ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「森本さやか」の検索結果

「森本さやか」に関連する情報 97件中 1〜10件目

アキュラホーム

「ORIGAMI」で使われていた木のストローを開発したアキュラホームを森本さやかアナウンサーが訪ねた。宮沢俊哉社長の社長室はパソコンのキーボードまで木でできていた。


「森本さやか」に関連するレストラン・飲食店

ORIGAMI

「ORIGAMI」で使われていた木のストローを開発したアキュラホームを森本さやかアナウンサーが訪ねた。宮沢俊哉社長の社長室はパソコンのキーボードまで木でできていた。


「森本さやか」に関連するホテル・温泉旅館「森本さやか」に関連する観光・地域情報

ザ・キャピトルホテル東急

「ORIGAMI」で使われていた木のストローを開発したアキュラホームを森本さやかアナウンサーが訪ねた。宮沢俊哉社長の社長室はパソコンのキーボードまで木でできていた。


エイズ

SDGsに取り組むメディア、フジテレビ「フューチャーランナーズ〜17の未来〜」では毎回一人の社会的取り組みを紹介。難民問題に向き合う鶴木由美子さん、アフリカや中東から逃れてきた人に食料や生活用品の支援、宿泊所や医療機関の紹介などを行う。9月で100回、世界初のSDGsを伝えるレギュラー番組。落語家桂歌助さんはマラリアについて啓蒙する創作落語を公演する。全て英語字幕をプラスして放送。ユニセフと共に続けてきたFNSチャリティキャンペーン、世界の子供たちへの支援を現地取材ととくダネ!での放送を通して呼びかけてきた。去年はウガンダを森本さやかアナウンサーが訪れた。エイズ孤児の過酷な現実と母子感染で陽性と分かった二人が懸命に生きる姿を伝えた。去年は3541万円を寄付、今年もモザンビーク共和国の支援を行う。


マラリア

SDGsに取り組むメディア、フジテレビ「フューチャーランナーズ〜17の未来〜」では毎回一人の社会的取り組みを紹介。難民問題に向き合う鶴木由美子さん、アフリカや中東から逃れてきた人に食料や生活用品の支援、宿泊所や医療機関の紹介などを行う。9月で100回、世界初のSDGsを伝えるレギュラー番組。落語家桂歌助さんはマラリアについて啓蒙する創作落語を公演する。全て英語字幕をプラスして放送。ユニセフと共に続けてきたFNSチャリティキャンペーン、世界の子供たちへの支援を現地取材ととくダネ!での放送を通して呼びかけてきた。去年はウガンダを森本さやかアナウンサーが訪れた。エイズ孤児の過酷な現実と母子感染で陽性と分かった二人が懸命に生きる姿を伝えた。去年は3541万円を寄付、今年もモザンビーク共和国の支援を行う。


「森本さやか」に関連するイベント情報

FNSチャリティキャンペーン

SDGsに取り組むメディア、フジテレビ「フューチャーランナーズ〜17の未来〜」では毎回一人の社会的取り組みを紹介。難民問題に向き合う鶴木由美子さん、アフリカや中東から逃れてきた人に食料や生活用品の支援、宿泊所や医療機関の紹介などを行う。9月で100回、世界初のSDGsを伝えるレギュラー番組。落語家桂歌助さんはマラリアについて啓蒙する創作落語を公演する。全て英語字幕をプラスして放送。ユニセフと共に続けてきたFNSチャリティキャンペーン、世界の子供たちへの支援を現地取材ととくダネ!での放送を通して呼びかけてきた。去年はウガンダを森本さやかアナウンサーが訪れた。エイズ孤児の過酷な現実と母子感染で陽性と分かった二人が懸命に生きる姿を伝えた。去年は3541万円を寄付、今年もモザンビーク共和国の支援を行う。

フジテレビのユニセフとのキャンペーンもSDGsの一環。小さな行動が大きな変化に、メディアの役割は非常に大きい。日本メディアは前向きに進めているのが重要、責任は大きい。2030年まで時間があるわけではない、継続するだけでも参加できる。


