ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「櫻井幸雄」の検索結果

「櫻井幸雄」に関連するその他の情報 51件中 1〜10件目

はつらつセンター大泉

本当に住みやすい街大賞2019のシニアランキング1位は大泉学園。駅前の再開発により商業ビルが建設され生活至便になっている。住みやすいポイントは商業ビル建設に伴い駅前で買い物がしやすく、駅前に区の施設が揃っていること。池袋への直行電車がある他、秩父などにもアクセスしやすいのが魅力。さらに、大泉学園は高齢者が交流できる街。「はつらつセンター大泉」は練馬区在住60歳以上を対象にレクリエーションを通して交流の場を設ける施設。施設ではカラオケや健康麻雀、ダンスなどが行われていた。30を超えるサークルがほぼ毎日施設内で活動している。「ウィズタイムハウス」は高齢者や障害者等サポートが必要な人々が集える共同住宅がコンセプトのシェアハウスで、月に一度近隣の方を招いて住民との交流イベントを開催している。

本当に住みやすい街大賞2019のシニアランキング1位は大泉学園。櫻井幸雄さんは郊外と都心のいいとこ取りができる場所だと話した。さらに、大泉学園は一方通行の道が多く、信号が少ないという。「はつらつセンター大泉」では5月からウォーキングの基礎・実技を学び継続するための方法を考える活動が開催される。さらに、筋トレマシンスタート事業も開催される。


大泉学園

本当に住みやすい街大賞2019のシニアランキング1位は大泉学園。駅前の再開発により商業ビルが建設され生活至便になっている。住みやすいポイントは商業ビル建設に伴い駅前で買い物がしやすく、駅前に区の施設が揃っていること。池袋への直行電車がある他、秩父などにもアクセスしやすいのが魅力。さらに、大泉学園は高齢者が交流できる街。「はつらつセンター大泉」は練馬区在住60歳以上を対象にレクリエーションを通して交流の場を設ける施設。施設ではカラオケや健康麻雀、ダンスなどが行われていた。30を超えるサークルがほぼ毎日施設内で活動している。「ウィズタイムハウス」は高齢者や障害者等サポートが必要な人々が集える共同住宅がコンセプトのシェアハウスで、月に一度近隣の方を招いて住民との交流イベントを開催している。

本当に住みやすい街大賞2019のシニアランキング1位は大泉学園。櫻井幸雄さんは郊外と都心のいいとこ取りができる場所だと話した。さらに、大泉学園は一方通行の道が多く、信号が少ないという。「はつらつセンター大泉」では5月からウォーキングの基礎・実技を学び継続するための方法を考える活動が開催される。さらに、筋トレマシンスタート事業も開催される。


千葉ニュータウン中央駅

今日のお悩みは「住みやすい街がしりたい、どうする?」。きょうのゲスト、住宅ジャーナリストの櫻井幸雄さんをー紹介した。本当に住みやすい街大賞2019のシニアランキングの基準は生活環境、レジャー環境、福祉・医療環境、街の安全性、交通の利便性によるもの。ランキング3位は印西牧の原駅、家から駅の近さたポイントだという。2位は神田駅、意外な便利さや意外に安いマンションなどがあるという。


神田駅

本当に住みやすい街大賞2019シニアランキング2位は千代田区神田。秋葉原や日本橋といったエリアに近く多くの場所で賑わうビジネス街。神田は都内のあらゆる場所にアクセスしやすい。住みやすいポイントは駅周辺にクリニックンあどの医療機関が点在していること、百貨店や老舗飲食店が軒を連ねシニアの遊び場に最適。また、山手線や中央線など多くの路線が利用可能。65歳以上で現役で働く高齢者が多いランキング1位は神田がある千代田区。役員以外の正社員で働く高齢者が多いランキングでも千代田区が1位、シルバー人材センター登録者数が多いのも1位は千代田区。千代田区には高齢者が働きやすい環境があった。NPO法人 シニア大楽ではシニアに様々な分野の講師として活躍できる場を提供している。生徒は全員60歳以上でこの日のテーマは落語だった。住みやすいポイントはシニアでも家を借りやすいこと。いちごの会ではボランティア事業として地元の子供達と高齢者が交流できる場を提供していて、60歳以上が借りることができる高齢者向け住宅「こもれび外神田」なども経営している。住宅には連絡用ボタンが各部屋に用意されていて24時間警備会社に連絡が繋がるようになっている。

