕費を支出する可能性もあると西原さんは話していた。


有楽町駅

ここでは当番組の放送開始時間でもある23時に世の女性たちが何をしているのかに迫るなどと説明した。「23区23時のオンナたち 目黒区 1日の終りに何してる?」と題して千代田区にいる女性たちが23時に何をしているのか街頭アンケートした様子をVTRで紹介した。有楽町駅付近で友人たちと食事していた女性は友人と会ったり、電話で会話できた日は満点であり、元号が変わる瞬間も電話で一緒に過ごしたなどと語った。

有楽町駅付近で専門学校時代からの友人と過ごしていた女性は、この日は一緒にコーヒーを飲みながらずっと恋バナをしていたなどと語った。また料理講師の女性は最近婚活パーティーで出会った男性を好きになったが、一緒に婚活パーティーに参加した友人から裏切り行為を受けてしまったと打ち明けつつ、今後はとにかく痩せたいのだと告げた。