ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「東京2020オフィシャルショップ」の検索結果

「東京2020オフィシャルショップ」に関連する情報 68件中 31〜40件目

JPN TAXI

東京オリンピック開催まで今日からちょうど2年後。東京2020オフィシャルショップが新宿にオープンした。1964年の東京オリンピックの際には、ホテルニューオータニや東京プリンスホテルなど数多くの宿泊施設が開業した。さらに東海道新幹線や首都高速道路なども誕生した。今回の東京オリンピックに向けて、小池都知事は法被姿で打ち水を推奨するなど暑さ対策が報じられる中、東京都が乗り出したのは遮熱材を使った道路舗装工事。過酷な暑さが予想されるマラソンでその効果が期待されるという。舗装された道路では路面温度の上昇を最大8℃まで抑えることができるという。「JPN TAXI」は日本人のおもてなしの心を取り入れたタクシーだそうで、圧倒的な広さで身体の大きな外国人にも満足してもらえるように配慮している。外国人が困惑するであろう言葉の壁については、運転手が毎日英語のトレーニングをしているというがなかなか上達していない。しかし車内にはタブレットがあり、運転手と外国人の会話を自動で音声翻訳してくれる。オリンピックに向けて本格運用を目指しているという。他にも持ち運び可能な「ポケトーク」は63カ国の言語を通訳できるため外国人に話しかけられても慌てずに済む。さらに通訳オペレーターとリアルタイムでつながり外国の人とやり取りができる「みえる通訳」は法人向け、定額制サービス、使い放題と10か国語対応、365日24時間対応している。利用者数は現在2000施設、東京オリンピックまでには20000施設を目指すという。東京オリンピックではホテルが足りなくなると予測されているが、超大型クルーズを港に停泊させホテル代わりに利用する「ホテルシップ」が注目されている。その目玉となるのが豪華客船「サン・プリンセス」、ホテル不足の解消のために導入されるという。その長さは東京都庁を横にした長さよりも長い261メートル。約1000室、2000人以上の宿泊が可能で船内には高級レストランなどが完備。2泊3日で1人7〜60万円台で泊まれる。船は山下ふ頭など計5か所に停泊する。「AI人物検索サービス Takumi Eyes」は監視カメラに映った人物を事前に登録してある顔写真と識別しテロや犯罪対策に貢献することができるという。


首都高速道路

東京オリンピック開催まで今日からちょうど2年後。東京2020オフィシャルショップが新宿にオープンした。1964年の東京オリンピックの際には、ホテルニューオータニや東京プリンスホテルなど数多くの宿泊施設が開業した。さらに東海道新幹線や首都高速道路なども誕生した。今回の東京オリンピックに向けて、小池都知事は法被姿で打ち水を推奨するなど暑さ対策が報じられる中、東京都が乗り出したのは遮熱材を使った道路舗装工事。過酷な暑さが予想されるマラソンでその効果が期待されるという。舗装された道路では路面温度の上昇を最大8℃まで抑えることができるという。「JPN TAXI」は日本人のおもてなしの心を取り入れたタクシーだそうで、圧倒的な広さで身体の大きな外国人にも満足してもらえるように配慮している。外国人が困惑するであろう言葉の壁については、運転手が毎日英語のトレーニングをしているというがなかなか上達していない。しかし車内にはタブレットがあり、運転手と外国人の会話を自動で音声翻訳してくれる。オリンピックに向けて本格運用を目指しているという。他にも持ち運び可能な「ポケトーク」は63カ国の言語を通訳できるため外国人に話しかけられても慌てずに済む。さらに通訳オペレーターとリアルタイムでつながり外国の人とやり取りができる「みえる通訳」は法人向け、定額制サービス、使い放題と10か国語対応、365日24時間対応している。利用者数は現在2000施設、東京オリンピックまでには20000施設を目指すという。東京オリンピックではホテルが足りなくなると予測されているが、超大型クルーズを港に停泊させホテル代わりに利用する「ホテルシップ」が注目されている。その目玉となるのが豪華客船「サン・プリンセス」、ホテル不足の解消のために導入されるという。その長さは東京都庁を横にした長さよりも長い261メートル。約1000室、2000人以上の宿泊が可能で船内には高級レストランなどが完備。2泊3日で1人7〜60万円台で泊まれる。船は山下ふ頭など計5か所に停泊する。「AI人物検索サービス Takumi Eyes」は監視カメラに映った人物を事前に登録してある顔写真と識別しテロや犯罪対策に貢献することができるという。

