ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「浦和IC」の検索結果

「浦和IC」に関連する情報 57件中 41〜50件目

佐野藤岡IC

交通情報を伝えた。現在霧の影響で、東北道が埼玉県の浦和ICから栃木県の佐野藤岡ICまで通行止めとなっている。


浦和IC

交通情報を伝えた。現在霧の影響で、東北道が埼玉県の浦和ICから栃木県の佐野藤岡ICまで通行止めとなっている。


東北道

交通情報を伝えた。現在霧の影響で、東北道が埼玉県の浦和ICから栃木県の佐野藤岡ICまで通行止めとなっている。


東日本高速道路

24時間、東北自動車道を守るNEXCO東日本のパトロール隊。ある日の午前10時、浦和ICでワンボックスの横転事故の無線が入った。パトロール隊はカメラで現場を撮影、ドライバーは脱出し無事だった。

NEXCO東日本 加須管理事務所は主に東北自動車道の関東エリアをカバーしている。隊員は総勢41人、ドライバーが危険に晒されないよう旗信号などの訓練を行なっている。この日は新人・三浦隊員と勤務25年・瀧澤副隊長がパトロール、途中でタイヤがバーストした車を発見し対応した。

首都圏の高速道路を管轄している道路管制センター。ここでは関東の高速道路の渋滞・事故情報をまとめて巨大モニターに表示させている。さらに主要なトンネルに設置されている監視カメラも24時間監視、取材を行った日は長野自動車道や三郷ICで故障車が発見された。

道路管制センターには渋滞を予測する渋滞予報士がいる。それが日本で唯一の石橋弘之さんで、的中率は約8割だという。石橋さんは過去3年間の渋滞をグラフ化、今年の渋滞・時間帯を割り出している。東京湾アクアラインの海底トンネルは登り坂になっており渋滞しやすいため、ペースメーカーライトと呼ばれる渋滞緩和策が行われている。

NEXCO東日本の新人・三浦隊員とベテラン・瀧澤副隊長の午後のパトロール。走行中は落下物をに目を光らせており、過去にはコンテナやドラム缶などが転がっていた事例もある。この日は麻袋を回収、さらに落下物があるとの情報が無線からはいった。


東京湾アクアライン

24時間、東北自動車道を守るNEXCO東日本のパトロール隊。ある日の午前10時、浦和ICでワンボックスの横転事故の無線が入った。パトロール隊はカメラで現場を撮影、ドライバーは脱出し無事だった。

NEXCO東日本 加須管理事務所は主に東北自動車道の関東エリアをカバーしている。隊員は総勢41人、ドライバーが危険に晒されないよう旗信号などの訓練を行なっている。この日は新人・三浦隊員と勤務25年・瀧澤副隊長がパトロール、途中でタイヤがバーストした車を発見し対応した。

首都圏の高速道路を管轄している道路管制センター。ここでは関東の高速道路の渋滞・事故情報をまとめて巨大モニターに表示させている。さらに主要なトンネルに設置されている監視カメラも24時間監視、取材を行った日は長野自動車道や三郷ICで故障車が発見された。

道路管制センターには渋滞を予測する渋滞予報士がいる。それが日本で唯一の石橋弘之さんで、的中率は約8割だという。石橋さんは過去3年間の渋滞をグラフ化、今年の渋滞・時間帯を割り出している。東京湾アクアラインの海底トンネルは登り坂になっており渋滞しやすいため、ペースメーカーライトと呼ばれる渋滞緩和策が行われている。

NEXCO東日本の新人・三浦隊員とベテラン・瀧澤副隊長の午後のパトロール。走行中は落下物をに目を光らせており、過去にはコンテナやドラム缶などが転がっていた事例もある。この日は麻袋を回収、さらに落下物があるとの情報が無線からはいった。


