ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「消防車」の検索結果

「消防車」に関連するグルメ情報 55件中 1〜10件目

「消防車」に関連するグルメ情報

コーラ

中国ではコーラを振り、消化器代わりに使っている。消防署が本気で推奨している消化方法で、消防車が到着する前に行うことで燃え広がるのを防げるという。


「消防車」に関連するグルメ情報

タコ

続いて鮮魚の卸売場へ。施設が閉鎖されているため、温度や衛生面を徹底的に管理できるようになっている。市場での取り扱い量が一番多いのはマグロ、次がアジである。次に水産仲卸売場棟へ移動。ここでは492棟の水産仲卸が入っている。見学者はターレに乗る体験をすることができる。豊洲市場のオープン初日にはターレから出火し消防車が出動する騒ぎもあった。


「消防車」に関連するグルメ情報

銀サケ

続いて鮮魚の卸売場へ。施設が閉鎖されているため、温度や衛生面を徹底的に管理できるようになっている。市場での取り扱い量が一番多いのはマグロ、次がアジである。次に水産仲卸売場棟へ移動。ここでは492棟の水産仲卸が入っている。見学者はターレに乗る体験をすることができる。豊洲市場のオープン初日にはターレから出火し消防車が出動する騒ぎもあった。


「消防車」に関連するグルメ情報

マアジ

続いて鮮魚の卸売場へ。施設が閉鎖されているため、温度や衛生面を徹底的に管理できるようになっている。市場での取り扱い量が一番多いのはマグロ、次がアジである。次に水産仲卸売場棟へ移動。ここでは492棟の水産仲卸が入っている。見学者はターレに乗る体験をすることができる。豊洲市場のオープン初日にはターレから出火し消防車が出動する騒ぎもあった。


「消防車」に関連するグルメ情報

マグロ

続いて鮮魚の卸売場へ。施設が閉鎖されているため、温度や衛生面を徹底的に管理できるようになっている。市場での取り扱い量が一番多いのはマグロ、次がアジである。次に水産仲卸売場棟へ移動。ここでは492棟の水産仲卸が入っている。見学者はターレに乗る体験をすることができる。豊洲市場のオープン初日にはターレから出火し消防車が出動する騒ぎもあった。

豊洲市場の話題。見学した東山紀之は、衛生面にかなり気を使っていたなどと話した。月曜日からはマグロの競りも見学できる。ゆりかもめ市場前駅が最寄りで、始発は午前5時18分着。競りは午前5時半ごろから6時半ごろまで行われる予定。


「消防車」に関連するグルメ情報

太刀魚

初日を迎えた豊洲市場では水産仲卸業者である飯田社長も「移転の準備で毎日来てたから違和感がない」などと話した。しかし社員は機材の場所が把握しきれていないなど慣れていない様子だった。5時半ごろから始まった初競りが終わり、樋長は約250万円の大間のマグロなど合計4本を仕入れることが出来た。 一方朝早くから準備していた仲卸業者の魚屋旬は豊洲へのルートがわかりずらいとしながらも、初競りに参加しキンメダイや太刀魚など50種類以上を仕入れた。しかし市場内の物流がうまくいっておらず、出発の時間までに商品が届かなかったなどのトラブルもあった。 他にも警視庁などによると、一昨日の午前3時過ぎにターレが燃える火事が発生し、多くの消防車が駆け付けた。火事は市場関係者が消し止め、怪我人はいなかったとのこと。また60代の女性がターレ2台に接触し転倒するなどの事故も起きていた。また温度管理の問題も出ており、早くも不安の声が出ている。


「消防車」に関連するグルメ情報

キンメダイ

初日を迎えた豊洲市場では水産仲卸業者である飯田社長も「移転の準備で毎日来てたから違和感がない」などと話した。しかし社員は機材の場所が把握しきれていないなど慣れていない様子だった。5時半ごろから始まった初競りが終わり、樋長は約250万円の大間のマグロなど合計4本を仕入れることが出来た。 一方朝早くから準備していた仲卸業者の魚屋旬は豊洲へのルートがわかりずらいとしながらも、初競りに参加しキンメダイや太刀魚など50種類以上を仕入れた。しかし市場内の物流がうまくいっておらず、出発の時間までに商品が届かなかったなどのトラブルもあった。 他にも警視庁などによると、一昨日の午前3時過ぎにターレが燃える火事が発生し、多くの消防車が駆け付けた。火事は市場関係者が消し止め、怪我人はいなかったとのこと。また60代の女性がターレ2台に接触し転倒するなどの事故も起きていた。また温度管理の問題も出ており、早くも不安の声が出ている。


