ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「消防車」の検索結果

「消防車」に関連するホテル・温泉旅館 3件中 1〜3件目

「消防車」に関連するホテル・温泉旅館「消防車」に関連する観光・地域情報

第一ホテル

建設中のビルで火災が発生、黒煙が立ち上っている様子が日テレタワーのカメラが捉えていた。警視庁や東京消防庁によると今日午後2時頃、東京港区の新橋駅前の建設中の建物屋上付近から黒煙が上がり現在延焼しているとのこと。屋上には逃げ遅れた人が3人ほどいるといい、日テレタワーからも確認された。春川は「黒煙も上がっている段階ではヘリも近づけない」とコメントした。現在延焼中であり消防車など20台以上が消火活動にあたっているとのこと。煙は消化により白くなり勢いも衰えている。逃げ遅れた人の避難経路は確保されたとみられるが、まだ炎も確認されている。


「消防車」に関連するホテル・温泉旅館「消防車」に関連する観光・地域情報

千明仁泉亭

群馬県の伊香保温泉の老舗旅館「千明仁泉亭」で火災が発生。千明仁泉亭は明治の文豪である徳富蘆花が定宿にしており、小説「不如帰」の冒頭部分でこの宿が登場している。そして、旅館の横にあるのが温泉街のシンボルである石段で、千明仁泉亭は石段しかないため火事場に消防車がいけず消火に苦戦。約20人の宿泊客がいたが全員無事で、旅館の社長の妻が煙を吸い込み病院へ搬送された。

伊香保温泉は道が狭くこれだけの火事があると消火は難しいだろうと深澤は話す。今回出火したのは同じ敷地の中にある社長の自宅からで、社長の妻が軽傷を負った。被害は旅館の方の建物には至らず宿泊客も無事であった。この宿は徳富蘆花が定宿とし、与謝野晶子も旅館を訪れ詩を呼んでいる。


「消防車」に関連するホテル・温泉旅館「消防車」に関連する観光・地域情報

ホテルシーガリアマリン

釜石市の火災では現場まで消防車が通れる道がなく、消火活動が難航した。消防隊は海沿いから消火活動を行うために船で現場へ向かった。釜石市では136世帯348人に避難指示が出されたままで、未だ鎮火のめどは立っていない。