ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「森麻季」の検索結果

「森麻季」に関連する情報 287件中 11〜20件目

「森麻季」に関連する音楽・CD

凱旋行進曲

大晦日に開催される、「東急ジルベスターコンサート」の紹介。今までの東急ジルベスターコンサートには、小林研一郎、シルヴィ・ギエム、ワディム・レーピン、スヴェトラーナ・ザハーロワなどが出演してきた。今年は、アンドレア・バッティストーニが指揮を務める。曲は、ジュゼッペ・ヴェルディによる、歌劇「アイーダ」の「凱旋行進曲」。会場は、Bunkamuraオーチャードホール。出演者は、森麻季、樋口達哉、辻彩奈、清水靖晃、サキソフォネッツ、黒木瞳など。アンドレア・バッティストーニは、イタリア生まれで、ミラノスカラ座、ジェノヴァ・ヴェローナ・フェリーチェ歌劇場、東京フィルハーモニー交響楽団などで指揮を務めてきた。テレビ東京のアナウンサーの水原恵理が、イタリアのアレーナ・ディ・ヴェローナ円形闘技場で、アンドレア・バッティストーニにインタビューをした。アンドレア・バッティストーニが、この劇場について話した。東急ジルベスターコンサートは、大晦日の午後11時30分から放送される。


Bunkamuraオーチャードホール

大晦日に開催される、「東急ジルベスターコンサート」の紹介。今までの東急ジルベスターコンサートには、小林研一郎、シルヴィ・ギエム、ワディム・レーピン、スヴェトラーナ・ザハーロワなどが出演してきた。今年は、アンドレア・バッティストーニが指揮を務める。曲は、ジュゼッペ・ヴェルディによる、歌劇「アイーダ」の「凱旋行進曲」。会場は、Bunkamuraオーチャードホール。出演者は、森麻季、樋口達哉、辻彩奈、清水靖晃、サキソフォネッツ、黒木瞳など。アンドレア・バッティストーニは、イタリア生まれで、ミラノスカラ座、ジェノヴァ・ヴェローナ・フェリーチェ歌劇場、東京フィルハーモニー交響楽団などで指揮を務めてきた。テレビ東京のアナウンサーの水原恵理が、イタリアのアレーナ・ディ・ヴェローナ円形闘技場で、アンドレア・バッティストーニにインタビューをした。アンドレア・バッティストーニが、この劇場について話した。東急ジルベスターコンサートは、大晦日の午後11時30分から放送される。


「森麻季」に関連するイベント情報

東急ジルベスターコンサート

大晦日に開催される、「東急ジルベスターコンサート」の紹介。今までの東急ジルベスターコンサートには、小林研一郎、シルヴィ・ギエム、ワディム・レーピン、スヴェトラーナ・ザハーロワなどが出演してきた。今年は、アンドレア・バッティストーニが指揮を務める。曲は、ジュゼッペ・ヴェルディによる、歌劇「アイーダ」の「凱旋行進曲」。会場は、Bunkamuraオーチャードホール。出演者は、森麻季、樋口達哉、辻彩奈、清水靖晃、サキソフォネッツ、黒木瞳など。アンドレア・バッティストーニは、イタリア生まれで、ミラノスカラ座、ジェノヴァ・ヴェローナ・フェリーチェ歌劇場、東京フィルハーモニー交響楽団などで指揮を務めてきた。テレビ東京のアナウンサーの水原恵理が、イタリアのアレーナ・ディ・ヴェローナ円形闘技場で、アンドレア・バッティストーニにインタビューをした。アンドレア・バッティストーニが、この劇場について話した。東急ジルベスターコンサートは、大晦日の午後11時30分から放送される。


テレビ東京

大晦日に開催される、「東急ジルベスターコンサート」の紹介。今までの東急ジルベスターコンサートには、小林研一郎、シルヴィ・ギエム、ワディム・レーピン、スヴェトラーナ・ザハーロワなどが出演してきた。今年は、アンドレア・バッティストーニが指揮を務める。曲は、ジュゼッペ・ヴェルディによる、歌劇「アイーダ」の「凱旋行進曲」。会場は、Bunkamuraオーチャードホール。出演者は、森麻季、樋口達哉、辻彩奈、清水靖晃、サキソフォネッツ、黒木瞳など。アンドレア・バッティストーニは、イタリア生まれで、ミラノスカラ座、ジェノヴァ・ヴェローナ・フェリーチェ歌劇場、東京フィルハーモニー交響楽団などで指揮を務めてきた。テレビ東京のアナウンサーの水原恵理が、イタリアのアレーナ・ディ・ヴェローナ円形闘技場で、アンドレア・バッティストーニにインタビューをした。アンドレア・バッティストーニが、この劇場について話した。東急ジルベスターコンサートは、大晦日の午後11時30分から放送される。


「森麻季」に関連するイベント情報

東急ジルベスターコンサート 2018-2019

大晦日の夜11時30分から放送される「東急ジルベスターコンサート 2018-2019」の番組宣伝。若井天才指揮者アンドレア・バッティストーニによる平成最後のカウントダウン曲はヴェルディの「凱旋行進曲」(歌劇「アイーダ」より)。Bunkamuraオーチャードホールから生中継でお届け!森麻季や樋口達哉ら豪華出演者による夢の共演もお楽しみに。


