ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「椿原慶子」の検索結果

「椿原慶子」に関連する情報 554件中 1〜10件目

「椿原慶子」に関連するイベント情報

東京五輪

東京オリンピック開幕まで、あと500日。注目のデザインが発表された。今日の午前10時ごろ、東京都・江東区で、大会組織委員会が発表したのは、来年の東京オリンピックの、全33競技の「ピクトグラム」、50種類。ピクトグラムは、各競技を人型の絵文字で表す記号として、1964年の東京オリンピックで、初めて導入されて以降、各大会で使用されている。今回は、1964年大会のピクトグラムの分かりやすさを引き継ぎながら、躍動的なアスリートの動きを、魅力的に引き出すデザインにしたという。空手の清水希容選手が今日の発表会で、空手のピクトグラムを見ながら、「道着も帯も、リアルに再現されていて、本当にかっこいいなと思いました」と話した。種類は50種類あり、前回のリオ大会の41種類を上回る、過去最多となっている。

今のニュースについて、スタジオのアナウンサーの安宅晃樹が、ディスプレイを使って説明する。今回発表されたピクトグラムの特徴は、デザインを担当した廣村正彰さんによると、1964年大会で導入されたものをベースに、その「分かりやすさ」を引き継ぎつつ、「スポーツの躍動感」を加えたデザインになっているという。ディスプレイに、柔道とバスケットボールの、1964年のピクトグラムと、2020年のピクトグラムが、並べて表示された。そして、2020年のピクトグラムは躍動感が表現されていると、安宅晃樹が説明した。ピクトグラムは、1964年の東京オリンピックをきっかけに世界に広まり、シャワー、トイレ、レストランなどの、施設案内用ピクトグラムの普及も進んだ。それらの施設案内用ピクトグラムも、ディスプレイで紹介された。アナウンサーの椿原慶子は、「64年から始まって、ここまで続いているというのは、非常に嬉しく感じます」などと話した。

聖火リレーのスタート地点が「Jヴィレッジ」に決定。震災後は原発事故対応の前線基地になっていた。組織委員会は復興五輪の理念を示す出発地として福島県と協議し選定した。


「椿原慶子」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

東京オリンピック開幕まで、あと500日。注目のデザインが発表された。今日の午前10時ごろ、東京都・江東区で、大会組織委員会が発表したのは、来年の東京オリンピックの、全33競技の「ピクトグラム」、50種類。ピクトグラムは、各競技を人型の絵文字で表す記号として、1964年の東京オリンピックで、初めて導入されて以降、各大会で使用されている。今回は、1964年大会のピクトグラムの分かりやすさを引き継ぎながら、躍動的なアスリートの動きを、魅力的に引き出すデザインにしたという。空手の清水希容選手が今日の発表会で、空手のピクトグラムを見ながら、「道着も帯も、リアルに再現されていて、本当にかっこいいなと思いました」と話した。種類は50種類あり、前回のリオ大会の41種類を上回る、過去最多となっている。

今のニュースについて、スタジオのアナウンサーの安宅晃樹が、ディスプレイを使って説明する。今回発表されたピクトグラムの特徴は、デザインを担当した廣村正彰さんによると、1964年大会で導入されたものをベースに、その「分かりやすさ」を引き継ぎつつ、「スポーツの躍動感」を加えたデザインになっているという。ディスプレイに、柔道とバスケットボールの、1964年のピクトグラムと、2020年のピクトグラムが、並べて表示された。そして、2020年のピクトグラムは躍動感が表現されていると、安宅晃樹が説明した。ピクトグラムは、1964年の東京オリンピックをきっかけに世界に広まり、シャワー、トイレ、レストランなどの、施設案内用ピクトグラムの普及も進んだ。それらの施設案内用ピクトグラムも、ディスプレイで紹介された。アナウンサーの椿原慶子は、「64年から始まって、ここまで続いているというのは、非常に嬉しく感じます」などと話した。


「椿原慶子」に関連するイベント情報

東京オリンピック

東京オリンピック開幕まで、あと500日。注目のデザインが発表された。今日の午前10時ごろ、東京都・江東区で、大会組織委員会が発表したのは、来年の東京オリンピックの、全33競技の「ピクトグラム」、50種類。ピクトグラムは、各競技を人型の絵文字で表す記号として、1964年の東京オリンピックで、初めて導入されて以降、各大会で使用されている。今回は、1964年大会のピクトグラムの分かりやすさを引き継ぎながら、躍動的なアスリートの動きを、魅力的に引き出すデザインにしたという。空手の清水希容選手が今日の発表会で、空手のピクトグラムを見ながら、「道着も帯も、リアルに再現されていて、本当にかっこいいなと思いました」と話した。種類は50種類あり、前回のリオ大会の41種類を上回る、過去最多となっている。

