ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「法科学研究センター」の検索結果

「法科学研究センター」に関連する情報 186件中 1〜10件目

法科学研究センター

大麻の使用について認めた田口容疑者と同居していた女性の2人が今日送検される。発見された大麻は3グラムのバッズだった。大麻で検挙されている若者が後を絶たないと専門家が話した。また、その理由としてSNSサイトなどで手に入れることができるからと話した。


法科学研究センター

田口容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者は内縁関係にあったといい、小峰容疑者については悪評が聞こえなかった。2人の住宅は最寄り駅から徒歩13分で1LDKで18万円の家賃からは、役6回分相当の大麻が見つかっている。大麻を粉砕して紙に巻くための「グラインダー」という道具も見つかっていて、専門家は扱いに慣れている・依存が相当進んでいた証拠だと話していた。さらに、見つかった大麻の花穂にあたる「バッズ」は成分が多く含まれているという。取締部はゴールデンウィーク明けから情報を受けてマークを行っていたと言い、内定捜査を進めていたといい、所持の経緯やルートの解明も進めている。


法科学研究センター

田口容疑者と元女優の大麻所持事件。今回の事件は「田口容疑者が大麻を所持している」との情報提供がありGW明けからの内偵捜査。約2週間での逮捕となった。昨日は午前に家宅捜索が入り多くのものが押収され、乾燥大麻を簡易鑑定し、陽性反応が出ていた。そして、午後1時47分に逮捕されるまでの間に、田口容疑者はツイッターを更新。(午前11時22分)専門家は「このツイッター更新のあとにマトリは踏み込んだのでは」とコメント。家宅捜索の際にはグラインダー(乾燥大麻を砕くための器具、自身で加工するなど大麻の扱いに慣れていたと見られている)そして、 専門家によると、大麻の吸引方法として複数人で回すことも多いため容疑者は2人で共有していた可能性が高いという。また、専門家は常習性が高かったとみている。

田口容疑者と元女優の大麻所持事件。常習物から見えてきた油断があった。押収品に室内の目につく場所(居間のテーブルなど)に放置されていたという。加えてグラインダーの使用は大麻の粉末が散らばりやすいため、証拠が多く残る状況だったと見られている。専門家は「捜査の手が自分たちに伸びているとは思っていなかった可能性が高い」と話す。キャスターは「今後は入手ルートなどが通信機器などから捜査の手が伸びていくのではないか」とコメントした。


法科学研究センター

大麻を所持していたとして田口容疑者と恋人の女性が逮捕された事件で新聞各社が田口さんと恋人を報じている。後尾とは2007年に田口さんと交際を始め六本木のサパークラブの大麻バーをきっかけに警察などにマークされることに。スポーツ報知は田口さんの逮捕でツアーやラジオの中止で損害が1億円以上出ることを報じている。高橋さんは田口さんの全国ツアーは本数が多いので会場の使用料の返金などでそれくらいいくのではとしている。

二人は取り調べには素直に応じているが供述に食い違いが生じている。田口さんは大麻は二人のものとしているが、恋人は私一人のものとしている。大麻はテトラヒドロカンナビノールに対し規制しているため大麻全体に対し規制はしていない。また大麻の陽性が出ても規制対象のものなのか特定が困難なので大麻使用では処分されない。田口さんは1999年にジャニーズ事務所に入りKAT-TUNとして活動していたが2015年に脱退。そして個人事務所を立ち上げ恋人はその役員に就任している。駒井さんは田口容疑者はKAT-TUN時代はいつもニコニコしていた、いじられ役だったとしている。


法科学研究センター

大麻への間違った認識についてのトーク。一度くらいなら、と軽い気持ちで手を出し、ずるずると押し込んでいく危険が高く、間違った情報があるのは、使用者たちが罪悪感があるためとのこと。大麻使用に関する罰則が無いことについて雨宮正欣は、使用してもいいという勝手な解釈で、大麻の成分のひとつが麻薬に指定されていて、それを使用する事自体は麻薬取締法違反になるとのこと。大麻使用に罰則がないのは、伝統的に麻として用いられ、自生している地域などの歴史的背景があるためで、使用を許容しているわけではないと八代英輝は語った。

