ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「松本秀樹」の検索結果

「松本秀樹」に関連する情報 846件中 1〜10件目

ペットエコ 都筑店

本日のどうするは「ワンちゃんの夏バテ対策どうする」。本日の達人は松本秀樹さん。ワンちゃん夏のお悩みトップ3の「暑くて外に出せない」について松本さんは「靴下でアスファルトの上の高音でヤケド防止」と話した。デコズドッグカフェで食べたコミュニケーションフード「メロンシャーベット」を薬丸裕英さんらが食べて「全然普通。ちょっと甘さ控えめ。逆にこっちの方がいい」などと話した。


「松本秀樹」に関連するグルメ情報

メロンシャーベット

田園調布にある「デコズドッグカフェ」は約40種類もの犬用メニューがある。犬の好みを知り尽くしたお店。渡辺さんは早速相談。店長が用意したのは2皿のチーズケーキ。ふーちゃんは片方のケーキだけ食べた。このケーキは人肌程度に温めたケーキ。香りが増してワンちゃんの食欲増進に繋がるという。このお店のオススメ夏メニューは「トマトバーグ」。トマトをまるごと使っている。さらに飼い主と一緒に食べられる「メロンシャーベット」もある。お店にはこうしたコミュニケーションフードが25種類用意されている。渡辺さんは「おいしい」などとコメントした。

本日のどうするは「ワンちゃんの夏バテ対策どうする」。本日の達人は松本秀樹さん。ワンちゃん夏のお悩みトップ3の「暑くて外に出せない」について松本さんは「靴下でアスファルトの上の高音でヤケド防止」と話した。デコズドッグカフェで食べたコミュニケーションフード「メロンシャーベット」を薬丸裕英さんらが食べて「全然普通。ちょっと甘さ控えめ。逆にこっちの方がいい」などと話した。


デコズドッグカフェ

田園調布にある「デコズドッグカフェ」は約40種類もの犬用メニューがある。犬の好みを知り尽くしたお店。渡辺さんは早速相談。店長が用意したのは2皿のチーズケーキ。ふーちゃんは片方のケーキだけ食べた。このケーキは人肌程度に温めたケーキ。香りが増してワンちゃんの食欲増進に繋がるという。このお店のオススメ夏メニューは「トマトバーグ」。トマトをまるごと使っている。さらに飼い主と一緒に食べられる「メロンシャーベット」もある。お店にはこうしたコミュニケーションフードが25種類用意されている。渡辺さんは「おいしい」などとコメントした。

本日のどうするは「ワンちゃんの夏バテ対策どうする」。本日の達人は松本秀樹さん。ワンちゃん夏のお悩みトップ3の「暑くて外に出せない」について松本さんは「靴下でアスファルトの上の高音でヤケド防止」と話した。デコズドッグカフェで食べたコミュニケーションフード「メロンシャーベット」を薬丸裕英さんらが食べて「全然普通。ちょっと甘さ控えめ。逆にこっちの方がいい」などと話した。


夏バテ

ワンちゃんの夏バテ対策特集 暑い日は室内遊び!お店のオススメは「プッシュ&ポップ」。上の穴からエサを入れて本体を押すとエサが飛び出す仕組み。この仕組を覚えて自分で押すという知育おもちゃ。一度仕組みを覚えると1人で遊ぶようになるという。

田園調布にある「デコズドッグカフェ」は約40種類もの犬用メニューがある。犬の好みを知り尽くしたお店。渡辺さんは早速相談。店長が用意したのは2皿のチーズケーキ。ふーちゃんは片方のケーキだけ食べた。このケーキは人肌程度に温めたケーキ。香りが増してワンちゃんの食欲増進に繋がるという。このお店のオススメ夏メニューは「トマトバーグ」。トマトをまるごと使っている。さらに飼い主と一緒に食べられる「メロンシャーベット」もある。お店にはこうしたコミュニケーションフードが25種類用意されている。渡辺さんは「おいしい」などとコメントした。