今のニュースについて、スタジオのアナウンサーの安宅晃樹が、ディスプレイを使って説明する。今回発表されたピクトグラムの特徴は、デザインを担当した廣村正彰さんによると、1964年大会で導入されたものをベースに、その「分かりやすさ」を引き継ぎつつ、「スポーツの躍動感」を加えたデザインになっているという。ディスプレイに、柔道とバスケットボールの、1964年のピクトグラムと、2020年のピクトグラムが、並べて表示された。そして、2020年のピクトグラムは躍動感が表現されていると、安宅晃樹が説明した。ピクトグラムは、1964年の東京オリンピックをきっかけに世界に広まり、シャワー、トイレ、レストランなどの、施設案内用ピクトグラムの普及も進んだ。それらの施設案内用ピクトグラムも、ディスプレイで紹介された。アナウンサーの椿原慶子は、「64年から始まって、ここまで続いているというのは、非常に嬉しく感じます」などと話した。


明治安田生命

今のニュースについて、スタジオで、アナウンサーの椿原慶子と、コメンテーターのマーケティングアナリストの渡辺広明が話し合う。渡辺広明は健康増進型保険について、保険会社にとっても加盟者にとっても、Win-Winの関係だと話した。また、渡辺広明は、ローソンは今まで、「マチのほっとステーション ローソン」と言っていたが、2017年から「マチの健康ステーション ローソン」と変えて、糖質の少ないパンや、糖質の少ない弁当などを発売していると話した。さらに渡辺広明は、フリップを出した。そのフリップには、ローソンの健康関連商品の売り上げ金額が書かれていた。そして、そのフリップを使って、ローソンの健康関連商品の売り上げ金額は、2013年には600億円(食品全体の6%)だったが、2018年には3500億円(食品全体の35%)に増えたと解説した。最後に椿原慶子が、「増え続ける医療費は、日本の大きな問題。こうした企業のサービスによって、皆が健康に気を付けるようになれば、非常にいいこと」と話した。


ローソン

今のニュースについて、スタジオで、アナウンサーの椿原慶子と、コメンテーターのマーケティングアナリストの渡辺広明が話し合う。渡辺広明は健康増進型保険について、保険会社にとっても加盟者にとっても、Win-Winの関係だと話した。また、渡辺広明は、ローソンは今まで、「マチのほっとステーション ローソン」と言っていたが、2017年から「マチの健康ステーション ローソン」と変えて、糖質の少ないパンや、糖質の少ない弁当などを発売していると話した。さらに渡辺広明は、フリップを出した。そのフリップには、ローソンの健康関連商品の売り上げ金額が書かれていた。そして、そのフリップを使って、ローソンの健康関連商品の売り上げ金額は、2013年には600億円(食品全体の6%)だったが、2018年には3500億円(食品全体の35%)に増えたと解説した。最後に椿原慶子が、「増え続ける医療費は、日本の大きな問題。こうした企業のサービスによって、皆が健康に気を付けるようになれば、非常にいいこと」と話した。


FNNプライムニュース α インスタグラム


NTTドコモ

「NTT DOCOMO VENTURES DAY 2019」が今日開催され、うつぶせ寝を自動検知するカメラなど、NTTドコモの出資によって開発が進められている様々な最新技術が紹介された。ドコモは5G事業をみこしてスタートアップ企業とタッグを組む機会を増やしており、自社のスマホインフラ×スタートアップで他社より先行を目指しているという。

ドコモが5G事業をみこしてスタートアップ企業への投資を増やしていることについてトーク。椿原慶子が「森田さんはこの件についてどう思いますか?」などと森田章に質問し、森田章が解説をした。


