ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「東野幸治」の検索結果

「東野幸治」に関連するその他の情報 1148件中 1〜10件目

松竹芸能

吉本興業の社長はどんな人なのか。1991年に入社し、1993年にダウンタウンの3代目マネージャーを務める。他にも今田耕司、東野幸治らを全国区に育てた。ことし、社長に主任し、会長の右腕として活躍。吉本興業をお笑いのトップに押し上げた功労者。事務所関係者によると、したたかなリーダーでありながらアホにもなれる人。ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!でからだをはったことも。また会長が社長以外は誰も信用できないほど信頼しているそうだ。言動は、自分の意見は一切言わず、その間に人をよく観察している。周囲からは、言葉の一言一言に重みを感じさせる、常に恐れられる存在。さらに極楽とんぼの加藤浩次が糾弾、みんな今の会社、社長、会長を怖がっている、意見を言ったら潰されるんじゃないかと。


スポーツニッポン

吉本興業の社長はどんな人なのか。1991年に入社し、1993年にダウンタウンの3代目マネージャーを務める。他にも今田耕司、東野幸治らを全国区に育てた。ことし、社長に主任し、会長の右腕として活躍。吉本興業をお笑いのトップに押し上げた功労者。事務所関係者によると、したたかなリーダーでありながらアホにもなれる人。ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!でからだをはったことも。また会長が社長以外は誰も信用できないほど信頼しているそうだ。言動は、自分の意見は一切言わず、その間に人をよく観察している。周囲からは、言葉の一言一言に重みを感じさせる、常に恐れられる存在。さらに極楽とんぼの加藤浩次が糾弾、みんな今の会社、社長、会長を怖がっている、意見を言ったら潰されるんじゃないかと。


吉本興業

昨日の吉本興業の社長の会見で社長は2人の処分を撤回したが、2人が処分の撤回を受け入れるかは不明だ。また、社長は彼らの気持ちが受け入れてもらえるであれば解決策を一から考えたいと話している。しかし、松本さんや会長とは会見前に話をしたが宮迫さんと田村さんの2人には連絡しておらず意思疎通ができていなかった。今後は年2回の研修などコンプライアンスを徹底し、共同確認書を取り交わすという。会見後には、この署名に関する面談のため吉本興業本社に多数の芸人を召集したという。そして、社長と会長は1年間、50%の減給処分を受けることになった。

吉本興業は吉本吉兵衛夫妻が天満で寄席経営を始めてから長い歴史があり、今年6月には商号を吉本興業ホールディングス株式会社に変更。常設劇場はなんばグランド花月など全国に16館あり、所属タレントは約6000人いる。友近さんは劇場を作るのはいいんですけど、そこからの集客をどうするかにいってほしいなどとコメントした。

吉本興業の社長はどんな人なのか。1991年に入社し、1993年にダウンタウンの3代目マネージャーを務める。他にも今田耕司、東野幸治らを全国区に育てた。ことし、社長に主任し、会長の右腕として活躍。吉本興業をお笑いのトップに押し上げた功労者。事務所関係者によると、したたかなリーダーでありながらアホにもなれる人。ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!でからだをはったことも。また会長が社長以外は誰も信用できないほど信頼しているそうだ。言動は、自分の意見は一切言わず、その間に人をよく観察している。周囲からは、言葉の一言一言に重みを感じさせる、常に恐れられる存在。さらに極楽とんぼの加藤浩次が糾弾、みんな今の会社、社長、会長を怖がっている、意見を言ったら潰されるんじゃないかと。

友近が“闇営業問題”に緊急提言。いつまでに改善すると聞きたい、まだ不透明なところがあるとコメント。コンプライアンスの徹底について解説。菊地幸夫は、芸能人と会社との関係をもう少し明確にしてほしいとコメント。鈴木哲夫は、今季ア社の原点となる話し合いが全く無いとコメント。岡田圭右は、家族が芸人たちを支えてやってほしい、又復帰してほしいとコメントした。もやもやのままで仕事をしてほしくないとのこと。友近は詐欺被害に合われた方々への謝罪を社長の口から聞きたかったとコメント。


吉本興業

吉本興業社長の会見について、パワハラを冗談だったと説明する・宮迫さんと亮さんの処分を撤回するなど要約して各紙が紹介している。弁護士は記者会見は事実関係を伝えるものだが、言い訳を行うためのものとなっていて涙を流す理由も分からないと述べた。(スポーツニッポン/サンケイスポーツ/スポーツ報知/日刊スポーツ)

