ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「浦和IC」の検索結果

「浦和IC」に関連する情報 75件中 1〜10件目

浦和IC

首都高速道路は普段混雑する夕方の時間帯に車は減少し、渋滞も起きていない。東京五輪開幕に向け、首都圏で大規模な交通規制が始まった。首都高の交通量を減らすため、普通車は1000円値上げ。首都高を使わないドライバーが急増したため、一般道は大混雑。大会関係者がスムーズに移動できるように各所で首都高の入口も閉鎖。車線規制も行われ、都内各地の幹線道路で渋滞が発生。東京へ向かう東北自動車道上り車線。走行中、車の流れが遅くなった。追い越し車線に並んだパイロンはオリンピック・パラリンピック関係者の車を優先させるため車線規制されていた。常磐自動車道も1車線が一般車両通行禁止になっていた。首都高に入る手前は渋滞も発生。首都高は1000円値上げ。マイカーなど一般車は通常料金2000円上乗せされるため、高速道路を降りようとするドライバーが続出。渋滞を抜け、首都高に入るとスムーズに流れる首都高。その下を走る一般道は大渋滞が発生。午前9時頃、朝のラッシュの時間帯にも関わらず、渋滞はほぼ発生していない。首都高への車の流入を減らすため、当日閉鎖された入口もある。閉鎖された三軒茶屋入口。車線規制されており、多くの車が車線変更した。その時、大会関係者の車が封鎖されている入口から首都高へ入って行った。


奥飛騨温泉郷

坂東市では漏斗雲が発生した。浦和IC付近では激しい雨がふり、関東各地では雹が観測された。また根室市や高山市では雪が降った。奥飛騨温泉郷では雪で路面の凍結注意が呼びかけられた。


浦和IC

坂東市では漏斗雲が発生した。浦和IC付近では激しい雨がふり、関東各地では雹が観測された。また根室市や高山市では雪が降った。奥飛騨温泉郷では雪で路面の凍結注意が呼びかけられた。


浦和IC

この時期として異例の強い寒気で竜巻とみられる突風が発生し静岡県では住宅などに大きな被害が出た。大気の状態は現在も非常に不安定でこの後も天気が急変する恐れがある。静岡県牧之原市では住宅など92棟に被害があり一時570戸が停電した。竜巻・突風の予兆は黒い雲が見える、「ゴー」と音が聞こえる、気圧の変化で耳に異常など。


戸田東IC

走行中のトラックが出火した。現場は外環浦和ICと戸田東ICの間で、運転席の後ろ部分から炎が出ている。火は約2時間後に消火され、けが人がいなかった。消火後のトラックはフロントガラスやライトはなくなり、運転席内部は真っ黒。また、荷台の右側部分も燃えている。トラックの後ろには積荷が置かれていた。火災の影響で外環浦和ICから戸田東IC間の内回りが2時間半にわたり通行止めとなった。警察は運転手から話を聞くなどして火災の原因を調べている。


外環浦和IC

走行中のトラックが出火した。現場は外環浦和ICと戸田東ICの間で、運転席の後ろ部分から炎が出ている。火は約2時間後に消火され、けが人がいなかった。消火後のトラックはフロントガラスやライトはなくなり、運転席内部は真っ黒。また、荷台の右側部分も燃えている。トラックの後ろには積荷が置かれていた。火災の影響で外環浦和ICから戸田東IC間の内回りが2時間半にわたり通行止めとなった。警察は運転手から話を聞くなどして火災の原因を調べている。


外環浦和IC

きょう午前11時過ぎに撮影された映像、トラックが道路で燃えていた。東京外環自動車道の上り内回りの戸田東ICと外環浦和ICの間で発生した。運転席の後ろ部分から炎がでているのがわかる。火が消し止められたのは2時間後、けが人はいなかった。消火後のトラックをみるとフロントガラスやランプはなくなり運転席内部は真っ黒な状態。荷台の右側の部分もなくなっていた。トラックの後ろに置かれていたのは積荷、中にあは一斗缶のようなものも確認できる。この火災の影響で外環浦和ICから戸田東IC間の内回りが2時間半にわたり通行止めとなった、警察は運転手から話をきき火災の原因を調べている。


戸田東IC

きょう午前11時過ぎに撮影された映像、トラックが道路で燃えていた。東京外環自動車道の上り内回りの戸田東ICと外環浦和ICの間で発生した。運転席の後ろ部分から炎がでているのがわかる。火が消し止められたのは2時間後、けが人はいなかった。消火後のトラックをみるとフロントガラスやランプはなくなり運転席内部は真っ黒な状態。荷台の右側の部分もなくなっていた。トラックの後ろに置かれていたのは積荷、中にあは一斗缶のようなものも確認できる。この火災の影響で外環浦和ICから戸田東IC間の内回りが2時間半にわたり通行止めとなった、警察は運転手から話をきき火災の原因を調べている。


東京外環自動車道

きょう午前11時過ぎに撮影された映像、トラックが道路で燃えていた。東京外環自動車道の上り内回りの戸田東ICと外環浦和ICの間で発生した。運転席の後ろ部分から炎がでているのがわかる。火が消し止められたのは2時間後、けが人はいなかった。消火後のトラックをみるとフロントガラスやランプはなくなり運転席内部は真っ黒な状態。荷台の右側の部分もなくなっていた。トラックの後ろに置かれていたのは積荷、中にあは一斗缶のようなものも確認できる。この火災の影響で外環浦和ICから戸田東IC間の内回りが2時間半にわたり通行止めとなった、警察は運転手から話をきき火災の原因を調べている。


大和トンネル

関越道花園ICの様子を中継した。中央道上りは小仏トンネル付近を先頭に35キロ、関越道は東松山IC付近を先頭に31キロ、東北道は浦和IC付近を先頭に29キロ、東名高速は大和トンネル付近を先頭に27キロの渋滞になっている。


検索結果の絞り込み


  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。