ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「武田金型製作所」の検索結果

「武田金型製作所」に関連する情報 36件中 1〜10件目

「武田金型製作所」に関連する音楽・CD

チャールダーシュ

武田金型製作所の武田修一社長は高嶋ちさ子のCDを持ってるほどファン。大事な打ち合わせ前にちさ子が演奏する「チャールダーシュ」を聴き円形状のコンサートに行った時は背中しか見れなかったと話した。そんな武田社長がちさ子にマジックメタルで作った「ちさ子」のプレートをプレゼントしてくれた。


読売新聞社

番組では様々な日本の凄い技術に密着してきた。その中でも3人が驚愕したのが出っ張った金属の文字を指で押すと文字が消える「マジックメタル」という金属。この金属は新潟県燕市の町工場が作った。燕市は1152社もの金属製品製造業の企業が点在しており技術力は世界的にも高評価。国内の金属洋食器シェアの約90%を誇りデンマーク王室御用達となっている。このマジックメタルを作ったのも金属加工の高い技術を誇る武田金型製作所。マジックメタルは高い技術力を世界にアピールするために作られた。ウィリアム王子もマジックメタルには大変驚き前回、実物に触ったちさ子も「欲しいなぁ」とコメント。そこで特製マジックメタルの製造を依頼すると快諾してくれた。文字と文字枠を別々に作りスッポリをはめ込んでいるという。1000分の3mmの隙間を作るとスムーズに動くという。1つの金属から文字と枠を作らなくてはならず僅かなズレも許されない。PCにデータを入力し自動で文字をカット。金属に穴を開け電気を流したワイヤーを通し光熱で金属を切断していく。1分間に約6mm。文字を切るのに2時間かかりそれを4周削る。完全に切ってしまうと文字が抜け落ちてしまうため切断する1回しか削らない部分がある。恋の部分は0.163mmを手作業で削る。文字をはめ込む枠は先程の文字より1000分の3mm大きく削る。これに削り出した文字をはめ込むとキレイにハマった。土台を四角にカットし最後に表面を研磨し文字を消した。


マジックメタル

番組では様々な日本の凄い技術に密着してきた。その中でも3人が驚愕したのが出っ張った金属の文字を指で押すと文字が消える「マジックメタル」という金属。この金属は新潟県燕市の町工場が作った。燕市は1152社もの金属製品製造業の企業が点在しており技術力は世界的にも高評価。国内の金属洋食器シェアの約90%を誇りデンマーク王室御用達となっている。このマジックメタルを作ったのも金属加工の高い技術を誇る武田金型製作所。マジックメタルは高い技術力を世界にアピールするために作られた。ウィリアム王子もマジックメタルには大変驚き前回、実物に触ったちさ子も「欲しいなぁ」とコメント。そこで特製マジックメタルの製造を依頼すると快諾してくれた。文字と文字枠を別々に作りスッポリをはめ込んでいるという。1000分の3mmの隙間を作るとスムーズに動くという。1つの金属から文字と枠を作らなくてはならず僅かなズレも許されない。PCにデータを入力し自動で文字をカット。金属に穴を開け電気を流したワイヤーを通し光熱で金属を切断していく。1分間に約6mm。文字を切るのに2時間かかりそれを4周削る。完全に切ってしまうと文字が抜け落ちてしまうため切断する1回しか削らない部分がある。恋の部分は0.163mmを手作業で削る。文字をはめ込む枠は先程の文字より1000分の3mm大きく削る。これに削り出した文字をはめ込むとキレイにハマった。土台を四角にカットし最後に表面を研磨し文字を消した。

スタジオにマジックメタルが登場。出演者達がじゃんけんを行い高橋茂雄がマジックメタルを貰った。

武田金型製作所の武田修一社長は高嶋ちさ子のCDを持ってるほどファン。大事な打ち合わせ前にちさ子が演奏する「チャールダーシュ」を聴き円形状のコンサートに行った時は背中しか見れなかったと話した。そんな武田社長がちさ子にマジックメタルで作った「ちさ子」のプレートをプレゼントしてくれた。


