ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「林承弘」の検索結果

「林承弘」に関連する情報 13件中 1〜10件目

「林承弘」に関連する映画・DVD

林承弘副理事長

80歳女性は歩行中に転倒し手をついたときの衝撃で左ひじを骨折したといい、87歳女性は階段降下時に転倒し手をついた歳に手首を骨折したという。背骨を骨折した70代女性は圧迫されたように背骨が潰れていて原因不明で、日常生活で痛みを感じ検査した所”いつの間にか骨折”していたという。骨折は10月ごろから急増するそうで、関節が硬直してあまり動かないためつまずきやすいなどの要因で転倒自体が多いことがあげられるという。また”骨折ドミノ”という骨折した箇所以外の関節などを骨折してしまうドミノ現象に注意が必要だという。骨折ドミノの原因の一つは骨粗しょう症で、その状態で1カ所でも骨折すると体のバランスが崩れて転倒しやすくなり、骨折ドミノを引き起こすという。近年骨粗しょう症患者が増え続けていて、街ではカルシウムを意識しているという声が多かったが、近畿大や大阪医大の研究グループが40歳以上の患者の骨折発生率を都道府県別に集計したところ、東日本と西日本で差は最大2倍となった。その背景にはカルシウムではなく”ビタミンK不足”があると指摘する専門家もいるという。


外傷性血気胸

岐阜・高山市の介護施設「それいゆ」で5人の入居者が連続で死傷している(映像 運営する医療法人の理事長)。特に疑問が残るのは外傷性血気胸で死亡した女性である。外傷性ということは外部から何らかの力が加えられたことを意味する。その日女性はやや元気はないものの、食事も完食するなどいつもと変わらない様子だったという。しかし4時40分 体調が急変し、5時28分 緊急搬送され翌日外傷性血気胸で死亡した。3時のおやつの時間から体調急変の4時40分までが空白となっており、理事長はその間に「意図的に誰かが打撃を加えた可能性が100%否定できない」とコメント。 その上で入浴介助の際にひびが入ったか、朝から何回も動いたために肋骨がずれた可能性もあるとも推測している。林整形外科 林承弘院長はよほど大きな力が加わらない限り、折れた骨が胸に刺さるまでは普通はいかないとの見解を寄せている。


脳挫傷

岐阜・高山市の介護施設「それいゆ」で5人の入居者が連続で死傷している(映像 運営する医療法人の理事長)。特に疑問が残るのは外傷性血気胸で死亡した女性である。外傷性ということは外部から何らかの力が加えられたことを意味する。その日女性はやや元気はないものの、食事も完食するなどいつもと変わらない様子だったという。しかし4時40分 体調が急変し、5時28分 緊急搬送され翌日外傷性血気胸で死亡した。3時のおやつの時間から体調急変の4時40分までが空白となっており、理事長はその間に「意図的に誰かが打撃を加えた可能性が100%否定できない」とコメント。 その上で入浴介助の際にひびが入ったか、朝から何回も動いたために肋骨がずれた可能性もあるとも推測している。林整形外科 林承弘院長はよほど大きな力が加わらない限り、折れた骨が胸に刺さるまでは普通はいかないとの見解を寄せている。


林整形外科

岐阜・高山市の介護施設「それいゆ」で5人の入居者が連続で死傷している(映像 運営する医療法人の理事長)。特に疑問が残るのは外傷性血気胸で死亡した女性である。外傷性ということは外部から何らかの力が加えられたことを意味する。その日女性はやや元気はないものの、食事も完食するなどいつもと変わらない様子だったという。しかし4時40分 体調が急変し、5時28分 緊急搬送され翌日外傷性血気胸で死亡した。3時のおやつの時間から体調急変の4時40分までが空白となっており、理事長はその間に「意図的に誰かが打撃を加えた可能性が100%否定できない」とコメント。 その上で入浴介助の際にひびが入ったか、朝から何回も動いたために肋骨がずれた可能性もあるとも推測している。林整形外科 林承弘院長はよほど大きな力が加わらない限り、折れた骨が胸に刺さるまでは普通はいかないとの見解を寄せている。


