ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「沼尾ひろ子」の検索結果

「沼尾ひろ子」に関連する情報 41件中 1〜10件目

脳梗塞

脳の専門家は夏の脳梗塞に注意を呼びかける。脳卒中患者の年齢(東京都調べ)は40代以下の若い世代も発症するおそれがある。過去42歳に脳梗塞になった沼尾ひろ子さんの場合は、前兆は車の運転中、突如襲ってきた睡魔と疲労感。家に帰っても激しい頭痛が。そして検査入院から5日目、MRIで8cmの白い影、脳の血管がつまり血液が巡らなかった部分が発見された。当初は後遺症で自分の名前も言えなかったが、早期発見だったため今は仕事にも復帰している。

5月25〜31日は脳卒中週間。「卒中」とは症状が急激に出ること。脳卒中は血管が詰まる脳梗塞、血管が破れる脳出血、血管のコブが破裂するくも膜下出血の3つのこと。脳に血液が届かなくなり死に至ることもある。脳卒中を発症すると死亡が17%、介護が必要な障害が残るのは46%になる。(滋賀県脳卒中登録データからの試算)後遺症リスクが高いのは病院に来るのが遅い人が多いためという。脳出血は冬に多いが、脳梗塞は夏に多い。若い患者も増えている。水分をあまり取らない人等は危険。

42歳で脳梗塞を発症した沼尾さんは、コーヒーはよく飲むがあまり水分は取っていなかったという。コーヒーは利尿作用があるので、水分の摂取には向いていない。ビールも同様。酒を飲みすぎたら、水を飲むのが大事。脳梗塞の予防には「こまめに水分補給」「就寝前に一杯の水」「冷房は適温で」「大量飲酒を避ける」ことが大事。寝る前に飲みたくない人は昼間にしっかりと飲む必要がある。

脳梗塞の危険のサインは顔のしびれ、腕のしびれ、ろれつが回らないこと。発症から4時間半が勝負だという。ろれつが回らないのは一分、二分で直っても危険。症状が出て4時間半をすぎると、血栓が薬で溶かせなくなる。家でも簡単にチェックできる方法がある。紙に5ミリから1センチ間隔ののり巻きを書く。


熱中症

脳の専門家は夏の脳梗塞に注意を呼びかける。脳卒中患者の年齢(東京都調べ)は40代以下の若い世代も発症するおそれがある。過去42歳に脳梗塞になった沼尾ひろ子さんの場合は、前兆は車の運転中、突如襲ってきた睡魔と疲労感。家に帰っても激しい頭痛が。そして検査入院から5日目、MRIで8cmの白い影、脳の血管がつまり血液が巡らなかった部分が発見された。当初は後遺症で自分の名前も言えなかったが、早期発見だったため今は仕事にも復帰している。


失語症

沼尾ひろ子さんに症状が現れてから3日後、頭痛や疲労感に悩まされるようになった。ギリギリまで我慢してしまい6日後の深夜、強烈な頭痛と体のだるさに見舞われ病院を受診、そこで左側頭葉に脳梗塞を発症している事が分かった。この事で沼尾さんは失語症になったが3ヶ月のリハビリで仕事に復帰した。


TIA・一過性脳虚血発作

体の違和感を感じ仮眠をとった沼尾さんが30分後目を覚ますと症状が消えていたので運転を再開した。しかし、これが脳梗塞の前触れ発作・TIAだった。TIA・一過性脳虚血発作を発症する原因は2つあり、動脈硬化で血管が狭窄していた場合、血圧の低下や水分不足で脳への血流が悪化した際に起こるもので、血圧や脱水が回復すれば症状が治まる。もう1つは血栓が頸動脈や脳の血管に詰まり脳への血流が止まってしまう事で起こるもの。こちらは血栓が流れるので症状が治まる。

沼尾ひろ子さんに症状が現れてから3日後、頭痛や疲労感に悩まされるようになった。ギリギリまで我慢してしまい6日後の深夜、強烈な頭痛と体のだるさに見舞われ病院を受診、そこで左側頭葉に脳梗塞を発症している事が分かった。この事で沼尾さんは失語症になったが3ヶ月のリハビリで仕事に復帰した。

片側の目だけ見えづらくなる症状について兵頭明夫医師は「目の方は脳の血管から目を養って流している。目の血管を詰めれば目が一時的に見えなくなる。同じ側の運動領野、手足の動きを司る所の障害が起これば反対側の手足の力が抜けたりしびれたりする。左目と右手の異常はよく合う症状」と話した。


脳梗塞

体の違和感を感じ仮眠をとった沼尾さんが30分後目を覚ますと症状が消えていたので運転を再開した。しかし、これが脳梗塞の前触れ発作・TIAだった。TIA・一過性脳虚血発作を発症する原因は2つあり、動脈硬化で血管が狭窄していた場合、血圧の低下や水分不足で脳への血流が悪化した際に起こるもので、血圧や脱水が回復すれば症状が治まる。もう1つは血栓が頸動脈や脳の血管に詰まり脳への血流が止まってしまう事で起こるもの。こちらは血栓が流れるので症状が治まる。