武田金型製作所

番組では様々な日本の凄い技術に密着してきた。その中でも3人が驚愕したのが出っ張った金属の文字を指で押すと文字が消える「マジックメタル」という金属。この金属は新潟県燕市の町工場が作った。燕市は1152社もの金属製品製造業の企業が点在しており技術力は世界的にも高評価。国内の金属洋食器シェアの約90%を誇りデンマーク王室御用達となっている。このマジックメタルを作ったのも金属加工の高い技術を誇る武田金型製作所。マジックメタルは高い技術力を世界にアピールするために作られた。ウィリアム王子もマジックメタルには大変驚き前回、実物に触ったちさ子も「欲しいなぁ」とコメント。そこで特製マジックメタルの製造を依頼すると快諾してくれた。文字と文字枠を別々に作りスッポリをはめ込んでいるという。1000分の3mmの隙間を作るとスムーズに動くという。1つの金属から文字と枠を作らなくてはならず僅かなズレも許されない。PCにデータを入力し自動で文字をカット。金属に穴を開け電気を流したワイヤーを通し光熱で金属を切断していく。1分間に約6mm。文字を切るのに2時間かかりそれを4周削る。完全に切ってしまうと文字が抜け落ちてしまうため切断する1回しか削らない部分がある。恋の部分は0.163mmを手作業で削る。文字をはめ込む枠は先程の文字より1000分の3mm大きく削る。これに削り出した文字をはめ込むとキレイにハマった。土台を四角にカットし最後に表面を研磨し文字を消した。

武田金型製作所の武田修一社長は高嶋ちさ子のCDを持ってるほどファン。大事な打ち合わせ前にちさ子が演奏する「チャールダーシュ」を聴き円形状のコンサートに行った時は背中しか見れなかったと話した。そんな武田社長がちさ子にマジックメタルで作った「ちさ子」のプレートをプレゼントしてくれた。


武田金型製作所

異音の正体がわからない奥間さんはダイヤル錠を中断。次に下の鍵の解錠に取り掛かる。鍵は棒鍵で、真ん中の軸を中心に回転させるとディスクが動いてカンヌキが動く仕組みで難易度は低い。しかしその中の状態は錆びてしまっており、金庫の製造は明治から大正までのもので、サビで固まっている。これはサビでディスクがくっついていて、ピッキングで正しい位置に持っていきたいがその作業は難航。さらにこのサビ相手にもはや1ミリの太さで開けられる道具は存在しないと述べた。そこで燕三条と言えば世界最高レベルの金物の街。そこで凄腕の職人に道具を作ってもらえるように紹介してくれることに。武田金型製作所は制度の高い金物を作っている。その依頼を快く引き受けれくれた。一方ダイヤル解錠の進展はなかった。

翌日、朝から奥間さんが金庫に取りかかる。巨大金庫はダイヤル部分の突起が摩耗し、完全に摩耗したらアウト。その中型金庫には解錠できる物が入っているかもしれないが、中型金庫もまた苦戦している。翌日には武田金型製作所が作ったピッキング道具が届き、合金で作り上げた世界最高レベルの新道具。奥間さんは微調整が必要といえば、その場で武田金型製作所が調整してくれた。


武田金型製作所

新潟・三条市の職人が作った金物を紹介した。技術の高さを世間に知らしめた「マジックメタル」を紹介した。鉄と浮き出る部分の鉄の厚みは1万円札の厚みを30等分した薄さだという。


テレビ朝日

もう一度見たい100年後に残したい職人技として「マジックメタル」の技術を紹介。新潟県燕市の町工場を紹介。燕市は1182社もの金属製品製造業の企業が点在している。世界的にも高い評価を受けている。デンマーク王室御用達など国内の金属洋食器シェアは約90%を誇る。マジックメタルを作ったのは武田金型製作所ではアップルなど世界的大企業の下請けを行っていたという。マジックメタルについてはウィリアムズ王子もとてもおどろいたという。作り方についてパーツを別々に作ってしっくりくるようにと文字と文字枠を作りそれをはめていると語る。消えるように見えるのは1000分の3mmの隙間だという。1万円札の縦の薄さと同じという。文字を1000分の3mm小さく作るという。そこで数字の「5」の作成を依頼。文字を切り抜く作業は鉄に穴を開け、電気を通し熱したワイヤーで金属を切断。そこで手作業で経験を頼りに1000分の18mmに削る。15mmちょうどになったことを確認すると今度は入れる枠を製作。電気を熱したワイヤーの熱で金属を切断する。 切り抜いた文字を入れると、表面を整えるため研磨する。すると文字が消える様子を確認した。


