ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「木村太郎」の検索結果

「木村太郎」に関連する情報 1004件中 1〜10件目

高須クリニック

殺人の罪で起訴された51歳の男は当時12歳の息子に対し日常的な虐待を行っていた。被告の元妻で少年の母親は「息子を蹴飛ばしたり教科書を破ったり日に日にエスカレートしていく一方だった」「午前1時半ごろまで勉強させていた」と証言していた。判決は7月19日。起訴状によると2016年8月21日、当時の妻の外出後、自宅で被告が息子の胸を包丁で刺し自ら病院へ運ぶも息子は死亡した。傷は心臓まで達していた。被告は名古屋の超難関校・東海中学校への進学を望んでいた。同級生は息子の成績は学校で1位〜3位だと話していた。東海中学校・高等学校は1888年、浄土宗学愛知支校として創立。ことしで創立131年となる。東大に37人、京大に40人、早稲田に60人、慶応に40人、医学部に214人の合格実績があり著名な卒業生として元首相・海部俊樹氏、ジャーナリスト・木村太郎氏、高須クリニック院長・高須克弥氏、予備校講師・林修氏がいる。被告はかつて東海中学校に通っていて、トラック運転手として家計を支え息子の合格を強く望んでいた。被告は「自分の人生はうまくいかなかったので子どもには頑張ってほしくて厳しくした」と話している。


慶応

殺人の罪で起訴された51歳の男は当時12歳の息子に対し日常的な虐待を行っていた。被告の元妻で少年の母親は「息子を蹴飛ばしたり教科書を破ったり日に日にエスカレートしていく一方だった」「午前1時半ごろまで勉強させていた」と証言していた。判決は7月19日。起訴状によると2016年8月21日、当時の妻の外出後、自宅で被告が息子の胸を包丁で刺し自ら病院へ運ぶも息子は死亡した。傷は心臓まで達していた。被告は名古屋の超難関校・東海中学校への進学を望んでいた。同級生は息子の成績は学校で1位〜3位だと話していた。東海中学校・高等学校は1888年、浄土宗学愛知支校として創立。ことしで創立131年となる。東大に37人、京大に40人、早稲田に60人、慶応に40人、医学部に214人の合格実績があり著名な卒業生として元首相・海部俊樹氏、ジャーナリスト・木村太郎氏、高須クリニック院長・高須克弥氏、予備校講師・林修氏がいる。被告はかつて東海中学校に通っていて、トラック運転手として家計を支え息子の合格を強く望んでいた。被告は「自分の人生はうまくいかなかったので子どもには頑張ってほしくて厳しくした」と話している。


早稲田

殺人の罪で起訴された51歳の男は当時12歳の息子に対し日常的な虐待を行っていた。被告の元妻で少年の母親は「息子を蹴飛ばしたり教科書を破ったり日に日にエスカレートしていく一方だった」「午前1時半ごろまで勉強させていた」と証言していた。判決は7月19日。起訴状によると2016年8月21日、当時の妻の外出後、自宅で被告が息子の胸を包丁で刺し自ら病院へ運ぶも息子は死亡した。傷は心臓まで達していた。被告は名古屋の超難関校・東海中学校への進学を望んでいた。同級生は息子の成績は学校で1位〜3位だと話していた。東海中学校・高等学校は1888年、浄土宗学愛知支校として創立。ことしで創立131年となる。東大に37人、京大に40人、早稲田に60人、慶応に40人、医学部に214人の合格実績があり著名な卒業生として元首相・海部俊樹氏、ジャーナリスト・木村太郎氏、高須クリニック院長・高須克弥氏、予備校講師・林修氏がいる。被告はかつて東海中学校に通っていて、トラック運転手として家計を支え息子の合格を強く望んでいた。被告は「自分の人生はうまくいかなかったので子どもには頑張ってほしくて厳しくした」と話している。


京大

殺人の罪で起訴された51歳の男は当時12歳の息子に対し日常的な虐待を行っていた。被告の元妻で少年の母親は「息子を蹴飛ばしたり教科書を破ったり日に日にエスカレートしていく一方だった」「午前1時半ごろまで勉強させていた」と証言していた。判決は7月19日。起訴状によると2016年8月21日、当時の妻の外出後、自宅で被告が息子の胸を包丁で刺し自ら病院へ運ぶも息子は死亡した。傷は心臓まで達していた。被告は名古屋の超難関校・東海中学校への進学を望んでいた。同級生は息子の成績は学校で1位〜3位だと話していた。東海中学校・高等学校は1888年、浄土宗学愛知支校として創立。ことしで創立131年となる。東大に37人、京大に40人、早稲田に60人、慶応に40人、医学部に214人の合格実績があり著名な卒業生として元首相・海部俊樹氏、ジャーナリスト・木村太郎氏、高須クリニック院長・高須克弥氏、予備校講師・林修氏がいる。被告はかつて東海中学校に通っていて、トラック運転手として家計を支え息子の合格を強く望んでいた。被告は「自分の人生はうまくいかなかったので子どもには頑張ってほしくて厳しくした」と話している。


東大

殺人の罪で起訴された51歳の男は当時12歳の息子に対し日常的な虐待を行っていた。被告の元妻で少年の母親は「息子を蹴飛ばしたり教科書を破ったり日に日にエスカレートしていく一方だった」「午前1時半ごろまで勉強させていた」と証言していた。判決は7月19日。起訴状によると2016年8月21日、当時の妻の外出後、自宅で被告が息子の胸を包丁で刺し自ら病院へ運ぶも息子は死亡した。傷は心臓まで達していた。被告は名古屋の超難関校・東海中学校への進学を望んでいた。同級生は息子の成績は学校で1位〜3位だと話していた。東海中学校・高等学校は1888年、浄土宗学愛知支校として創立。ことしで創立131年となる。東大に37人、京大に40人、早稲田に60人、慶応に40人、医学部に214人の合格実績があり著名な卒業生として元首相・海部俊樹氏、ジャーナリスト・木村太郎氏、高須クリニック院長・高須克弥氏、予備校講師・林修氏がいる。被告はかつて東海中学校に通っていて、トラック運転手として家計を支え息子の合格を強く望んでいた。被告は「自分の人生はうまくいかなかったので子どもには頑張ってほしくて厳しくした」と話している。


