ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「消防車」の検索結果

「消防車」に関連する観光・地域情報 19件中 1〜10件目

「消防車」に関連する観光・地域情報

ハトヤ

ポンプ車や救急車は普通免許で、はしご車については大型免許が必要だが、特別な免許なしで運転可能。救急車のストレッチャーは使用可能、消防車のはしごも特別免許の必要はない。落札しても一般の人が運転する事は可能だが、注意点は耐用年数が過ぎていないか確認すること、使う場所や用途によっては自治体などの許可が必要な場合もあるとのこと。売却時には赤色灯や消防署名はなくなっており、サイレンも鳴らないようになっている。2000年のプーチン大統領来日のときには、装備を外さずに売却された消防車が検問を通過してしまうことがあった。現在は緊急車両と見分けがつくように一部装備を外して売却するようになっている。そのほか、病院では病院間の患者の移動に救急車を使用したり、漁師の方が消防車のポンプで漁網を洗浄するのに購入し、車体は中古車業者へ回すという。ホテル業のハトヤでは、自衛消防隊を設けており、隊員は5人いる。伊東市から消防車を譲り受けており現在5台目だが、出動実績はゼロとのこと。


「消防車」に関連するホテル・温泉旅館「消防車」に関連する観光・地域情報

第一ホテル

建設中のビルで火災が発生、黒煙が立ち上っている様子が日テレタワーのカメラが捉えていた。警視庁や東京消防庁によると今日午後2時頃、東京港区の新橋駅前の建設中の建物屋上付近から黒煙が上がり現在延焼しているとのこと。屋上には逃げ遅れた人が3人ほどいるといい、日テレタワーからも確認された。春川は「黒煙も上がっている段階ではヘリも近づけない」とコメントした。現在延焼中であり消防車など20台以上が消火活動にあたっているとのこと。煙は消化により白くなり勢いも衰えている。逃げ遅れた人の避難経路は確保されたとみられるが、まだ炎も確認されている。


「消防車」に関連するホテル・温泉旅館「消防車」に関連する観光・地域情報

千明仁泉亭

群馬県の伊香保温泉の老舗旅館「千明仁泉亭」で火災が発生。千明仁泉亭は明治の文豪である徳富蘆花が定宿にしており、小説「不如帰」の冒頭部分でこの宿が登場している。そして、旅館の横にあるのが温泉街のシンボルである石段で、千明仁泉亭は石段しかないため火事場に消防車がいけず消火に苦戦。約20人の宿泊客がいたが全員無事で、旅館の社長の妻が煙を吸い込み病院へ搬送された。

伊香保温泉は道が狭くこれだけの火事があると消火は難しいだろうと深澤は話す。今回出火したのは同じ敷地の中にある社長の自宅からで、社長の妻が軽傷を負った。被害は旅館の方の建物には至らず宿泊客も無事であった。この宿は徳富蘆花が定宿とし、与謝野晶子も旅館を訪れ詩を呼んでいる。


「消防車」に関連する観光・地域情報

バルトロッジ

元大関・把瑠都は28歳の時に左膝半月板損傷、引退を決意した。今はオフィス北野に所属し大活躍、2018年5月5日にエストニアに帰国する。エストニアの把瑠都を訪ねる。サウナが盛んなエストニアでは湖を水風呂代わりにする。生まれ故郷ロフ村には観光宿泊施設バルトロッジがある。ロッジは母が経営、伝統料理が味わえる。把瑠都は今より忙しい仕事をしている。5年前、村で火災が発生したが消防車がなかった。そこで把瑠都は消防車を購入、ボランティアで消防団に活動をしている。そんな把瑠都が目指すのはエストニアの国会議員。来年4月の選挙での当選を目指している。そしてゆくゆくは大統領になりたいと話す。


「消防車」に関連する観光・地域情報

旧ホテル戸隠

長野市にある営業していないホテル、旧ホテル戸隠で火災が発生。戸隠スキー場に近く、消防車など55台が1時間半で消火。けが人はなかった。


「消防車」に関連する観光・地域情報

ホテル戸隠

長野県・長野市ではきのう午後6時過ぎ、戸隠スキー場の近くにある営業していない元ホテルの「ホテル戸隠」が燃えた。近所の人は「今年の春に所有者が変わってからは営業していなかった」と話していた。消防車11代が出動して約10時間後に消し止められ、けが人は出なかった。


「消防車」に関連する観光・地域情報

あわら温泉

北陸有数の温泉街として知られる福井県のあわら温泉にある土産物店で火災が発生した。消防車のウインカーのレンズや逃走が解け、火が強かった事が伺える。住宅など6棟が全焼したがけが人はいなかった。原因は現在調査中だという。


「消防車」に関連する観光・地域情報

あわら温泉

福井県あわら市のあわら温泉の土産物店で火事が起き、火は建物を焼き尽くした。火の手は周辺の建物も巻き込んでいき、あわら温泉は年間およそ90万人の観光客が訪れ、今は秋の観光シーズン真っ盛りだった。現場の火の勢いで消防車の一部が溶けていた。出火から約2時間半後に出火し、火元となった土産物店など計6棟が全焼した。けが人は出ず、その理由は近隣住民が声を掛け合って避難を促したため。今日は地元警察と消防が実況見分を行なって火災の原因を調べている。


「消防車」に関連する観光・地域情報

あわら温泉

福井県・あわら市の温泉街で10棟の建物が焼ける火災が発生。きのう午後11時頃、土産物店の男性から「2階から火が出ている」と119番通報があった。目撃者らは「火が20mほど上がっていた」とコメントした。消防車両26台が出動し、およそ2時間半後に鎮火した。けが人はいなかったが、住宅や店舗計10棟が全焼した。消防によると、土産物店の2階の住宅部分から出火したとみられる。


「消防車」に関連するホテル・温泉旅館「消防車」に関連する観光・地域情報

ホテルシーガリアマリン

釜石市の火災では現場まで消防車が通れる道がなく、消火活動が難航した。消防隊は海沿いから消火活動を行うために船で現場へ向かった。釜石市では136世帯348人に避難指示が出されたままで、未だ鎮火のめどは立っていない。