ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「毎日新聞」の検索結果

「毎日新聞」に関連する情報 32073件中 1〜10件目

毎日新聞

容疑者の犯行までの行動をみる。現在は東京・品川区のマンションで母親と二人暮らしをしていた。2016年の11月からはゴルフ場でアルバイトをしていたとのこと。今年の2月から4月、SNSで友人に連絡をしていたという。「中学の野球部で同窓会を開きたい。担任の先生の住所を教えてほしい。」などと50人くらいに聞いたが、2〜3人くらいしか返ってこなかったという。今月の5日から7日、1人でゴルフをすると沖縄旅行へ向かい、戻ってからは通常通り勤務していたという。今月11日、勤務先の上司に体調不良を訴え、3日間休みたいとした。翌日以降欠勤し、その後さらに6月末まで休みたいと願い出たという。11日深夜、同級生たちに「年賀状を出したいので住所を教えてくれませんか」と連絡したという。容疑者とは中学卒業後会った記憶がなく、「本当に本人か」と男性は尋ねたという。容疑者は「疑われているかも。年賀状にはまっている。」としている。中学時代の評判は良かった。高校の同級生は「6日前に個人メールで住所を問う内容のメッセージが来た。微妙だと思ってスルーした。」などとした。複数の同級生に対し容疑者は自身の住所を伝えたが、これは実際とは違う番地だった。中島さんは「2月の段階で計画を練っていたか、純粋に同窓会を出したが無視され、腹を立てたか。」などとした。容疑者は返信が来た同級生を飲みに誘い、承諾した。先週末行われる予定だったが、この同級生は他の同級生に不審な連絡をしていると知り、行くのをやめたが、このことは容疑者には伝えなかった。伊藤さんは「自身の正しい住所を伝えなかったのが不自然すぎる。」などとした。中島さんは、犯行に使用した包丁を大阪・東京どちらで買ったのか、なぜ自身の住所を偽ったのか、いつから拳銃を強奪しようという計画を立てていたのかが動機の解明で重要、としている。


三菱重工業

地元韓国でもこうした文政権の先延ばし策に、原告側からも不満が出る可能性がある。対三菱重工業訴訟など担当する弁護士は「韓国政府が仲裁委員会設置に関する日本の要求を拒否すれば、日本の主張が正当であるかのような誤解を招く」と指摘し、仲裁委員会の前段階の2国間協議に戻って受けて立つべきだと投稿した。文政権が仲裁委員会に消極的なのは、慰安婦や被爆者を含めた戦後補償問題全体に飛び火し、火の粉が韓国政府にも降りかかることを懸念している面もあるとみられる。慰安婦や被爆者問題を巡っては韓国内で政府を相手取った訴訟も提起されており、どこまでが韓国政府の責任か国内的にも整理されていない。懸念は、日韓関係の冷え込みが経済にも及ぶこと。今年1〜4月の日韓の貿易額は前年同期比約8.4%減の約2兆8891億円。同期間の日本の貿易総額は前年比約1.8%減で、日韓の落ち込みの激しさが目立つ。訪日韓国人数も1〜4月は前年比4.4%減の約265万人で、国・地域別では最も激しく落ち込んだ。経済団体関係者は「ビジネスや交流は、政治関係の悪化に敏感だ」と心配する。(毎日新聞)


毎日新聞

韓国外務省報道官は18日、仲裁委員会について「慎重に対応する」と述べるにとどめた。回答を留保しているのは、直ちに日本と法的な全面対決となることは望んでいないためだ。徴用工問題で日本企業の韓国資産差し押さえが「現金化」に至るのは早くとも8月以降。それまで結論を出さず、何らかの打開策を模索する狙いがある。(毎日新聞)

