ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「消防車」の検索結果

「消防車」に関連するイベント情報 58件中 1〜10件目

「消防車」に関連するイベント情報

どんど焼き

毎年1月15日前後に行われる伝統行事「どんど焼き」。神奈川・伊勢原市神戸地区の「どんど焼き」は、男衆が炎に投げ込まれるという。今年も消防車が待機する中で、どんど焼きが行われた。「炎に勝った」と笑顔を見せる男衆だが、一方で将来これに挑むかもしれない地域の少年たちは、炎に投げ込まれる男たちの姿にドン引きしていた。


「消防車」に関連するイベント情報

向田の火祭

石川県能登島の火祭りで家、ついて行ってイイですか。お祭りで一升瓶を差し上げる代わりに家を見せていただく交渉をする。

石川県能登島の火祭りで家、ついて行ってイイですか。お祭りで一升瓶を差し上げる代わりに家を見せていただく交渉をする。祭りを見ていると倒れた巨大松明を鎮火のはずが1キロ離れた山林に燃え移り、山火事へ。消防車が出動の事態となった。


「消防車」に関連するイベント情報

甲斐いちのみや大文字焼き

京都市で行われた五山送り火の大文字焼き。秋田・大館市では忠犬ハチ公の出身地であることにちなみ、大文字焼きではなく犬文字焼きが行われた。一方、山梨・笛吹市の「甲斐いちのみや大文字焼き」は、江戸時代から続いていた祭りを30年前に復活させて以来続いているが、今年は火ではなくLEDが使われた。大文字焼きは重労働で、急斜面に薪を組み点火後も火の管理に神経を使う。笛吹市でもこれまでは延焼防止のため炎の監視をしたり消防車を待機させていたが、コストや高齢化、事故防止の観点からLEDに切り替えられた。


「消防車」に関連するイベント情報

五山送り火

京都市で行われた五山送り火の大文字焼き。秋田・大館市では忠犬ハチ公の出身地であることにちなみ、大文字焼きではなく犬文字焼きが行われた。一方、山梨・笛吹市の「甲斐いちのみや大文字焼き」は、江戸時代から続いていた祭りを30年前に復活させて以来続いているが、今年は火ではなくLEDが使われた。大文字焼きは重労働で、急斜面に薪を組み点火後も火の管理に神経を使う。笛吹市でもこれまでは延焼防止のため炎の監視をしたり消防車を待機させていたが、コストや高齢化、事故防止の観点からLEDに切り替えられた。


「消防車」に関連するイベント情報

東京国際消防防災展

5年に1度の消防や防災に関する国内最大のイベントが開催。このイベントは東京消防庁などが開催しているもので、消防や防災に関する国内外の最新技術が集結。会場の東京ビッグサイトでは特殊な消防車身近に使える防災グッズまでが紹介され、4日間で15万人以上が訪れた。


「消防車」に関連するイベント情報

ゴールデンまなびウィーク

今日は消防車について。世界トップクラスと言われる日本の消防技術。小山キャスターが学ぶ最先端の消防車の強さとは。さらにある意外な場所でも日本の消防車が活躍していた。去年ミャンマーで起きたホテル火災に出動していた消防車には「越谷市」の文字が。一体何故なのか。


「消防車」に関連するイベント情報

出初式

東京・江東区で東京消防庁の「出初式」が行われた。江戸時代から受け継がれるはしご乗りの演技などが披露された。150台近くの消防車両が会場に集結し、消火活動や救助活動の訓練も行われた。最後は海に向けての一斉放水が行われた。


「消防車」に関連するイベント情報

遠州新居諏訪神社奉納煙火

静岡県湖西市で行われる手持ち花火を打ち上げる危険な祭りの紹介。この祭りは中学校で行われ、グラウンドには消防車が待機している。そこに風変わりな衣装の集団がやってくる。花火に点火するための火縄を持つ人に「危なくないのか」と聞くと「昔からやっているから」などと答える。日が暮れると、大きな筒状の花火を持つ男たちが火の粉を浴びながら歩き回り、それらを3つ合わせ20mの火柱を作り上げた。若者たちはその中で狂喜乱舞する。この祭りは遠州新居諏訪神社奉納煙火と呼ばれ、1984年の貞享年間から始まっていることがわかっている。戦国時代に鉄砲に使用されていた火薬を戦が少なくなった江戸時代に入ってから庶民の娯楽に転用したのが始まり。2日間の祭りで使用される手筒花火は2000本、火薬の量は1t。手筒花火の火薬はやけどしにくい配合で作られているが、花火を持つ人は「やはりあつい」とコメントする。


「消防車」に関連するイベント情報

平昌五輪

火災現場となったチェチョン市は韓国の地方都市で人口約13万人。首都であるソウルとは約120キロ離れており、オリンピック開催地である平昌とは約30キロ離れている。現場からの中継によると、死者が多かった2階を中心に激しく燃えた跡がある。火災から一夜明けた現在も数百人の消防隊員が活動しており、死者負傷者ともに29人ずつの情報に変わりはないが現在も捜索を続けているという。出火原因は調査中だが、被害が拡大した理由として、出火元から二階にかけて煙が急速に広がったとの見方を示している。韓国メディアによると、この火災があったビルの外壁は発泡スチロールを吹きつけその上からセメントを重ねる工法を用いており、延焼しやすいという。また、当時このビルの周辺には多くの車が駐車されており、消防車の到着が遅れたと指摘するメディアもあるという。有毒ガスについては現場では情報が錯綜しており、未確認だという。チェチョンではオリンピックの聖火リレーが行われる予定だったが、組織委員会から中止を言い渡されたという。


「消防車」に関連するイベント情報

九州場所

日馬富士は九州場所中には引退を考えていたという。そして千秋楽の日、日馬富士の名付け親の男性は福岡で日馬富士と面会し、夜中まで話したという。男性は、日馬富士のオーラがなくなったと認識して日馬富士の引退を認めたという。男性は日馬富士に「手を出したお前が悪い。」と言い、日馬富士もそのことを認めたという。こうして日馬富士は各界を去った。日馬富士は満足の行く勝負が出来た時、懸賞金を恩返しとして男性の下に持って来ていたという。だが、男性は日馬富士の将来のためその金に手をつけていない。また、日馬富士は男性に懐中時計を贈っていた。更に、日馬富士はこれまでモンゴルへ救急車や消防車を寄付し、1万本の植樹をしてきた。日馬富士と共にモンゴルへの支援を行っていたNPO法人代表の男性は「日馬富士をおいて右に出るものはいないと思っている。」等とコメントした。日馬富士の名付け親の男性も日馬富士の生き方が暴行事件の背景にあると言う。男性は「犯した罪は消すことはできない。」等とコメントした。男性は日馬富士の妻と電話で話した。この時、日馬富士は富士山の絵を描いていた。以前、日馬富士はスポーツ紙のインタビューで「僕は悲しい時に絵を描く。幸せな時は色が出ない。」と語っていた。