「森麻季」に関連するイベント情報

アイーダ

大晦日の夜11時30分から放送される「東急ジルベスターコンサート 2018-2019」の番組宣伝。若井天才指揮者アンドレア・バッティストーニによる平成最後のカウントダウン曲はヴェルディの「凱旋行進曲」(歌劇「アイーダ」より)。Bunkamuraオーチャードホールから生中継でお届け!森麻季や樋口達哉ら豪華出演者による夢の共演もお楽しみに。


Bunkamuraオーチャードホール

大晦日の夜11時30分から放送される「東急ジルベスターコンサート 2018-2019」の番組宣伝。若井天才指揮者アンドレア・バッティストーニによる平成最後のカウントダウン曲はヴェルディの「凱旋行進曲」(歌劇「アイーダ」より)。Bunkamuraオーチャードホールから生中継でお届け!森麻季や樋口達哉ら豪華出演者による夢の共演もお楽しみに。


「森麻季」に関連する音楽・CD

凱旋行進曲

いよいよ、古代遺跡アレーナ・ディ・ヴェローナ開催されているアレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭でバッティストーニが指揮する「アイーダ」が開幕。あいにくの天気だったが、出演者も観客も大スペクタクル開幕の瞬間を待っていた。演奏終了後、感動の舞台は多くの観客の拍手に包まれた。

大晦日の夜11時30分から放送される「東急ジルベスターコンサート 2018-2019」の番組宣伝。若井天才指揮者アンドレア・バッティストーニによる平成最後のカウントダウン曲はヴェルディの「凱旋行進曲」(歌劇「アイーダ」より)。Bunkamuraオーチャードホールから生中継でお届け!森麻季や樋口達哉ら豪華出演者による夢の共演もお楽しみに。


「森麻季」に関連するイベント情報

東急ジルベスターコンサート 2018-2019

毎年大みそかに行われる「東急ジルベスターコンサート」は、曲が終わると同時に新年を迎えるクラシックのカウントダウンコンサート。これまでに世界的マエストロにソリストたちが数々のドラマを繰り広げてきた。Bunkamuraオーチャードホールから生中継され、毎年カウントダウン曲が話題となっている。24年目を迎える今年の「東急ジルベスターコンサート」は、イタリアの若き天才指揮者アンドレア・バッティストーニが超熱のタクトで魅せる!そして、平成最後のカウントダウンはヴェルディの「凱旋行進曲」(歌劇「アイーダ」より)。森麻季や樋口達哉など、実力を兼ね備えた豪華アーティストが出演する。

若き天才指揮者アンドレア・バッティストーニは、ミラノ・スカラ座にて最年少24歳でデビュー。その後、破竹の勢いで世界の名門楽団を指揮してきた。溢れる情熱、みなぎる感性、揺るぎない統率が魅力。クラシックの名曲を芯の部分まで掘り起こし、深るえぐるような解釈で迫るその敷きは、圧倒的迫力で迫るオペラでも高い評価を得ている。そんなバッティストーニが「東急ジルベスターコンサート 2018-2019」のカウントダウン曲に選んだのはジュゼッペ・ヴェルディの「アイーダ」から「凱旋行進曲」。この曲には特別な思い入れがあるという。実は、生まれ故郷イタリア・ヴェローナにある円形闘技場で開催される野外音楽フェスティバル「アレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭」で初めて指揮した曲なのだ。ヴェローナは町全体が世界遺産で、シェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」の舞台としても知られている。町の郊外にあるサン ・ジョルジョ・ディ・ヴァルポリチェッラ教会はバッティストーニが大切にしている場所。異教の寺の上に築いた古いキリスト教会で、神聖で良い力を感じるのだという。時間を見つけてはこの教会を訪れ、音楽のインスピレーションを得るのだそう。


「森麻季」に関連するイベント情報

アイーダ

毎年大みそかに行われる「東急ジルベスターコンサート」は、曲が終わると同時に新年を迎えるクラシックのカウントダウンコンサート。これまでに世界的マエストロにソリストたちが数々のドラマを繰り広げてきた。Bunkamuraオーチャードホールから生中継され、毎年カウントダウン曲が話題となっている。24年目を迎える今年の「東急ジルベスターコンサート」は、イタリアの若き天才指揮者アンドレア・バッティストーニが超熱のタクトで魅せる!そして、平成最後のカウントダウンはヴェルディの「凱旋行進曲」(歌劇「アイーダ」より)。森麻季や樋口達哉など、実力を兼ね備えた豪華アーティストが出演する。

若き天才指揮者アンドレア・バッティストーニは、ミラノ・スカラ座にて最年少24歳でデビュー。その後、破竹の勢いで世界の名門楽団を指揮してきた。溢れる情熱、みなぎる感性、揺るぎない統率が魅力。クラシックの名曲を芯の部分まで掘り起こし、深るえぐるような解釈で迫るその敷きは、圧倒的迫力で迫るオペラでも高い評価を得ている。そんなバッティストーニが「東急ジルベスターコンサート 2018-2019」のカウントダウン曲に選んだのはジュゼッペ・ヴェルディの「アイーダ」から「凱旋行進曲」。この曲には特別な思い入れがあるという。実は、生まれ故郷イタリア・ヴェローナにある円形闘技場で開催される野外音楽フェスティバル「アレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭」で初めて指揮した曲なのだ。ヴェローナは町全体が世界遺産で、シェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」の舞台としても知られている。町の郊外にあるサン ・ジョルジョ・ディ・ヴァルポリチェッラ教会はバッティストーニが大切にしている場所。異教の寺の上に築いた古いキリスト教会で、神聖で良い力を感じるのだという。時間を見つけてはこの教会を訪れ、音楽のインスピレーションを得るのだそう。