ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「枝豆」の検索結果

「枝豆」に関連するその他の情報 1750件中 1〜10件目

東京都中央卸売市場

農家を尋ねるとビニールハウスのトマトが低温などの影響で成長が遅くなっている。中には湿度で割れてしまうトマトが例年より3割となっている。需要が追いつかず、割れたトマトも低価格で出荷しているとのこと。出荷時期が遅くなっているが味や大きさには影響はない。ピーマンの出荷が日本1の茨城県では日照不足で芽が出ず出荷量が減っている。また、通常と比べて曲がってしまうピーマンが増えいるため、出荷量が1割減っている。8月分の出荷量が少ない状態。野田市産の枝豆は大粒で甘みがあるが、日照不足で小ぶりとなり甘みが薄いとのこと。スーパーでは野菜の高騰し、きゅうりが38%、ナスが13%などが値上がりしている。にんじんやたまねぎなど泥物と呼ばれる野菜は値段が安定している。


富士ガーデン 春日部店

農家を尋ねるとビニールハウスのトマトが低温などの影響で成長が遅くなっている。中には湿度で割れてしまうトマトが例年より3割となっている。需要が追いつかず、割れたトマトも低価格で出荷しているとのこと。出荷時期が遅くなっているが味や大きさには影響はない。ピーマンの出荷が日本1の茨城県では日照不足で芽が出ず出荷量が減っている。また、通常と比べて曲がってしまうピーマンが増えいるため、出荷量が1割減っている。8月分の出荷量が少ない状態。野田市産の枝豆は大粒で甘みがあるが、日照不足で小ぶりとなり甘みが薄いとのこと。スーパーでは野菜の高騰し、きゅうりが38%、ナスが13%などが値上がりしている。にんじんやたまねぎなど泥物と呼ばれる野菜は値段が安定している。


宇佐美農園

農家を尋ねるとビニールハウスのトマトが低温などの影響で成長が遅くなっている。中には湿度で割れてしまうトマトが例年より3割となっている。需要が追いつかず、割れたトマトも低価格で出荷しているとのこと。出荷時期が遅くなっているが味や大きさには影響はない。ピーマンの出荷が日本1の茨城県では日照不足で芽が出ず出荷量が減っている。また、通常と比べて曲がってしまうピーマンが増えいるため、出荷量が1割減っている。8月分の出荷量が少ない状態。野田市産の枝豆は大粒で甘みがあるが、日照不足で小ぶりとなり甘みが薄いとのこと。スーパーでは野菜の高騰し、きゅうりが38%、ナスが13%などが値上がりしている。にんじんやたまねぎなど泥物と呼ばれる野菜は値段が安定している。


JAなめがたししおさい

農家を尋ねるとビニールハウスのトマトが低温などの影響で成長が遅くなっている。中には湿度で割れてしまうトマトが例年より3割となっている。需要が追いつかず、割れたトマトも低価格で出荷しているとのこと。出荷時期が遅くなっているが味や大きさには影響はない。ピーマンの出荷が日本1の茨城県では日照不足で芽が出ず出荷量が減っている。また、通常と比べて曲がってしまうピーマンが増えいるため、出荷量が1割減っている。8月分の出荷量が少ない状態。野田市産の枝豆は大粒で甘みがあるが、日照不足で小ぶりとなり甘みが薄いとのこと。スーパーでは野菜の高騰し、きゅうりが38%、ナスが13%などが値上がりしている。にんじんやたまねぎなど泥物と呼ばれる野菜は値段が安定している。


手島農園

農家を尋ねるとビニールハウスのトマトが低温などの影響で成長が遅くなっている。中には湿度で割れてしまうトマトが例年より3割となっている。需要が追いつかず、割れたトマトも低価格で出荷しているとのこと。出荷時期が遅くなっているが味や大きさには影響はない。ピーマンの出荷が日本1の茨城県では日照不足で芽が出ず出荷量が減っている。また、通常と比べて曲がってしまうピーマンが増えいるため、出荷量が1割減っている。8月分の出荷量が少ない状態。野田市産の枝豆は大粒で甘みがあるが、日照不足で小ぶりとなり甘みが薄いとのこと。スーパーでは野菜の高騰し、きゅうりが38%、ナスが13%などが値上がりしている。にんじんやたまねぎなど泥物と呼ばれる野菜は値段が安定している。


スーパーおっ母さん

今回のテーマは野菜の高騰を乗り切るコツについて。

農家を尋ねるとビニールハウスのトマトが低温などの影響で成長が遅くなっている。中には湿度で割れてしまうトマトが例年より3割となっている。需要が追いつかず、割れたトマトも低価格で出荷しているとのこと。出荷時期が遅くなっているが味や大きさには影響はない。ピーマンの出荷が日本1の茨城県では日照不足で芽が出ず出荷量が減っている。また、通常と比べて曲がってしまうピーマンが増えいるため、出荷量が1割減っている。8月分の出荷量が少ない状態。野田市産の枝豆は大粒で甘みがあるが、日照不足で小ぶりとなり甘みが薄いとのこと。スーパーでは野菜の高騰し、きゅうりが38%、ナスが13%などが値上がりしている。にんじんやたまねぎなど泥物と呼ばれる野菜は値段が安定している。