マジックメタル

もう一度見たい100年後に残したい職人技として「マジックメタル」の技術を紹介。新潟県燕市の町工場を紹介。燕市は1182社もの金属製品製造業の企業が点在している。世界的にも高い評価を受けている。デンマーク王室御用達など国内の金属洋食器シェアは約90%を誇る。マジックメタルを作ったのは武田金型製作所ではアップルなど世界的大企業の下請けを行っていたという。マジックメタルについてはウィリアムズ王子もとてもおどろいたという。作り方についてパーツを別々に作ってしっくりくるようにと文字と文字枠を作りそれをはめていると語る。消えるように見えるのは1000分の3mmの隙間だという。1万円札の縦の薄さと同じという。文字を1000分の3mm小さく作るという。そこで数字の「5」の作成を依頼。文字を切り抜く作業は鉄に穴を開け、電気を通し熱したワイヤーで金属を切断。そこで手作業で経験を頼りに1000分の18mmに削る。15mmちょうどになったことを確認すると今度は入れる枠を製作。電気を熱したワイヤーの熱で金属を切断する。 切り抜いた文字を入れると、表面を整えるため研磨する。すると文字が消える様子を確認した。


アップル

もう一度見たい100年後に残したい職人技として「マジックメタル」の技術を紹介。新潟県燕市の町工場を紹介。燕市は1182社もの金属製品製造業の企業が点在している。世界的にも高い評価を受けている。デンマーク王室御用達など国内の金属洋食器シェアは約90%を誇る。マジックメタルを作ったのは武田金型製作所ではアップルなど世界的大企業の下請けを行っていたという。マジックメタルについてはウィリアムズ王子もとてもおどろいたという。作り方についてパーツを別々に作ってしっくりくるようにと文字と文字枠を作りそれをはめていると語る。消えるように見えるのは1000分の3mmの隙間だという。1万円札の縦の薄さと同じという。文字を1000分の3mm小さく作るという。そこで数字の「5」の作成を依頼。文字を切り抜く作業は鉄に穴を開け、電気を通し熱したワイヤーで金属を切断。そこで手作業で経験を頼りに1000分の18mmに削る。15mmちょうどになったことを確認すると今度は入れる枠を製作。電気を熱したワイヤーの熱で金属を切断する。 切り抜いた文字を入れると、表面を整えるため研磨する。すると文字が消える様子を確認した。


武田金型製作所

もう一度見たい100年後に残したい職人技として「マジックメタル」の技術を紹介。新潟県燕市の町工場を紹介。燕市は1182社もの金属製品製造業の企業が点在している。世界的にも高い評価を受けている。デンマーク王室御用達など国内の金属洋食器シェアは約90%を誇る。マジックメタルを作ったのは武田金型製作所ではアップルなど世界的大企業の下請けを行っていたという。マジックメタルについてはウィリアムズ王子もとてもおどろいたという。作り方についてパーツを別々に作ってしっくりくるようにと文字と文字枠を作りそれをはめていると語る。消えるように見えるのは1000分の3mmの隙間だという。1万円札の縦の薄さと同じという。文字を1000分の3mm小さく作るという。そこで数字の「5」の作成を依頼。文字を切り抜く作業は鉄に穴を開け、電気を通し熱したワイヤーで金属を切断。そこで手作業で経験を頼りに1000分の18mmに削る。15mmちょうどになったことを確認すると今度は入れる枠を製作。電気を熱したワイヤーの熱で金属を切断する。 切り抜いた文字を入れると、表面を整えるため研磨する。すると文字が消える様子を確認した。


検索結果の絞り込み