1964年の東京五輪で何が生まれ、何が変わり、何が変わっていくのか。この頃、新しい交通網として首都高速道路などが開通した。堀尾によれば、”新幹線”の名がない頃は”夢の超特急”と呼ばれていたとのこと。一方では、ホテルニューオータニが世界で初めてユニットバスを取り入れた。14階建てのビルでも重さに耐えられるよう、トイレメーカーによって軽量化が図るなどの提案がなされた。そして生活の変化は、家庭ごみ用のバケツが登場したこと。「きれいな日本で五輪を」という兵庫の元、家庭用ゴミをフタ付きの容器に入れ、所定の場所に出すという流れが初めて実施された。また、バイク用の出前器具は、東京五輪の聖火(予備)を運ぶために開発されたのが始まりだった。無事に消えずに運んだことから高評価を得て、そば店で普及し始めた。


東海道新幹線

東京オリンピック開催まで今日からちょうど2年後。東京2020オフィシャルショップが新宿にオープンした。1964年の東京オリンピックの際には、ホテルニューオータニや東京プリンスホテルなど数多くの宿泊施設が開業した。さらに東海道新幹線や首都高速道路なども誕生した。今回の東京オリンピックに向けて、小池都知事は法被姿で打ち水を推奨するなど暑さ対策が報じられる中、東京都が乗り出したのは遮熱材を使った道路舗装工事。過酷な暑さが予想されるマラソンでその効果が期待されるという。舗装された道路では路面温度の上昇を最大8℃まで抑えることができるという。「JPN TAXI」は日本人のおもてなしの心を取り入れたタクシーだそうで、圧倒的な広さで身体の大きな外国人にも満足してもらえるように配慮している。外国人が困惑するであろう言葉の壁については、運転手が毎日英語のトレーニングをしているというがなかなか上達していない。しかし車内にはタブレットがあり、運転手と外国人の会話を自動で音声翻訳してくれる。オリンピックに向けて本格運用を目指しているという。他にも持ち運び可能な「ポケトーク」は63カ国の言語を通訳できるため外国人に話しかけられても慌てずに済む。さらに通訳オペレーターとリアルタイムでつながり外国の人とやり取りができる「みえる通訳」は法人向け、定額制サービス、使い放題と10か国語対応、365日24時間対応している。利用者数は現在2000施設、東京オリンピックまでには20000施設を目指すという。東京オリンピックではホテルが足りなくなると予測されているが、超大型クルーズを港に停泊させホテル代わりに利用する「ホテルシップ」が注目されている。その目玉となるのが豪華客船「サン・プリンセス」、ホテル不足の解消のために導入されるという。その長さは東京都庁を横にした長さよりも長い261メートル。約1000室、2000人以上の宿泊が可能で船内には高級レストランなどが完備。2泊3日で1人7〜60万円台で泊まれる。船は山下ふ頭など計5か所に停泊する。「AI人物検索サービス Takumi Eyes」は監視カメラに映った人物を事前に登録してある顔写真と識別しテロや犯罪対策に貢献することができるという。

1964年の東京五輪で何が生まれ、何が変わり、何が変わっていくのか。この頃、新しい交通網として首都高速道路などが開通した。堀尾によれば、”新幹線”の名がない頃は”夢の超特急”と呼ばれていたとのこと。一方では、ホテルニューオータニが世界で初めてユニットバスを取り入れた。14階建てのビルでも重さに耐えられるよう、トイレメーカーによって軽量化が図るなどの提案がなされた。そして生活の変化は、家庭ごみ用のバケツが登場したこと。「きれいな日本で五輪を」という兵庫の元、家庭用ゴミをフタ付きの容器に入れ、所定の場所に出すという流れが初めて実施された。また、バイク用の出前器具は、東京五輪の聖火(予備)を運ぶために開発されたのが始まりだった。無事に消えずに運んだことから高評価を得て、そば店で普及し始めた。


