ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「橋本大侍」の検索結果

「橋本大侍」に関連する情報 12件中 1〜10件目

「橋本大侍」に関連する音楽・CD

A Beautiful Storm

ショートで5位となった紀平梨花はフリーの当日、公式練習後にホテルの部屋で英語の勉強をしていた。トレーナーの橋本大侍氏は「自分のルーティンというか、自分のペースでしっかりやっている」とコメント。迎えたフリー、紀平は7本全てのジャンプでプラスの評価を獲得し、逆転優勝を成し遂げた。


脱臼

ショートで5位となった紀平梨花はフリーの当日、公式練習後にホテルの部屋で英語の勉強をしていた。トレーナーの橋本大侍氏は「自分のルーティンというか、自分のペースでしっかりやっている」とコメント。迎えたフリー、紀平は7本全てのジャンプでプラスの評価を獲得し、逆転優勝を成し遂げた。


「橋本大侍」に関連するイベント情報

四大陸フィギュアスケート選手権

ショートで5位となった紀平梨花はフリーの当日、公式練習後にホテルの部屋で英語の勉強をしていた。トレーナーの橋本大侍氏は「自分のルーティンというか、自分のペースでしっかりやっている」とコメント。迎えたフリー、紀平は7本全てのジャンプでプラスの評価を獲得し、逆転優勝を成し遂げた。


亜脱臼

紀平梨花はGPシリーズで2連勝し、GPファイナルで初出場初優勝という快挙を成し遂げた。紀平の2019年はアメリカ・コロラド州で合宿を行った。しかし大会2日前に転倒し左手薬指を亜脱臼していた。その中挑んだショートでは代名詞のトリプルアクセルを失敗し5位スタートとなった。紀平の専属トレーナーをしている橋本大侍氏を直撃すると、ジャンプの時に指を曲げるが、曲げなかったら体が開きやすいと言っていたという。橋本氏は、紀平について「筋肉の質 日本人の中で群を抜いている」「僕が思うにはサッカー選手に似てる」といい、遅筋と速筋のバランスがいいと説明した。さらに、一つのキン肉に対して大概は普通の選手は一つしか言わないが、紀平は一つに筋肉に対して細かく3つくらい言うのだと明かした。目標は2022年北京オリンピックで金メダリストになること。フリーの攻勢を見てみると3回転ジャンプを8本入れた強気の紀平。ショートで失敗したトリプルアクセルも含まれている。


「橋本大侍」に関連するイベント情報

GPファイナル

フィギュアスケート四大陸選手権 女子フリーで紀平梨花が練習不足の影響からショートは5位と出遅れていたが、逆転優勝をかけてフリーに挑む。

紀平梨花はGPシリーズで2連勝し、GPファイナルで初出場初優勝という快挙を成し遂げた。紀平の2019年はアメリカ・コロラド州で合宿を行った。しかし大会2日前に転倒し左手薬指を亜脱臼していた。その中挑んだショートでは代名詞のトリプルアクセルを失敗し5位スタートとなった。紀平の専属トレーナーをしている橋本大侍氏を直撃すると、ジャンプの時に指を曲げるが、曲げなかったら体が開きやすいと言っていたという。橋本氏は、紀平について「筋肉の質 日本人の中で群を抜いている」「僕が思うにはサッカー選手に似てる」といい、遅筋と速筋のバランスがいいと説明した。さらに、一つのキン肉に対して大概は普通の選手は一つしか言わないが、紀平は一つに筋肉に対して細かく3つくらい言うのだと明かした。目標は2022年北京オリンピックで金メダリストになること。フリーの攻勢を見てみると3回転ジャンプを8本入れた強気の紀平。ショートで失敗したトリプルアクセルも含まれている。

フィギュアスケート四大陸選手権 女子フリーでSP5位の紀平梨花選手はトリプルアクセルを決めた後もステップもスピンも完璧な元気を披露し、トップに立った。SP2位の坂本花織は、後半に予定になかった演技を入れるなどし前半のミスをカバーしたが、坂本は4位。紀平が国際大会5勝目を挙げた。

ビビる大木の挨拶。逆転優勝した紀平梨花について、今シーズンの国際大会で5戦5勝、そのうちの3試合は逆転優勝だと紹介した。セルジオ越後は、精神的に強い選手などと語った。


「橋本大侍」に関連するイベント情報

四大陸選手権

フィギュアスケート四大陸選手権 女子フリーで紀平梨花が練習不足の影響からショートは5位と出遅れていたが、逆転優勝をかけてフリーに挑む。

紀平梨花はGPシリーズで2連勝し、GPファイナルで初出場初優勝という快挙を成し遂げた。紀平の2019年はアメリカ・コロラド州で合宿を行った。しかし大会2日前に転倒し左手薬指を亜脱臼していた。その中挑んだショートでは代名詞のトリプルアクセルを失敗し5位スタートとなった。紀平の専属トレーナーをしている橋本大侍氏を直撃すると、ジャンプの時に指を曲げるが、曲げなかったら体が開きやすいと言っていたという。橋本氏は、紀平について「筋肉の質 日本人の中で群を抜いている」「僕が思うにはサッカー選手に似てる」といい、遅筋と速筋のバランスがいいと説明した。さらに、一つのキン肉に対して大概は普通の選手は一つしか言わないが、紀平は一つに筋肉に対して細かく3つくらい言うのだと明かした。目標は2022年北京オリンピックで金メダリストになること。フリーの攻勢を見てみると3回転ジャンプを8本入れた強気の紀平。ショートで失敗したトリプルアクセルも含まれている。