スーパーアキダイ

関東で続く深刻な日照不足。横浜市の有山さんのお宅ではソーラーパネルを10年前を導入、7人家族で公共料金を2万円ほど削減できていた。しかし今月の発電量はピーク時の約5分の1まで低下し、電力会社から多くの電気を買わざるを得ない状況でその金額は少なくとも1万円、多いと1万4、5千円になるという。主な収入源は年金で、措定外の負担増加に家計に直撃したとのこと。日照不足の影響は野菜も軒並み高騰。ピーマン、トマト、葉物野菜などが平年の2割高くなっている。群馬・沼田市の枝豆畑では、畑が乾かず水害が長く続いてしまうため、通常よりかなり小さいまま成長が止まってしまい収穫は諦めざるを得ない。廃棄する枝豆は全体の4割、数百万の打撃だという。天気はいつまで続くのか。


いけだ屋

未明に降った大雨で大規模な冠水被害が起きたのは、静岡県浜松市。溢れた水は地下道に流れ込んでいた。これにより土砂崩れも発生。西伊豆町では崩れた土砂が20mにわたり道路をふさいだため、県道が一時通行止めとなった。愛知県名古屋市でも、大雨の影響で地下街に泥水が流れ込み、10店舗余が浸水被害に遭った。営業再開の目処がたたない店がほとんどだという。東京では朝から梅雨空だったが、神奈川県藤沢市では日中、陽の光が差し込み、海水浴を楽しむ人がいた。東京都心でも、午後になって久しぶりの晴れ間がみえた。午後5時までに日照時間は3.6時間を記録し、1日で3時間以上は21日ぶり。関東を中心に続く日照不足で困惑していたのが、創業150年以上の老舗せんべい店。看板商品として職人自らが焼くせんべいがある。日照不足で焼く1か月天日干しができない。きょうで在庫がなくなってしまうという。群馬県沼田市でも、旬の枝豆の生育が10日ほど遅れている。また、日照不足で温度が低く、黒い斑点が発生する病気が発生し、雨で農機具が入れず収穫を断念したという。例年の4分の1という。関東では1週間は梅雨空が続く見込み。さらに日本の南海上にはきのう台風5号が発生。今後北上し、あす夜からあさってにかけて石垣島などに最接近し、それに伴い流れ込む温かく湿った空気の影響で、あさっては西日本でも大雨になる可能性がある。先日被害のあった熊本や鹿児島でも大雨に警戒が必要。


栄の地下街

未明に降った大雨で大規模な冠水被害が起きたのは、静岡県浜松市。溢れた水は地下道に流れ込んでいた。これにより土砂崩れも発生。西伊豆町では崩れた土砂が20mにわたり道路をふさいだため、県道が一時通行止めとなった。愛知県名古屋市でも、大雨の影響で地下街に泥水が流れ込み、10店舗余が浸水被害に遭った。営業再開の目処がたたない店がほとんどだという。東京では朝から梅雨空だったが、神奈川県藤沢市では日中、陽の光が差し込み、海水浴を楽しむ人がいた。東京都心でも、午後になって久しぶりの晴れ間がみえた。午後5時までに日照時間は3.6時間を記録し、1日で3時間以上は21日ぶり。関東を中心に続く日照不足で困惑していたのが、創業150年以上の老舗せんべい店。看板商品として職人自らが焼くせんべいがある。日照不足で焼く1か月天日干しができない。きょうで在庫がなくなってしまうという。群馬県沼田市でも、旬の枝豆の生育が10日ほど遅れている。また、日照不足で温度が低く、黒い斑点が発生する病気が発生し、雨で農機具が入れず収穫を断念したという。例年の4分の1という。関東では1週間は梅雨空が続く見込み。さらに日本の南海上にはきのう台風5号が発生。今後北上し、あす夜からあさってにかけて石垣島などに最接近し、それに伴い流れ込む温かく湿った空気の影響で、あさっては西日本でも大雨になる可能性がある。先日被害のあった熊本や鹿児島でも大雨に警戒が必要。


灰星病

関東では記録的な日照不足で、作物に影響がでている。きのう、東京都の日照時間は5.2時間で平年の13%しかなく、観測史上一番すくないとのこと。群馬県の枝豆では日照不足で小ぶりのものが多い。山梨県では日照不足でモモがかたく灰星病にかかるモモもある。また、糖度が足りなく出荷できないという。都内のお店では野菜が値上がりしているが、キャベツなどの野菜は値上がりしていないとのこと。また、梅雨の影響で花火の玉を外で干せない状況が続いていて、花火の仕上がりに影響するという。1993年は冷夏で米不足になった年で、きょう東京が25℃未満なら記録が並ぶとのこと。