ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「東北電力」の検索結果

「東北電力」に関連する情報 4306件中 1〜10件目

東北電力

ブルーシートの応急処置で雨を防ぐと思ったが、風の影響で水が入ってきてしまう。また、昨日の午前までに千葉県内で、屋根の修理中の転落事故が35件起こっていっる。君津市の男性は、ブルーシートを覆うため屋根に上ろうとしたところ、脚立ごと倒れて死亡した。千葉市の男性は、屋根を補修用のシートで覆っていたところ、屋根が抜けて3メートルの高さから転落をし、あばらと腰の骨にひびが入った。沢さんは「最近は屋根に上る経験がない」と話した。ブルーシートを張る際は、転落事故のリスクが高いので、専門家や慣れた人にに任せるか、濡れたら困るものを一ヶ所に集めてブルーシートをかけ、自身は避難所にいくべきだと、震災がつなぐ全国ネットワークの松山さんは話す。菊池さんは「沖縄のような家の作りにした方がいいのではないか」と話し、鈴木さんは「現地で政府の司令塔を常駐して動くべきだ」「経産省が電力会社の連携方法などを作っておくべきだった」などと話した。全国の電力大手各社、のべ5500人以上が千葉に集まっており、東京電力も電話の充電などのために、40台ほどの電気自動車を派遣している。また、菅官房長官は「激甚災害は基準を満たせば、指定の見込みを公表する」と話した。


東北電力

千葉の大規模停電は5日目。現在も停電している世帯は約19万5200軒。現場に行って、必要な機材が分かるような状況だという。作業員も車中泊しているという。各会社から応援もきているという。東京電力は昨日の会見では「千葉市などは本日中、それ以外で全て復旧するのは13日以降」 などとしていた。しかし千葉市では復旧が完了していない。


東北電力

今日午前の段階で計34万軒で停電が続いている。千葉市とその周辺は今日中の復旧を目指すとしている。北東部と南部については明日以降の復旧となる。昨日午後8時の段階で約2万戸で断水が続いている。鉄道は内房線の君津駅から安房鴨川駅間などが終日運転見合わせとなっている。携帯キャリア3社はいずれも繋がりにくい状況が続いており復旧時期は未定。全面復旧が遅れた原因は予想より被害が大きかった事と、ゲリラ豪雨での作業中止が挙げられる。現在1万人ほどが復旧作業に当たっている。現場作業員も体調管理に気をつけながら作業してほしいと加藤。


北陸電力

台風15号による現在の停電は茨城・千葉・神奈川・静岡の4県で62万軒。きのうが93万軒だったので復旧は進んでいる。千葉県の停電がひどく57万軒が停電していた。自宅近くの電線に樹木やトタンが当たるなどの原因が最も多い。君津市では鉄塔が倒れ10万軒に影響が出た。停電の規模は東日本大震災以来の最大規模。東京電力は2300人体制で復旧作業を行っている。中部電力・東北電力・北陸電力から1000人以上の応援が来ている。状況の把握などに時間を要している。現場に向かうまでに倒木や冠水で直接アクセスできない。エアコンが使えずうちわであおいだり車の中で過ごす人もいた。


東北電力

台風15号による現在の停電は茨城・千葉・神奈川・静岡の4県で62万軒。きのうが93万軒だったので復旧は進んでいる。千葉県の停電がひどく57万軒が停電していた。自宅近くの電線に樹木やトタンが当たるなどの原因が最も多い。君津市では鉄塔が倒れ10万軒に影響が出た。停電の規模は東日本大震災以来の最大規模。東京電力は2300人体制で復旧作業を行っている。中部電力・東北電力・北陸電力から1000人以上の応援が来ている。状況の把握などに時間を要している。現場に向かうまでに倒木や冠水で直接アクセスできない。エアコンが使えずうちわであおいだり車の中で過ごす人もいた。


中部電力

台風15号による現在の停電は茨城・千葉・神奈川・静岡の4県で62万軒。きのうが93万軒だったので復旧は進んでいる。千葉県の停電がひどく57万軒が停電していた。自宅近くの電線に樹木やトタンが当たるなどの原因が最も多い。君津市では鉄塔が倒れ10万軒に影響が出た。停電の規模は東日本大震災以来の最大規模。東京電力は2300人体制で復旧作業を行っている。中部電力・東北電力・北陸電力から1000人以上の応援が来ている。状況の把握などに時間を要している。現場に向かうまでに倒木や冠水で直接アクセスできない。エアコンが使えずうちわであおいだり車の中で過ごす人もいた。


東京電力

台風15号による現在の停電は茨城・千葉・神奈川・静岡の4県で62万軒。きのうが93万軒だったので復旧は進んでいる。千葉県の停電がひどく57万軒が停電していた。自宅近くの電線に樹木やトタンが当たるなどの原因が最も多い。君津市では鉄塔が倒れ10万軒に影響が出た。停電の規模は東日本大震災以来の最大規模。東京電力は2300人体制で復旧作業を行っている。中部電力・東北電力・北陸電力から1000人以上の応援が来ている。状況の把握などに時間を要している。現場に向かうまでに倒木や冠水で直接アクセスできない。エアコンが使えずうちわであおいだり車の中で過ごす人もいた。


東北電力

秋田・横手市で複数のフクロウが目撃されたが、実は電柱の上に取り付けられたムクドリ対策の置物だった。周辺ではムクドリによる糞害がひどく、出歩く時に傘が必要なほどだった。フクロウの設置以降、ムクドリが電線に止まる様子は見られなくなったとの事。


東北電力

宮城・福島で震度5弱を観測する地震があり、気象庁は東日本大震災の余震とみられると発表した。余震は依然活発なため、今後1周間は同規模の地震に注意が必要とのこと。また、福島第一・二原発と女川原発の施設に異常はないとのこと。


仙台地裁

再生可能エネルギーの事業者が、送電線増強費用約1億円の返金求め、東北電力を提訴した。事業者は東北電力の送電線に接続を申し込んだところ「空き容量が不足している」として増強費用を支払ったが、「費用は所有者の東北電力が負担すべき」として9892万の返金を求めて提訴したとのこと。再生可能エネルギー事業者に対しては、空き容量不足を理由に大手電力からの高額な費用請求を行われる事例が相次いでいた。