ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「水谷有毅」の検索結果

「水谷有毅」に関連する情報 21件中 1〜10件目

「水谷有毅」に関連するグルメ情報

鴨鉄

14位は「おさ亭」。横浜中華街では珍しい和食店で、謝甜記 貮号店の水谷有毅氏は素材を活かし尽くした鍋をイチオシ。それが「鴨鉄」で、旨味満載の鴨エキスでロース肉などをしゃぶしゃぶしていただく。


「水谷有毅」に関連するレストラン・飲食店

14位は「おさ亭」。横浜中華街では珍しい和食店で、謝甜記 貮号店の水谷有毅氏は素材を活かし尽くした鍋をイチオシ。それが「鴨鉄」で、旨味満載の鴨エキスでロース肉などをしゃぶしゃぶしていただく。

 (中華粥、中華料理、飲茶・点心)

「水谷有毅」に関連するレストラン・飲食店

おさ亭

14位は「おさ亭」。横浜中華街では珍しい和食店で、謝甜記 貮号店の水谷有毅氏は素材を活かし尽くした鍋をイチオシ。それが「鴨鉄」で、旨味満載の鴨エキスでロース肉などをしゃぶしゃぶしていただく。


通の横浜中華街 BEST20

通の横浜中華街 BEST20、20位は「祝舞遊行」。そもそも春節は旧暦のお正月で、中国では大切な祝日とされている。祝舞遊行は2月16日に横浜中華街で行われるパレードで、中華道発展会の理事長が皇帝役を歴任。今年務めるのは江戸清 中華街本店の高橋伸昌氏。パレードを善隣門前で見学するなら、「SARIO 聘珍茶寮」がおすすめ。3階の窓際の席から交差点が一望できる。

19位は「ちまき屋」。小林成明さんは台湾にいる母との思い出である「ちまき」を残したいと、店を開いた。醤油に漬けたもち米で角煮などを包んだ具だくさんの「ちまき」は茹でるという台湾南部の伝統的な調理法で作られる。

18位は「南粤美食」。名物は、醤油ダレに漬け込んだ豚バラを一週間ほど天日で干し、旨味を凝縮させた干し豚肉。おすすめは「腸詰め干し肉貝柱 釜飯」。干し肉から溶け出した醤油ダレがご飯によく絡む。

17位は「長崎屋」。50年の歴史を持つちゃんぽんの名店で、江戸清 の高橋徳子さんもファンの1人。故 松田優作氏も惚れ込んだという一品が「長崎チャンポン」。

16位は「東林」。3代続く北京料理店で、俳優の寺尾聰が足を運ぶ度に注文するのが「あわびそば」。なお、今、旬の通メニューが胡麻団子で、中には一般的なゴマあんではなくピーナッツあんが潜んでいる。もっちり香ばしい生地と甘く小気味良い食感のピーナッツが好相性。

15位は「山下町公園」。日本に来た中国人が初めて土地を借りたとされる場所。春節ではイベントのメイン会場となり、明日と明後日、そして来週の日曜日に娯楽表演が特設ステージで行われる。

14位は「おさ亭」。横浜中華街では珍しい和食店で、謝甜記 貮号店の水谷有毅氏は素材を活かし尽くした鍋をイチオシ。それが「鴨鉄」で、旨味満載の鴨エキスでロース肉などをしゃぶしゃぶしていただく。


横浜中華街

通の横浜中華街 BEST20、20位は「祝舞遊行」。そもそも春節は旧暦のお正月で、中国では大切な祝日とされている。祝舞遊行は2月16日に横浜中華街で行われるパレードで、中華道発展会の理事長が皇帝役を歴任。今年務めるのは江戸清 中華街本店の高橋伸昌氏。パレードを善隣門前で見学するなら、「SARIO 聘珍茶寮」がおすすめ。3階の窓際の席から交差点が一望できる。

16位は「東林」。3代続く北京料理店で、俳優の寺尾聰が足を運ぶ度に注文するのが「あわびそば」。なお、今、旬の通メニューが胡麻団子で、中には一般的なゴマあんではなくピーナッツあんが潜んでいる。もっちり香ばしい生地と甘く小気味良い食感のピーナッツが好相性。

横浜中華街と言えばコレというものに峰竜太は「ファミリーで行ける」、高校生時代からお粥に目覚めていた谷原章介は「安記のモツ粥」、中華街で育ったはなは「極太春雨」を挙げ、グローバーは「ローズホテル横浜のルームサービス」をオススメ。そして、薬丸薬丸は「招福門」を挙げ、香港飲茶が食べ放題とあって育ち盛りの子供を連れて行くと重宝するという。山田五郎は「関東大震災後、中華街の人々は自力で復興させた」などと説明。

15位は「山下町公園」。日本に来た中国人が初めて土地を借りたとされる場所。春節ではイベントのメイン会場となり、明日と明後日、そして来週の日曜日に娯楽表演が特設ステージで行われる。

14位は「おさ亭」。横浜中華街では珍しい和食店で、謝甜記 貮号店の水谷有毅氏は素材を活かし尽くした鍋をイチオシ。それが「鴨鉄」で、旨味満載の鴨エキスでロース肉などをしゃぶしゃぶしていただく。