それいゆ

岐阜・高山市の介護施設「それいゆ」で5人の入居者が連続で死傷している(映像 運営する医療法人の理事長)。特に疑問が残るのは外傷性血気胸で死亡した女性である。外傷性ということは外部から何らかの力が加えられたことを意味する。その日女性はやや元気はないものの、食事も完食するなどいつもと変わらない様子だったという。しかし4時40分 体調が急変し、5時28分 緊急搬送され翌日外傷性血気胸で死亡した。3時のおやつの時間から体調急変の4時40分までが空白となっており、理事長はその間に「意図的に誰かが打撃を加えた可能性が100%否定できない」とコメント。 その上で入浴介助の際にひびが入ったか、朝から何回も動いたために肋骨がずれた可能性もあるとも推測している。林整形外科 林承弘院長はよほど大きな力が加わらない限り、折れた骨が胸に刺さるまでは普通はいかないとの見解を寄せている。


認知症

岐阜・高山市の介護施設「それいゆ」で5人の入居者が連続で死傷している。この施設内で先月末から2週間近くの間に入居者3人が脳挫傷、外傷性血気胸などで死亡、2人が負傷して入院している。捜査関係者によると第三者によるものの可能性が高いという。運営する医療法人の理事長は事件の可能性に言及した。林整形外科 林承弘院長は明らかな外傷・力が加わらないと血気胸までは起こらないと語る。5人はいずれも2階に入所していた。このフロアには認知症患者の徘徊を防ぐためロックシステムを導入してい る。また5人全員を介護する機会があったのは30代の男性元職員だけだという。しかもこの男性は一連の事態があったあと、施設側の要請を受け辞職した。男性は取材に応じ介護に異常はなかったと答えた。


外傷性血気胸

岐阜・高山市の介護施設「それいゆ」で5人の入居者が連続で死傷している。この施設内で先月末から2週間近くの間に入居者3人が脳挫傷、外傷性血気胸などで死亡、2人が負傷して入院している。捜査関係者によると第三者によるものの可能性が高いという。運営する医療法人の理事長は事件の可能性に言及した。林整形外科 林承弘院長は明らかな外傷・力が加わらないと血気胸までは起こらないと語る。5人はいずれも2階に入所していた。このフロアには認知症患者の徘徊を防ぐためロックシステムを導入してい る。また5人全員を介護する機会があったのは30代の男性元職員だけだという。しかもこの男性は一連の事態があったあと、施設側の要請を受け辞職した。男性は取材に応じ介護に異常はなかったと答えた。


脳挫傷

岐阜・高山市の介護施設「それいゆ」で5人の入居者が連続で死傷している。この施設内で先月末から2週間近くの間に入居者3人が脳挫傷、外傷性血気胸などで死亡、2人が負傷して入院している。捜査関係者によると第三者によるものの可能性が高いという。運営する医療法人の理事長は事件の可能性に言及した。林整形外科 林承弘院長は明らかな外傷・力が加わらないと血気胸までは起こらないと語る。5人はいずれも2階に入所していた。このフロアには認知症患者の徘徊を防ぐためロックシステムを導入してい る。また5人全員を介護する機会があったのは30代の男性元職員だけだという。しかもこの男性は一連の事態があったあと、施設側の要請を受け辞職した。男性は取材に応じ介護に異常はなかったと答えた。


林整形外科

岐阜・高山市の介護施設「それいゆ」で5人の入居者が連続で死傷している。この施設内で先月末から2週間近くの間に入居者3人が脳挫傷、外傷性血気胸などで死亡、2人が負傷して入院している。捜査関係者によると第三者によるものの可能性が高いという。運営する医療法人の理事長は事件の可能性に言及した。林整形外科 林承弘院長は明らかな外傷・力が加わらないと血気胸までは起こらないと語る。5人はいずれも2階に入所していた。このフロアには認知症患者の徘徊を防ぐためロックシステムを導入してい る。また5人全員を介護する機会があったのは30代の男性元職員だけだという。しかもこの男性は一連の事態があったあと、施設側の要請を受け辞職した。男性は取材に応じ介護に異常はなかったと答えた。


それいゆ

岐阜・高山市の介護施設「それいゆ」で5人の入居者が連続で死傷している。この施設内で先月末から2週間近くの間に入居者3人が脳挫傷、外傷性血気胸などで死亡、2人が負傷して入院している。捜査関係者によると第三者によるものの可能性が高いという。運営する医療法人の理事長は事件の可能性に言及した。林整形外科 林承弘院長は明らかな外傷・力が加わらないと血気胸までは起こらないと語る。5人はいずれも2階に入所していた。このフロアには認知症患者の徘徊を防ぐためロックシステムを導入してい る。また5人全員を介護する機会があったのは30代の男性元職員だけだという。しかもこの男性は一連の事態があったあと、施設側の要請を受け辞職した。男性は取材に応じ介護に異常はなかったと答えた。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (13)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD (1)
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (12)