ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「松阪牛」の検索結果

「松阪牛」に関連する情報 5290件中 1〜10件目

「松阪牛」に関連するグルメ情報

松阪牛 すき焼き肉1kg

「押して!参加!快適dボタン○○」企画を実施中。アンケートやクイズに答えポイントを重ねるとプレゼントが当たる抽選に応募できる。6月のプレゼントは松阪牛 すき焼き肉1kg。


「松阪牛」に関連するイベント情報

押して!参加!快適dボタン○○

「押して!参加!快適dボタン○○」企画を実施中。アンケートやクイズに答えポイントを重ねるとプレゼントが当たる抽選に応募できる。6月のプレゼントは松阪牛 すき焼き肉1kg。


「松阪牛」に関連するグルメ情報

松阪牛 すき焼き肉1kg

「押して!参加!快適dボタン○○」企画を実施中。アンケートやクイズに答えポイントを重ねるとプレゼントが当たる抽選に応募できる。6月のプレゼントは松阪牛 すき焼き肉1kg。


「松阪牛」に関連するイベント情報

押して!参加!快適dボタン○○

「押して!参加!快適dボタン○○」企画を実施中。アンケートやクイズに答えポイントを重ねるとプレゼントが当たる抽選に応募できる。6月のプレゼントは松阪牛 すき焼き肉1kg。


「松阪牛」に関連するグルメ情報

松阪牛 すき焼き肉1kg

「押して!参加!快適dボタン○○」企画を実施中。アンケートやクイズに答えポイントを重ねるとプレゼントが当たる抽選に応募できる。6月のプレゼントは松阪牛 すき焼き肉1kg。アンケートの結果はきょうの「なないろ日和!」の通販コーナーで発表される。


「松阪牛」に関連するイベント情報

押して!参加!快適dボタン○○

「押して!参加!快適dボタン○○」企画を実施中。アンケートやクイズに答えポイントを重ねるとプレゼントが当たる抽選に応募できる。6月のプレゼントは松阪牛 すき焼き肉1kg。アンケートの結果はきょうの「なないろ日和!」の通販コーナーで発表される。


「松阪牛」に関連するグルメ情報

松阪牛 すき焼き肉1kg

「押して!参加!快適dボタン○○」企画を実施中。アンケートやクイズに答えポイントを重ねるとプレゼントが当たる抽選に応募できる。6月のプレゼントは松阪牛 すき焼き肉1kg。


「松阪牛」に関連するイベント情報

押して!参加!快適dボタン○○

「押して!参加!快適dボタン○○」企画を実施中。アンケートやクイズに答えポイントを重ねるとプレゼントが当たる抽選に応募できる。6月のプレゼントは松阪牛 すき焼き肉1kg。


「松阪牛」に関連するグルメ情報

松阪牛

ご当地カレー「明和珈哩」は、群馬・明和町特産の梨と、三重・明和町特産の松阪牛を使用した共同開発カレーで、2万食製造され700円で販売されている。明和珈哩の製造会社は民間・町が合同で設立したもので、役場から出向している職員もいるという。製造会社から町役場のそれぞれの部署に明和珈哩の販売を知らせ、部署ごとに発注をかけていた。メールには「職員販売目標数」と題した資料が添付されており、町長から係長までの目標数が印字されていた。課長の場合は「単品50箱3万5000円」か「5箱入り10セット3万円」、主任・主事の場合は「単品10箱7000円」か「5箱入り2セット6000円」などと書かれていたという。取材に応じた課長は「商品購入を強制されたとは感じていない。お中元で渡したりお土産になると思い、『5箱入り10セット』を購入した」と話している。また、明和町役場担当者は「購入ノルマはなく、販売の目安だった。町を盛り上げるための趣旨で行なっていた。ノルマと感じてしまった職員がいたとすれば、配慮が足りなかったと感じる」と話している。しかし、ある職員は注文書にノルマを下回る購入数を書いたら、上司から「ボーナスから天引きだぞ。買わないと損だよ」と言われ、拒めば査定に響き昇進できなくなると思い、従うしかなかったと話しているという。町は、査定に響くことについては否定している。そして、ある課では注文した職員の大半が購入ノルマを満たしていないと突き返され、購入数と金額を2〜8倍に書き換え、注文書を再提出したこともあったという。結果、購入職員138人が3197食分買うこととなった。若狭さんは「パワハラになると思いますが、受け手側がどう思うかが大きなポイントになると思います。そもそも上司から言われ購入すること自体が仕事とは言えないので、強制的になるとすればパワハラになると思います」、小倉さんは「これ、700円に見合うだけの美味しさがあるなら売れるんだから、職員に買わせる時点で企画の失敗じゃない!?」と話した。


「松阪牛」に関連するグルメ情報

ご当地カレー「明和珈哩」は、群馬・明和町特産の梨と、三重・明和町特産の松阪牛を使用した共同開発カレーで、2万食製造され700円で販売されている。明和珈哩の製造会社は民間・町が合同で設立したもので、役場から出向している職員もいるという。製造会社から町役場のそれぞれの部署に明和珈哩の販売を知らせ、部署ごとに発注をかけていた。メールには「職員販売目標数」と題した資料が添付されており、町長から係長までの目標数が印字されていた。課長の場合は「単品50箱3万5000円」か「5箱入り10セット3万円」、主任・主事の場合は「単品10箱7000円」か「5箱入り2セット6000円」などと書かれていたという。取材に応じた課長は「商品購入を強制されたとは感じていない。お中元で渡したりお土産になると思い、『5箱入り10セット』を購入した」と話している。また、明和町役場担当者は「購入ノルマはなく、販売の目安だった。町を盛り上げるための趣旨で行なっていた。ノルマと感じてしまった職員がいたとすれば、配慮が足りなかったと感じる」と話している。しかし、ある職員は注文書にノルマを下回る購入数を書いたら、上司から「ボーナスから天引きだぞ。買わないと損だよ」と言われ、拒めば査定に響き昇進できなくなると思い、従うしかなかったと話しているという。町は、査定に響くことについては否定している。そして、ある課では注文した職員の大半が購入ノルマを満たしていないと突き返され、購入数と金額を2〜8倍に書き換え、注文書を再提出したこともあったという。結果、購入職員138人が3197食分買うこととなった。若狭さんは「パワハラになると思いますが、受け手側がどう思うかが大きなポイントになると思います。そもそも上司から言われ購入すること自体が仕事とは言えないので、強制的になるとすればパワハラになると思います」、小倉さんは「これ、700円に見合うだけの美味しさがあるなら売れるんだから、職員に買わせる時点で企画の失敗じゃない!?」と話した。