東日本高速道路

24時間、東北自動車道を守るNEXCO東日本のパトロール隊。ある日の午前10時、浦和ICでワンボックスの横転事故の無線が入った。パトロール隊はカメラで現場を撮影、ドライバーは脱出し無事だった。

NEXCO東日本 加須管理事務所は主に東北自動車道の関東エリアをカバーしている。隊員は総勢41人、ドライバーが危険に晒されないよう旗信号などの訓練を行なっている。この日は新人・三浦隊員と勤務25年・瀧澤副隊長がパトロール、途中でタイヤがバーストした車を発見し対応した。

首都圏の高速道路を管轄している道路管制センター。ここでは関東の高速道路の渋滞・事故情報をまとめて巨大モニターに表示させている。さらに主要なトンネルに設置されている監視カメラも24時間監視、取材を行った日は長野自動車道や三郷ICで故障車が発見された。

道路管制センターには渋滞を予測する渋滞予報士がいる。それが日本で唯一の石橋弘之さんで、的中率は約8割だという。石橋さんは過去3年間の渋滞をグラフ化、今年の渋滞・時間帯を割り出している。東京湾アクアラインの海底トンネルは登り坂になっており渋滞しやすいため、ペースメーカーライトと呼ばれる渋滞緩和策が行われている。

NEXCO東日本の新人・三浦隊員とベテラン・瀧澤副隊長の午後のパトロール。走行中は落下物をに目を光らせており、過去にはコンテナやドラム缶などが転がっていた事例もある。この日は麻袋を回収、さらに落下物があるとの情報が無線からはいった。


道路管制センター

24時間、東北自動車道を守るNEXCO東日本のパトロール隊。ある日の午前10時、浦和ICでワンボックスの横転事故の無線が入った。パトロール隊はカメラで現場を撮影、ドライバーは脱出し無事だった。

NEXCO東日本 加須管理事務所は主に東北自動車道の関東エリアをカバーしている。隊員は総勢41人、ドライバーが危険に晒されないよう旗信号などの訓練を行なっている。この日は新人・三浦隊員と勤務25年・瀧澤副隊長がパトロール、途中でタイヤがバーストした車を発見し対応した。

首都圏の高速道路を管轄している道路管制センター。ここでは関東の高速道路の渋滞・事故情報をまとめて巨大モニターに表示させている。さらに主要なトンネルに設置されている監視カメラも24時間監視、取材を行った日は長野自動車道や三郷ICで故障車が発見された。

道路管制センターには渋滞を予測する渋滞予報士がいる。それが日本で唯一の石橋弘之さんで、的中率は約8割だという。石橋さんは過去3年間の渋滞をグラフ化、今年の渋滞・時間帯を割り出している。東京湾アクアラインの海底トンネルは登り坂になっており渋滞しやすいため、ペースメーカーライトと呼ばれる渋滞緩和策が行われている。

NEXCO東日本の新人・三浦隊員とベテラン・瀧澤副隊長の午後のパトロール。走行中は落下物をに目を光らせており、過去にはコンテナやドラム缶などが転がっていた事例もある。この日は麻袋を回収、さらに落下物があるとの情報が無線からはいった。


三郷インターチェンジ

24時間、東北自動車道を守るNEXCO東日本のパトロール隊。ある日の午前10時、浦和ICでワンボックスの横転事故の無線が入った。パトロール隊はカメラで現場を撮影、ドライバーは脱出し無事だった。

NEXCO東日本 加須管理事務所は主に東北自動車道の関東エリアをカバーしている。隊員は総勢41人、ドライバーが危険に晒されないよう旗信号などの訓練を行なっている。この日は新人・三浦隊員と勤務25年・瀧澤副隊長がパトロール、途中でタイヤがバーストした車を発見し対応した。

首都圏の高速道路を管轄している道路管制センター。ここでは関東の高速道路の渋滞・事故情報をまとめて巨大モニターに表示させている。さらに主要なトンネルに設置されている監視カメラも24時間監視、取材を行った日は長野自動車道や三郷ICで故障車が発見された。