「消防車」に関連するグルメ情報

マグロ

83年の歴史に幕を閉じた築地市場から豊洲への移転に伴いトラブルが相次いた。一昨日、豊洲市場が会場され午前5時半から初めての競りが行われ、青森県三厩産のマグロが最高値428万円で落札された。競りには小池都知事も視察に訪れた。早くも東京江戸川区のフジマート西葛西店などのスーパーではカツオ、サンマ、生すじこなどを豊洲から仕入れていた。安全面などへの懸念から移転が一時ストップするなど紆余曲折を経て初日を迎えた豊洲市場、その直前築地からの移転も注目されていた。

初日を迎えた豊洲市場では水産仲卸業者である飯田社長も「移転の準備で毎日来てたから違和感がない」などと話した。しかし社員は機材の場所が把握しきれていないなど慣れていない様子だった。5時半ごろから始まった初競りが終わり、樋長は約250万円の大間のマグロなど合計4本を仕入れることが出来た。 一方朝早くから準備していた仲卸業者の魚屋旬は豊洲へのルートがわかりずらいとしながらも、初競りに参加しキンメダイや太刀魚など50種類以上を仕入れた。しかし市場内の物流がうまくいっておらず、出発の時間までに商品が届かなかったなどのトラブルもあった。 他にも警視庁などによると、一昨日の午前3時過ぎにターレが燃える火事が発生し、多くの消防車が駆け付けた。火事は市場関係者が消し止め、怪我人はいなかったとのこと。また60代の女性がターレ2台に接触し転倒するなどの事故も起きていた。また温度管理の問題も出ており、早くも不安の声が出ている。


「消防車」に関連するグルメ情報

マグロ

きょう開場した豊洲新市場だが、きょう午前3時前にターレ1台から出火するトラブルに見舞われた。それでもその後無事マグロの初競りが午前5時半に始まった。市場周辺では夜中からたくさんの車が集まり渋滞となったり、業者らが場内の温度の高さに困惑したりとトラブルが続発した。

豊洲市場初日のきょう午前3時前にターレ1台から出火し、消防車が場内へ。現場はトラックで混雑していた。火災は午前3時20分に鎮火。一時騒然とした雰囲気に包まれた。そんな中でも早朝から荷物を運び込む人々の姿がみられた。築地で69年間営業していたマグロ仲卸「樋長」も豊洲初日をスタート。築地は開放型だったが、豊洲は密閉型で湿度調整設備はなし。きのう社長は排水や湿度の不安を口にしていた。また競り場の不安も。冷却ファンや場内の反響によって競り人が何を言っているのかが聞き取りづらいという。競り場への道のりも長くなった。

築地では生/冷凍マグロが別々の場所で競りにかけられていたが、豊洲ではどちらも同じ場所。沢山のマグロが並べられ、マグロの初競りが始まると熱気に包まれた。記念すべき初競りで落とされたのは青森県三厩産マグロ。重さ214kgで、価格は428万円となった。一方、樋長は大間産マグロを仕入れ。売り場の温度は15℃高く、魚への影響を心配する店員の声も聞かれた。一方、競り落とされたマグロを買いに来る人にも困難。午前4時過ぎには場外で車が大渋滞。警察も出動し交通整理を行った。築地市場閉場からきょうまでは空白の4日間となっており、「ひさご寿司」は影響を受けた店のひとつ。5日間休み、店には魚が全くないという。店長は交通面への不安を口にしていた。

豊洲市場上空からの映像。築地市場から2.3km移動し、敷地面積は1.7倍となった。周辺道路は渋滞中。まったく動いていないように見える。今後対応が求められる部分とみられる。豊洲市場内から中継。ターレ専用道路は2〜3台分の幅で、3台並ぶとかなり狭くなる。ターレが箱にぶつかり、箱が損壊するなどのトラブルも起きている様子。マグロ専門卸売業者「樋長」には競り落としたばかりのマグロが並ぶ。きょうは7本落とし、解体作業を行っている。中でも138kgの大間産マグロが最大。社長はきょうを振り返り「慣れないところもあったが普通に市場の感じだった」「今の所排水の問題はないが、競り場は一部水が詰まったらしい。温度の課題もあると思う」などと話した。

社長は競り場の声の聞き取りについて「競りの時間に合わせて空調を止めてもらった。特別問題なく普通に競ることができた」と話した。LEDの照明に変わったことにより、魚の見極めが難しくなったことについては「少し色がぼやけてみえた。築地の時は感覚的にわかっていた。魚は見づらいなというのが印象」と話した。今後協議の必要があると考えられる。


「消防車」に関連するグルメ情報

マグロ

今日午前0時、豊洲市場開場。きょう午前3時、ターレが燃える火事が発生。消防車が出動し、すぐに消し止められケガ人なし。午前5時半頃はじめてのマグロの競りが開始。豊洲市場より中継。作業中の人の様子が流れた。競り落とした魚は水産卸売場棟から水産仲卸売場棟へ運ばれ、店頭に並ぶ。