今日のお悩みは「住みやすい街がしりたい、どうする?」。きょうのゲスト、住宅ジャーナリストの櫻井幸雄さんをー紹介した。本当に住みやすい街大賞2019のシニアランキングの基準は生活環境、レジャー環境、福祉・医療環境、街の安全性、交通の利便性によるもの。ランキング3位は印西牧の原駅、家から駅の近さたポイントだという。2位は神田駅、意外な便利さや意外に安いマンションなどがあるという。


印西牧の原駅

「本当に住みやすい街大賞2019」シニアランキングで3位となったのは印西牧の原。北総鉄道が走り成田空港へのアクセスが良好。千葉ニュータウンの一角で、商業施設が駅周辺に揃い買い物の便が良好。印旛沼などの自然も豊か。

今日のお悩みは「住みやすい街がしりたい、どうする?」。きょうのゲスト、住宅ジャーナリストの櫻井幸雄さんをー紹介した。本当に住みやすい街大賞2019のシニアランキングの基準は生活環境、レジャー環境、福祉・医療環境、街の安全性、交通の利便性によるもの。ランキング3位は印西牧の原駅、家から駅の近さたポイントだという。2位は神田駅、意外な便利さや意外に安いマンションなどがあるという。


本当に住みやすい街大賞2019

本日の特集は「住みやすい街が知りたい どうする?」住宅ローン会社ARUHIが算出した「本当に住みやすい街大賞2019」ではシニア向けのランキングも発表している。住宅ジャーナリストの櫻井さんとともに本当に住みやすいのか徹底調査。

「本当に住みやすい街大賞2019」シニアランキングで3位となったのは印西牧の原。北総鉄道が走り成田空港へのアクセスが良好。千葉ニュータウンの一角で、商業施設が駅周辺に揃い買い物の便が良好。印旛沼などの自然も豊か。

本当に住みやすい街大賞2019シニアランキング2位は千代田区神田。秋葉原や日本橋といったエリアに近く多くの場所で賑わうビジネス街。神田は都内のあらゆる場所にアクセスしやすい。住みやすいポイントは駅周辺にクリニックンあどの医療機関が点在していること、百貨店や老舗飲食店が軒を連ねシニアの遊び場に最適。また、山手線や中央線など多くの路線が利用可能。65歳以上で現役で働く高齢者が多いランキング1位は神田がある千代田区。役員以外の正社員で働く高齢者が多いランキングでも千代田区が1位、シルバー人材センター登録者数が多いのも1位は千代田区。千代田区には高齢者が働きやすい環境があった。NPO法人 シニア大楽ではシニアに様々な分野の講師として活躍できる場を提供している。生徒は全員60歳以上でこの日のテーマは落語だった。住みやすいポイントはシニアでも家を借りやすいこと。いちごの会ではボランティア事業として地元の子供達と高齢者が交流できる場を提供していて、60歳以上が借りることができる高齢者向け住宅「こもれび外神田」なども経営している。住宅には連絡用ボタンが各部屋に用意されていて24時間警備会社に連絡が繋がるようになっている。

今日のお悩みは「住みやすい街がしりたい、どうする?」。きょうのゲスト、住宅ジャーナリストの櫻井幸雄さんをー紹介した。本当に住みやすい街大賞2019のシニアランキングの基準は生活環境、レジャー環境、福祉・医療環境、街の安全性、交通の利便性によるもの。ランキング3位は印西牧の原駅、家から駅の近さたポイントだという。2位は神田駅、意外な便利さや意外に安いマンションなどがあるという。

本当に住みやすい街大賞2019のシニアランキング1位は大泉学園。駅前の再開発により商業ビルが建設され生活至便になっている。住みやすいポイントは商業ビル建設に伴い駅前で買い物がしやすく、駅前に区の施設が揃っていること。池袋への直行電車がある他、秩父などにもアクセスしやすいのが魅力。さらに、大泉学園は高齢者が交流できる街。「はつらつセンター大泉」は練馬区在住60歳以上を対象にレクリエーションを通して交流の場を設ける施設。施設ではカラオケや健康麻雀、ダンスなどが行われていた。30を超えるサークルがほぼ毎日施設内で活動している。「ウィズタイムハウス」は高齢者や障害者等サポートが必要な人々が集える共同住宅がコンセプトのシェアハウスで、月に一度近隣の方を招いて住民との交流イベントを開催している。

