ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「梅津弥英子」の検索結果

「梅津弥英子」に関連する情報 107件中 1〜10件目

藍染 藍や松善

この番組は、フジテレビのアナウンサーが、サステナブルやSDGsについて体感する番組。今週のテーマは、「藍染めを体験してみよう」。シミのある古いTシャツを、藍染めで生まれ変わらせる。指導するのは、「藍染 藍や松善」の藤澤幸宏さん。指導されるのは、アナウンサーの梅津弥英子。梅津弥英子が、藤澤幸宏さんから指導を受けながら、シミのある古いTシャツを、藍染めで生まれ変わらせた。


文藝春秋

続いては、視聴者の投票。アナウンサーの梅津弥英子がスタジオに登場して、「岸田首相が掲げる経済対策、あなたの評価は?(青)期待できる(赤)期待できない(緑)良く分からない」と書かれたフリップを出した。そして視聴者に、リモコンのdボタンで投票に参加するようにと、呼びかけた。その後、投票を待っている間に、「コロナ対策の給付金の使い道の、自民党と公明党の違い」、「数十兆円規模の経済対策の財源」、「9月2日から10月8日までの、日本とアメリカの株価の推移」、「文藝春秋の2021年11月号に掲載された、矢野康治財務事務次官の発言」、などについて、フリップや大型ディスプレイで紹介されて、一同が話し合った。やがて投票の結果が出た。結果は、投票総数が55102、「期待できる」が26%、「期待できない」が35%、「良く分からない」が39%だった。この結果について一同が話し合い、エンディングとなった。


紀ノ国屋

梅津弥英子アナウンサーは静岡・富士市の大日製紙を訪れた。大日製紙ではプラスチックに代わる「エリプラペーパー」を作っている。紙質と厚さを用途によって使い分ける。特徴の1つが強度で破ろうとしても破れない。2つ目は耐水性。またレンジにかけることもできる。さらにエリプラペーパーはプラスチックを使っておらず、土に還る生分解性がある。網に包んだエリプラペーパーとラミネート加工された従来の紙皿をそれぞれ土に埋める実験を行った。2ヶ月後掘り返すと従来の紙皿はラミネート加工されたフィルムだけが残っていた。エリプラペーパーはなくなり網だけが残っていた。大王製紙はエリプラペーパーの開発が評価され奨励賞を受賞した。


エリプラペーパー

梅津弥英子アナウンサーは静岡・富士市の大日製紙を訪れた。大日製紙ではプラスチックに代わる「エリプラペーパー」を作っている。紙質と厚さを用途によって使い分ける。特徴の1つが強度で破ろうとしても破れない。2つ目は耐水性。またレンジにかけることもできる。さらにエリプラペーパーはプラスチックを使っておらず、土に還る生分解性がある。網に包んだエリプラペーパーとラミネート加工された従来の紙皿をそれぞれ土に埋める実験を行った。2ヶ月後掘り返すと従来の紙皿はラミネート加工されたフィルムだけが残っていた。エリプラペーパーはなくなり網だけが残っていた。大王製紙はエリプラペーパーの開発が評価され奨励賞を受賞した。


大王製紙グループ

梅津弥英子アナウンサーは静岡・富士市の大日製紙を訪れた。大日製紙ではプラスチックに代わる「エリプラペーパー」を作っている。紙質と厚さを用途によって使い分ける。特徴の1つが強度で破ろうとしても破れない。2つ目は耐水性。またレンジにかけることもできる。さらにエリプラペーパーはプラスチックを使っておらず、土に還る生分解性がある。網に包んだエリプラペーパーとラミネート加工された従来の紙皿をそれぞれ土に埋める実験を行った。2ヶ月後掘り返すと従来の紙皿はラミネート加工されたフィルムだけが残っていた。エリプラペーパーはなくなり網だけが残っていた。大王製紙はエリプラペーパーの開発が評価され奨励賞を受賞した。


大日製紙

梅津弥英子アナウンサーは静岡・富士市の大日製紙を訪れた。大日製紙ではプラスチックに代わる「エリプラペーパー」を作っている。紙質と厚さを用途によって使い分ける。特徴の1つが強度で破ろうとしても破れない。2つ目は耐水性。またレンジにかけることもできる。さらにエリプラペーパーはプラスチックを使っておらず、土に還る生分解性がある。網に包んだエリプラペーパーとラミネート加工された従来の紙皿をそれぞれ土に埋める実験を行った。2ヶ月後掘り返すと従来の紙皿はラミネート加工されたフィルムだけが残っていた。エリプラペーパーはなくなり網だけが残っていた。大王製紙はエリプラペーパーの開発が評価され奨励賞を受賞した。


国道191号線

梅津弥英子は音声が乱れた事を謝罪した。昨夜、広島・安芸太田町の国道で土砂崩れが発生し、車を運転していた男性1人が死亡した。きのう午後7時50分ごろ、広島・安芸太田町の国道191号線沿いの斜面で、幅およそ20メートルにわたって土砂崩れが発生した。警察や消防が現場を確認したところ、土砂は、落石防止用ネットや、国道に設置してあった転落防止柵を突き破っていて、国道沿いの川に車1台が沈んでいるのを発見。捜索の結果、7日午前5時すぎ、現場から200メートルほど離れた下流で男性1人を発見したが、間もなく死亡が確認された。死亡した男性は、県立高校の教師(57)で帰宅中であったとの事。現場付近では、昨日から今日にかけて、64mmの雨を観測していて、広島県は、職員を現場に派遣し、土砂崩れの原因を調べている。


FNN.jp プライムオンライン

午前9時、先陣を切る「FNN PRIME news days」のオンエアに向けて編集会議が行われていた。番組開始2時間前、新しいセットに入り、喋りだしのタイミングなどを確認していく。キャスターの1人は入社5年目の大村晟アナ。緊張を隠せない様子だった。もう1人は入社19年目の梅津弥英子アナ。しかしなぜブランド統一をしたのか。鴨下ひろみ編集長は「日本を取り巻く社会環境というのが非常に大きく変わっている。そういう先が見通せない時代になってきている中でこの先どういうことが起きるんだよということがわかるようなニュース番組を作りたいという思い。そこからすべてのニュースの番組をそういう気持ちで作っていくということで統一ブランドを採用した」と話した。


「梅津弥英子」に関連するイベント情報

平昌パラリンピック

スタジオで”オリンピックロス”について話し合った。梅津弥英子は「これからパラリンピックもある」とコメント、それに対し小倉は「パラリンピックはまだ少し先」と返した。


「梅津弥英子」に関連するイベント情報

平昌オリンピック

スタジオで”オリンピックロス”について話し合った。梅津弥英子は「これからパラリンピックもある」とコメント、それに対し小倉は「パラリンピックはまだ少し先」と返した。


検索結果の絞り込み


  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。