ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「朝鮮中央テレビ」の検索結果

「朝鮮中央テレビ」に関連する情報 11202件中 1〜10件目

朝鮮中央テレビ

北朝鮮の労働新聞が、金正恩委員長が新型潜水艦を視察する様子を報じた。日本海に配備するものとみられる。消息筋によると、SLBMを搭載可能な潜水艦を2年前から開発していたという。非核化をめぐる実務協議に向け、軍事力を誇示するねらいとみられる。


朝鮮中央テレビ

労働新聞は金委員長が新たに建造した日本海に配備する潜水艦を視察した。北朝鮮消息筋によると、SLBMを搭載可能な3000トン級の潜水艦を約2年前から開発を進めていたという。米との比較化を巡る実務協議に向け軍事力を誇示し、譲歩を迫る狙い。


朝鮮中央テレビ

北朝鮮・労働新聞はきょう、金委員長が新たに建造された潜水艦を視察したと伝えた。潜水艦は日本海に作戦配備されるとのことだが、全貌は明らかになっていない。韓国の軍事専門家は”潜水艦発射弾道ミサイルを搭載できる可能性が高い”と見ていて、非核化交渉を前に軍事力を誇示した形。来月行われる見通しの米韓合同軍事演習を牽制する狙いか。


朝鮮中央テレビ

きのう、北朝鮮では代議員選挙が行われた。北朝鮮のメディアは金正恩北朝鮮労働党委員長への忠誠と団結を訴え、有権者全員が賛成を投じるよう呼びかけ、投票率は99.98%だったとのこと。平壌にある投票所では、アメリカとの交渉の窓口を務めた金英哲党副委員長が投票している姿が映され、改めて健在が確認された。


朝鮮中央テレビ

この評論家はデモに参加しているある女性について、北朝鮮の軍人だと主張していた。この軍人は減衰を授与されたこともある大物人物であり、4年前に死去すると金正恩委員長が葬儀責任者を努めていた。このような人物が中年女性に変装したのかを質問すると、ゲリラはなんにでも変装すると回答していた。また、他の軍人も市民軍に紛れていたと額の広さ・眉と目の感覚などを調べた上で主張していた。YouTubeでもこれらの主張を行っていて、絶賛の声がネットではあがっていた。


朝鮮中央テレビ

午後2時、日韓事務レベルの会合が開かれた。日本が韓国に対して発動した半導体材料の輸出管理について、担当課長レベルで概要を説明する会合。日本側はこの会合を、協議ではなく説明のためだとしている。韓国側は国際法違反だと撤回を求めているのに対し、日本側は輸出管理の見直しに過ぎないとの立場を貫いている。日本は半導体材料の輸出管理強化に続き、8月末に韓国をホワイト国の指定から外すとしている。韓国はこの措置に対しても強く反発している。ホワイト国とは、輸出品が武器・兵器に転用されないと日本政府が認定した国。日本からの輸出手続き簡略化など優遇される。現在日本が指定するホワイト国は27カ国で、韓国は2004年に指定された。日本が現在、韓国に対して輸出管理を強化したのは、半導体製造に使われるフッ化水素など3品目。ホワイト国除外はほぼすべての輸出品が規制対象になる。かつて国連安保理の北朝鮮制裁委員会で専門委員を務めていた山本名誉教授は、兵器に転用可能な戦略物資が数多く韓国から北朝鮮に渡った可能性が高いと指摘する。韓国側は自国の輸出管理に力を入れていると主張しているが、信じる国は少ないとのことで、輸出管理の厳格化そのものは妥当だったという。しかし問題は発表したタイミングが悪すぎる、徴用工問題を巡って話を進めている時にやると経済制裁を行ったという印象が持たれると苦言を呈した。徴用工問題や従軍慰安婦問題で対立が強まる中、WTOで始まった議論を始め、日本に不利な影響を与えかねない。日本政府は韓国側の輸出管理に不適切な事案があったなどとだけ説明しているが、山本教授は説明が不十分だと強調する。


聯合ニュース

8日、北朝鮮の朝鮮中央テレビは故・金日成主席の死去から25年の追悼式典を放送。聯合ニュースで、金正恩委員長と妹の金与正氏の座席の位置などから、金与正氏は序列を9位と推測されると報じた。


朝鮮中央テレビ

8日、北朝鮮の朝鮮中央テレビは故・金日成主席の死去から25年の追悼式典を放送。聯合ニュースで、金正恩委員長と妹の金与正氏の座席の位置などから、金与正氏は序列を9位と推測されると報じた。


聯合ニュース

北朝鮮の朝鮮中央テレビは、8日、故金日成主席の死去から25年の追悼式典の様子を放送した。ひな壇の最前列の中央に座る金正恩党委員長から3人挟んで妹の金与正党第1副部長が座っているのが確認できる。韓国の聯合ニュースは、座席の位置から与正氏は序列9位にいることが推測されると報道。与正氏の肩書は第1副部長のままだとしつつも「血縁としての立場だけでなく、公の政治的な地位も上がったものとみられる」と分析している。聯合ニュースはまた、「4月に2期目の金正恩体制が発足してから与正氏の地位が上がったことは確認されていたものの、さらなる昇格があるか注目される」としている。


朝鮮中央テレビ

北朝鮮の朝鮮中央テレビは、8日、故金日成主席の死去から25年の追悼式典の様子を放送した。ひな壇の最前列の中央に座る金正恩党委員長から3人挟んで妹の金与正党第1副部長が座っているのが確認できる。韓国の聯合ニュースは、座席の位置から与正氏は序列9位にいることが推測されると報道。与正氏の肩書は第1副部長のままだとしつつも「血縁としての立場だけでなく、公の政治的な地位も上がったものとみられる」と分析している。聯合ニュースはまた、「4月に2期目の金正恩体制が発足してから与正氏の地位が上がったことは確認されていたものの、さらなる昇格があるか注目される」としている。