ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「東京オリンピック」の検索結果

「東京オリンピック」に関連する情報 58107件中 51〜60件目

「東京オリンピック」に関連するイベント情報

五輪

東京オリンピック開幕式はあさってが1年前。きょうのイベントではマスコットのロボット版が新たに披露。そんな中で大会組織委員会にIOCの委員長らが訪問。IOC委員長らはきのうの自動車ロードレースのテスト大会などの準備状況を高く評価しているが、期間中の交通の混雑などに課題が残る。きょうから鉄道会社などが早朝の臨時列車の運行テストを行う。ラッシュアワーを避けてもらうのが狙いで、数日間行われる。東急電鉄では乗車するとクーポン券が当たるサービスも開始。東京都では約1万人の職員が公共交通機関を利用せず、出勤時間をずらす取り組みを開始。政府は広く民間企業にも職場以外でも仕事をするテレワークや時差出勤などの試行を求める。


「東京オリンピック」に関連するイベント情報

東京オリンピック

東京五輪まで一年となるのを前に、交通の混雑緩和を目指す、「スムーズビズ」の推進期間が始まった。鉄道会社では、時差通勤を推進する取り組みを開始した。JR東日本では、朝のラッシュ時間帯を前に山手線などを増発する。東急電鉄はライナーや特急を臨時で運行する。時差通勤した乗客にはクーポンがもらえるサービスもある。各社は取り組みの効果を検証し、大会本番の混雑対策に活用することにしている。


「東京オリンピック」に関連するイベント情報

大会スタッフユニフォーム発表会

元SMAPの稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの3人が、育ての親ジャニー喜多川さんへ連盟で追悼コメントを発表した。「先週、ジャニーさんの家族葬が執り行われたと伺っております。僕らは、僕らのそれぞれの想いを込めていま自分たちのいる場所からお別れをさせていただきました。どんな時でも背中を押してくれたジャニーさん、ありがとうございました。心からご冥福をお祈りいたします」。そして香取さんは東京オリンピック・パラリンピックの大会スタッフユニフォーム発表会に出席。2020年を楽しみにしていたというジャニーさんへの思いを「(ジャニーさんは)エンターテイメントの世界で生きることになったきっかけをくださった方ですし、オリンピック・パラリンピックが本当に盛り上がるように少しでも力になれたらなと思っています」と語った。


「東京オリンピック」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

元SMAPの稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの3人が、育ての親ジャニー喜多川さんへ連盟で追悼コメントを発表した。「先週、ジャニーさんの家族葬が執り行われたと伺っております。僕らは、僕らのそれぞれの想いを込めていま自分たちのいる場所からお別れをさせていただきました。どんな時でも背中を押してくれたジャニーさん、ありがとうございました。心からご冥福をお祈りいたします」。そして香取さんは東京オリンピック・パラリンピックの大会スタッフユニフォーム発表会に出席。2020年を楽しみにしていたというジャニーさんへの思いを「(ジャニーさんは)エンターテイメントの世界で生きることになったきっかけをくださった方ですし、オリンピック・パラリンピックが本当に盛り上がるように少しでも力になれたらなと思っています」と語った。


「東京オリンピック」に関連するイベント情報

東京オリンピック

元SMAPの稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの3人が、育ての親ジャニー喜多川さんへ連盟で追悼コメントを発表した。「先週、ジャニーさんの家族葬が執り行われたと伺っております。僕らは、僕らのそれぞれの想いを込めていま自分たちのいる場所からお別れをさせていただきました。どんな時でも背中を押してくれたジャニーさん、ありがとうございました。心からご冥福をお祈りいたします」。そして香取さんは東京オリンピック・パラリンピックの大会スタッフユニフォーム発表会に出席。2020年を楽しみにしていたというジャニーさんへの思いを「(ジャニーさんは)エンターテイメントの世界で生きることになったきっかけをくださった方ですし、オリンピック・パラリンピックが本当に盛り上がるように少しでも力になれたらなと思っています」と語った。


