ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「歌うロマンスタジオ」の検索結果

「歌うロマンスタジオ」に関連する情報 24件中 1〜10件目

毎日新聞社

まき子夫人は石原裕次郎氏と初めて会った時、芥川賞作家である石原慎太郎氏の弟という印象だったといい、「歌うロマンスタジオ」では一番良かったのは後ろ姿だけだったと述懐。2人は映画「狂った果実」で共演し、交際をスタート。石原裕次郎氏と最多共演を果たした浅丘ルリ子は「ハンサムなお顔でもないが、そこにいるだけで人が温かくなるような感じ。あんな人いない」と語った。当時の芸能界ではトップスター同士の恋愛はご法度だが、裕次郎氏とまき子氏はアメリカへ婚前旅行。パイロットの厚情で出入国審査を通らずに裏から入れてくれたが、結局、出入国審査を入り直したという。また、夫人の所属会社は当初、結婚を許さなかったが、婚前旅行という実力行使に折れ、社長は結婚を許可した。帰国後の会見は日本初の謝罪会見とも言われている。


「歌うロマンスタジオ」に関連する映画・DVD

嵐を呼ぶ男

まき子夫人は石原裕次郎氏と初めて会った時、芥川賞作家である石原慎太郎氏の弟という印象だったといい、「歌うロマンスタジオ」では一番良かったのは後ろ姿だけだったと述懐。2人は映画「狂った果実」で共演し、交際をスタート。石原裕次郎氏と最多共演を果たした浅丘ルリ子は「ハンサムなお顔でもないが、そこにいるだけで人が温かくなるような感じ。あんな人いない」と語った。当時の芸能界ではトップスター同士の恋愛はご法度だが、裕次郎氏とまき子氏はアメリカへ婚前旅行。パイロットの厚情で出入国審査を通らずに裏から入れてくれたが、結局、出入国審査を入り直したという。また、夫人の所属会社は当初、結婚を許さなかったが、婚前旅行という実力行使に折れ、社長は結婚を許可した。帰国後の会見は日本初の謝罪会見とも言われている。


「歌うロマンスタジオ」に関連する映画・DVD

狂った果実

まき子夫人は石原裕次郎氏と初めて会った時、芥川賞作家である石原慎太郎氏の弟という印象だったといい、「歌うロマンスタジオ」では一番良かったのは後ろ姿だけだったと述懐。2人は映画「狂った果実」で共演し、交際をスタート。石原裕次郎氏と最多共演を果たした浅丘ルリ子は「ハンサムなお顔でもないが、そこにいるだけで人が温かくなるような感じ。あんな人いない」と語った。当時の芸能界ではトップスター同士の恋愛はご法度だが、裕次郎氏とまき子氏はアメリカへ婚前旅行。パイロットの厚情で出入国審査を通らずに裏から入れてくれたが、結局、出入国審査を入り直したという。また、夫人の所属会社は当初、結婚を許さなかったが、婚前旅行という実力行使に折れ、社長は結婚を許可した。帰国後の会見は日本初の謝罪会見とも言われている。


「歌うロマンスタジオ」に関連する映画・DVD

太陽の季節

まき子夫人は石原裕次郎氏と初めて会った時、芥川賞作家である石原慎太郎氏の弟という印象だったといい、「歌うロマンスタジオ」では一番良かったのは後ろ姿だけだったと述懐。2人は映画「狂った果実」で共演し、交際をスタート。石原裕次郎氏と最多共演を果たした浅丘ルリ子は「ハンサムなお顔でもないが、そこにいるだけで人が温かくなるような感じ。あんな人いない」と語った。当時の芸能界ではトップスター同士の恋愛はご法度だが、裕次郎氏とまき子氏はアメリカへ婚前旅行。パイロットの厚情で出入国審査を通らずに裏から入れてくれたが、結局、出入国審査を入り直したという。また、夫人の所属会社は当初、結婚を許さなかったが、婚前旅行という実力行使に折れ、社長は結婚を許可した。帰国後の会見は日本初の謝罪会見とも言われている。