フジテレビ

今年の国連総会は初めての”ビデオ会議”となる。これに合わせ、例年国連本部で開かれる「SDG Media Zone」がビデオ配信するにあたり、その撮影地の1つが日本・フジテレビに決まった。そしてここに朝日新聞・ハフポスト・フジテレビの責任者が集い、「SDGアクションの拡大を目指して、新型コロナウイルス感染症の時代におけるメディアの役割」というテーマでトークセッションが開かれた。この動画は国連の広報サイト「UN Web TV」などできのうから公開された。また、このトークセッションにはもう一人、聖心女子大学に通う須藤あまねさんも参加していた。須藤さんはテレビでの報道をきっかけにSDGsに関心を持ち、学びつつ自ら活動を広げていった人物。須藤さんは様々な媒体のメディアに対し、「問いを投げる」「対話を促す」 役割を求めた。

SDGsに取り組むメディア、フジテレビ「フューチャーランナーズ〜17の未来〜」では毎回一人の社会的取り組みを紹介。難民問題に向き合う鶴木由美子さん、アフリカや中東から逃れてきた人に食料や生活用品の支援、宿泊所や医療機関の紹介などを行う。9月で100回、世界初のSDGsを伝えるレギュラー番組。落語家桂歌助さんはマラリアについて啓蒙する創作落語を公演する。全て英語字幕をプラスして放送。ユニセフと共に続けてきたFNSチャリティキャンペーン、世界の子供たちへの支援を現地取材ととくダネ!での放送を通して呼びかけてきた。去年はウガンダを森本さやかアナウンサーが訪れた。エイズ孤児の過酷な現実と母子感染で陽性と分かった二人が懸命に生きる姿を伝えた。去年は3541万円を寄付、今年もモザンビーク共和国の支援を行う。

フジテレビのユニセフとのキャンペーンもSDGsの一環。小さな行動が大きな変化に、メディアの役割は非常に大きい。日本メディアは前向きに進めているのが重要、責任は大きい。2030年まで時間があるわけではない、継続するだけでも参加できる。


「森本さやか」に関連するグルメ情報

黒帯

ミヤシタパークが全面オープンした。多目的運動施設やボルダリングウォール、スケート場などを紹介。渋谷横丁は全長約100mの空間に19店舗があり北海道から沖縄まで全国各地のご当地フードを楽しむことができる。世界中に875店舗を展開する新感覚スムージ、jambaは日本初出店。ソライロ・コージーは渋谷店限定メニューという。吉祥菓寮限定メニューの黒千石のきなミスパフェを紹介。14層からなる芸術的なきなこパフェという。Gran Sol Tokyoはピンチョスの専門店。

ミヤシタパークは日本初上陸などのお店なども含めて新しいものも多く、新しい渋谷に生まれ変わったという。若い人も楽しめ、前の渋谷よりも幅が広い感じと森本さやかは話した。


「森本さやか」に関連するレストラン・飲食店

KURO-OBI

ミヤシタパークが全面オープンした。多目的運動施設やボルダリングウォール、スケート場などを紹介。渋谷横丁は全長約100mの空間に19店舗があり北海道から沖縄まで全国各地のご当地フードを楽しむことができる。世界中に875店舗を展開する新感覚スムージ、jambaは日本初出店。ソライロ・コージーは渋谷店限定メニューという。吉祥菓寮限定メニューの黒千石のきなミスパフェを紹介。14層からなる芸術的なきなこパフェという。Gran Sol Tokyoはピンチョスの専門店。

ミヤシタパークは日本初上陸などのお店なども含めて新しいものも多く、新しい渋谷に生まれ変わったという。若い人も楽しめ、前の渋谷よりも幅が広い感じと森本さやかは話した。


「森本さやか」に関連するグルメ情報

チェリーベルツ

ミヤシタパークが全面オープンした。多目的運動施設やボルダリングウォール、スケート場などを紹介。渋谷横丁は全長約100mの空間に19店舗があり北海道から沖縄まで全国各地のご当地フードを楽しむことができる。世界中に875店舗を展開する新感覚スムージ、jambaは日本初出店。ソライロ・コージーは渋谷店限定メニューという。吉祥菓寮限定メニューの黒千石のきなミスパフェを紹介。14層からなる芸術的なきなこパフェという。Gran Sol Tokyoはピンチョスの専門店。

ミヤシタパークは日本初上陸などのお店なども含めて新しいものも多く、新しい渋谷に生まれ変わったという。若い人も楽しめ、前の渋谷よりも幅が広い感じと森本さやかは話した。