「東京オリンピック」に関連するイベント情報

東京オリンピック

小池祐貴がダイヤモンドリーグに出場し、決勝では24歳の小池祐貴が桐生祥秀に並ぶ9.98をマークし、これでサニブラウン選手に続いて3人目の9秒台となっている。


「東京オリンピック」に関連するグルメ情報

カヌレ

神戸市のアシックス本社で小学生を対象に行われたかけっこ教室。子どもたちを指導しているのが、今回の手土産案内人の三好はるひさん。港町・神戸は開港以来積極的に西洋文化を取り入れ、国際交易都市として発展した歴史を今も残している。その神戸市に本社を構えるアシックス。従業員と英語で打ち合わせをする三好さんはTOEIC985点というハイスコアの持ち主。英語での会議にも参加し、よく出張するのがドイツ。以前、尾山会長が留学していた縁もあり、ドイツ菓子を手土産に選ぶことが多いとのこと。三好さんオススメの店は、神戸にあるフロインドリーブ。訪ねてみると、そこは教会を改装した店だった。なぜ店が教会にあるのか社長に聞くと、「阪神・淡路大震災のときに元々の店が被害を受けて、工場もライフラインが全部切れてしまい、製造が不可能になった」とのこと。1924年、パン職人だった社長のドイツ人祖父により創業。阪神・淡路大震災を受け、休業状態になったが震災の被害もあり廃墟となっていた教会を見つけ、移転した。人気商品は「大ミミ(パイ)」。ドイツ語で「豚の耳」という意味で、昔からヨーロッパで食べられている普段着のような菓子。秘書歴5年目の三好さん。秘書チームで打ち合わせのために向かったのは体育館。そこで三好さんは秘書仲間と「今しか贈れない」という手土産の相談。机の上にはオリンピックグッズの数々が。アシックスは東京オリンピック・パラリンピックのスポンサー。セットにする予定の手土産は、「芦屋ダニエル」のカヌレ。外側はカリッとした食感が特徴のカヌレだが、シェフがこだわったのはガリッとした強い歯ごたえ。ポイントは焦げる寸前のギリギリまで焼くこと。しかしそのタイミングが非常に難しく、「商品になるのは8割程度」とのこと。三好さんの手土産の心得は「神戸らしさを感じてもらえるものであることと、持って帰っていただいたあとにみなさんとコミュニケーションを深めていただけるように小分けになっているものというのを意識して選ぶようにしています」とのこと。


「東京オリンピック」に関連するレストラン・飲食店

芦屋ダニエル

神戸市のアシックス本社で小学生を対象に行われたかけっこ教室。子どもたちを指導しているのが、今回の手土産案内人の三好はるひさん。港町・神戸は開港以来積極的に西洋文化を取り入れ、国際交易都市として発展した歴史を今も残している。その神戸市に本社を構えるアシックス。従業員と英語で打ち合わせをする三好さんはTOEIC985点というハイスコアの持ち主。英語での会議にも参加し、よく出張するのがドイツ。以前、尾山会長が留学していた縁もあり、ドイツ菓子を手土産に選ぶことが多いとのこと。三好さんオススメの店は、神戸にあるフロインドリーブ。訪ねてみると、そこは教会を改装した店だった。なぜ店が教会にあるのか社長に聞くと、「阪神・淡路大震災のときに元々の店が被害を受けて、工場もライフラインが全部切れてしまい、製造が不可能になった」とのこと。1924年、パン職人だった社長のドイツ人祖父により創業。阪神・淡路大震災を受け、休業状態になったが震災の被害もあり廃墟となっていた教会を見つけ、移転した。人気商品は「大ミミ(パイ)」。ドイツ語で「豚の耳」という意味で、昔からヨーロッパで食べられている普段着のような菓子。秘書歴5年目の三好さん。秘書チームで打ち合わせのために向かったのは体育館。そこで三好さんは秘書仲間と「今しか贈れない」という手土産の相談。机の上にはオリンピックグッズの数々が。アシックスは東京オリンピック・パラリンピックのスポンサー。セットにする予定の手土産は、「芦屋ダニエル」のカヌレ。外側はカリッとした食感が特徴のカヌレだが、シェフがこだわったのはガリッとした強い歯ごたえ。ポイントは焦げる寸前のギリギリまで焼くこと。しかしそのタイミングが非常に難しく、「商品になるのは8割程度」とのこと。三好さんの手土産の心得は「神戸らしさを感じてもらえるものであることと、持って帰っていただいたあとにみなさんとコミュニケーションを深めていただけるように小分けになっているものというのを意識して選ぶようにしています」とのこと。


