ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「歯周膿瘍」の検索結果

「歯周膿瘍」に関連する情報 2件中 1〜2件目

歯周膿瘍

歯周病は細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患。歯茎が赤くなったり腫れたりする病気で昔は歯周膿瘍と言われていたがいまはまとめて歯周病という。歯を失う原因の第1位。30歳以上の日本人の8割が歯周病にかかっているともいわれている。世界で最も蔓延している感染症は歯周病とギネスブックにも認定されている。歯周病チェックは7つの質問、マルかバツ。1つでも当てはまったら歯周病の可能性があるという。歯周病予備軍としてだらだら食べ、慢性的な寝不足、飲み会から帰るとそのまま寝る、食いしばりや歯ぎしりをするなど。


歯周病

歯周病は細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患。歯茎が赤くなったり腫れたりする病気で昔は歯周膿瘍と言われていたがいまはまとめて歯周病という。歯を失う原因の第1位。30歳以上の日本人の8割が歯周病にかかっているともいわれている。世界で最も蔓延している感染症は歯周病とギネスブックにも認定されている。歯周病チェックは7つの質問、マルかバツ。1つでも当てはまったら歯周病の可能性があるという。歯周病予備軍としてだらだら食べ、慢性的な寝不足、飲み会から帰るとそのまま寝る、食いしばりや歯ぎしりをするなど。

歯周病対策には正しい歯磨きが大切。食べたらスグ磨くは間違っている。食後30分から1時間後に磨くのがよいとされている。硬めの歯ブラシでしっかり磨くは間違っている。歯をしっかり磨くと歯茎を傷つける可能性があるという。歯磨き粉をしっかりつけるも間違っている。歯磨き粉に含まれる研磨剤が歯の表面を傷つけるため目安は歯ブラシの3分の1程度。歯磨き後口をよくすすぐも間違っている。口をよくすすぐと歯をコーティングしてくれるフッ素や歯磨き粉を様々な効能が流されてしまうという。正しい歯磨きのポイントはやわらかい毛先の歯ブラシを使い、歯と歯茎の境目にあて角度は45度、小刻みに横に磨くこと。効率的な歯磨きのためには毎日3回歯を磨く人は歯ブラシを1ヶ月〜1ヶ月半に1回かえるとよい。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (2)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (2)