ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「武田金型製作所」の検索結果

「武田金型製作所」に関連する情報 49件中 1〜10件目

「武田金型製作所」に関連する音楽・CD

チャールダーシュ

武田金型製作所の武田修一社長は高嶋ちさ子のCDを持ってるほどファン。大事な打ち合わせ前にちさ子が演奏する「チャールダーシュ」を聴き円形状のコンサートに行った時は背中しか見れなかったと話した。そんな武田社長がちさ子にマジックメタルで作った「ちさ子」のプレートをプレゼントしてくれた。


読売新聞社

番組では様々な日本の凄い技術に密着してきた。その中でも3人が驚愕したのが出っ張った金属の文字を指で押すと文字が消える「マジックメタル」という金属。この金属は新潟県燕市の町工場が作った。燕市は1152社もの金属製品製造業の企業が点在しており技術力は世界的にも高評価。国内の金属洋食器シェアの約90%を誇りデンマーク王室御用達となっている。このマジックメタルを作ったのも金属加工の高い技術を誇る武田金型製作所。マジックメタルは高い技術力を世界にアピールするために作られた。そこで特製マジックメタルの製造を依頼すると快諾してくれた。文字と文字枠を別々に作りスッポリをはめ込んでいるという。1000分の3mmの隙間を作るとスムーズに動くという。1つの金属から文字と枠を作らなくてはならず僅かなズレも許されない。PCにデータを入力し自動で文字をカット。金属に穴を開け電気を流したワイヤーを通し光熱で金属を切断していく。1分間に約6mm。文字を切るのに2時間かかりそれを4周削る。完全に切ってしまうと文字が抜け落ちてしまうため切断する1回しか削らない部分がある。恋の部分は0.163mmを手作業で削る。文字をはめ込む枠は先程の文字より1000分の3mm大きく削る。これに削り出した文字をはめ込むとキレイにハマった。土台を四角にカットし最後に表面を研磨し文字を消した。


マジックメタル

番組では様々な日本の凄い技術に密着してきた。その中でも3人が驚愕したのが出っ張った金属の文字を指で押すと文字が消える「マジックメタル」という金属。この金属は新潟県燕市の町工場が作った。燕市は1152社もの金属製品製造業の企業が点在しており技術力は世界的にも高評価。国内の金属洋食器シェアの約90%を誇りデンマーク王室御用達となっている。このマジックメタルを作ったのも金属加工の高い技術を誇る武田金型製作所。マジックメタルは高い技術力を世界にアピールするために作られた。そこで特製マジックメタルの製造を依頼すると快諾してくれた。文字と文字枠を別々に作りスッポリをはめ込んでいるという。1000分の3mmの隙間を作るとスムーズに動くという。1つの金属から文字と枠を作らなくてはならず僅かなズレも許されない。PCにデータを入力し自動で文字をカット。金属に穴を開け電気を流したワイヤーを通し光熱で金属を切断していく。1分間に約6mm。文字を切るのに2時間かかりそれを4周削る。完全に切ってしまうと文字が抜け落ちてしまうため切断する1回しか削らない部分がある。恋の部分は0.163mmを手作業で削る。文字をはめ込む枠は先程の文字より1000分の3mm大きく削る。これに削り出した文字をはめ込むとキレイにハマった。土台を四角にカットし最後に表面を研磨し文字を消した。

スタジオにマジックメタルが登場。文字が消える様子を生で見た。

武田金型製作所の武田修一社長は高嶋ちさ子のCDを持ってるほどファン。大事な打ち合わせ前にちさ子が演奏する「チャールダーシュ」を聴き円形状のコンサートに行った時は背中しか見れなかったと話した。そんな武田社長がちさ子にマジックメタルで作った「ちさ子」のプレートをプレゼントしてくれた。