「東京2020オフィシャルショップ」に関連するホテル・温泉旅館「東京2020オフィシャルショップ」に関連する観光・地域情報

東京プリンスホテル

東京オリンピック開催まで今日からちょうど2年後。東京2020オフィシャルショップが新宿にオープンした。1964年の東京オリンピックの際には、ホテルニューオータニや東京プリンスホテルなど数多くの宿泊施設が開業した。さらに東海道新幹線や首都高速道路なども誕生した。今回の東京オリンピックに向けて、小池都知事は法被姿で打ち水を推奨するなど暑さ対策が報じられる中、東京都が乗り出したのは遮熱材を使った道路舗装工事。過酷な暑さが予想されるマラソンでその効果が期待されるという。舗装された道路では路面温度の上昇を最大8℃まで抑えることができるという。「JPN TAXI」は日本人のおもてなしの心を取り入れたタクシーだそうで、圧倒的な広さで身体の大きな外国人にも満足してもらえるように配慮している。外国人が困惑するであろう言葉の壁については、運転手が毎日英語のトレーニングをしているというがなかなか上達していない。しかし車内にはタブレットがあり、運転手と外国人の会話を自動で音声翻訳してくれる。オリンピックに向けて本格運用を目指しているという。他にも持ち運び可能な「ポケトーク」は63カ国の言語を通訳できるため外国人に話しかけられても慌てずに済む。さらに通訳オペレーターとリアルタイムでつながり外国の人とやり取りができる「みえる通訳」は法人向け、定額制サービス、使い放題と10か国語対応、365日24時間対応している。利用者数は現在2000施設、東京オリンピックまでには20000施設を目指すという。東京オリンピックではホテルが足りなくなると予測されているが、超大型クルーズを港に停泊させホテル代わりに利用する「ホテルシップ」が注目されている。その目玉となるのが豪華客船「サン・プリンセス」、ホテル不足の解消のために導入されるという。その長さは東京都庁を横にした長さよりも長い261メートル。約1000室、2000人以上の宿泊が可能で船内には高級レストランなどが完備。2泊3日で1人7〜60万円台で泊まれる。船は山下ふ頭など計5か所に停泊する。「AI人物検索サービス Takumi Eyes」は監視カメラに映った人物を事前に登録してある顔写真と識別しテロや犯罪対策に貢献することができるという。


ホテルニューオータニ

東京オリンピック開催まで今日からちょうど2年後。東京2020オフィシャルショップが新宿にオープンした。1964年の東京オリンピックの際には、ホテルニューオータニや東京プリンスホテルなど数多くの宿泊施設が開業した。さらに東海道新幹線や首都高速道路なども誕生した。今回の東京オリンピックに向けて、小池都知事は法被姿で打ち水を推奨するなど暑さ対策が報じられる中、東京都が乗り出したのは遮熱材を使った道路舗装工事。過酷な暑さが予想されるマラソンでその効果が期待されるという。舗装された道路では路面温度の上昇を最大8℃まで抑えることができるという。「JPN TAXI」は日本人のおもてなしの心を取り入れたタクシーだそうで、圧倒的な広さで身体の大きな外国人にも満足してもらえるように配慮している。外国人が困惑するであろう言葉の壁については、運転手が毎日英語のトレーニングをしているというがなかなか上達していない。しかし車内にはタブレットがあり、運転手と外国人の会話を自動で音声翻訳してくれる。オリンピックに向けて本格運用を目指しているという。他にも持ち運び可能な「ポケトーク」は63カ国の言語を通訳できるため外国人に話しかけられても慌てずに済む。さらに通訳オペレーターとリアルタイムでつながり外国の人とやり取りができる「みえる通訳」は法人向け、定額制サービス、使い放題と10か国語対応、365日24時間対応している。利用者数は現在2000施設、東京オリンピックまでには20000施設を目指すという。東京オリンピックではホテルが足りなくなると予測されているが、超大型クルーズを港に停泊させホテル代わりに利用する「ホテルシップ」が注目されている。その目玉となるのが豪華客船「サン・プリンセス」、ホテル不足の解消のために導入されるという。その長さは東京都庁を横にした長さよりも長い261メートル。約1000室、2000人以上の宿泊が可能で船内には高級レストランなどが完備。2泊3日で1人7〜60万円台で泊まれる。船は山下ふ頭など計5か所に停泊する。「AI人物検索サービス Takumi Eyes」は監視カメラに映った人物を事前に登録してある顔写真と識別しテロや犯罪対策に貢献することができるという。

1964年の東京五輪で何が生まれ、何が変わり、何が変わっていくのか。この頃、新しい交通網として首都高速道路などが開通した。堀尾によれば、”新幹線”の名がない頃は”夢の超特急”と呼ばれていたとのこと。一方では、ホテルニューオータニが世界で初めてユニットバスを取り入れた。14階建てのビルでも重さに耐えられるよう、トイレメーカーによって軽量化が図るなどの提案がなされた。そして生活の変化は、家庭ごみ用のバケツが登場したこと。「きれいな日本で五輪を」という兵庫の元、家庭用ゴミをフタ付きの容器に入れ、所定の場所に出すという流れが初めて実施された。また、バイク用の出前器具は、東京五輪の聖火(予備)を運ぶために開発されたのが始まりだった。無事に消えずに運んだことから高評価を得て、そば店で普及し始めた。