先週18日に宮迫さんらの弁護士に引退会見か契約解除かを行うようにする書面が届いたといい、7月20日に謝罪会見が行われた。この会見後吉本側は記者会見を受けて内容を精査し、後日改めてコメントを行う方針だったが、2人の会見を受けて松本人志さんが東野幸治さんを連れて会長・社長と会談して会見スべきと提案し、ここで松本さんは静観の姿勢を批判し、吉本で問題を起こした芸人の保証人になろうとしたことで、吉本の会見は決まったのだった。大谷さんは会見は社会に対して行うことだが、反社会的勢力とつながったことで処分を行おうとしたのに対して、これを理由もなく撤回したと指摘している。社長はさんまさんからは問題を起こしたタレントを引き取る提案を、松本さんからも問題を起こしたタレントのサポートを手伝うと提案されたと明かし、思いに応えきれていない事を反省していると話していたが、社長が問題の宮迫さんらに会ったかは明かされていない。

宮迫&亮ら ”闇営業”問題 吉本興業 対応一貫せぬワケ。


スポーツニッポン

吉本興業社長の会見について、パワハラを冗談だったと説明する・宮迫さんと亮さんの処分を撤回するなど要約して各紙が紹介している。弁護士は記者会見は事実関係を伝えるものだが、言い訳を行うためのものとなっていて涙を流す理由も分からないと述べた。(スポーツニッポン/サンケイスポーツ/スポーツ報知/日刊スポーツ)

先週18日に宮迫さんらの弁護士に引退会見か契約解除かを行うようにする書面が届いたといい、7月20日に謝罪会見が行われた。この会見後吉本側は記者会見を受けて内容を精査し、後日改めてコメントを行う方針だったが、2人の会見を受けて松本人志さんが東野幸治さんを連れて会長・社長と会談して会見スべきと提案し、ここで松本さんは静観の姿勢を批判し、吉本で問題を起こした芸人の保証人になろうとしたことで、吉本の会見は決まったのだった。大谷さんは会見は社会に対して行うことだが、反社会的勢力とつながったことで処分を行おうとしたのに対して、これを理由もなく撤回したと指摘している。社長はさんまさんからは問題を起こしたタレントを引き取る提案を、松本さんからも問題を起こしたタレントのサポートを手伝うと提案されたと明かし、思いに応えきれていない事を反省していると話していたが、社長が問題の宮迫さんらに会ったかは明かされていない。


ツイッター

吉本興業の闇営業を巡る問題で今日社長が今日午後に会見を行い、宮崎裕之との契約解除を撤回すると明かした。契約解除撤回に至ったのには大物芸人たちの助言があった。反社会的勢力主催の会合に出席して金銭を受領した問題をめぐり、おととい宮迫さんと田村亮さんが謝罪会見を行った。松本人志さんは複雑な思いで会見を聞いていた。松本さんはきのうのTV番組で、吉本興業がこのままじゃ壊れていく、つぶれていく危機感を持ったなどコメントした。また松本さんは宮迫さんらの会見を受けて松本さんはツイッターで「後輩芸人は不安よな。松本 動きます。」と言い、松本さんは東野幸治さんと吉本興業へ行き、会長と社長と話し合いの場を設けた。松本さんは社長の性格について、言葉遣いが横暴なのが出る時がある、絶対にそれはやめろと伝えたとコメントした。松本さんが直談判したのは2つあり、1つは社長に会見をさせる事、もう一つは吉本興業内に松本興業のようなものを作る事。


吉本興業

吉本興業の闇営業を巡る問題で今日社長が今日午後に会見を行い、宮崎裕之との契約解除を撤回すると明かした。契約解除撤回に至ったのには大物芸人たちの助言があった。反社会的勢力主催の会合に出席して金銭を受領した問題をめぐり、おととい宮迫さんと田村亮さんが謝罪会見を行った。松本人志さんは複雑な思いで会見を聞いていた。松本さんはきのうのTV番組で、吉本興業がこのままじゃ壊れていく、つぶれていく危機感を持ったなどコメントした。また松本さんは宮迫さんらの会見を受けて松本さんはツイッターで「後輩芸人は不安よな。松本 動きます。」と言い、松本さんは東野幸治さんと吉本興業へ行き、会長と社長と話し合いの場を設けた。松本さんは社長の性格について、言葉遣いが横暴なのが出る時がある、絶対にそれはやめろと伝えたとコメントした。松本さんが直談判したのは2つあり、1つは社長に会見をさせる事、もう一つは吉本興業内に松本興業のようなものを作る事。


吉本興業

スタジオには弁護士の河西さんとジャーナリストの大谷さんが紹介された。反社会的勢力主催のパーティーに参加し報酬を受け取っていたとされる問題。宮迫博之さんと田村亮さんは東京・港区にある50人ほどしか入れないイベントスペースで会見を開いた。会場には約300人が詰めかけ、インターネットTVや2人のツイッターでもライブ配信され時間は午後3時から約2時間半かけて行われた。会見のお知らせは20日の12時57分に宮迫さん、田村さんからFAXで会見を知らせお願いの欄では生放送など配信方法はメディア側の意向に任せるなどが記載されていた。