武田金型製作所

番組では様々な日本の凄い技術に密着してきた。その中でも3人が驚愕したのが出っ張った金属の文字を指で押すと文字が消える「マジックメタル」という金属。この金属は新潟県燕市の町工場が作った。燕市は1152社もの金属製品製造業の企業が点在しており技術力は世界的にも高評価。国内の金属洋食器シェアの約90%を誇りデンマーク王室御用達となっている。このマジックメタルを作ったのも金属加工の高い技術を誇る武田金型製作所。マジックメタルは高い技術力を世界にアピールするために作られた。そこで特製マジックメタルの製造を依頼すると快諾してくれた。文字と文字枠を別々に作りスッポリをはめ込んでいるという。1000分の3mmの隙間を作るとスムーズに動くという。1つの金属から文字と枠を作らなくてはならず僅かなズレも許されない。PCにデータを入力し自動で文字をカット。金属に穴を開け電気を流したワイヤーを通し光熱で金属を切断していく。1分間に約6mm。文字を切るのに2時間かかりそれを4周削る。完全に切ってしまうと文字が抜け落ちてしまうため切断する1回しか削らない部分がある。恋の部分は0.163mmを手作業で削る。文字をはめ込む枠は先程の文字より1000分の3mm大きく削る。これに削り出した文字をはめ込むとキレイにハマった。土台を四角にカットし最後に表面を研磨し文字を消した。

武田金型製作所の武田修一社長は高嶋ちさ子のCDを持ってるほどファン。大事な打ち合わせ前にちさ子が演奏する「チャールダーシュ」を聴き円形状のコンサートに行った時は背中しか見れなかったと話した。そんな武田社長がちさ子にマジックメタルで作った「ちさ子」のプレートをプレゼントしてくれた。


読売新聞

境目が肉眼で認識できないほどの金属カット技術は新潟県燕市の町工場で生まれた。1182社もの金属製品製造業の企業が点在するこの市で、武田金型製作所がその技術力をアピールするために作ったのがこのマジックメタル。パーツは別々に作りはめ込んでいるのだという。隙間は1000分の3ミリ。鉄に穴を開け、電気を通したワイヤーの熱で切断。そこから先は手作業で、己の経験だけでサイズを整えていく。表面を研磨することで文字が消えて見えるように。


武田金型製作所

境目が肉眼で認識できないほどの金属カット技術は新潟県燕市の町工場で生まれた。1182社もの金属製品製造業の企業が点在するこの市で、武田金型製作所がその技術力をアピールするために作ったのがこのマジックメタル。パーツは別々に作りはめ込んでいるのだという。隙間は1000分の3ミリ。鉄に穴を開け、電気を通したワイヤーの熱で切断。そこから先は手作業で、己の経験だけでサイズを整えていく。表面を研磨することで文字が消えて見えるように。


マジックメタル

境目が肉眼で認識できないほどの金属カット技術は新潟県燕市の町工場で生まれた。1182社もの金属製品製造業の企業が点在するこの市で、武田金型製作所がその技術力をアピールするために作ったのがこのマジックメタル。パーツは別々に作りはめ込んでいるのだという。隙間は1000分の3ミリ。鉄に穴を開け、電気を通したワイヤーの熱で切断。そこから先は手作業で、己の経験だけでサイズを整えていく。表面を研磨することで文字が消えて見えるように。


武田金型製作所

File.292 加藤司。ものづくり33年、金型を作る町工場の責任者。アルファベットが浮き出た金属の塊を上から押すと跡形もなく消えてなくなった、これがネットで噂のマジックメタルだという。どこまでできるか挑戦して見たかったから作ったという。1万円札を30等分したぐらいの隙間しかないという。ワイヤーカットで文字を切り抜き、もう一つこれより小さい文字を切り抜き、型の方の文字幅を徐々に広げていって最終的にスムーズに動くようになるという。隙間をいかに少なくするかを詰めることを挑戦したいという。「なんとかなる、なるようになる、なんとでもなる」がモットーだという。


武田金型製作所

文字をはめ込む枠は先程の文字より1000分の3mm大きく削る。これに削り出した文字をはめ込むとキレイにハマった。土台を四角にカットし最後に表面を研磨し文字を消した。


武田金型製作所

特製マジックメタルの製造を依頼すると快諾してくれた。文字と文字枠を別々に作りスッポリをはめ込んでいるという。1000分の3mmの隙間を作るとスムーズに動くという。1つの金属から文字と枠を作らなくてはならず僅かなズレも許されない。PCにデータを入力し自動で文字をカット。金属に穴を開け電気を流したワイヤーを通し光熱で金属を切断していく。1分間に約6mm。文字を切るのに2時間かかりそれを4周削る。完全に切ってしまうと文字が抜け落ちてしまうため切断する1回しか削らない部分がある。恋の部分は0.163mmを手作業で削る。文字をはめ込む枠は先程の文字より1000分の3mm大きく削る。これに削り出した文字をはめ込むとキレイにハマった。土台を四角にカットし最後に表面を研磨し文字を消した。


検索結果の絞り込み


  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。