ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「横田真之」の検索結果

「横田真之」に関連する情報 3件中 1〜3件目

鹿児島実業

阪神タイガースの横田慎太郎選手は24歳の若さで引退を決意。2017年2月に脳腫瘍が判明。目の後遺症が出たという。父親はロッテで活躍した横田真之。父の影響もあり野球は身近な存在。鹿児島実業では1年から4番。大型スラッガーとして注目。2013年にドラフト2位で阪神に入団。3年目には開幕スタメンを勝ち取る。桧山進次郎がつけていた24番。しかし4年目の春季キャンプで、ノック練習の時に二重に見えている症状が出ていたと振り返る。最初は本当に頭が真っ白になったという。2017年に脳腫瘍が判明。両親は自分の耳を疑い、自分の子がこういうことになるなんてと父の真之さんが語る。母のまなみさんは元気でいてくれればと語る。手術は18時間にも及び、過酷な闘病生活が待っていた。当時の様子を本人と母親のまなみさんが振り返り、当時の二軍監督の掛布雅之さんが見舞いに訪れ、復活するという目力は忘れませんと語る。半年の闘病生活を乗り越えるとリハビリを開始。10月にはバットを触れるまで回復。同期入団の梅野隆太郎選手は野球漬けの毎日だったと横田慎太郎選手について語る。2017年11月に育成契約となりグラウンドでは汗を流し続けた。着実に復帰への道を歩んだ。24番をつけることを目指し生活していたと語る。しかし最後まで目の後遺症で苦しんだ。背中を押したのは父親だった。自分がつらかったら辞めてもいいと語った。親のことは考えなくていい。自分の考えでやりなさいと言ったときに泣いて辞めていい?と聞いてきたと真之さんが語る。9月22日に引退会見。4日後に引退試合が行われた。両親、シーズン中の1軍メンバーも駆けつける中、異例の引退試合が開催。1096日ぶりの公式戦に横田慎太郎選手が登場。8回2アウトでランナーは2塁。センターに飛んだボールをキャッチし、バック・ホームを決めた。引退の挨拶では両親へ感謝を述べた。11月の鹿児島で横田慎太郎は今新たな夢を模索中。いつか野球に恩返ししたいと次なる道を歩む。


脳腫瘍

阪神タイガースの横田慎太郎選手は24歳の若さで引退を決意。2017年2月に脳腫瘍が判明。目の後遺症が出たという。父親はロッテで活躍した横田真之。父の影響もあり野球は身近な存在。鹿児島実業では1年から4番。大型スラッガーとして注目。2013年にドラフト2位で阪神に入団。3年目には開幕スタメンを勝ち取る。桧山進次郎がつけていた24番。しかし4年目の春季キャンプで、ノック練習の時に二重に見えている症状が出ていたと振り返る。最初は本当に頭が真っ白になったという。2017年に脳腫瘍が判明。両親は自分の耳を疑い、自分の子がこういうことになるなんてと父の真之さんが語る。母のまなみさんは元気でいてくれればと語る。手術は18時間にも及び、過酷な闘病生活が待っていた。当時の様子を本人と母親のまなみさんが振り返り、当時の二軍監督の掛布雅之さんが見舞いに訪れ、復活するという目力は忘れませんと語る。半年の闘病生活を乗り越えるとリハビリを開始。10月にはバットを触れるまで回復。同期入団の梅野隆太郎選手は野球漬けの毎日だったと横田慎太郎選手について語る。2017年11月に育成契約となりグラウンドでは汗を流し続けた。着実に復帰への道を歩んだ。24番をつけることを目指し生活していたと語る。しかし最後まで目の後遺症で苦しんだ。背中を押したのは父親だった。自分がつらかったら辞めてもいいと語った。親のことは考えなくていい。自分の考えでやりなさいと言ったときに泣いて辞めていい?と聞いてきたと真之さんが語る。9月22日に引退会見。4日後に引退試合が行われた。両親、シーズン中の1軍メンバーも駆けつける中、異例の引退試合が開催。1096日ぶりの公式戦に横田慎太郎選手が登場。8回2アウトでランナーは2塁。センターに飛んだボールをキャッチし、バック・ホームを決めた。引退の挨拶では両親へ感謝を述べた。11月の鹿児島で横田慎太郎は今新たな夢を模索中。いつか野球に恩返ししたいと次なる道を歩む。


阪神鳴尾浜球場

阪神タイガースの横田慎太郎選手は24歳の若さで引退を決意。2017年2月に脳腫瘍が判明。目の後遺症が出たという。父親はロッテで活躍した横田真之。父の影響もあり野球は身近な存在。鹿児島実業では1年から4番。大型スラッガーとして注目。2013年にドラフト2位で阪神に入団。3年目には開幕スタメンを勝ち取る。桧山進次郎がつけていた24番。しかし4年目の春季キャンプで、ノック練習の時に二重に見えている症状が出ていたと振り返る。最初は本当に頭が真っ白になったという。2017年に脳腫瘍が判明。両親は自分の耳を疑い、自分の子がこういうことになるなんてと父の真之さんが語る。母のまなみさんは元気でいてくれればと語る。手術は18時間にも及び、過酷な闘病生活が待っていた。当時の様子を本人と母親のまなみさんが振り返り、当時の二軍監督の掛布雅之さんが見舞いに訪れ、復活するという目力は忘れませんと語る。半年の闘病生活を乗り越えるとリハビリを開始。10月にはバットを触れるまで回復。同期入団の梅野隆太郎選手は野球漬けの毎日だったと横田慎太郎選手について語る。2017年11月に育成契約となりグラウンドでは汗を流し続けた。着実に復帰への道を歩んだ。24番をつけることを目指し生活していたと語る。しかし最後まで目の後遺症で苦しんだ。背中を押したのは父親だった。自分がつらかったら辞めてもいいと語った。親のことは考えなくていい。自分の考えでやりなさいと言ったときに泣いて辞めていい?と聞いてきたと真之さんが語る。9月22日に引退会見。4日後に引退試合が行われた。両親、シーズン中の1軍メンバーも駆けつける中、異例の引退試合が開催。1096日ぶりの公式戦に横田慎太郎選手が登場。8回2アウトでランナーは2塁。センターに飛んだボールをキャッチし、バック・ホームを決めた。引退の挨拶では両親へ感謝を述べた。11月の鹿児島で横田慎太郎は今新たな夢を模索中。いつか野球に恩返ししたいと次なる道を歩む。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (3)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (3)