会見では嘘をついてしまったことへの謝罪や会社側と揉めてしまった事などが伝えられた。宮迫さんらが受け取った報酬は詐欺で得られたものとされ報道直後、おそらく芸人側、会社側双方に衝撃的な事実だったと思われるが、その後の静観などの対応などから溝が深まりここまで大きなトラブルとなったのではと河西弁護士は述べた。大谷さんは会見はネット配信で見たが、こういう形でしか声が聞こえなかった、2人の切羽詰まった気持ちなどの思いが伝わったなど話す。八代さんは吉本興業側は2人の嘘を鵜呑みにしてしまったなど危機管理が甘い点などを指摘した。

宮迫博之さんと田村亮さんが開いた会見では吉本興業側に会見をしたいと伝えた時のやり取りについて明らかになった。会見したいと伝えた所吉本興業の社長からは「会見をしてもいいけど全員連帯責任でクビにするからな」など言われたと述べる。

宮迫博之さんと田村亮さんの謝罪会見を受けて吉本興業の社長がコメントを発表。コメントでは謝罪と22日に会見を開くと発表。吉本興業は宮迫さんと田村さんの会見後、内容を精査し後日コメントすると発表。ダウンタウンの松本人志さんはツイッターで「後輩芸人達は不安よな。松本動きます」とツイッターを投稿。そして夜には松本さんtの東野幸治さんが吉本興業の会長と社長と緊急会談を行う。その中で会社の静観という姿勢に対し「吉本興業には居たくないかも」と明かし、吉本興業の中に”松本興業”のような部屋を作りイエローカード芸人の保証人になるなど伝え、きのうになり22日の午後2時から会見をすることが発表された。

宮迫博之&田村亮 涙の謝罪 吉本興業社長このあと会見へ。


スポーツニッポン

きのう放送されたワイドナショーは緊急生放送となった。その日の松本人志は後輩芸人たちは不安、松本動きますとツイッターに綴っていた。宮迫博之・田村亮の謝罪会見を受けて自ら動くことをSNSで明らかにしていた。ワイドナショーでMCを務める佐々木恭子アナは、台本は簡単なものだったという。スタジオに入った松本人志は覚悟を持っている様子だったという。松本人志は番組で仕事の合間にたまたま会見を見れた、思っているよりなかなかハードで無視できないと話した。謝罪会見のVTRを見た松本人志と東野幸治は食い入るように見ていた。松本人志は吉本興業について、知らなかった事実があまりにも多すぎて絶対よくない、発端は彼らかもしれないけどここまで追い込んだ会社に対してはよくない、吉本興業はこのままじゃ壊れていく潰れていくんじゃないかと危機感を持ったと話した。東野幸治は知らないことがたくさんあったと話した。

きのう放送されたワイドナショーは緊急生放送となった。松本人志は吉本興業に芸人ファーストじゃないとなんの意味もないと言ったという。東野幸治は謹慎中の芸人たちも気遣ってあげてほしいと訴えた。MCを務める佐々木恭子アナは2人が仲間や同志を思っている気持ちを感じたという。宮迫博之と田村亮が吉本興業から引退か契約解除の2択を迫られたとき、社長とは直接話をさせてもらえなかったという。松本人志は社長について、元マネージャーであって20年くらい前から言葉遣いが横暴であったり気になると会長に言ったことがあると話した。


吉本興業

きのう放送されたワイドナショーは緊急生放送となった。その日の松本人志は後輩芸人たちは不安、松本動きますとツイッターに綴っていた。宮迫博之・田村亮の謝罪会見を受けて自ら動くことをSNSで明らかにしていた。ワイドナショーでMCを務める佐々木恭子アナは、台本は簡単なものだったという。スタジオに入った松本人志は覚悟を持っている様子だったという。松本人志は番組で仕事の合間にたまたま会見を見れた、思っているよりなかなかハードで無視できないと話した。謝罪会見のVTRを見た松本人志と東野幸治は食い入るように見ていた。松本人志は吉本興業について、知らなかった事実があまりにも多すぎて絶対よくない、発端は彼らかもしれないけどここまで追い込んだ会社に対してはよくない、吉本興業はこのままじゃ壊れていく潰れていくんじゃないかと危機感を持ったと話した。東野幸治は知らないことがたくさんあったと話した。

きのう放送されたワイドナショーは緊急生放送となった。松本人志は吉本興業に芸人ファーストじゃないとなんの意味もないと言ったという。東野幸治は謹慎中の芸人たちも気遣ってあげてほしいと訴えた。MCを務める佐々木恭子アナは2人が仲間や同志を思っている気持ちを感じたという。宮迫博之と田村亮が吉本興業から引退か契約解除の2択を迫られたとき、社長とは直接話をさせてもらえなかったという。松本人志は社長について、元マネージャーであって20年くらい前から言葉遣いが横暴であったり気になると会長に言ったことがあると話した。