沼尾ひろ子さんに症状が現れてから3日後、頭痛や疲労感に悩まされるようになった。ギリギリまで我慢してしまい6日後の深夜、強烈な頭痛と体のだるさに見舞われ病院を受診、そこで左側頭葉に脳梗塞を発症している事が分かった。この事で沼尾さんは失語症になったが3ヶ月のリハビリで仕事に復帰した。

片側の目だけ見えづらくなる症状について兵頭明夫医師は「目の方は脳の血管から目を養って流している。目の血管を詰めれば目が一時的に見えなくなる。同じ側の運動領野、手足の動きを司る所の障害が起これば反対側の手足の力が抜けたりしびれたりする。左目と右手の異常はよく合う症状」と話した。


若年性脳梗塞

スタジオネイバーズでレコーディングを行っているナレーターの沼尾ひろ子さんは42歳で脳梗塞を発症していた。2006年7月、トイレに行こうと目を覚ますと突然強烈な頭痛と体のだるさに襲われた。翌朝、病院に駆け込むと脳梗塞だと診断された。脳梗塞は血管が詰まり脳細胞が壊死してしまう病気で一般的な脳梗塞の症状は頭痛は伴わないといわれる。しかし、若年性脳梗塞は頭痛を伴う事もある。しかし、沼尾さんには前触れ発作・TIAが起きていた。


TIA

スタジオネイバーズでレコーディングを行っているナレーターの沼尾ひろ子さんは42歳で脳梗塞を発症していた。2006年7月、トイレに行こうと目を覚ますと突然強烈な頭痛と体のだるさに襲われた。翌朝、病院に駆け込むと脳梗塞だと診断された。脳梗塞は血管が詰まり脳細胞が壊死してしまう病気で一般的な脳梗塞の症状は頭痛は伴わないといわれる。しかし、若年性脳梗塞は頭痛を伴う事もある。しかし、沼尾さんには前触れ発作・TIAが起きていた。

入院する1週間前、沼尾さんが車の運転をしていた時、左目の奥に違和感が出て見えづらくなった。一方、右目は異常がなかった。すると右手が下がり体の重さを感じるようになった。危険を感じた沼尾さんは仮眠をとった。


スタジオネイバーズ

スタジオネイバーズでレコーディングを行っているナレーターの沼尾ひろ子さんは42歳で脳梗塞を発症していた。2006年7月、トイレに行こうと目を覚ますと突然強烈な頭痛と体のだるさに襲われた。翌朝、病院に駆け込むと脳梗塞だと診断された。脳梗塞は血管が詰まり脳細胞が壊死してしまう病気で一般的な脳梗塞の症状は頭痛は伴わないといわれる。しかし、若年性脳梗塞は頭痛を伴う事もある。しかし、沼尾さんには前触れ発作・TIAが起きていた。


脳梗塞

明石市立高丘東小学校で危険な病気についての特別授業が行われた。アニメを見ながら学んでいたのは脳卒中。脳卒中を発症した患者の命を救うために一番近くにいる家族への教育への教育が重要だとわかってきた。脳卒中には血管が破れる脳出血・くも膜下出血と血管が詰まる脳梗塞があり、脳卒中の約8割を脳梗塞が占めている。また、脳梗塞を発症した人の約4人に1人は何らかの前触れがあった事が分かった。これをTIA・一過性脳虚血発作といい、この症状を見逃さず対処する事で脳梗塞のリスクを減少できる。

脳梗塞について上山博康は「タイムイズマネーじゃなくてタイムイズブレイン。脳は時間の勝負。どれだけ治療可能な時間帯の中で治療を開始するか。スピートが命」と語った。この脳梗塞の前触れ発作となるTIA・一過性脳虚血発作は24時間以内に症状が消え、数秒から数分で消える場合も多い。

スタジオネイバーズでレコーディングを行っているナレーターの沼尾ひろ子さんは42歳で脳梗塞を発症していた。2006年7月、トイレに行こうと目を覚ますと突然強烈な頭痛と体のだるさに襲われた。翌朝、病院に駆け込むと脳梗塞だと診断された。脳梗塞は血管が詰まり脳細胞が壊死してしまう病気で一般的な脳梗塞の症状は頭痛は伴わないといわれる。しかし、若年性脳梗塞は頭痛を伴う事もある。しかし、沼尾さんには前触れ発作・TIAが起きていた。

入院する1週間前、沼尾さんが車の運転をしていた時、左目の奥に違和感が出て見えづらくなった。一方、右目は異常がなかった。すると右手が下がり体の重さを感じるようになった。危険を感じた沼尾さんは仮眠をとった。


失語症

沼尾ひろ子さんに症状が現れてから3日後、頭痛や疲労感に悩まされるようになった。ギリギリまで我慢してしまい6日後の深夜、強烈な頭痛と体のだるさに見舞われ病院を受診、そこで左側頭葉に脳梗塞を発症している事が分かった。この事で沼尾さんは失語症になったが3ヶ月のリハビリで仕事に復帰した。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (41)
  • 本・コミック・雑誌 (2)
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (39)