ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「榎並大二郎」の検索結果

「榎並大二郎」に関連する情報 889件中 41〜50件目

フジテレビ

2020年に開催される東京オリンピックに向けてスポーツに耳目が集める中、スーパー・ササダンゴ・マシンは5月20日にフジテレビにて開催される「フジさん 202大階段ダッシュ!」を紹介。参加人数は450人で、1チーム3人編成。第一走者は男性、第二層走者は女性、第三走者は男女不問。イベントのMCを務めるのは榎並大二郎アナで、大会アンバサダーは大阪☆春夏秋冬。


「榎並大二郎」に関連するイベント情報

フジさん 202大階段ダッシュ!

2020年に開催される東京オリンピックに向けてスポーツに耳目が集める中、スーパー・ササダンゴ・マシンは5月20日にフジテレビにて開催される「フジさん 202大階段ダッシュ!」を紹介。参加人数は450人で、1チーム3人編成。第一走者は男性、第二層走者は女性、第三走者は男女不問。イベントのMCを務めるのは榎並大二郎アナで、大会アンバサダーは大阪☆春夏秋冬。


阿蘇内牧温泉

熊本・阿蘇市から中継で、榎並大二郎アナとくまモンは氷点下5℃とあって寒さに震えていた。このあと、阿蘇内牧温泉に向かうということで、くまモンは榎並アナの脱衣をお手伝いし、乾布摩擦。


ブログ

1週間の気になったニュース。ASKA氏 覚せい剤使用嫌疑不十分で釈放。不起訴処分になった。釈放し、ブログを更新。尿検査の詳細が綴られた。陽性になった理由を近いうちに語るという。自分は無実だとも。そして昨晩もブログを更新。

ASKAさんが覚醒剤使用の嫌疑不十分で釈放された。そのASKAさんがきのうブログを更新した。タイトルは尿とお茶で、尿を提出せずお茶を出した理由と、逮捕後の状況を長文で書いている。その内容を榎並大二郎アナが読み上げた。

最初の逮捕時の取り調べについての言及。津田大介さんはお茶から覚醒剤が出たとなっていて、ASKAさんのブログでは尿を提出するとどうあっても陽性にされてしまい、お茶で陽性になった事でASKAさんの言い分が変な形で裏付けられる事になってしまったと話した。土田晃之さんはちゃんとした証拠があるから逮捕したと思っていたのに、すぐに間違っていましたとなるのはマズいと話した。小川泰平さんは嫌疑不十分というのは限りなく黒に近いグレーだろうと話し、覚醒剤反応が出た尿が本人のものだという証拠が無いという事が一番の理由だと話す。清原博さんはこのブログで科捜研の調査では陰性のはずが捻じ曲げられて陽性と伝えられていると主張している。七尾藍佳さんはこのブログについて正常な判断力を持った成人男性が書いたものとは到底思えないと話す。こういう人は外国では定期的な尿検査と治療が義務付けられていて、日本はそれが無くフォローがなくて再犯率が高くなっている。このブログは薬物犯罪の問題点を浮かび上がらせていると指摘する。

ASKAさんはお茶を出しているのだから科捜研の判断は陰性と出ているはずで、その発表が警察は何故か陽性だと発表したと主張している。小川泰平さんは鑑定書まで捏造したと言われてしまえば何も会話にならず、鑑定書で礼状請求をして逮捕をしていることは間違いないと話す。尿は最低でも10cc入れる事になっていて、これを入れるところでお茶を入れられたという事で確認を怠っている事になる。再検査のときにはこの尿は残っていなかったことになる。坂上忍さんは任意ということは拒むことも出来るのかという質問をして、断ることも出来るが説得に応じてもらえない場合は、捜査にもそれなりの理由があるため身体検査礼状を取って強制捜査となるだろうとのこと。


キリン

嵐チームのランナーは櫻井翔。榎並大二郎アナがバイキング生放送後に駆けつけ、有村実樹と今年2月に結婚したことを伝えた。井森美幸が上毛かるたを紹介した。キリンのCMで過去に櫻井翔も挑戦していた。嵐チームは160ポイント獲得した。北関東チームがリードし群馬PR映像が流れることに。


上毛かるた

嵐チームのランナーは櫻井翔。榎並大二郎アナがバイキング生放送後に駆けつけ、有村実樹と今年2月に結婚したことを伝えた。井森美幸が上毛かるたを紹介した。キリンのCMで過去に櫻井翔も挑戦していた。嵐チームは160ポイント獲得した。北関東チームがリードし群馬PR映像が流れることに。


アナマガ

10月の番組改編に伴い、新人アナウンサーが各番組に配属。密着ドキュメントが「アナマガ」に掲載されている。きょうは同サイトについて特集。

アナウンサーの日常を掲載するサイト「アナマガ」について解説。アナウンサーのプロフィールでは「好きなもの、苦手なもの」などに加え、最近は他の局アナからのコメントも載るようになったと紹介した。

「アナマガ」のコンテンツを紹介。アナウンサー全員がブログを掲載しているほか、ボイスサンプルなども聴くことができる。「アナウンサー動画」は目玉コンテンツのひとつで、今年入社した5人の研修に密着した動画は「新人今日行く!」として配信されている。「FNS27時間テレビ」の提供読みは毎年新人の晴れ舞台となっている。動画の一部は「フジテレビオンデマンド」の有料コンテンツとなっている。