田口容疑者らの自宅から押収された「グラインダー」は、大麻とみられる植物片が付着していたことがわかっている。微量のため科捜研では植物検査が難しいが、今回認められていて動かぬ証拠となっている。万が一、大麻の世界に入ってしまったら、窓口があるが、吉川祐二は警察に連絡し事件化してもらって抜け出す方向にもっていったほうがいいとコメント。大麻脱却プログラムを行うのがいいが、最初に手を出すことが大事だが、抜け出すことも社会が協力する体制も大事だとのこと。田口容疑者の最近の芸能活動として去年熊本県の応援大使を務めていたが、今日午前熊本市長から田口容疑者の応援大使を解任を発表。また今後のスケジュールは、ラジオのレギュラー番組の特番が放送予定で、ファンの前で公開録音を行ったが、放送休止が決定となった。4月5日から全国ツアー17か所21公演も予定していたが、損害は1億円超に膨れ上がる可能性もあるという。麻薬で逮捕された人は、自分だけは捕まらないと思ってしまうことや、麻薬より大切なものがあるのに止められないことなど優先順位が逆転してしまうのが麻薬の怖さだと雨宮正欣はコメントした。


麻薬取締部

この後、湾岸署に行き明後日、2人共送検の予定だという。2人の携帯電話が押収され捜査が進められているという。法科学研究センターの所長は「手の届く範囲に物等が置いてある可能性が高い。」等とコメントした。


厚生労働省麻薬取締部

元KAT-TUNの田口容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者が大麻取締法違反の疑いで厚生労働省麻薬取締部に逮捕された。千代田区にある麻薬取締部の前から佐藤紘による中継。麻薬取締部には多くの報道陣が詰めかけている。2人は今日、世田谷区の住宅で乾燥大麻を所持していた疑いが持たれている。押収した薬物から大麻の陽性反応が出た為、2人は午後、現行犯逮捕された。2人は内縁関係にあるとみられ、自宅から葉巻等が押収されたという。2人は取り調べに素直に応じているという。2人は大麻を常習的に使用していた疑いがある。

元KAT-TUNの田口容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者が大麻取締法違反の疑いで厚生労働省麻薬取締部に逮捕された。東京都千代田区にある麻薬取締部からの中継。今、田口容疑者が乗せたとみられる車が麻薬取締部から出てきた。田口容疑者はこの後、東京湾岸署に移るとみられる。法科学研究センターの所長は「口裏合わせをされないよう別々に調べられていると思う。」等とコメントした。小嶺麗奈容疑者が乗る車も今、麻薬取締部の施設を出た。小嶺麗奈容疑者もこの後、東京湾岸署に向かう。法科学研究センターの所長は「湾岸署は留置施設として借りるのでその為に移送しているのだと思う。薬物を誰かから譲り受けたのだと思う。」等とコメントした。


HP

元KAT-TUNの田口容疑者が麻薬取締法違反の疑いで逮捕された事件についてのトーク。法科学研究センターの所長は「薬物を使用していた著名人を逮捕する事で啓蒙活動の効果がある。捜査は慎重に行われた可能性が高い。実家に大麻が常備されていた可能性が高い。かなり前から田口容疑者はマークされていた可能性が高い。譲り渡しが行われていた可能性もある。他にも隠し持っている可能性がある。」等とコメントした。


日刊スポーツ

元KAT-TUNの田口容疑者が麻薬取締法違反の疑いで逮捕された事件についてのトーク。法科学研究センターの所長は「薬物を使用していた著名人を逮捕する事で啓蒙活動の効果がある。捜査は慎重に行われた可能性が高い。実家に大麻が常備されていた可能性が高い。かなり前から田口容疑者はマークされていた可能性が高い。譲り渡しが行われていた可能性もある。他にも隠し持っている可能性がある。」等とコメントした。


instagram

今日、元KAT-TUNの田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者が大麻取締法違反の疑いで厚生労働省の麻薬取締部に逮捕された事が分かった。田口容疑者は2006年にKAT-TUNでデビューしたが2015年にグループの脱退とジャニーズ事務所の退所を発表した。その後はソロ歌手やモデルとして活躍していた。去年10月には自身のインスタグラムで熊本の為に積極的な活動を行うと語っていた。

元KAT-TUNの田口容疑者が麻薬取締法違反の疑いで逮捕された事件についてのトーク。法科学研究センターの所長は「薬物を使用していた著名人を逮捕する事で啓蒙活動の効果がある。捜査は慎重に行われた可能性が高い。実家に大麻が常備されていた可能性が高い。かなり前から田口容疑者はマークされていた可能性が高い。譲り渡しが行われていた可能性もある。他にも隠し持っている可能性がある。」等とコメントした。