ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「栄養失調」の検索結果

「栄養失調」に関連する情報 736件中 1〜10件目

栄養失調

火災を免れたコアラたちも、餌であるユーカリが燃えてしまい栄養失調など危機的状況が続く。自然環境が回復するまでどのようにコアラを守るかが課題。半年近く続いた森林火災は、今月上旬の大雨により終息に向かっている。しかし、火災の復興のメドは立っておらず、固有の生態系を守る努力が続けられている。


ユーカリ

火災を免れたコアラたちも、餌であるユーカリが燃えてしまい栄養失調など危機的状況が続く。自然環境が回復するまでどのようにコアラを守るかが課題。半年近く続いた森林火災は、今月上旬の大雨により終息に向かっている。しかし、火災の復興のメドは立っておらず、固有の生態系を守る努力が続けられている。


コアラ

オーストラリアでは観測史上最も高温で乾燥しており全土で同時多発的に森林火災が起きているという。現地で活動をしている専門家は「火災によって今まであった生態系が破壊されてしまって全く同じものが出来るかは不透明な状態」等と話した。 ボランティアでコアラを保護している男性は自宅に飼育室を持っており親を失ったコアラなどを預かっているという。

オーストラリア南部のカンガルー島は多くのコアラが住み、”野生動物の楽園”と呼ばれた島だったが、訪れてみると全て焼き尽くされ森は真っ黒に。東京都とほぼ同じ面積が被災し、コアラの生息地の8割が焼失した。5万匹のコアラのうち、約2万5000匹が死んだと推定。島の一角には仮設病院。軍の支援で作られたもので、豪州各地から獣医が集結し、これまで300匹以上を治療した。足に青い包帯をしたコアラたち。焼けた木の幹で足にやけどを負ったのだ。痛みを伴うため麻酔で眠らせて治療する。ストレスなどによる内臓疾患を発症するケースもあり、繊細なケアが求められる。森が焼失してしまい行き場がない状況。中には、爪が焼けてしまって木に登ることもできないようなコアラも。野生で生きるのは難しい。回復が認められない場合安楽死を選択するケースも。コアラにとって極めて厳しい状況が続いている。

火災を免れたコアラたちも、餌であるユーカリが燃えてしまい栄養失調など危機的状況が続く。自然環境が回復するまでどのようにコアラを守るかが課題。半年近く続いた森林火災は、今月上旬の大雨により終息に向かっている。しかし、火災の復興のメドは立っておらず、固有の生態系を守る努力が続けられている。


衰弱

世界第2位の経済大国・中国では、貧困人口が300万人を超える省が5つある。中国・貴州省の大学に通う女性は、両親を亡くし毎月約4800円の生活保護を支給されていたが、受け取ったお金の大半は精神障害のある弟の治療費に消えていて、女性の入院前の食費は一日30円ほどの日もあった。そして去年10月、心臓疾患などで入院した。女性には早老症の兆しもみられ、衰弱のため手術を受けられず今月13日に死亡した。女性の現状がメディアで報じられると、全国から1600万円以上の寄付金がある慈善団体のもとに集まったが、女性が受け取った額は30万円ほどだった。

中国・貴州省出身の大学3年生の女性が今月13日に衰弱のため手術を受けられず死去。去年10月に入院したときには、心臓や腎臓の疾患などがあったが、長年の栄養失調状態のため身長135cm、体重21.5キロだった。両親を亡くし毎月約4800円の生活保護があったが、その大半は精神障害のある弟の治療費にあてていて、5年間の1日の食事が約30円だった。


栄養失調

元パリコレモデルの林マヤは現在茨城県で夫婦で野菜づくりをしている。タレントと野菜づくりの二足のわらじをはいている。林マヤは1980年代にファッションモデルとしてデビューし、1986年に結婚。パリコレを勝ち抜くために、かなり無理な食生活をしていたという。CDが全然売れず、一億円の借金を抱えた。生きていく勇気もなくなり、人生を終わりにしようと考えたという。しかし、ソフトクリームのおいしさで我に帰ったとのこと。その後、借金返済のために働きすぎて、食べ物を受け付けなくなった。それでも夫が作る野菜に元気づけられ、10年ほど前に夫婦で茨城に移住した。現在2400平方メートルの農園で野菜を作っている。多くの珍しい野菜を育てている。この日は育てたビーツを使ったパスタ等を作った。


AAU

奇跡を起こしたバスケ少女のマイリーさんに会うためスタッフはアメリカ・フロリダ州へ渡った。マイリーさんがバスケを始めたのは6歳のころで、憧れの選手はステフィン・カリー選手だという。エチオピアで誕生したマイリーさんは生後1カ月の時に警察署の前に置き去りにされた。当時エチオピアは最悪な公衆衛生状態で、栄養失調や感染症で約10人に1人の子どもが命を落としていた。敬虔なクリスチャンのマークさんとメリッサさんはマイリーさんのことを知り養子に迎え入れることを決めた。。マイリーさんは現在、NBAの登竜門で優れたバスケットボール選手たちが集まる団体にスカウトされバスケに打ち込んでいる。


