ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「津川卓史」の検索結果

「津川卓史」に関連する情報 27件中 1〜10件目

放送大学

安倍総理は先月27日に日本とアメリカの首脳会談を行った。トランプ大統領はイランとの直接交渉に持ち込むため、仲良しの安倍首相に伝書鳩の役割をお願いしたのではないかと放送大学の高橋名誉教授は話している。日本とイランは伝統的に友好関係があり、先月ザリフ外相が来日し、日本との関係は極めて重要だと話していた。また国際社会の反対を押し切ってイラン各合意を離脱しているため、頼れるのは安倍総理だけではないかと見方もある。細川昌彦は、対話の糸口が出来たら御の字だ、単純にアメリカとイランの関係を取り持てばいいだけではないと言った。津川卓史は、イランと実質的に交渉できるのはドイツだが、メルケルが政治的に弱っていてトランプとの関係が良くないと言った。また津川卓史は、大体は財界の人を連れて行くが今回は連れて行ってないため、焦点を絞っているなどと言った。そして細川昌彦は、実権を握っているハメネイ師に会えるだけでも価値があると言った。


マクドナルド

アメリカのNBCテレビによると、事前協議ではアメリカ文化の象徴でもあるハンバーガーチェーン店を、友好の印として北朝鮮に進出させる提案をした可能性があるという。過去、1990年にモスクワにマクドナルドが進出した際には、その翌年にソ連が崩壊。当時のソ連政府は、「市場開放にかじを切り投資を呼び込まなければ経済低迷から抜け出せない」として、進出を全面支援した。津川卓史は、「最終的に日本に応分の負担を求められることは間違いない。それを糧にどういう形で北朝鮮と向き合うのか、日本政府は大変頭を悩ませることになる」などと話した。


NBCテレビ

アメリカのNBCテレビによると、事前協議ではアメリカ文化の象徴でもあるハンバーガーチェーン店を、友好の印として北朝鮮に進出させる提案をした可能性があるという。過去、1990年にモスクワにマクドナルドが進出した際には、その翌年にソ連が崩壊。当時のソ連政府は、「市場開放にかじを切り投資を呼び込まなければ経済低迷から抜け出せない」として、進出を全面支援した。津川卓史は、「最終的に日本に応分の負担を求められることは間違いない。それを糧にどういう形で北朝鮮と向き合うのか、日本政府は大変頭を悩ませることになる」などと話した。


TBS

この後10時半から南北首脳会談が始まる。正恩氏は『新しい歴史は今から平和の時代、歴史jの出発点から』と署名した。平井さんは「『自らが新しい歴史を切り開きたい』という意思の表明だと思う。」等とコメントした。津川卓史は「アメリカからすると、やり過ぎてもらっても困る。今回、次の米朝首脳会談に向けてうまく繋げられる結果に持って行けるかが今回の1番の焦点だ。」等とコメントした。


平和の家

この後10時半から南北首脳会談が始まる。正恩氏は『新しい歴史は今から平和の時代、歴史jの出発点から』と署名した。平井さんは「『自らが新しい歴史を切り開きたい』という意思の表明だと思う。」等とコメントした。津川卓史は「アメリカからすると、やり過ぎてもらっても困る。今回、次の米朝首脳会談に向けてうまく繋げられる結果に持って行けるかが今回の1番の焦点だ。」等とコメントした。


朝鮮中央通信

軍事ジャーナリストの惠谷治さんは、「土曜日の発射は訓練です。そして今日の場合は発射実験。この違いを認識する必要があります。」などと話した。津川卓史外信部長は菅官房長官の会見をみて「結果的にはまだミサイルの情報はわかっていないということですね。なぜ北海道の上を飛ばしたのかなどはわかっていないと。土曜日の訓練と今日の実験の2つをセットにして北朝鮮の意図をどのように考えるかという話になってくると思います。」などと話した。菅官房長官の会見によると、ミサイルの飛行距離については約2700km、最高高度は約550km。これに対して惠谷治さんは、「北朝鮮が現在開発している中では火星12型が一番有力だと思います。あと考えられるのは開発中のムスダンです。ミサイルは3つに分離したとのことですが、これについて詳細がわかればミサイルの種類も特定できるのではないかと考えています。」などと話した。今回日本領海内への落下物はないが、日本の上空を通過していることに変わりはなく、事前の通告はなかったとのこと。菅官房長官は「国民の安全のために万全の体制は整えている」と会見で述べた。


