ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「東邦大学」の検索結果

「東邦大学」に関連する情報 833件中 1〜10件目

食後高血糖

ビートたけしはカミさんにお金をとられヤケクソでどうでもいいやなどとコメント。東邦大学の弘世貴久先生が登場、東邦大学医療センター大森病院で10万人以上の患者を診察・治療、アメリカ国立衛生研究所でも勤務経験があり、インスリン治療のエキスパートとして多数の著書を執筆している糖尿病治療の第一人者。今回は血糖値を下げる方法を教える。弘世先生は血糖値が高い人は増えている、近年では食後に血糖値を測る検査も推奨されている。


かくれ糖尿病

ビートたけしはカミさんにお金をとられヤケクソでどうでもいいやなどとコメント。東邦大学の弘世貴久先生が登場、東邦大学医療センター大森病院で10万人以上の患者を診察・治療、アメリカ国立衛生研究所でも勤務経験があり、インスリン治療のエキスパートとして多数の著書を執筆している糖尿病治療の第一人者。今回は血糖値を下げる方法を教える。弘世先生は血糖値が高い人は増えている、近年では食後に血糖値を測る検査も推奨されている。


糖尿病

ビートたけしはカミさんにお金をとられヤケクソでどうでもいいやなどとコメント。東邦大学の弘世貴久先生が登場、東邦大学医療センター大森病院で10万人以上の患者を診察・治療、アメリカ国立衛生研究所でも勤務経験があり、インスリン治療のエキスパートとして多数の著書を執筆している糖尿病治療の第一人者。今回は血糖値を下げる方法を教える。弘世先生は血糖値が高い人は増えている、近年では食後に血糖値を測る検査も推奨されている。


東邦大学医療センター大森病院

ビートたけしはカミさんにお金をとられヤケクソでどうでもいいやなどとコメント。東邦大学の弘世貴久先生が登場、東邦大学医療センター大森病院で10万人以上の患者を診察・治療、アメリカ国立衛生研究所でも勤務経験があり、インスリン治療のエキスパートとして多数の著書を執筆している糖尿病治療の第一人者。今回は血糖値を下げる方法を教える。弘世先生は血糖値が高い人は増えている、近年では食後に血糖値を測る検査も推奨されている。


東邦大学

ビートたけしはカミさんにお金をとられヤケクソでどうでもいいやなどとコメント。東邦大学の弘世貴久先生が登場、東邦大学医療センター大森病院で10万人以上の患者を診察・治療、アメリカ国立衛生研究所でも勤務経験があり、インスリン治療のエキスパートとして多数の著書を執筆している糖尿病治療の第一人者。今回は血糖値を下げる方法を教える。弘世先生は血糖値が高い人は増えている、近年では食後に血糖値を測る検査も推奨されている。


「東邦大学」に関連するグルメ情報

ブルーベリー

血糖値の上昇は動脈硬化を引き起こし心筋梗塞になるなどの恐れもある。血糖値は上がりにくくできる。ある色の食べ物に血糖値を上げにくくする効果がある。その色とは紫色。東邦大学医療センター大森病院の弘世先生によると紫色のアントシアニンが糖尿病発症を抑える良い働きをしている。断トツにアントシアニンが多く血糖値を上げにくくする食材は東京・小平市で島村さんが栽培を始めたブルーベリー。

アントシアニンが特に多い食材はブルーベリー。ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルによるとブルーベリーを1週間に200g以上食べている人は食べていない人に比べ糖尿病リスクが33%低いという研究結果が出ている。ブルーベリーは主に北米で栽培、日本では7月から9月が旬。農家の島村さんが収穫したブルーベリーは甘く味が濃い。島村さんの血糖値は基準値以下で問題なし。血管年齢は実年齢より9歳若かった。島村さんはどうやって血糖値上昇を防いでいるのか検証する。


アントシアニン

血糖値の上昇は動脈硬化を引き起こし心筋梗塞になるなどの恐れもある。血糖値は上がりにくくできる。ある色の食べ物に血糖値を上げにくくする効果がある。その色とは紫色。東邦大学医療センター大森病院の弘世先生によると紫色のアントシアニンが糖尿病発症を抑える良い働きをしている。断トツにアントシアニンが多く血糖値を上げにくくする食材は東京・小平市で島村さんが栽培を始めたブルーベリー。

アントシアニンが特に多い食材はブルーベリー。ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルによるとブルーベリーを1週間に200g以上食べている人は食べていない人に比べ糖尿病リスクが33%低いという研究結果が出ている。ブルーベリーは主に北米で栽培、日本では7月から9月が旬。農家の島村さんが収穫したブルーベリーは甘く味が濃い。島村さんの血糖値は基準値以下で問題なし。血管年齢は実年齢より9歳若かった。島村さんはどうやって血糖値上昇を防いでいるのか検証する。


糖尿病

血糖値の上昇は動脈硬化を引き起こし心筋梗塞になるなどの恐れもある。血糖値は上がりにくくできる。ある色の食べ物に血糖値を上げにくくする効果がある。その色とは紫色。東邦大学医療センター大森病院の弘世先生によると紫色のアントシアニンが糖尿病発症を抑える良い働きをしている。断トツにアントシアニンが多く血糖値を上げにくくする食材は東京・小平市で島村さんが栽培を始めたブルーベリー。

アントシアニンが特に多い食材はブルーベリー。ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルによるとブルーベリーを1週間に200g以上食べている人は食べていない人に比べ糖尿病リスクが33%低いという研究結果が出ている。ブルーベリーは主に北米で栽培、日本では7月から9月が旬。農家の島村さんが収穫したブルーベリーは甘く味が濃い。島村さんの血糖値は基準値以下で問題なし。血管年齢は実年齢より9歳若かった。島村さんはどうやって血糖値上昇を防いでいるのか検証する。


東邦大学医療センター大森病院

血糖値の上昇は動脈硬化を引き起こし心筋梗塞になるなどの恐れもある。血糖値は上がりにくくできる。ある色の食べ物に血糖値を上げにくくする効果がある。その色とは紫色。東邦大学医療センター大森病院の弘世先生によると紫色のアントシアニンが糖尿病発症を抑える良い働きをしている。断トツにアントシアニンが多く血糖値を上げにくくする食材は東京・小平市で島村さんが栽培を始めたブルーベリー。


高血糖

血糖値の上昇は動脈硬化を引き起こし心筋梗塞になるなどの恐れもある。血糖値は上がりにくくできる。ある色の食べ物に血糖値を上げにくくする効果がある。その色とは紫色。東邦大学医療センター大森病院の弘世先生によると紫色のアントシアニンが糖尿病発症を抑える良い働きをしている。断トツにアントシアニンが多く血糖値を上げにくくする食材は東京・小平市で島村さんが栽培を始めたブルーベリー。