ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「東京証券取引所」の検索結果

「東京証券取引所」に関連する情報 12716件中 1〜10件目

BSG

東京証券取引所は早ければ2023年にも指数に連動しないETF上場投資信託を解禁する。アクティブETFと呼ばれる商品でいわゆるBSG関連企業や、高配当企業に投資したりリスクの高い債権で一定以上の利回りを目指してたりと自由な商品設定が可能になる。アクティブETFは欧米やアジアで取引が拡大している。東証も出遅れを挽回し国内外の投資マネーを呼び込みたい考え。


東証

東京証券取引所は早ければ2023年にも指数に連動しないETF上場投資信託を解禁する。アクティブETFと呼ばれる商品でいわゆるBSG関連企業や、高配当企業に投資したりリスクの高い債権で一定以上の利回りを目指してたりと自由な商品設定が可能になる。アクティブETFは欧米やアジアで取引が拡大している。東証も出遅れを挽回し国内外の投資マネーを呼び込みたい考え。


東京証券取引所

日経平均株価、一時700円の超下落。16日のNYダウ平均株価はアメリカの景気後退への警戒感が強まり1年5か月ぶりに節目の3万ドルを割り込んだ。この流れをうけて日経平均株価もほぼ全面安の展開となった。スイス中央銀行が16日に15年ぶりの利上げを決定したことから世界的な金融引き締めへの警戒感が広がっている。円相場はリスク回避の動きで安全資産とされる円買いに133円台で推移している。


東京証券取引所

アメリカやヨーロッパが急激な物価上昇を抑えるため相次いで利上げに動く中、日銀は金融政策を決める会合で金利を低く抑える今の政策を続けるかなどを決定する。昨日からの会合では急速な円安による影響を分析し、当面の金融政策について議論している。黒田総裁は景気の下支えを優先して金利を低く抑える大規模な金融緩和を維持する姿勢を繰り返し示しているが、アメリカが大幅な利上げに踏み出した一方で日本で超低金利政策が続ければ日米の金利差が広がり、円安が一段と進むことへの懸念が広がっていて日銀がこれまでの政策を維持するかが注目となっている。午後には黒田総裁が「家計が値上げを受け入れている」と発言後、初めての会見に臨み決定した内容について説明する。今日の東京株式市場は幅広い銘柄に売りが広がり、日経平均株価は一時700円を超えて下落した。アメリカの大幅な利上げに続いてイギリスやスイスも利上げを決め、景気の勢いが弱まることへの警戒感が広がっている。


東京証券取引所

きょうの日経平均株価はおよそ1ヶ月ぶりの2万6000円割れから取引が始まった。アメリカに続き、スイスとイギリスが利上げを決めたことで世界的な景気減速への懸念が広がり、16日のダウ平均株価が3万ドルを割り込んだ流れをうけたものだという。ドルを売る動きが強まり、円相場は133円台前半とやや円高方向に推移している。各国が利上げに動く中、当面は円安が続く見込みで、きょう決まる日銀の金融政策に市場は注目している。


東京証券取引所

今朝の東京株式市場で日経平均株価が大きく下落して取引開始直後から2万6000円割れとなった。下げ幅は一時700円以上となった。2万6000円割れは約1ヶ月ぶりとなる。16日にアメリカに続いてイギリスとスイスが利上げを決定したことから世界的な景気減速への懸念が広がり、ドルを売る動きが強まり、現在1ドル133円台と円高方向に推移している。鈴木財務相は日銀について「物価安定目標の持続的・安定的実現に向けて努力してほしい。」などと述べた。今日は日銀の金融政策決定会合の結果が出る予定。


東京証券取引所

今日の日経平均株価は15日のNY市場が上昇した流れから一時600円以上値上がりした。FRBが「大幅な利上げは異例の対応だ」と強調したことが安心感につながったとみられる。為替市場では円が一時買い戻されたがその後日米金利差が意識され円は売られ1ドル134円台になっている。こうしたなか日銀は今日と明日金融政策決定会合を開く。大規模な金融緩和策を維持するのか円安にどう対処するのか注目されている。黒田総裁は強力な金融緩和を粘り強く続けると述べる一方急激な円安はマイナスだと牽制している。


東京証券取引所

アメリカ大幅利上げうけ、国内市場は株高・円高に。東京証券取引所から中継。市場ではきょうのところ利上げ加速は折り込み済みとして大きな混乱は見られない。日経平均株価はほぼ全面高の展開。きのうより一時600円以上値上がりとなる場面も。午前は367円89銭高の2萬6694円05銭。株価上昇の理由について、FRBのパウエル議長が「これほどの利上げは一般的にはならない」と話したことで年末にかけての利上げペース緩和の期待が高まった。円相場は一時133円台後半。市場関係者の多くは、あくまで短期的な買い戻しに過ぎず円安傾向がおさまることはないと指摘。


日銀

東京証券取引所からの中継。明日未明に控えた金融政策の発表を前に市場では緊張が続いている。利上げ幅は当初0.5%と見られたものの0.75%に拡大するとの予想もあるとアメリカの大手金融機関が発表している。この場合日本との金利差がより広がることから今朝の外国為替市場では一時、1ドル135円半ばと24年ぶりの円安水準を更新した。一方金利の引き上げによる世界経済の冷え込みを懸念して日経平均株価は昨日の終値より194円の値下がりで午前の取り引きを終えている。市場関係者は明日、明後日の日銀の金融政策決定会合を終えるまでは緊張状態が続くだろうとしている。


東京証券取引所

東京証券取引所からの中継。明日未明に控えた金融政策の発表を前に市場では緊張が続いている。利上げ幅は当初0.5%と見られたものの0.75%に拡大するとの予想もあるとアメリカの大手金融機関が発表している。この場合日本との金利差がより広がることから今朝の外国為替市場では一時、1ドル135円半ばと24年ぶりの円安水準を更新した。一方金利の引き上げによる世界経済の冷え込みを懸念して日経平均株価は昨日の終値より194円の値下がりで午前の取り引きを終えている。市場関係者は明日、明後日の日銀の金融政策決定会合を終えるまでは緊張状態が続くだろうとしている。



  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。