TBSテレビ

スタジオで加熱する韓国メディアについて特集した。朴槿恵大統領の友人である被告を囲む様子が伝えられた。TBSテレビ解説委員 津川卓史元ソウル支局長によると、この日被告はほとんど喋らず地検庁舎に入っていったが、韓国では一旦カメラの前で立ち止まって質問に答えるのが慣例になっているという。被告が地検に到着する前の現場には取材される側に用意される立ち位置の印の違いを検証した。

朴大統領関連のニュースのメディア出稿数は1日で4546件(11/17〜18)にのぼる。TBSテレビ解説委員 津川卓史元ソウル支局長は「韓国の民主化にメディアが及ぼした影響が大きかったことから、『俺らが取材しているんだ』という意識が日本とは全然違う」とコメントしている。また「1000回叩いて倒れない木はない」という格言を紹介した。富岡佳子は国民性を感じるとコメント。国分も韓国メディアの取材攻勢に引き気味の様子だった。こうした背景には政財界への憎しみがあると思われる。数年前まではパトカーのサイレンを乗せて現場に急行したこともあった。もちろん違法であるが、メディアに対する遠慮から曖昧になっていたという。三輪記子は方法の善悪はさて置き、凶悪に対する徹底的な姿勢はメディア本来の姿だと述べた。水谷修は政治に対しては当然だとした上で、日本のメディアは政治などよりも、芸能人などに熱心だと批判した。


TBS

韓国メディアは疑惑であれば本人の確認を取らず伝えてしまい、いったん火がつくと燃え上がる一方の加熱な取材態勢が特徴である。TBS解説委員 津川卓史元ソウル支局長は韓国メディアは日本に比べて取材対象への態度が格段に強いと指摘した。朴大統領の友人が初めて検察を訪れる30分前の映像では報道陣400人による熾烈な場所取り合戦と、カメラ100台が設置されている光景が映されている。到着した被告に取材陣が群がり夥しいフラッシュと激しい怒号が浴びせられた。彼らが最後に群がったのはもみくちゃにされ脱げた被告の靴であった。2年前のナッツリターン事件では“ナッツ姫”こと、大韓航空元副社長が加熱取材の標的となった。こういった取材が原因になったものか元副社長は対人恐怖症になっているという。


対人恐怖症

韓国メディアは疑惑であれば本人の確認を取らず伝えてしまい、いったん火がつくと燃え上がる一方の加熱な取材態勢が特徴である。TBS解説委員 津川卓史元ソウル支局長は韓国メディアは日本に比べて取材対象への態度が格段に強いと指摘した。朴大統領の友人が初めて検察を訪れる30分前の映像では報道陣400人による熾烈な場所取り合戦と、カメラ100台が設置されている光景が映されている。到着した被告に取材陣が群がり夥しいフラッシュと激しい怒号が浴びせられた。彼らが最後に群がったのはもみくちゃにされ脱げた被告の靴であった。2年前のナッツリターン事件では“ナッツ姫”こと、大韓航空元副社長が加熱取材の標的となった。こういった取材が原因になったものか元副社長は対人恐怖症になっているという。


日刊スポーツ

日刊スポーツの記事を紹介。みんなの党の塩村文夏都議が東京都議会でやじを受けた問題で、民主党の山下太郎都議が「頑張れよ」などのやじを飛ばした事を新たに認めたが、あくまでも塩村都議への応援だったと釈明。また、山下都議は「すぐに名乗り出て、私は守ってやったんだというパフォーマンスだと受け取られるのは避けたかった」と説明している。津川卓史はこのやじ問題に関して「アメリカだったら議員は即刻クビになっている」と語り、安倍首相は女性の社会進出を訴えているが上っ面だけでは意味が無いと指摘した。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (27)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD (1)
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (26)