道路管制センターには渋滞を予測する渋滞予報士がいる。それが日本で唯一の石橋弘之さんで、的中率は約8割だという。石橋さんは過去3年間の渋滞をグラフ化、今年の渋滞・時間帯を割り出している。東京湾アクアラインの海底トンネルは登り坂になっており渋滞しやすいため、ペースメーカーライトと呼ばれる渋滞緩和策が行われている。

NEXCO東日本の新人・三浦隊員とベテラン・瀧澤副隊長の午後のパトロール。走行中は落下物をに目を光らせており、過去にはコンテナやドラム缶などが転がっていた事例もある。この日は麻袋を回収、さらに落下物があるとの情報が無線からはいった。


長野自動車道

24時間、東北自動車道を守るNEXCO東日本のパトロール隊。ある日の午前10時、浦和ICでワンボックスの横転事故の無線が入った。パトロール隊はカメラで現場を撮影、ドライバーは脱出し無事だった。

NEXCO東日本 加須管理事務所は主に東北自動車道の関東エリアをカバーしている。隊員は総勢41人、ドライバーが危険に晒されないよう旗信号などの訓練を行なっている。この日は新人・三浦隊員と勤務25年・瀧澤副隊長がパトロール、途中でタイヤがバーストした車を発見し対応した。

首都圏の高速道路を管轄している道路管制センター。ここでは関東の高速道路の渋滞・事故情報をまとめて巨大モニターに表示させている。さらに主要なトンネルに設置されている監視カメラも24時間監視、取材を行った日は長野自動車道や三郷ICで故障車が発見された。

道路管制センターには渋滞を予測する渋滞予報士がいる。それが日本で唯一の石橋弘之さんで、的中率は約8割だという。石橋さんは過去3年間の渋滞をグラフ化、今年の渋滞・時間帯を割り出している。東京湾アクアラインの海底トンネルは登り坂になっており渋滞しやすいため、ペースメーカーライトと呼ばれる渋滞緩和策が行われている。

NEXCO東日本の新人・三浦隊員とベテラン・瀧澤副隊長の午後のパトロール。走行中は落下物をに目を光らせており、過去にはコンテナやドラム缶などが転がっていた事例もある。この日は麻袋を回収、さらに落下物があるとの情報が無線からはいった。


東日本高速道路

24時間、東北自動車道を守るNEXCO東日本のパトロール隊。ある日の午前10時、浦和ICでワンボックスの横転事故の無線が入った。パトロール隊はカメラで現場を撮影、ドライバーは脱出し無事だった。

NEXCO東日本 加須管理事務所は主に東北自動車道の関東エリアをカバーしている。隊員は総勢41人、ドライバーが危険に晒されないよう旗信号などの訓練を行なっている。この日は新人・三浦隊員と勤務25年・瀧澤副隊長がパトロール、途中でタイヤがバーストした車を発見し対応した。

首都圏の高速道路を管轄している道路管制センター。ここでは関東の高速道路の渋滞・事故情報をまとめて巨大モニターに表示させている。さらに主要なトンネルに設置されている監視カメラも24時間監視、取材を行った日は長野自動車道や三郷ICで故障車が発見された。

道路管制センターには渋滞を予測する渋滞予報士がいる。それが日本で唯一の石橋弘之さんで、的中率は約8割だという。石橋さんは過去3年間の渋滞をグラフ化、今年の渋滞・時間帯を割り出している。東京湾アクアラインの海底トンネルは登り坂になっており渋滞しやすいため、ペースメーカーライトと呼ばれる渋滞緩和策が行われている。

NEXCO東日本の新人・三浦隊員とベテラン・瀧澤副隊長の午後のパトロール。走行中は落下物をに目を光らせており、過去にはコンテナやドラム缶などが転がっていた事例もある。この日は麻袋を回収、さらに落下物があるとの情報が無線からはいった。


検索結果の絞り込み