フィギュアスケート四大陸選手権 女子フリーでSP5位の紀平梨花選手はトリプルアクセルを決めた後もステップもスピンも完璧な元気を披露し、トップに立った。SP2位の坂本花織は、後半に予定になかった演技を入れるなどし前半のミスをカバーしたが、坂本は4位。紀平が国際大会5勝目を挙げた。

ビビる大木の挨拶。逆転優勝した紀平梨花について、今シーズンの国際大会で5戦5勝、そのうちの3試合は逆転優勝だと紹介した。セルジオ越後は、精神的に強い選手などと語った。


サンライズ鍼灸整骨院

紀平選手が13歳から通う大阪の整骨院。今回のNHK杯の直前にも訪れていた。プロ野球選手やJリーガーも担当する総院長の橋本大侍さん。紀平選手のメンテナンスは首や骨盤のゆがみの矯正。フィギュアは体をひねることが多いため、首に負荷がかかりゆがむという。それと矯正し、可動域を広げることにより高いジャンプが跳べるという。またジャンプの着氷により、骨盤にねじれが出るという。橋本さんは一流の選手ほど自分の体に敏感でケアは怠らないと話した。ロシアのスポーツ紙は紀平選手を脅威と特集、ロシア勢に勝つだろうと報じている。


「橋本大侍」に関連するイベント情報

NHK杯

きのう行われたGPシリーズ フランス大会フリー。前日のショートで2位につけた紀平梨花選手。逆転優勝を目指し、演技に臨んだ。冒頭に予定していた3アクセル+3トーループだったが、3アクセルのみとなった。しかし続くジャンプ、当初の演技構成では3アクセルだったが、2アクセル+3トーループを加えた連続ジャンプに変更。より安定した構成に切りかえていた。演技終盤の3連続ジャンプもミスなく着氷。最後の3サルコーも成功。笑顔で演技を終えた。得点は205.92でショート2位から逆転優勝。2位には三原舞依選手が入り、本田真凜選手は6位という結果になった。紀平選手の4歳年上の姉は優勝後に連絡を取ったところ「今回のリンクの氷との相性が良くなかったみたいで、NHK杯よりは伸び伸びと滑れなかったと言っていた」と話した。

ザギトワ選手はシニアに転向し、さらなる快挙を達成。それが平昌五輪だった。フィギュアスケートの出場は2017年7月1日の時点で15歳以上という年齢制限があった。2002年5月生まれのザギトワ選手は出場できたが、紀平選手は同じ年の7月21日生まれだったため、年齢制限のため出場はならなかった。ザギトワ選手は15歳でオリンピック金メダルに輝いた。一方の紀平選手は去年11月、全日本ジュニア選手権で優勝。今シーズンからシニアに転向するといきなり世界のトップに躍り出た。今月10日、GPシリーズのデビュー戦となるNHK杯で優勝。世界で紀平選手でけが3アクセル+3トーループを成功させた。代名詞である3アクセルを武器に世界のトップを目指す。

紀平選手が13歳から通う大阪の整骨院。今回のNHK杯の直前にも訪れていた。プロ野球選手やJリーガーも担当する総院長の橋本大侍さん。紀平選手のメンテナンスは首や骨盤のゆがみの矯正。フィギュアは体をひねることが多いため、首に負荷がかかりゆがむという。それと矯正し、可動域を広げることにより高いジャンプが跳べるという。またジャンプの着氷により、骨盤にねじれが出るという。橋本さんは一流の選手ほど自分の体に敏感でケアは怠らないと話した。ロシアのスポーツ紙は紀平選手を脅威と特集、ロシア勢に勝つだろうと報じている。


「橋本大侍」に関連するイベント情報

ジュニアグランプリファイナル

紀平選手はNHK杯で羽生結弦らが達成できなかった日本人初のデビュー戦優勝を成し遂げた。NHK杯直前、紀平選手は整骨院を訪れ、骨盤の歪みなどを矯正したという。この整骨院の院長の橋本大侍先生はプロ野球選手などの治療を行っていて、紀平選手が13歳のときから体のケアを担当している。去年のジュニアグランプリファイナルでは世界初のコンビネーションジャンプを成功させているが、橋本先生は「筋肉の繊維の数がたぶん多いのでジャンプ力がある」とコメントした。フィギュアは体をひねるため、首に負荷がかかり歪むため、橋本先生はそれを矯正して可動域を広げている。さらに骨盤のねじれを矯正することで軸がぶれないジャンプが可能になると説明した。


サンライズ鍼灸整骨院

紀平選手はNHK杯で羽生結弦らが達成できなかった日本人初のデビュー戦優勝を成し遂げた。NHK杯直前、紀平選手は整骨院を訪れ、骨盤の歪みなどを矯正したという。この整骨院の院長の橋本大侍先生はプロ野球選手などの治療を行っていて、紀平選手が13歳のときから体のケアを担当している。去年のジュニアグランプリファイナルでは世界初のコンビネーションジャンプを成功させているが、橋本先生は「筋肉の繊維の数がたぶん多いのでジャンプ力がある」とコメントした。フィギュアは体をひねるため、首に負荷がかかり歪むため、橋本先生はそれを矯正して可動域を広げている。さらに骨盤のねじれを矯正することで軸がぶれないジャンプが可能になると説明した。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (12)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD (1)
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (7)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (4)