「アナマガ」のコンテンツを紹介。塩原恒夫アナの担当する「シオバラ美術館」は、アナウンサーが自画像を描き、出演者が誰が描いたものか予想する。「リレートーク 本気でしゃべっていい!?」はフジテレビのアナウンサー全員が参加、1対1のトークで番組の裏話からプライベートまでを語り合う。撮影は番組のロケと同様にカメラ・照明・スタッフを配置して行われている。

「アナマガ」のコンテンツを紹介。「くっしーのお料理ラボ」は久代萌美アナが担当する料理動画。レシピは毎回自分でアレンジしてオリジナルに仕上げている。渡辺和洋アナと共演した「餃子」の回を紹介した。「お〜い!畑」はフジテレビの屋上庭園で野菜を育てる動画。「榎並流 俺についてこい!」は若手アナが肉体改造を行う動画。若手アナが一斉に逃げ出してかくれんぼとなる回、女性アナの参加する番外編などもある。

「アナマガ」の映像を振り返ってトーク。久代萌美は、企画はアナウンサーが考えており大変だが自由なことができるので楽しいと答えた。グランプリを選ぶ企画もあり、榎並大二郎アナが海外ロケの権利を得たという。ゲストの境治さんは、アナウンサーに親しみがわくかもと答えた。


「榎並大二郎」に関連するイベント情報

ワールドカップ

おとといのサンケイスポーツに掲載されたコラムではオリンピックへのプロの参加に疑問を投げかけている。坂上忍はこの意見に同意するとし、自分も違和感を感じていたことを話した。東国原英夫も同意とし、プロの中で出る人出ない人が居るのは公平ではないなどと続けた。坂上忍は錦織はオリンピックを大事にしており、それが結果にもつながったなどとの見解を示した。錦織は全米オープンを間近に控えての奮闘だと榎並大二郎が補足した。日本オリンピック委員会のHPには選手の参加資格について書かれている。昔はアマチュア限定だったが、プロで活躍するスポーツが盛んになったため、その規定は削除された。小林信也はIOCはオリンピックを世界最高峰の大会にしようとしていることや、オリンピック参加によって怪我をしてしまった場合にプロスポーツクラブに対しての補償の問題があることなどを話した。


「榎並大二郎」に関連するイベント情報

WBC

おとといのサンケイスポーツに掲載されたコラムではオリンピックへのプロの参加に疑問を投げかけている。坂上忍はこの意見に同意するとし、自分も違和感を感じていたことを話した。東国原英夫も同意とし、プロの中で出る人出ない人が居るのは公平ではないなどと続けた。坂上忍は錦織はオリンピックを大事にしており、それが結果にもつながったなどとの見解を示した。錦織は全米オープンを間近に控えての奮闘だと榎並大二郎が補足した。日本オリンピック委員会のHPには選手の参加資格について書かれている。昔はアマチュア限定だったが、プロで活躍するスポーツが盛んになったため、その規定は削除された。小林信也はIOCはオリンピックを世界最高峰の大会にしようとしていることや、オリンピック参加によって怪我をしてしまった場合にプロスポーツクラブに対しての補償の問題があることなどを話した。

東京五輪で野球が復活することについて、イチロー選手は「WBCがプロのベストチーム」「五輪はアマチュアの最高の大会であって欲しい」などとコメントしている。これに関してデーブ大久保は2008年にライオンズのコーチをしていたとき、主力選手がオリンピックに取られて更には怪我をしてしまったという経験を語り、イチローの意見に同調した。梅沢富美男は五輪のゴルフは女子プロのトーナメントのようで盛り上がらないなどと話した。山本博は五輪のプロ参加が解禁されたモントリオール五輪のころはオリンピックがかなり衰退してしまっておりIOCの判断は仕方なかった、しかしそれ以来プロとアマが入り混じったことにまつわる問題はIOCは現在まで処理できていないなどと話した。その他、スタジオではオリンピックにプロは要らないとする見方が圧倒的だった。ただ、山本博によると最近では一般的な仕事をして、その合間に練習をするという選手は少ないため、プロとアマの線引きは難しいという。


「榎並大二郎」に関連するイベント情報

全米オープン

おとといのサンケイスポーツに掲載されたコラムではオリンピックへのプロの参加に疑問を投げかけている。坂上忍はこの意見に同意するとし、自分も違和感を感じていたことを話した。東国原英夫も同意とし、プロの中で出る人出ない人が居るのは公平ではないなどと続けた。坂上忍は錦織はオリンピックを大事にしており、それが結果にもつながったなどとの見解を示した。錦織は全米オープンを間近に控えての奮闘だと榎並大二郎が補足した。日本オリンピック委員会のHPには選手の参加資格について書かれている。昔はアマチュア限定だったが、プロで活躍するスポーツが盛んになったため、その規定は削除された。小林信也はIOCはオリンピックを世界最高峰の大会にしようとしていることや、オリンピック参加によって怪我をしてしまった場合にプロスポーツクラブに対しての補償の問題があることなどを話した。