地元韓国でもこうした文政権の先延ばし策に、原告側からも不満が出る可能性がある。対三菱重工業訴訟など担当する弁護士は「韓国政府が仲裁委員会設置に関する日本の要求を拒否すれば、日本の主張が正当であるかのような誤解を招く」と指摘し、仲裁委員会の前段階の2国間協議に戻って受けて立つべきだと投稿した。文政権が仲裁委員会に消極的なのは、慰安婦や被爆者を含めた戦後補償問題全体に飛び火し、火の粉が韓国政府にも降りかかることを懸念している面もあるとみられる。慰安婦や被爆者問題を巡っては韓国内で政府を相手取った訴訟も提起されており、どこまでが韓国政府の責任か国内的にも整理されていない。懸念は、日韓関係の冷え込みが経済にも及ぶこと。今年1〜4月の日韓の貿易額は前年同期比約8.4%減の約2兆8891億円。同期間の日本の貿易総額は前年比約1.8%減で、日韓の落ち込みの激しさが目立つ。訪日韓国人数も1〜4月は前年比4.4%減の約265万人で、国・地域別では最も激しく落ち込んだ。経済団体関係者は「ビジネスや交流は、政治関係の悪化に敏感だ」と心配する。(毎日新聞)


毎日新聞

昨日の地震は逆断層型の地震。日本海東縁ひずみ集中帯と呼ばれる地帯で発生した。64年の新潟地震では津波が日本海沿岸を襲い26人が死亡し、83年の地震では104人が死亡している。この辺りには新潟・神戸ひずみ集中帯も重なっている。名古屋大の教授は「今後さらに大きな地震が起こる可能性は否定できない。数日間は警戒しておく必要がある」などと述べた。


毎日新聞

きのうの地震について概要をまとめた。きのう午後10時22分、山形県沖を震源とするマグニチュード6.7の地震が発生。新潟県村山市で震度6強、山形県鶴岡市で震度6弱などの揺れとなった。沿岸では津波注意報が発表。トークでは、震度が浅く横揺れの大きい地震となったなどと話した。その他、山形・遊佐町、山形・鶴岡市などでは深夜に高台への避難が行われ、住民からは東日本大震災の津波を意識したとの声が聞かれた(毎日新聞)。


ファイナンシャルスタンダード

麻生大臣は年金で老後は十分まかなえると示したが毎日新聞の世論調査では頼りになるとは思わないが57%。資産運用の駆け込み相談が急増、5倍の相談者。セミナーでは「公的年金はある程度の老後生活をまかなうもの」というスタンスや金融庁の試算を不適切としたことについて「足りない、そもそも年金の制度設計自体が老後の生活費をまかなう設計になっていない。具体的な例をだすのが一番の解決、持ち家がない、自営業、どの家計パターンが近いか複数だしてもらえれば。隠すより出すことが大事」


毎日新聞世論調査

麻生大臣は年金で老後は十分まかなえると示したが毎日新聞の世論調査では頼りになるとは思わないが57%。資産運用の駆け込み相談が急増、5倍の相談者。セミナーでは「公的年金はある程度の老後生活をまかなうもの」というスタンスや金融庁の試算を不適切としたことについて「足りない、そもそも年金の制度設計自体が老後の生活費をまかなう設計になっていない。具体的な例をだすのが一番の解決、持ち家がない、自営業、どの家計パターンが近いか複数だしてもらえれば。隠すより出すことが大事」


毎日新聞

香港政府トップの行政長官は記者会見で逃亡犯条例改正案を事実上撤回した。(毎日新聞)


毎日新聞

男はきのう午前6時半頃に防弾ヘルメットなどに身を包んだ捜査員が取り囲んでいて、なくなった1つの弾は市街地で試射したと見られている。男はわかりやすい場所で寝ていてたが、一方で小川さんは出頭していないことや、山では携帯電話を切っていること、虫除けスプレーを持っていることから逃げるために山に入ったのではないかと見ていた。また、父は息子に似ていると通報を行っていて、きのう父は弁護士を通じては警察官へのお詫びを述べ、捜査に協力するとコメントしている。事件は父親の誕生日に発生していて、父への恨みが合ったのではないかとの話もあるものの、小川さんは親子関係についての悪い話はまだ出ていないと述べた。また、男は東京で母と住んでいて、父は大阪府に単身赴任中となっていて、男は幼少期を吹田市で過ごしている。菊地さんは事件を起こさないために社会にも出来ることがあるのではないかと議論することも必要だと述べている。


日本地図センター

防衛省の調査は山の高さ、角度も誤っていた。本山の仰角が4度のところを15度と表記していた。地理院地図では標高715m、グーグルアースでは712mとなっている。防衛省は、グーグルアースの縮尺の違いに気づかなかったため仰角を誤ったと説明。(毎日新聞)