ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「沼津港深海水族館」の検索結果

「沼津港深海水族館」に関連する情報 1005件中 1〜10件目

沼津港深海水族館

38歳の元女性会社員青山沙織さんが、コロナによって収入が減った静岡県沼津市戸田漁港の危機を、深海魚直送便で救った。日本一深い駿河湾はタカアシガニなど多くの深海生物が生息している。その駿河湾に面した沼津市では深海魚水族館やイベントが行われるなど深海魚が観光資源となっている。深海魚直送便の発案者である青山さんが所属する地域おこし協力隊とは、地方に移住しその地域の特色に合った町おこしを行う制度である。兵庫県出身の青山さんが戸田に来たのは2年前で、深海魚の魅力を伝えるためにイベント企画やグッズ制作に関わってきた。新型コロナによる漁師の収入源をきっかけに青山さんは直送便を発案し、9月から本格的にスタートしたところ全国から注文が殺到したという。深海魚は普通の魚に比べて日持ちしないため、発送作業は時間との勝負で直送便には市場に出回らない珍しい魚が入っているため、魚の名前やレシピなどが書かれたリストが添えられる。直送便を注文した西東京市に住む小林賢次さんは深海魚を食べたり標本にしたりするという。直送便は大好評のため、1〜2週間待ちだという。


沼津港深海水族館

クイズ対決に勝利した小泉孝太郎が、「すみの坊 三嶋大社前店」の「うなぎたいやき」と「内田酒店」の「チットラッツ(500ml)」をスタジオで実食した。


沼津港深海水族館

第十二次沼津宿。沼津港は江戸時代から漁業が盛んで干物の生産量は日本一だ。さらに、沖に広がる駿河湾は最も深い場所で水深約2500mで、100年以上前から底引き網漁が行われ様々な深海魚が水揚げされていた。創業109年の老舗佐政水産が深海魚をテーマにした新名所には世界初の深海魚の水族館があり、幻の深海魚メガマウスも展示されている。他にも深海魚を使ったハンバーガーなどが紹介された。


静岡新聞

静岡・沼津港は年間水揚げ量が2万3千トンと全国でも有数の捕獲量を誇りメジャーな魚からレアな魚まで100種類以上の魚介類が取引されている。漁港の大人たちに混じり深海魚が好きすぎてセリを見学していた鈴木翔太くん。沼津港深海水族館の年パスを持ち深海漬けの毎日を送っているという。鈴木くんは独創的な絵が評価され数々の賞を受賞している。3月にはしながわ水族館で作品展も開かれた。「沼津港大型展望水門 びゅうお」では展覧会も開かれ37点の作品が展示されている。専門家・小山登美夫さんは「全く違うものを一緒に並置する。それが彼の世界の中にある」と絶賛。3歳の時には好きな深海魚の絵を描き始めたという。


小山登美夫ギャラリー

静岡・沼津港は年間水揚げ量が2万3千トンと全国でも有数の捕獲量を誇りメジャーな魚からレアな魚まで100種類以上の魚介類が取引されている。漁港の大人たちに混じり深海魚が好きすぎてセリを見学していた鈴木翔太くん。沼津港深海水族館の年パスを持ち深海漬けの毎日を送っているという。鈴木くんは独創的な絵が評価され数々の賞を受賞している。3月にはしながわ水族館で作品展も開かれた。「沼津港大型展望水門 びゅうお」では展覧会も開かれ37点の作品が展示されている。専門家・小山登美夫さんは「全く違うものを一緒に並置する。それが彼の世界の中にある」と絶賛。3歳の時には好きな深海魚の絵を描き始めたという。


ダルマザメ

静岡・沼津港は年間水揚げ量が2万3千トンと全国でも有数の捕獲量を誇りメジャーな魚からレアな魚まで100種類以上の魚介類が取引されている。漁港の大人たちに混じり深海魚が好きすぎてセリを見学していた鈴木翔太くん。沼津港深海水族館の年パスを持ち深海漬けの毎日を送っているという。鈴木くんは独創的な絵が評価され数々の賞を受賞している。3月にはしながわ水族館で作品展も開かれた。「沼津港大型展望水門 びゅうお」では展覧会も開かれ37点の作品が展示されている。専門家・小山登美夫さんは「全く違うものを一緒に並置する。それが彼の世界の中にある」と絶賛。3歳の時には好きな深海魚の絵を描き始めたという。


サナダミズヒキガニ

静岡・沼津港は年間水揚げ量が2万3千トンと全国でも有数の捕獲量を誇りメジャーな魚からレアな魚まで100種類以上の魚介類が取引されている。漁港の大人たちに混じり深海魚が好きすぎてセリを見学していた鈴木翔太くん。沼津港深海水族館の年パスを持ち深海漬けの毎日を送っているという。鈴木くんは独創的な絵が評価され数々の賞を受賞している。3月にはしながわ水族館で作品展も開かれた。「沼津港大型展望水門 びゅうお」では展覧会も開かれ37点の作品が展示されている。専門家・小山登美夫さんは「全く違うものを一緒に並置する。それが彼の世界の中にある」と絶賛。3歳の時には好きな深海魚の絵を描き始めたという。


ヨシキリザメ

静岡・沼津港は年間水揚げ量が2万3千トンと全国でも有数の捕獲量を誇りメジャーな魚からレアな魚まで100種類以上の魚介類が取引されている。漁港の大人たちに混じり深海魚が好きすぎてセリを見学していた鈴木翔太くん。沼津港深海水族館の年パスを持ち深海漬けの毎日を送っているという。鈴木くんは独創的な絵が評価され数々の賞を受賞している。3月にはしながわ水族館で作品展も開かれた。「沼津港大型展望水門 びゅうお」では展覧会も開かれ37点の作品が展示されている。専門家・小山登美夫さんは「全く違うものを一緒に並置する。それが彼の世界の中にある」と絶賛。3歳の時には好きな深海魚の絵を描き始めたという。


しながわ水族館

静岡・沼津港は年間水揚げ量が2万3千トンと全国でも有数の捕獲量を誇りメジャーな魚からレアな魚まで100種類以上の魚介類が取引されている。漁港の大人たちに混じり深海魚が好きすぎてセリを見学していた鈴木翔太くん。沼津港深海水族館の年パスを持ち深海漬けの毎日を送っているという。鈴木くんは独創的な絵が評価され数々の賞を受賞している。3月にはしながわ水族館で作品展も開かれた。「沼津港大型展望水門 びゅうお」では展覧会も開かれ37点の作品が展示されている。専門家・小山登美夫さんは「全く違うものを一緒に並置する。それが彼の世界の中にある」と絶賛。3歳の時には好きな深海魚の絵を描き始めたという。


沼津港大型展望水門 びゅうお

静岡・沼津港は年間水揚げ量が2万3千トンと全国でも有数の捕獲量を誇りメジャーな魚からレアな魚まで100種類以上の魚介類が取引されている。漁港の大人たちに混じり深海魚が好きすぎてセリを見学していた鈴木翔太くん。沼津港深海水族館の年パスを持ち深海漬けの毎日を送っているという。鈴木くんは独創的な絵が評価され数々の賞を受賞している。3月にはしながわ水族館で作品展も開かれた。「沼津港大型展望水門 びゅうお」では展覧会も開かれ37点の作品が展示されている。専門家・小山登美夫さんは「全く違うものを一緒に並置する。それが彼の世界の中にある」と絶賛。3歳の時には好きな深海魚の絵を描き始めたという。