本日のどうするは「ワンちゃんの夏バテ対策どうする」。本日の達人は松本秀樹さん。ワンちゃん夏のお悩みトップ3の「暑くて外に出せない」について松本さんは「靴下でアスファルトの上の高音でヤケド防止」と話した。デコズドッグカフェで食べたコミュニケーションフード「メロンシャーベット」を薬丸裕英さんらが食べて「全然普通。ちょっと甘さ控えめ。逆にこっちの方がいい」などと話した。


お悩みに答えてくれるのが「ポチたま」に18年にわたり出演し犬をしりつくす達人の松本秀樹さん。今回協力してくれるのはリポーターの渡辺さんの愛犬・ふーちゃんこと“フラッフィーくん”(5歳 ミックス)。夏は、暑くて外に出せない、食欲がない、丈夫な体作りが心配なところ。今回はフーちゃんを通じて夏バテ対策を紹介する。まずは、暑くて外に出せないという悩みを解決。やってきたのは関東最大級の売り場面積を誇る「ペットエコ都筑店」。売り場には3000点以上の商品を取り揃える総合ペットショップとなっており、冷却グッズコーナーには商品が充実している。散歩からもどったときによいのは「涼感アルミ ジェルマット」980円などでクールダウンすることがおすすめ。

ワンちゃんの夏バテ対策特集 暑い日は室内遊び!お店のオススメは「プッシュ&ポップ」。上の穴からエサを入れて本体を押すとエサが飛び出す仕組み。この仕組を覚えて自分で押すという知育おもちゃ。一度仕組みを覚えると1人で遊ぶようになるという。

田園調布にある「デコズドッグカフェ」は約40種類もの犬用メニューがある。犬の好みを知り尽くしたお店。渡辺さんは早速相談。店長が用意したのは2皿のチーズケーキ。ふーちゃんは片方のケーキだけ食べた。このケーキは人肌程度に温めたケーキ。香りが増してワンちゃんの食欲増進に繋がるという。このお店のオススメ夏メニューは「トマトバーグ」。トマトをまるごと使っている。さらに飼い主と一緒に食べられる「メロンシャーベット」もある。お店にはこうしたコミュニケーションフードが25種類用意されている。渡辺さんは「おいしい」などとコメントした。

犬のフィットネスクラブ「クオーラ目黒柿の木坂」へ向かった。犬用の大きなフィットネスプールがあり、獣医が監修したプログラムをもとに運動する場所となっている。監修の獣医の丸田香緒里先生が、犬の夏バテ対策を教えてくれた。冷房は常につけておくこと、直射日光が入らないようカーテンを閉めておくこと、飲水を複数置いておくことが、脱水症状を防ぐことにつながると丸田先生は話した。また、プールは全身運動なので、犬の夏場の体力づくりにピッタリ。ふーちゃんもプールに挑戦することになった。まず、プール前にじっくりストレッチをし、バランスボールに乗って筋力トレーニングをする。普段は水を怖がるふーちゃんだが、プールでは楽しそうに力いっぱい泳ぐことができた。また、プールではオプションとしてボディボードに乗ることが出来る。

犬が口を開けてハァハァ呼吸をしたり、舌の色が普段より赤かったり紫っぽくなっていたり、よだれを垂らしていたりといった症状がある場合、熱中症のサインの可能性がある。また、犬が熱中症になってしまったら、応急処置として冷たいペットボトルをお腹や内股にあてること。しかしこの際、郡を直接あてたり、冷却シートを貼ったりすると凍傷になってしまうため注意が必要。渡辺さんは「ふーちゃんが楽しんでくれてよかったです、お仕事なの忘れて動画撮影してました」と話した。最後に、保護犬と出会える施設「NPO法人 ランコントレ・ミグノン」を紹介した。ホームページで会いたい犬を予約してから手続きを踏んで里親になるシステムとなっている。