「歌うロマンスタジオ」に関連する本・コミック・雑誌

まき子夫人は石原裕次郎氏と初めて会った時、芥川賞作家である石原慎太郎氏の弟という印象だったといい、「歌うロマンスタジオ」では一番良かったのは後ろ姿だけだったと述懐。2人は映画「狂った果実」で共演し、交際をスタート。石原裕次郎氏と最多共演を果たした浅丘ルリ子は「ハンサムなお顔でもないが、そこにいるだけで人が温かくなるような感じ。あんな人いない」と語った。当時の芸能界ではトップスター同士の恋愛はご法度だが、裕次郎氏とまき子氏はアメリカへ婚前旅行。パイロットの厚情で出入国審査を通らずに裏から入れてくれたが、結局、出入国審査を入り直したという。また、夫人の所属会社は当初、結婚を許さなかったが、婚前旅行という実力行使に折れ、社長は結婚を許可した。帰国後の会見は日本初の謝罪会見とも言われている。

「太陽の季節」

Amazon.co.jp


「歌うロマンスタジオ」に関連する本・コミック・雑誌

石原プロモーション 50年史

まき子夫人は石原裕次郎氏と初めて会った時、芥川賞作家である石原慎太郎氏の弟という印象だったといい、「歌うロマンスタジオ」では一番良かったのは後ろ姿だけだったと述懐。2人は映画「狂った果実」で共演し、交際をスタート。石原裕次郎氏と最多共演を果たした浅丘ルリ子は「ハンサムなお顔でもないが、そこにいるだけで人が温かくなるような感じ。あんな人いない」と語った。当時の芸能界ではトップスター同士の恋愛はご法度だが、裕次郎氏とまき子氏はアメリカへ婚前旅行。パイロットの厚情で出入国審査を通らずに裏から入れてくれたが、結局、出入国審査を入り直したという。また、夫人の所属会社は当初、結婚を許さなかったが、婚前旅行という実力行使に折れ、社長は結婚を許可した。帰国後の会見は日本初の謝罪会見とも言われている。


肺炎

「上を向いて歩こう」などの作詞などで知られる永六輔さんが先週木曜日に肺炎のために亡くなった。永六輔さんの次女・永麻理は「世の中に向けて言った言葉の全てが私達の遺言」と語った。今回は永六輔さんの言葉を紹介する。背景に「歌うロマンスタジオ」などの映像。


「歌うロマンスタジオ」に関連する音楽・CD

「上を向いて歩こう」などの作詞などで知られる永六輔さんが先週木曜日に肺炎のために亡くなった。永六輔さんの次女・永麻理は「世の中に向けて言った言葉の全てが私達の遺言」と語った。今回は永六輔さんの言葉を紹介する。背景に「歌うロマンスタジオ」などの映像。

永六輔さんは浅草の寺の息子として生まれ、20代からテレビ放送作家として活躍。永さんが40年以上出演していた「浅田飴」は公式ツイッターで追悼のコメントを寄せた。永六輔さんは中村八大さんとのコンビで「上を向いて歩こう」「こんにちは赤ちゃん」などを発表した。永さんの孫・育乃介は「他人からの影響で考えるのではなく、自分の感じたように生きなさい」という言葉を人生の教訓として受け止めている。

「上を向いて歩こう」

Amazon.co.jp


「歌うロマンスタジオ」に関連する音楽・CD

「人の悪口は絶対に口にするな、人にしてあげたことはすぐに忘れろ、人にしてもらったことが生涯忘れるな」という言葉は石原裕次郎の信念だった。「歌うロマンスタジオ」の「夜霧よ今夜も有難う」のライブ映像。

「夜霧よ今夜も有難う/粋な別れ/」

Amazon.co.jp


「歌うロマンスタジオ」に関連する映画・DVD

狂った果実

石原裕次郎が銀幕デビューを果たしたのは1956年「太陽の季節」だった。たちまち人気俳優となった。そして撮影所で紹介された看板女優、北原三枝(妻まき子)と出会う。初主演映画「狂った果実」で共演し次々とヒット作を生み出していく。日活時代の後輩の高橋英樹は当時の裕次郎を「まさしくスター」だと語った。また出会った時の秘話を「歌うロマンスタジオ」語られた。そして2人は結婚。披露宴には長嶋茂雄などスターが出席。そして驚くことに北原三枝は銀幕から引退し妻まき子として支えることを決意した。裕次郎は日活ダイヤモンドラインと言われるドル箱俳優に成長した。


検索結果の絞り込み