ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「梅干し」の検索結果

「梅干し」に関連する情報 9318件中 61〜70件目

堂真理子の最近どうですか?


富士山マガジンサービス

おかずのクッキ ングの年間定期購読受付中。0120-223-223まで。


おかずのクッキング

おかずのクッキ ングの年間定期購読受付中。0120-223-223まで。


番組ホームページ


「梅干し」に関連するグルメ情報

豆板醤

きゅうりの水餃子、夏らしい軽やかな仕上がり。きゅうり2本。加熱するんですかと言われるが中国では生ではむしろ食べない。水が日本ほどきれいでない暮らしで生まれた考え方。細めの千切り、塩ひとつまみして10分ほど置いておく。鶏ひき肉250gにこしょう少々、酒小さじ1/2で肉の癖を中和。きゅうりを活かすため味は塩小さじ1/2のみ。香りのためごま油大さじ1。野菜を加える前に調味料を肉に混ぜておく。きゅうりの水気を絞って加える。みょうがみじん切り一個。日本特有の香味野菜でさっぱりした肉だねの完成。餃子の皮に水をたっぷりつけ、すぐに包まずに置いておく。浸透させ柔らかくなり包みやすい。左右でひだを同じように付けるとキレイにできる。多めのお湯に一気に、たくさんのお湯でずっと強火。浮いてきて皮が膨れるまで茹でる。しっかり水を切る。きゅうりの水餃子の完成。豆板醤とごま油でいただくのがおすすめ。


「梅干し」に関連するグルメ情報

こしょう

きゅうりの水餃子、夏らしい軽やかな仕上がり。きゅうり2本。加熱するんですかと言われるが中国では生ではむしろ食べない。水が日本ほどきれいでない暮らしで生まれた考え方。細めの千切り、塩ひとつまみして10分ほど置いておく。鶏ひき肉250gにこしょう少々、酒小さじ1/2で肉の癖を中和。きゅうりを活かすため味は塩小さじ1/2のみ。香りのためごま油大さじ1。野菜を加える前に調味料を肉に混ぜておく。きゅうりの水気を絞って加える。みょうがみじん切り一個。日本特有の香味野菜でさっぱりした肉だねの完成。餃子の皮に水をたっぷりつけ、すぐに包まずに置いておく。浸透させ柔らかくなり包みやすい。左右でひだを同じように付けるとキレイにできる。多めのお湯に一気に、たくさんのお湯でずっと強火。浮いてきて皮が膨れるまで茹でる。しっかり水を切る。きゅうりの水餃子の完成。豆板醤とごま油でいただくのがおすすめ。


「梅干し」に関連するグルメ情報

鶏ひき肉

きゅうりの水餃子、夏らしい軽やかな仕上がり。きゅうり2本。加熱するんですかと言われるが中国では生ではむしろ食べない。水が日本ほどきれいでない暮らしで生まれた考え方。細めの千切り、塩ひとつまみして10分ほど置いておく。鶏ひき肉250gにこしょう少々、酒小さじ1/2で肉の癖を中和。きゅうりを活かすため味は塩小さじ1/2のみ。香りのためごま油大さじ1。野菜を加える前に調味料を肉に混ぜておく。きゅうりの水気を絞って加える。みょうがみじん切り一個。日本特有の香味野菜でさっぱりした肉だねの完成。餃子の皮に水をたっぷりつけ、すぐに包まずに置いておく。浸透させ柔らかくなり包みやすい。左右でひだを同じように付けるとキレイにできる。多めのお湯に一気に、たくさんのお湯でずっと強火。浮いてきて皮が膨れるまで茹でる。しっかり水を切る。きゅうりの水餃子の完成。豆板醤とごま油でいただくのがおすすめ。


「梅干し」に関連する料理レシピ

きゅうりの水餃子

きゅうりの水餃子、夏らしい軽やかな仕上がり。きゅうり2本。加熱するんですかと言われるが中国では生ではむしろ食べない。水が日本ほどきれいでない暮らしで生まれた考え方。細めの千切り、塩ひとつまみして10分ほど置いておく。鶏ひき肉250gにこしょう少々、酒小さじ1/2で肉の癖を中和。きゅうりを活かすため味は塩小さじ1/2のみ。香りのためごま油大さじ1。野菜を加える前に調味料を肉に混ぜておく。きゅうりの水気を絞って加える。みょうがみじん切り一個。日本特有の香味野菜でさっぱりした肉だねの完成。餃子の皮に水をたっぷりつけ、すぐに包まずに置いておく。浸透させ柔らかくなり包みやすい。左右でひだを同じように付けるとキレイにできる。多めのお湯に一気に、たくさんのお湯でずっと強火。浮いてきて皮が膨れるまで茹でる。しっかり水を切る。きゅうりの水餃子の完成。豆板醤とごま油でいただくのがおすすめ。


香菜

旬の夏野菜トマトときゅうりの2品のおかず。トマト3個、小ぶりは輪切り、大ぶりは乱切り、ごつごつしてるのはくし切り。切り方に変化を付けると食感とジューシーさに違いが出る。トマトの美味しい水分を味わうため調味料はシンプルに。黒粒胡椒10粒を叩いて粗く潰す。粗塩小さじ1/4、胡椒、ごま油大さじ1/2。香味野菜を合わせるとそれはそれで爽やかな味。ミントの葉適量。これから香草を食べるんだという勢いでどんどん入れてよし。旬のおいしさをシンプルに味わうトマトサラダ。


みょうが

旬の夏野菜トマトときゅうりの2品のおかず。トマト3個、小ぶりは輪切り、大ぶりは乱切り、ごつごつしてるのはくし切り。切り方に変化を付けると食感とジューシーさに違いが出る。トマトの美味しい水分を味わうため調味料はシンプルに。黒粒胡椒10粒を叩いて粗く潰す。粗塩小さじ1/4、胡椒、ごま油大さじ1/2。香味野菜を合わせるとそれはそれで爽やかな味。ミントの葉適量。これから香草を食べるんだという勢いでどんどん入れてよし。旬のおいしさをシンプルに味わうトマトサラダ。

きゅうりの水餃子、夏らしい軽やかな仕上がり。きゅうり2本。加熱するんですかと言われるが中国では生ではむしろ食べない。水が日本ほどきれいでない暮らしで生まれた考え方。細めの千切り、塩ひとつまみして10分ほど置いておく。鶏ひき肉250gにこしょう少々、酒小さじ1/2で肉の癖を中和。きゅうりを活かすため味は塩小さじ1/2のみ。香りのためごま油大さじ1。野菜を加える前に調味料を肉に混ぜておく。きゅうりの水気を絞って加える。みょうがみじん切り一個。日本特有の香味野菜でさっぱりした肉だねの完成。餃子の皮に水をたっぷりつけ、すぐに包まずに置いておく。浸透させ柔らかくなり包みやすい。左右でひだを同じように付けるとキレイにできる。多めのお湯に一気に、たくさんのお湯でずっと強火。浮いてきて皮が膨れるまで茹でる。しっかり水を切る。きゅうりの水餃子の完成。豆板醤とごま油でいただくのがおすすめ。