東京2020オフィシャルショップ

東京オリンピック開催まで今日からちょうど2年後。東京2020オフィシャルショップが新宿にオープンした。1964年の東京オリンピックの際には、ホテルニューオータニや東京プリンスホテルなど数多くの宿泊施設が開業した。さらに東海道新幹線や首都高速道路なども誕生した。今回の東京オリンピックに向けて、小池都知事は法被姿で打ち水を推奨するなど暑さ対策が報じられる中、東京都が乗り出したのは遮熱材を使った道路舗装工事。過酷な暑さが予想されるマラソンでその効果が期待されるという。舗装された道路では路面温度の上昇を最大8℃まで抑えることができるという。「JPN TAXI」は日本人のおもてなしの心を取り入れたタクシーだそうで、圧倒的な広さで身体の大きな外国人にも満足してもらえるように配慮している。外国人が困惑するであろう言葉の壁については、運転手が毎日英語のトレーニングをしているというがなかなか上達していない。しかし車内にはタブレットがあり、運転手と外国人の会話を自動で音声翻訳してくれる。オリンピックに向けて本格運用を目指しているという。他にも持ち運び可能な「ポケトーク」は63カ国の言語を通訳できるため外国人に話しかけられても慌てずに済む。さらに通訳オペレーターとリアルタイムでつながり外国の人とやり取りができる「みえる通訳」は法人向け、定額制サービス、使い放題と10か国語対応、365日24時間対応している。利用者数は現在2000施設、東京オリンピックまでには20000施設を目指すという。東京オリンピックではホテルが足りなくなると予測されているが、超大型クルーズを港に停泊させホテル代わりに利用する「ホテルシップ」が注目されている。その目玉となるのが豪華客船「サン・プリンセス」、ホテル不足の解消のために導入されるという。その長さは東京都庁を横にした長さよりも長い261メートル。約1000室、2000人以上の宿泊が可能で船内には高級レストランなどが完備。2泊3日で1人7〜60万円台で泊まれる。船は山下ふ頭など計5か所に停泊する。「AI人物検索サービス Takumi Eyes」は監視カメラに映った人物を事前に登録してある顔写真と識別しテロや犯罪対策に貢献することができるという。


「東京2020オフィシャルショップ」に関連するイベント情報

東京2020オフィシャルショップ オープン記念イベント

東京オリンピック開催まで今日からちょうど2年後。東京2020オフィシャルショップが新宿にオープンした。1964年の東京オリンピックの際には、ホテルニューオータニや東京プリンスホテルなど数多くの宿泊施設が開業した。さらに東海道新幹線や首都高速道路なども誕生した。今回の東京オリンピックに向けて、小池都知事は法被姿で打ち水を推奨するなど暑さ対策が報じられる中、東京都が乗り出したのは遮熱材を使った道路舗装工事。過酷な暑さが予想されるマラソンでその効果が期待されるという。舗装された道路では路面温度の上昇を最大8℃まで抑えることができるという。「JPN TAXI」は日本人のおもてなしの心を取り入れたタクシーだそうで、圧倒的な広さで身体の大きな外国人にも満足してもらえるように配慮している。外国人が困惑するであろう言葉の壁については、運転手が毎日英語のトレーニングをしているというがなかなか上達していない。しかし車内にはタブレットがあり、運転手と外国人の会話を自動で音声翻訳してくれる。オリンピックに向けて本格運用を目指しているという。他にも持ち運び可能な「ポケトーク」は63カ国の言語を通訳できるため外国人に話しかけられても慌てずに済む。さらに通訳オペレーターとリアルタイムでつながり外国の人とやり取りができる「みえる通訳」は法人向け、定額制サービス、使い放題と10か国語対応、365日24時間対応している。利用者数は現在2000施設、東京オリンピックまでには20000施設を目指すという。東京オリンピックではホテルが足りなくなると予測されているが、超大型クルーズを港に停泊させホテル代わりに利用する「ホテルシップ」が注目されている。その目玉となるのが豪華客船「サン・プリンセス」、ホテル不足の解消のために導入されるという。その長さは東京都庁を横にした長さよりも長い261メートル。約1000室、2000人以上の宿泊が可能で船内には高級レストランなどが完備。2泊3日で1人7〜60万円台で泊まれる。船は山下ふ頭など計5か所に停泊する。「AI人物検索サービス Takumi Eyes」は監視カメラに映った人物を事前に登録してある顔写真と識別しテロや犯罪対策に貢献することができるという。