「水谷有毅」に関連するグルメ情報

ヤウチャッカイ

横浜中華街のおかゆ専門店「謝甜記」の謝成發社長は、東京への支店出店を目指していたが、横浜華僑総会の会長に選ばれて忙しくなったことで諦めた。謝成發社長の奥さんである水谷弘子さんは、弐号店を切り盛りしている。

水谷弘子さんは中華料理店「一楽」の呉啓子さんに、横浜中華街の空き店舗に支店を出店するべきか相談しに行った。水谷弘子さんの長男の水谷彰吾さんは、アパレル業界に一旦は就職したものの、母親の仕事を手伝うようになった。

水谷弘子さんの次男の水谷有毅さんは、離婚したことで仕事にも身が入らなくなっていた。2011年8月、弘子さんと有毅さんが大ケンカをして、息子を店から追い出してしまった。

2011年10月、謝甜記の工場で水谷彰吾さんが中華風揚げパンの「ヤウチャッカイ」を作っていた。
水谷弘子さんは、息子の有毅さんを謝甜記の取締役から外した。


媽祖廟

横浜中華街のおかゆ専門店「謝甜記」の謝成發社長は、東京への支店出店を目指していたが、横浜華僑総会の会長に選ばれて忙しくなったことで諦めた。謝成發社長の奥さんである水谷弘子さんは、弐号店を切り盛りしている。

水谷弘子さんは中華料理店「一楽」の呉啓子さんに、横浜中華街の空き店舗に支店を出店するべきか相談しに行った。水谷弘子さんの長男の水谷彰吾さんは、アパレル業界に一旦は就職したものの、母親の仕事を手伝うようになった。

水谷弘子さんの次男の水谷有毅さんは、離婚したことで仕事にも身が入らなくなっていた。2011年8月、弘子さんと有毅さんが大ケンカをして、息子を店から追い出してしまった。

2011年10月、謝甜記の工場で水谷彰吾さんが中華風揚げパンの「ヤウチャッカイ」を作っていた。
水谷弘子さんは、息子の有毅さんを謝甜記の取締役から外した。


「水谷有毅」に関連するレストラン・飲食店

横浜中華街のおかゆ専門店「謝甜記」の謝成發社長は、東京への支店出店を目指していたが、横浜華僑総会の会長に選ばれて忙しくなったことで諦めた。謝成發社長の奥さんである水谷弘子さんは、弐号店を切り盛りしている。

水谷弘子さんは中華料理店「一楽」の呉啓子さんに、横浜中華街の空き店舗に支店を出店するべきか相談しに行った。水谷弘子さんの長男の水谷彰吾さんは、アパレル業界に一旦は就職したものの、母親の仕事を手伝うようになった。

水谷弘子さんの次男の水谷有毅さんは、離婚したことで仕事にも身が入らなくなっていた。2011年8月、弘子さんと有毅さんが大ケンカをして、息子を店から追い出してしまった。

2011年10月、謝甜記の工場で水谷彰吾さんが中華風揚げパンの「ヤウチャッカイ」を作っていた。
水谷弘子さんは、息子の有毅さんを謝甜記の取締役から外した。

 (中華粥、飲茶・点心、中華料理)

横浜中華街

横浜中華街のおかゆ専門店「謝甜記」の謝成發社長は、東京への支店出店を目指していたが、横浜華僑総会の会長に選ばれて忙しくなったことで諦めた。謝成發社長の奥さんである水谷弘子さんは、弐号店を切り盛りしている。

水谷弘子さんは中華料理店「一楽」の呉啓子さんに、横浜中華街の空き店舗に支店を出店するべきか相談しに行った。水谷弘子さんの長男の水谷彰吾さんは、アパレル業界に一旦は就職したものの、母親の仕事を手伝うようになった。

水谷弘子さんの次男の水谷有毅さんは、離婚したことで仕事にも身が入らなくなっていた。2011年8月、弘子さんと有毅さんが大ケンカをして、息子を店から追い出してしまった。

2011年10月、謝甜記の工場で水谷彰吾さんが中華風揚げパンの「ヤウチャッカイ」を作っていた。
水谷弘子さんは、息子の有毅さんを謝甜記の取締役から外した。


媽祖廟

横浜中華街のおかゆ専門店「謝甜記」の謝成發社長は、東京への支店出店を目指していたが、横浜華僑総会の会長に選ばれて忙しくなったことで諦めた。謝成發社長の奥さんである水谷弘子さんは、弐号店を切り盛りしている。

水谷弘子さんは中華料理店「一楽」の呉啓子さんに、横浜中華街の空き店舗に支店を出店するべきか相談しに行った。水谷弘子さんの長男の水谷彰吾さんは、アパレル業界に一旦は就職したものの、母親の仕事を手伝うようになった。

水谷弘子さんの次男の水谷有毅さんは、離婚したことで仕事にも身が入らなくなっていた。2011年8月、弘子さんと有毅さんが大ケンカをして、息子を店から追い出してしまった。

2011年10月、謝甜記の工場で水谷彰吾さんが中華風揚げパンの「ヤウチャッカイ」を作っていた。
水谷弘子さんは、息子の有毅さんを謝甜記の取締役から外した。


検索結果の絞り込み