「東京オリンピック」に関連するイベント情報

パラリンピック

神戸市のアシックス本社で小学生を対象に行われたかけっこ教室。子どもたちを指導しているのが、今回の手土産案内人の三好はるひさん。港町・神戸は開港以来積極的に西洋文化を取り入れ、国際交易都市として発展した歴史を今も残している。その神戸市に本社を構えるアシックス。従業員と英語で打ち合わせをする三好さんはTOEIC985点というハイスコアの持ち主。英語での会議にも参加し、よく出張するのがドイツ。以前、尾山会長が留学していた縁もあり、ドイツ菓子を手土産に選ぶことが多いとのこと。三好さんオススメの店は、神戸にあるフロインドリーブ。訪ねてみると、そこは教会を改装した店だった。なぜ店が教会にあるのか社長に聞くと、「阪神・淡路大震災のときに元々の店が被害を受けて、工場もライフラインが全部切れてしまい、製造が不可能になった」とのこと。1924年、パン職人だった社長のドイツ人祖父により創業。阪神・淡路大震災を受け、休業状態になったが震災の被害もあり廃墟となっていた教会を見つけ、移転した。人気商品は「大ミミ(パイ)」。ドイツ語で「豚の耳」という意味で、昔からヨーロッパで食べられている普段着のような菓子。秘書歴5年目の三好さん。秘書チームで打ち合わせのために向かったのは体育館。そこで三好さんは秘書仲間と「今しか贈れない」という手土産の相談。机の上にはオリンピックグッズの数々が。アシックスは東京オリンピック・パラリンピックのスポンサー。セットにする予定の手土産は、「芦屋ダニエル」のカヌレ。外側はカリッとした食感が特徴のカヌレだが、シェフがこだわったのはガリッとした強い歯ごたえ。ポイントは焦げる寸前のギリギリまで焼くこと。しかしそのタイミングが非常に難しく、「商品になるのは8割程度」とのこと。三好さんの手土産の心得は「神戸らしさを感じてもらえるものであることと、持って帰っていただいたあとにみなさんとコミュニケーションを深めていただけるように小分けになっているものというのを意識して選ぶようにしています」とのこと。


「東京オリンピック」に関連するイベント情報

東京オリンピック

神戸市のアシックス本社で小学生を対象に行われたかけっこ教室。子どもたちを指導しているのが、今回の手土産案内人の三好はるひさん。港町・神戸は開港以来積極的に西洋文化を取り入れ、国際交易都市として発展した歴史を今も残している。その神戸市に本社を構えるアシックス。従業員と英語で打ち合わせをする三好さんはTOEIC985点というハイスコアの持ち主。英語での会議にも参加し、よく出張するのがドイツ。以前、尾山会長が留学していた縁もあり、ドイツ菓子を手土産に選ぶことが多いとのこと。三好さんオススメの店は、神戸にあるフロインドリーブ。訪ねてみると、そこは教会を改装した店だった。なぜ店が教会にあるのか社長に聞くと、「阪神・淡路大震災のときに元々の店が被害を受けて、工場もライフラインが全部切れてしまい、製造が不可能になった」とのこと。1924年、パン職人だった社長のドイツ人祖父により創業。阪神・淡路大震災を受け、休業状態になったが震災の被害もあり廃墟となっていた教会を見つけ、移転した。人気商品は「大ミミ(パイ)」。ドイツ語で「豚の耳」という意味で、昔からヨーロッパで食べられている普段着のような菓子。秘書歴5年目の三好さん。秘書チームで打ち合わせのために向かったのは体育館。そこで三好さんは秘書仲間と「今しか贈れない」という手土産の相談。机の上にはオリンピックグッズの数々が。アシックスは東京オリンピック・パラリンピックのスポンサー。セットにする予定の手土産は、「芦屋ダニエル」のカヌレ。外側はカリッとした食感が特徴のカヌレだが、シェフがこだわったのはガリッとした強い歯ごたえ。ポイントは焦げる寸前のギリギリまで焼くこと。しかしそのタイミングが非常に難しく、「商品になるのは8割程度」とのこと。三好さんの手土産の心得は「神戸らしさを感じてもらえるものであることと、持って帰っていただいたあとにみなさんとコミュニケーションを深めていただけるように小分けになっているものというのを意識して選ぶようにしています」とのこと。