東海中学校・高等学校

殺人の罪で起訴された51歳の男は当時12歳の息子に対し日常的な虐待を行っていた。被告の元妻で少年の母親は「息子を蹴飛ばしたり教科書を破ったり日に日にエスカレートしていく一方だった」「午前1時半ごろまで勉強させていた」と証言していた。判決は7月19日。起訴状によると2016年8月21日、当時の妻の外出後、自宅で被告が息子の胸を包丁で刺し自ら病院へ運ぶも息子は死亡した。傷は心臓まで達していた。被告は名古屋の超難関校・東海中学校への進学を望んでいた。同級生は息子の成績は学校で1位〜3位だと話していた。東海中学校・高等学校は1888年、浄土宗学愛知支校として創立。ことしで創立131年となる。東大に37人、京大に40人、早稲田に60人、慶応に40人、医学部に214人の合格実績があり著名な卒業生として元首相・海部俊樹氏、ジャーナリスト・木村太郎氏、高須クリニック院長・高須克弥氏、予備校講師・林修氏がいる。被告はかつて東海中学校に通っていて、トラック運転手として家計を支え息子の合格を強く望んでいた。被告は「自分の人生はうまくいかなかったので子どもには頑張ってほしくて厳しくした」と話している。


ミツカン

ミツカンのお家騒動について、創業家には「神仏を大切に信心せよ」「夫婦はむつまじくせよ」など8カ条ある。娘婿が主張する確執その1は財産放棄で、娘の父親が「中埜家の資産は一子相伝だ」として遺留分放棄の申立書にサインをさせられた。娘婿は「面識のない弁護士が書類まで準備していたのは驚いた」と話した。その2はトイレ掃除で、家政婦にトイレ掃除をさせたことに会長が激怒した。土屋礼央は「今の時代やりすぎな気がする」と話した。安藤優子は「会長としての立場と父親としての感情がごっちゃになっている」と話した。その3は種馬発言で、会長は娘婿に養子縁組届を書くように迫りその後養子縁組の不受理申立書を提出した。木村太郎は「同族会社の非公開の会社が一番怖いのは相続」と話した。松崎隆司は「会長のやり方は政治家の家庭や財閥などではあったと聞いている」と話した。

ミツカンでお家騒動食い違う主張。


ドナルド・トランプ公式ツイッター

トランプ大統領の明日からの主な予定を紹介。明日の午前中は皇居で天皇皇后両陛下と会見、日米首脳会談、午後は拉致被害者家族らとの面会、共同記者会見、宮中晩餐会の予定。トランプ大統領は安倍総理と会った後に「日本との貿易交渉が素晴らしく進展している。農業や牛肉に深く関わることだ。7月の日本の選挙後に多くのことが決まる。圧勝になることを期待している」とツイッターに投稿しており、木村太郎が「ゴルフをしつつ話をしていたのでは。日本の政治状況をよく理解していて、影響が出ないように“選挙後の発表”としている。2人の仲の良さのアピールは、世界に向けて“アメリカと上手くいっている国はあるんだそ”というアピールにもなっている」と語った。


皇居

トランプ大統領の明日からの主な予定を紹介。明日の午前中は皇居で天皇皇后両陛下と会見、日米首脳会談、午後は拉致被害者家族らとの面会、共同記者会見、宮中晩餐会の予定。トランプ大統領は安倍総理と会った後に「日本との貿易交渉が素晴らしく進展している。農業や牛肉に深く関わることだ。7月の日本の選挙後に多くのことが決まる。圧勝になることを期待している」とツイッターに投稿しており、木村太郎が「ゴルフをしつつ話をしていたのでは。日本の政治状況をよく理解していて、影響が出ないように“選挙後の発表”としている。2人の仲の良さのアピールは、世界に向けて“アメリカと上手くいっている国はあるんだそ”というアピールにもなっている」と語った。


マス席

安倍首相がトランプ大統領を大相撲観戦でおもてなし。大統領として両国国技館のマス席で初の観戦。ダイアナ元妃は貴賓席だったがトランプ大統領は、マス席は観客に囲まれる。大統領の登場に、観客は総立ち。トランプ大統領は大歓声に手を振って答えた。特注の椅子が用意された。千秋楽の取り組みが用意された。 三役未経験で優勝の快挙の朝乃山と小結御嶽海の取り組み。トランプ大統領はわずか30分ほどで退席。トランプ大統領には歴史に残るおお仕事があった。すると表彰式で登場したのはアメリカ合衆国の大統領杯。140cmの高さと30kgほどの重さ。鷲の銀細工が施されている。 トランプ大統領自らが優勝力士に授与する。さらには退場する際には会場の観客とも握手。三田アナウンサーが取材。今までにない厳重な警戒と伝えた。

炉端焼きは非公式の夕食会で一般のお客さんもいたと語る。トランプ大統領がいてもデモが起きない珍しい国と木村太郎が解説。垣花正はトランプ大統領は一般の人の感覚をもちつつ、セレモニーの所作などカリスマ性があると語る。スタジオでは今回のために改造し、マス席に大きな席を用意していたと紹介。