本当に住みやすい街大賞2019のシニアランキング1位は大泉学園。櫻井幸雄さんは郊外と都心のいいとこ取りができる場所だと話した。さらに、大泉学園は一方通行の道が多く、信号が少ないという。「はつらつセンター大泉」では5月からウォーキングの基礎・実技を学び継続するための方法を考える活動が開催される。さらに、筋トレマシンスタート事業も開催される。


Google

本当に住みやすい街ランキング2位から5位を一覧で紹介。審査委員長を務めた櫻井幸雄さんがポイントを解説した。5位は横浜の戸塚。4位は埼玉の三郷中央。穴場路線ともいえるつくばエクスプレス沿線で、駅周辺の新しい街づくりの面積は豊洲や武蔵小杉に匹敵する広さだという。


つくばエクスプレス

本当に住みやすい街ランキング2位から5位を一覧で紹介。審査委員長を務めた櫻井幸雄さんがポイントを解説した。5位は横浜の戸塚。4位は埼玉の三郷中央。穴場路線ともいえるつくばエクスプレス沿線で、駅周辺の新しい街づくりの面積は豊洲や武蔵小杉に匹敵する広さだという。


本当に住みやすい街

本当に住みやすい街ランキング2位から5位を一覧で紹介。審査委員長を務めた櫻井幸雄さんがポイントを解説した。5位は横浜の戸塚。4位は埼玉の三郷中央。穴場路線ともいえるつくばエクスプレス沿線で、駅周辺の新しい街づくりの面積は豊洲や武蔵小杉に匹敵する広さだという。

3位は北区赤羽。駅周辺の商業施設がにぎわっていて、「NEXT吉祥寺」という魅力があるという。また、6路線が利用でき、事故で遅延したときでも代替えの路線で通勤の手段が確保される。

2位は中央区勝どき。1位は杉並区の南阿佐ヶ谷。南阿佐ヶ谷で街の人たちにインタビューを行った。多くの人から聞かれたのは都心から程よい距離にあること。南阿佐ヶ谷駅から新宿までは丸ノ内線で約10分。さらに駅周辺には杉並区役所や郵便局、警察署など公共施設が集まっているので便利だという。また、杉並区は緑に覆われた土地の割合が23くないで3番目に高く春には桜が咲く地域もある。櫻井さんは「阿佐ヶ谷駅周辺は再開発で新しい店が増えてにぎわっている。便利さと環境の良さを併せ持って子育てもしやすいいことが大きな魅力」などと話した。


駒沢公園ハウジングギャラリー

先日結婚式をあげたばかりのぺこ&りゅうちぇる。今回は2人にオススメの最新住宅を大調査。都区内最大、38棟のモデルハウスが並ぶ駒沢公園ハウジングギャラリーでモデルハウス巡り。ぺこ&りゅうちぇるは現在普通のマンションで壁がパープルだという。オススメ住宅を案内してくれるのは櫻井幸雄さん。

1軒目は家族とのつながりを大切にする家。家族とのつながりを大切にするために一番大事なのは奥さんと立てることだと櫻井さんは話した。最近の家づくりはキッチンが主役。空間を共有できる間取りがトレンド。キッチンやダイニングより1段下げることで天井が高くなり家族でゆったり過ごせる空間になるという。家族が思い思いの場所でくつろげる。さらに階段下をキッズスペースとして活用することでメリットがある。階段スペースなどで子供が遊んでいるのをキッチンから見守ることができるそう。

最新住宅で人気だという家族で便利に使えるあるモノ。2チームに分かれて探し出してもらう。新婚のぺこ&りゅうちぇるは家族が集まるキッチンからチェック。椅子のしたの収納や家電収納を発見。家電収納は扉を閉めたままご飯を炊くことができる。2階の子供部屋。便利な最新照明をチェック。勉強するときは明るい白色、くつろぎの時にはオレンジ色にするといい。陣内さんと河北さんは浴室からチェック。家事動線を意識した間取りがトレンド。手洗い、洗濯機、アイロンがけがまとめてできるようになっていたりする。さらに収納には備蓄庫をつける家が急増している。防災用ならではで、ロック部分が光ったり地震で飛び出ないようになっている。


検索結果の絞り込み