栄養失調

アフガン支援活動医師、銃撃され死亡。ペシャワール会現地代表医師が4日午前アフガニスタン・ジャララバードを車で移動中に銃撃され死亡。同乗の運転手や警備員ら5人も死亡。用水路工事の現場に向かう途中で襲撃。ペシャワール会理事は怒りを誰にぶつけていいのかと語る。誰が何の目的で殺害したのか。


クロマグロ

川でクロマグロが目撃された事に浅虫水族館の櫛引俊彦飼育展示部長は「マグロは海水魚なので川の中で長期間いるということは非常に危険なことだと思います」と話した。現在、県や地元漁協も見守ることしかできない。

青森県の新井田川でクロマグロとみられる魚が発見された。一番最初に見つかったのがおとといで、海から約3.5キロのポイントで見つかった。昨日は少し下流で発見され、今日はまた初日に近い場所で見つかった。マグロは淡水では長く生きられないという。現地のディレクターによると昨日は広い範囲で移動していたが今日はさまよっているという。

クロマグロは皮膚が弱くて臆病なデリケートな魚。葛西臨海水族園では毎年クロマグロの長距離輸送をおこなっているが、皮膚が傷つかないように水ごとさかなを運べる専用の担架を使ったり、光の変化でパニックを起こすことがあり、常に光を調整したりするなどしているという。地元の水族館によると、クロマグロに触れないで海に戻すのは至難の業で、自分で戻るのを待つしか無いという。

捕獲について。青森県の川は釣り竿で釣るのはOKで、一部の網は許可が必要。新井田川のルールは魚の捕獲禁止エリアがあるが、現在クロマグロがいるエリアは街頭しない。また新井田川ではアユやコイなど一部の魚について捕獲する際は地元漁協から遊漁券の購入が必要で、時期や大きさなどのルールもある。ただクロマグロは川にいる想定がされていないためルールはない。

食べたらおいしいのか。今年の4月に大分県でクロマグロが川に迷い込んだ。発見の翌日に地元漁師らが捕獲し、地元住民らで食べたという。今回のクロマグロについて地元の寿司店に聞いてみると、すしを200貫は作れる大きさだが餌が少なくて栄養失調気味、慣れない環境でストレスも大きいためおいしくないのではとのこと。


敗血症

東京・目黒区で5歳の女の子が虐待を受け死亡した事件で、きのう東京地裁で母親の初公判が行われた。児童虐待防止対策の強化を図る法改正にも繋がり、社会に衝撃を与えたこの事件。被告は、長女が夫に殴られたことを知りながら放置する虐待を加えていた上に、十分な食事を与えずに栄養失調状態にして死亡させた罪に問われている。起訴内容が読み上げられると、被告は言葉を詰まらせながら起訴内容を大筋で認めた上で、長女が殴られた事実を知らなかったとし、報復が怖くて通報ができなかったとも述べた。検察側の冒頭陳述の最中、被告は過呼吸状態となり、肩を震わせ嗚咽を漏らした。裁判では更に詳しい虐待の内容が明らかになった。去年1月、一家が香川県から東京・目黒区に転居してから虐待が激しくなったという。そして2月には、夫が女の子の目の周りが真っ黒になるほどの暴行を加えていたことも分かった。さらに、女の子の部屋のあちこちには「日課」と書かれた紙が貼られていて、異常なルールがあったことも明らかになった。

裁判では、女の子が死亡した日に駆けつけた消防隊員への証人尋問も行われた。女の子に心臓マッサージをする被告を見た消防隊員は、「慌てることなく淡々としていた」と明かした。また、女の子にAEDをつけるためにパジャマを開くと、あばら骨が浮き出ていたと証言。さらに、「腕は骨と皮のような状態でアザがあり、背中にもアザがあった。頬が腫れているように見えた」と話し、普通の事案ではないと感じ取ったという。弁護士側の冒頭陳述では、女の子が亡くなった前日と当日の詳細も明らかになった。前日には、被告は久しぶりに娘を風呂に入れ、あまりにも痩せていてショックを受けたという。弁護側が明かした、被告と女の子の最後のやりとりは、「小学校に行ったら楽しいことしようね」と語りかけると「うん」と笑顔で返事をしたというものだった。裁判で弁護側は、被告が夫に心理的DVを受けていたと量刑について争う構えを示した。


過呼吸

東京・目黒区で当時5歳だったを女児を虐待の末、衰弱死させたとして起訴された母親の裁判員裁判が東京地裁で始まった。女児は去年3月、栄養失調が原因とみられる肺炎で死亡した。当時の体重は12.2kgで、同年齢の子どもの体重の3分の2ほど、体に複数の傷やあざがあった。母親の27歳母親は、保護責任者遺棄致死の罪に問われた。初公判で被告は過呼吸のような状態で3分ほど言葉に詰まった。起訴内容についておおむね認めますとしたうえで、34歳の父親の被告が女児を殴ったことは知らなかったので通報できなかったなどと述べた。弁護人は、夫による強固な心理的支配があったと述べている。母親の被告は、衰弱した女児に添い寝し元気づけようと声をかけたという。裁判は連日開かれ、3日はまで行われる。