「東京2020オフィシャルショップ」に関連するイベント情報

東京オリンピック

東京オリンピック開催まで今日からちょうど2年後。東京2020オフィシャルショップが新宿にオープンした。1964年の東京オリンピックの際には、ホテルニューオータニや東京プリンスホテルなど数多くの宿泊施設が開業した。さらに東海道新幹線や首都高速道路なども誕生した。今回の東京オリンピックに向けて、小池都知事は法被姿で打ち水を推奨するなど暑さ対策が報じられる中、東京都が乗り出したのは遮熱材を使った道路舗装工事。過酷な暑さが予想されるマラソンでその効果が期待されるという。舗装された道路では路面温度の上昇を最大8℃まで抑えることができるという。「JPN TAXI」は日本人のおもてなしの心を取り入れたタクシーだそうで、圧倒的な広さで身体の大きな外国人にも満足してもらえるように配慮している。外国人が困惑するであろう言葉の壁については、運転手が毎日英語のトレーニングをしているというがなかなか上達していない。しかし車内にはタブレットがあり、運転手と外国人の会話を自動で音声翻訳してくれる。オリンピックに向けて本格運用を目指しているという。他にも持ち運び可能な「ポケトーク」は63カ国の言語を通訳できるため外国人に話しかけられても慌てずに済む。さらに通訳オペレーターとリアルタイムでつながり外国の人とやり取りができる「みえる通訳」は法人向け、定額制サービス、使い放題と10か国語対応、365日24時間対応している。利用者数は現在2000施設、東京オリンピックまでには20000施設を目指すという。東京オリンピックではホテルが足りなくなると予測されているが、超大型クルーズを港に停泊させホテル代わりに利用する「ホテルシップ」が注目されている。その目玉となるのが豪華客船「サン・プリンセス」、ホテル不足の解消のために導入されるという。その長さは東京都庁を横にした長さよりも長い261メートル。約1000室、2000人以上の宿泊が可能で船内には高級レストランなどが完備。2泊3日で1人7〜60万円台で泊まれる。船は山下ふ頭など計5か所に停泊する。「AI人物検索サービス Takumi Eyes」は監視カメラに映った人物を事前に登録してある顔写真と識別しテロや犯罪対策に貢献することができるという。

東京オリンピック金メダル候補の現役女子高生のプロサーファー、川合美乃里。去年5月に行われたサーフィンの世界大会で優勝している。オリンピック競技のサーフィンは波の上で回転やジャンプをしてテクニックやスピードを競うもの。川合美乃里は世界と戦うために長年、華麗なターンに磨きをかけているという。川合美乃里が最も得意とする「オフザリップ」はサーフィンの技の中でも最も難易度が高い。この技を東京オリンピックでも決めることができれば金メダルも夢じゃないという。スケートボードは世界80の国と地域で行われ、競技人口5000万人の人気スポーツ。そのスケートボードでメダルの獲得に期待がかかる天才女子高校生が兵庫県神戸市にいる、それが中村貴咲。世界最高峰のアクションスポーツのイベントに16歳で初出場するといきなり優勝。アジア人初の快挙をなしとげた。番組スタッフがそのテクニックを体験、ぽっちゃりしたスタッフを飛び越えることができるのか。


東京2020オフィシャルショップ 新宿西口店

東京オリンピックの開幕まで2年。昨日東京オリンピックのグッズなどを販売する初の常設店舗がオープンした。オリンピック連覇を狙う登坂せんしゅは「レスリングは予選が早いので、あと1年位で代表が決まるので、厳しい国内の争いを絶対に勝ちぬきたいと思います。」と意気込みを語った。スポーツクライミングの楢崎選手は「金メダルをとりたいという気持ちが大きい。」と語った。都内にオープンした初の公式ショップは早くも親子連れで賑わっていた。桝さんと健二郎さんが新国立競技場などの取材に行った。


「東京2020オフィシャルショップ」に関連するイベント情報

東京オリンピック

東京2020オフィシャルショップがオープン。公式グッズが手に入るこの店には、オープンすぐに外国人観光客も訪れていた。東京オリンピックに新しく追加される種目であるスケートボード。注目選手は、四十住(よそずみ)さくら選手。

2020年東京オリンピック・そして今年のアジア大会で注目の選手、スケートボード日本選手権初代女王・四十住さくら選手。アメリカで行われた世界最高峰の大会・XGAMESに16歳で初出場して3位に入賞。銅メダルを獲得した。