ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「東京慈恵会医科大学附属病院」の検索結果

「東京慈恵会医科大学附属病院」に関連する情報 382件中 1〜10件目

「東京慈恵会医科大学附属病院」に関連するグルメ情報

ニシン

東京慈恵会医科大学附属病院の栄養士・赤石定典氏によるとトリプトファンは赤身の肉などタンパク質に多く含まれるという。セロトニンは太陽の光を浴びることでも分泌され、よく噛んで食べることでも分泌が促進されるため朝食に食べることが大切。


「東京慈恵会医科大学附属病院」に関連するグルメ情報

カツオ

東京慈恵会医科大学附属病院の栄養士・赤石定典氏によるとトリプトファンは赤身の肉などタンパク質に多く含まれるという。セロトニンは太陽の光を浴びることでも分泌され、よく噛んで食べることでも分泌が促進されるため朝食に食べることが大切。


東京慈恵会医科大学附属病院

東京慈恵会医科大学附属病院の栄養士・赤石定典氏によるとトリプトファンは赤身の肉などタンパク質に多く含まれるという。セロトニンは太陽の光を浴びることでも分泌され、よく噛んで食べることでも分泌が促進されるため朝食に食べることが大切。


東京慈恵会医科大学附属病院

手についたにんにく臭が消えやすいのはどっち?A水+シンクでこする。B酢+石けんで洗う。正解はA。ステンレスと水がにおいを取る。ステンレス製の石けんもある。


東京慈恵会医科大学附属病院

にんにくの選び方について紹介された。なぜにんにくが夏バテ解消に良いのかというと、秘密はニオイだという。管理栄養士によるとアリシンという成分が体内に入ると疲労回復や体力増強になるとのこと。健康パワーが詰まったにんにくは形でわかる。問題は「2択 栄養満点のにんにくは? A切り口がキレイ Bお尻がプックリ」。正解は「Bお尻がプックリ」。栄養満点にんにくはお尻プックリだった。

にんにくについて紹介された。問題は「2択 ニオイがより早く消えるのは?、A牛乳、Bリンゴジュース」。正解は「Bリンゴジュース」だった。管理栄養士によると、リンゴ酸やポリフェノールはアリシンのニオイを分解するという。また牛乳よりもリンゴのほうが良いとのこと。にんにく料理の専門店でもりんごジュースをすすめている。


東京慈恵会医科大学附属病院

栄養のスペシャリストが緊急警告。最新の研究でわかった脳卒中などの予防が期待できるビタミン。ビタミンの数は13種類、赤石医師が推薦するのはビタミンACE。人の体のなかでは作られない、偏った食事によりビタミンが不足している。今回はビタミンACEがまとめて摂れる最強の食材を紹介。さらにビタミン(得)クッキング。出演者が普段の食事で気にかけるビタミンについて話した。管理栄養士の赤石先生はビタミンACEは血管をしなやかに保つ働きがあるとコメント。


東京慈恵会医科大学附属病院

管理栄養士の赤石定典先生によると、インフルエンザやガンの予防など、最新研究でビタミンが新たな健康パワーを秘めていることが続々と分かってきているという。若さや寿命に欠かせないというビタミン。ビタミンは体内で作れないため、食材などから補給する必要がある。ビタミンは全部で13種類。それぞれが健康に欠かせない大切な役割を担っている。赤石先生によると、ほとんどの日本人はビタミン不足。医師と管理栄養士が注目する3大ビタミン、B・C・Dを紹介する。


東京慈恵会医科大学附属病院

スタジオ出演者はそれぞれ、自分の好きなスイーツを選んだ。カロリーが高いランキングが発表され、上地さんが選んだチョコアイスが1位、土田さんが選んだくずきりが1番カロリーが低い結果となった。くずきりは太りやすさランキングでも6位で、食物繊維が多いきなこが上からかかるので良いという。7位のソフトクリームは空気が多く、見た目よりも質量が少ない。そして1番太りにくいフルーツあんみつは寒天や果物に食物繊維が入っている。一方、太りやすい2位のバニラアイスは空気が少ないため、3位のチョコアイスはカカオに食物繊維が含まれているのでこの順位だという。1番太りやすいのは指原さんが選んだタピオカミルクティーは、タピオカやがミルクティーが糖質の塊となっている。最後に発表された4位の宇治金時と5位のくずきりは、ところてんを代わりに食べるのが良いと紹介された。


東京慈恵会医科大学附属病院

ちょっとでもカロリーが低いスイーツを選びがちだが、カロリーで太りやすさを判断するのが間違いだという。そもそもカロリーというのは「糖質・脂質・たんぱく質」を合わせたものとなる。この中で糖質と脂質は太る原因となるが、たんぱく質は太る原因にはならないという。食物繊維は糖質や脂質の吸収を抑える。糖質と脂質を足したものからたんぱく質と食物繊維を足したものを引いた「太りやすい〜値」と名付け、このあとその値であるスイーツを紹介していく。


たんぱく質

野菜を多く摂ることを心がけている野々山さん。辛いものなど、刺激性のものは控えているという。たくさん食べることは、体力や免疫力の維持にもつながる。また東京慈恵会医科大学附属病院の赤石定典先生によると、ゴマは硬い皮で覆われていてそのままだと消化できずそのまま排出されるため、すってから食べると良い。また野々山さんの食事は、高齢者は特に摂った方がよいとされるたんぱく質が豊富だった。


検索結果の絞り込み