涼感アルミ ジェルマット

お悩みに答えてくれるのが「ポチたま」に18年にわたり出演し犬をしりつくす達人の松本秀樹さん。今回協力してくれるのはリポーターの渡辺さんの愛犬・ふーちゃんこと“フラッフィーくん”(5歳 ミックス)。夏は、暑くて外に出せない、食欲がない、丈夫な体作りが心配なところ。今回はフーちゃんを通じて夏バテ対策を紹介する。まずは、暑くて外に出せないという悩みを解決。やってきたのは関東最大級の売り場面積を誇る「ペットエコ都筑店」。売り場には3000点以上の商品を取り揃える総合ペットショップとなっており、冷却グッズコーナーには商品が充実している。散歩からもどったときによいのは「涼感アルミ ジェルマット」980円などでクールダウンすることがおすすめ。


横浜市営地下鉄センター北駅

お悩みに答えてくれるのが「ポチたま」に18年にわたり出演し犬をしりつくす達人の松本秀樹さん。今回協力してくれるのはリポーターの渡辺さんの愛犬・ふーちゃんこと“フラッフィーくん”(5歳 ミックス)。夏は、暑くて外に出せない、食欲がない、丈夫な体作りが心配なところ。今回はフーちゃんを通じて夏バテ対策を紹介する。まずは、暑くて外に出せないという悩みを解決。やってきたのは関東最大級の売り場面積を誇る「ペットエコ都筑店」。売り場には3000点以上の商品を取り揃える総合ペットショップとなっており、冷却グッズコーナーには商品が充実している。散歩からもどったときによいのは「涼感アルミ ジェルマット」980円などでクールダウンすることがおすすめ。


ペットエコ都筑店

お悩みに答えてくれるのが「ポチたま」に18年にわたり出演し犬をしりつくす達人の松本秀樹さん。今回協力してくれるのはリポーターの渡辺さんの愛犬・ふーちゃんこと“フラッフィーくん”(5歳 ミックス)。夏は、暑くて外に出せない、食欲がない、丈夫な体作りが心配なところ。今回はフーちゃんを通じて夏バテ対策を紹介する。まずは、暑くて外に出せないという悩みを解決。やってきたのは関東最大級の売り場面積を誇る「ペットエコ都筑店」。売り場には3000点以上の商品を取り揃える総合ペットショップとなっており、冷却グッズコーナーには商品が充実している。散歩からもどったときによいのは「涼感アルミ ジェルマット」980円などでクールダウンすることがおすすめ。


今日の特集は「犬を飼いたい どうする?」 アニマルライフパートナー代表・獣医師の丸田さんは、犬を飼うと散歩が必要なため飼い主も運動が必要となり健康向上につながる、また犬とのふれあいや世話が生きがいとなり、心のケアにもつながると語る。今回は愛玩動物飼養管理士などの資格を持った達人・松本秀樹が、犬を飼ってみたいという添田さん夫婦とともに、シニア向けに「犬を飼う心構え」を紹介。

犬を飼うにあたってはその大変さも知っておかなければならない。動物病院で働くかたわら、自宅への往診や飼い主へのカウンセリングも行っている獣医師・丸田さんが解説する。まず第一に、犬用のトイレやサークルなどグッズを揃えたり、毎日のドッグフード代など費用がかかることがあげられる。また、義務・任意のものなど様々だが、狂犬病予防ワクチン、混合ワクチン、フィラリア予防など定期的な予防接種も必要となる。家族の一員として、最後まで世話する覚悟が大切だという。

シニアには小型の愛玩犬がおすすめ。またシニアの方が犬を飼うにあたり、注意すべき点は4つ。(1)体力がいる!(2)飼育費が掛かる!(3)しつけは出来る?(4)部屋をキレイに!