「椿原慶子」に関連するイベント情報

東京五輪

今日、多くの報道陣が集まった会見場に、姿を現した、JOC(日本オリンピック委員会)の竹田恒和会長。来年に迫った東京オリンピック招致運動に絡み、自らに向けられた贈賄疑惑の釈明に臨んだが、「(コンサルタント会社の)契約に関し、いかなる意思決定プロセスにも関与しておりません」と、疑惑に関する自らの関与を否定。疑惑とは、2013年、竹田氏が理事長だった東京五輪招致委員会が、シンガポールのコンサルタント会社「ブラックタイディングス」に、2億3000万円を支払ったが、この資金が、開催都市決定の投票権を持つ、当時のIOC委員であり、国際陸連の前会長でもあるラミン・ディアク氏や、その息子のパパマッサタ・ディアク氏側に、賄賂として渡ったのではないかというもの。しかし、今日の会見で竹田氏は、「調査報告書は、支払いはコンサルタント業務に対する、適切な対価であったと結論づけております」と話した。竹田氏は2016年に、JOC主導で行われた疑惑調査で、違法性は無かったとした報告書を何度も引き合いに出し、自らの潔白を主張した。そして、フランス司法当局が捜査中である事を理由に、質疑応答に応じる事なく、わずか7分ほどで退席した。退席する竹田氏に、報道陣が何度も、「質問を受けて下さい」と呼びかけたが、竹田氏は無視して退席した。この対応に会場は、一時騒然となった。更に、JOCの広報が「本日の質疑応答は、差し控えさせていただいております。以上です」と述べると、報道陣から「(質疑なしは)いつ決まったのか」と質問が出た。そして広報が、「昨晩です」と答えると、報道陣が「これだけ人を集めておいて、非常に失礼だよ、それは」と怒った。今回の竹田氏の会見について、スポーツ庁の鈴木長官は、「以前からお話されていることと、あまり変わりが無かったのかなと思ってます」などと話した。また、菅官房長官は「竹田会長においては、疑念を払拭できるような説明責任。これを果たしていただきたいと思います」などと話した。

スタジオで、番組レギュラーの椿原慶子、松江英夫が、今の竹田会長のニュースについて話し合う。松江英夫は、「分かりにくさの背景というのは、日本とフランスの国ごとによる、法律、もしくは法解釈の違いが、背景にあるのではないか。贈収賄の対象範囲、そこに到る判決も含めた司法プロセスに、違いがある。日本では問題なしといったもの自体が、フランスの解釈ではそうではない。こういったものが、分かりにくさに拍車をかけているのではないか」などと話した。椿原慶子は、「東京オリンピックということで、国民の関心が非常に大きいので、捜査が終わった時には、きちんと説明をして欲しい」などと話した。


「椿原慶子」に関連する映画・DVD

谷真会長兼社長

昨日から引き続き、経済3団体の新年祝賀パーティーの会場で、椿原慶子が、経済界のトップにインタビューを行う。2日目の今夜のテーマは、「2019年のキーワード」。椿原慶子が、パーティー会場で経済界のトップたちに、「あなたの会社の2019年キーワードは?」と書いてあるフリップに、答えを書いてもらい、そのキーワードについて話を聞いた。すかいらーくHDの谷真会長兼社長は、「デジタル改革元年」と書き、「企業のデータベースを、しっかりと、もう一度作り直す。この辺りの生産性の向上が、ライフワークバランスに繋がり、従業員の幸せにも繋がる」などと話した。セブン&アイHDの井阪隆一社長は、「スピードと挑戦」と書き、「とにかくスピードが大事だと。寄らば大樹の陰では、なかなか乗り切って行けないと思うので、全員にチャレンジ精神を持ってもらいたいということで、スピードと挑戦」などと話した。NTTの澤田純社長は、「5G Value Partner」と書き、「お客様のバリューパートナーになって、5Gを使いながら、より良い社会を作っていきたい」などと話した。東芝の車谷暢昭会長は、「サイバーフィジカル」と書き、「サイバーだけだと、雇用はあんまり出てこないわけですけども、フィジカル技術を使うと、次の社会変革をもたらしていく」などと話した。元号が変わり、変化の年となる2019年。企業トップが掲げたキーワードが、どのように日本経済に影響するのだろうか。


セブン&アイHD

昨日から引き続き、経済3団体の新年祝賀パーティーの会場で、椿原慶子が、経済界のトップにインタビューを行う。2日目の今夜のテーマは、「2019年のキーワード」。椿原慶子が、パーティー会場で経済界のトップたちに、「あなたの会社の2019年キーワードは?」と書いてあるフリップに、答えを書いてもらい、そのキーワードについて話を聞いた。すかいらーくHDの谷真会長兼社長は、「デジタル改革元年」と書き、「企業のデータベースを、しっかりと、もう一度作り直す。この辺りの生産性の向上が、ライフワークバランスに繋がり、従業員の幸せにも繋がる」などと話した。セブン&アイHDの井阪隆一社長は、「スピードと挑戦」と書き、「とにかくスピードが大事だと。寄らば大樹の陰では、なかなか乗り切って行けないと思うので、全員にチャレンジ精神を持ってもらいたいということで、スピードと挑戦」などと話した。NTTの澤田純社長は、「5G Value Partner」と書き、「お客様のバリューパートナーになって、5Gを使いながら、より良い社会を作っていきたい」などと話した。東芝の車谷暢昭会長は、「サイバーフィジカル」と書き、「サイバーだけだと、雇用はあんまり出てこないわけですけども、フィジカル技術を使うと、次の社会変革をもたらしていく」などと話した。元号が変わり、変化の年となる2019年。企業トップが掲げたキーワードが、どのように日本経済に影響するのだろうか。