添田さん夫妻が、ポメラニアンとチワワのミックス犬「メル君」の1日レンタルを体験。まずは散歩。散歩のルールは「犬に合わせるのではなく、飼い主が行きたい方に飼い主が行きたいペースで行く」。犬に主導権を与えると、犬は飼い主よりランクが上だと勘違いしてしまうという。また、散歩=トイレだと勘違いされがちだが、散歩は犬のリフレッシュと飼い主とのコミュニケーションの時間であり、トイレは散歩前に自宅で済ませておくのがマナーだそう。外でおしっこをした場合は、水をかけ、うんちをしたらビニール袋で回収する。犬が散歩に慣れない場合は、おやつを持って誘導し、うまくできたら褒めておやつをあげるのが良いという。小型犬の場合、散歩の頻度は1日20分×2回。

犬の食事には注意点がいっぱい。グッズ店やトリミングサロン、愛犬と一緒に食事できるビストロなども備えた複合施設「愛犬ヴィレッジ」にて、犬の食事についての注意点を学ぶ。こちらには人のブッフェと同じ形で好きなものを食べられる「わんこブッフェ」があり、獣医師の丸田さんが犬の食事の監修を行っているそう。犬は硬いものがあまり食べられず、人向けの味付けもNG。絶対に与えてはいけない食材も多くあり、玉ねぎやチョコレートは中毒で死んでしまうこともあるという。カレーやハンバーグなど玉ねぎを使った料理ももちろんNG。

添田さん夫妻が自宅で犬のトイレのしつけを学ぶ。まず、トイレの場所を間違った場合、決して叱ってはいけない。犬をトイレのミスで叱ってしまうと、排泄の場所ではなく、排泄自体をダメなこととして覚えてしまうという。違う所に排泄した場合は、消臭スプレーで臭いを消す。場所を覚えさせるには、犬のトイレのタイミングを知ること。犬の生活リズムを記録することで、犬のおしっこの時間がわかるという。おしっこの時間が近づいたらケージの扉が閉まった状態で、犬を抱いて上から入れる。し始めたら「ワンツー、ワンツー」など掛け声をかける。これを繰り返すと、犬は飼い主の掛け声で排泄が誘導されるようになるという。また排泄したら扉を開けケージから出させるが、これにより犬は足裏のペットシートの感触を覚え、ペットシートと排泄が犬の中で結びつくそう。成功した時には褒め、おやつをあげる。

「散歩でトイレはマナー違反」「トイレのしつけでしからない」などVTRであげた注意点を振り返り、追加として「予防接種まで外の散歩はNG」を補足。また犬の医療費について解説。白内障、骨折は20万円またはそれ以上、開腹手術は100万円かかる場合もあるそう。今はこれらに備えたペット保険もあるという。

犬を飼い始めると毛が抜ける。また犬は人より地面に近いために、床を清潔に保つのが大事だという。床掃除にオススメの掃除機として登場したのはsiroca サイクロン式コードレスクリーナー。コードレスでありながらパワフルな吸引力で、思い立った時にすぐ楽に掃除ができる。このあと詳しく紹介。


築地市場

破産寸前になった松本秀樹さん、転機になったのは築地市場で見た仕入れ実績のある料亭や高級寿司店でしか手に入らない高級魚だった。なんとか1回分けてもらった松本さんは売れなくてもずっと使わないとダメだと語った。 仲卸業者との信頼関係を築くには高いお金を払っても仕入れ続けることが大切。松本さんが買い続けたという仲卸業者の方は毎日2本ずつ買っていくが約束を守る人は少ない、あの人は絶対に浮気しないと語った。

高級魚を毎日買い続けた松本秀樹さん、それは6年続いたという。6年で2000万円の借金を積み重ねながら高級な魚を店に並べ続けた。松本さんは「たいして売れなくても売っていればお客さんがちょっとずつついてくる、もしレベルを下げていたらお客さんは来なかったと思います」と語る。高いけど美味い魚を売る鮮魚店があると噂が広がり少しずつ知名度を上げていった。実際に値段を見ると財布の紐が堅くなるお客さんもいたという。