ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「消防車」の検索結果

「消防車」に関連するその他の情報 2053件中 1〜10件目

ツイッター

ロサンゼルスで行われたLGBTプライドは性的マイノリティーの人達の権利向上を訴えるため米国内外で開催されている。毎年6月はLGBTプライド月間と呼ばれている。9日、ウエストハリウッドの目抜き通りではレインボーカラーの衣装をまとった人達が練り歩いた他、消防車やパトカー、FBIの車両も参加した。トランプ大統領はツイッターで、「LGBTプライド月間を祝福する」と投稿したが、支持層のキリスト教保守派への配慮からLGBTの権利保護に消極的なスタンスで、参加者からは反発の声が上がっている。


アライグマ

アメリカで、野生のアライグマが電線に登り降りれなくなった。通報を受けた消防隊員が大型の消防車を使い無事救助されケガもなく無事に森へ帰された。


Google Earth

ポーランドの首都ワルシャワで、高層ビルを素手で登る男がいた。道具は一切使っていない。命綱もない。地上では野次馬と消防車両がみられた。高さは約170m。壁面は窓以外はない垂直の壁。屋上まで登りきったが、男はこの後警察に逮捕されたという。観客からは歓声があがった。


相模原市

神奈川・相模原市で午後3時過ぎメッキ工場の従業員から「爆発音がして工場が燃えている」と通報があった。消防車など12台が消火活動にあたっているがまだ火は消し止められていない。この火災で従業員の男性1人が軽いやけどをした。市は異臭が広がっているとして付近の住民に公民館への避難を呼びかけている。


カリタス学園

現場で動きがあったようだ。記者に現場の様子を伝えてもらう。現場では、ほとんど撤収作業のようなものが行われていて、先程まで居た消防車や救急車は居なくなっている。そして鑑識の人も、しゃがみこんで作業をしている様子はない。道路に置かれた数字の看板の場所に血痕があったり被害者が倒れていた印のようなもの。これを込みで写真を撮り、今後の刑事裁判での証拠として扱うことになる。まだカリタス学園と書かれたバスは停まっている状態。おそらくこのあたりが事件現場ではないかと推測される。

改めて現場の様子を整理する。登戸第一公園付近が現場となる。さらに南武線沿いを 西側、北側に行くとカリタス学園がある。いま現場は撤収作業が行われているということだが、今後どういった事が行われるのかという質問に対し、青木良樹は、数字が書いた看板の位置に、血痕や遺留物があった、犯人がすでに身柄を確保されていることから現場の遺留物の捜査よりは犯人の捜査、学校との関係などに重点が置かれる。今後の対応については捜査本部が立ち上がり、神奈川県警の捜査一課を中心とした捜査体制が組まれ、今回の犯行の動機が調べられる。また、ぶっ殺してやると叫びながら子どもたちを襲っている、さらにバスの中に入って犯行を繰り返しているということ。この男が発作的に何らかのストレスを抱えて犯行を起こしたのかあるいはこの学校と何らかの接点があるのかということなどを重点に置いた捜査が行われる。また、被疑者が心肺停止状態ということに関しては、非常に捜査の障害となる。この男の容態が回復しない限りは、捜査が進展しない。


小田急線

今日午前7時40分頃川崎市の登戸駅付近の登戸第1公園で子供と大人が刺され計19人けが、小学生の女の子2人と30代男性の3人が心肺停止、ほか3人重傷の事件。刺した男は40代〜50代とみられ、その場で身柄を確保、自殺を図り意識不明の状態。男が突然スクールバスに乗り込んで包丁2本持って小学生らを刺していった。福本容子は「子供たちの心のケアが必要」と話した。

川崎市登戸駅付近の中継。周辺には警察車両、消防車両、救急車両が駆けつけ今でも警察による調べが進んでいる。朝は小学生が多い時は100人位スクールバスを待っていて、バスが何回か巡回してここから1kmほどの学校に送り届けていた。

中継現場から50m位先のコンビニエンスストアの看板の右当たりの場所で60代〜70代くらいの女性が血まみれで倒れていた。その少し奥のブルーのネットに囲われた建設中のアパートの前の歩道でも20代〜30代くらいの男性が倒れていて心臓マッサージを受けていた。その男性の近くに人が倒れていて意識を失っていた。犯人は自身の首を刺し重傷。


登戸駅

今日午前7時40分頃川崎市の登戸駅付近の登戸第1公園で子供と大人が刺され計19人けが、小学生の女の子2人と30代男性の3人が心肺停止、ほか3人重傷の事件。刺した男は40代〜50代とみられ、その場で身柄を確保、自殺を図り意識不明の状態。男が突然スクールバスに乗り込んで包丁2本持って小学生らを刺していった。福本容子は「子供たちの心のケアが必要」と話した。

川崎市登戸駅付近の中継。周辺には警察車両、消防車両、救急車両が駆けつけ今でも警察による調べが進んでいる。朝は小学生が多い時は100人位スクールバスを待っていて、バスが何回か巡回してここから1kmほどの学校に送り届けていた。

中継現場から50m位先のコンビニエンスストアの看板の右当たりの場所で60代〜70代くらいの女性が血まみれで倒れていた。その少し奥のブルーのネットに囲われた建設中のアパートの前の歩道でも20代〜30代くらいの男性が倒れていて心臓マッサージを受けていた。その男性の近くに人が倒れていて意識を失っていた。犯人は自身の首を刺し重傷。


登戸駅

神奈川県警によると、午前7次45分ごろ川崎市・登戸の登戸第一公園付近で登校中の複数の小学生らが男に刺されたとのこと。消防などによると小学生などは少なくとも11人がけがをしている。また警察によると大人4,5人と子供7,8人がいるところで切りつけられ、大人1人が心肺停止の状態だという。なお男の身柄は確保されている。現在の登戸の上空の中継で、現場付近は通行止めで救護活動、捜査している映像をうつした。被害者は小学生が多数だが性別などはまだわかっておらず、すぐに救急車で運び出さずその場での救護活動をしている状態。また救護のテントは公園から少し離れた位置に設置されていて、消防車両やパトカーなど多数あり道路を封鎖するように止められているとのこと。通報は今から50分前ほどで、子供たちはちょうど通学のタイミングで男がいきなり次々と指してきた状況だったのではと伝えた。現場から50m先にいるスタッフとの通話で、2名担架で運ばれているのは目視したと話し、救急隊の数をみるとけが人も多く感じるとのこと。新たな情報として、警察は大人一人と子供一人の心肺停止の状態と追加して伝えた。古坂大魔王は小学生の通学で大人が付いていても事件が起こってしまうと、もう何も対策の術がないとコメントした。元刑事の吉川裕二さんとの通話で、容疑者は今後動機などが判明するだろうが、通常の人の犯行ではない。凶器も小さいものではない、被害者の大人は子供を庇おうとした可能性もあると話した。川崎市消防局は現場には複数人けが人がいて、救急車8台、消防車8台が出動しドクターカーも出ていて、優先順位などを見極めて救護活動を行っている。通学通勤の人通りが多い時間に犯行に及んだのは、捕まることも想定していたのではと中江有里がコメントした。

川崎市上空からの中継でけが人の数が19人にのぼると伝えられた。地上のカメラ映像が流れ、すでに搬送されたけが人もいるが多くは現場に残って手当を受けていると思われると述べられた。けが人の中には小学生が含まれている。また小田急線と南武線は現在通常運行と伝えられた。


南武線

神奈川県警によると、午前7次45分ごろ川崎市・登戸の登戸第一公園付近で登校中の複数の小学生らが男に刺されたとのこと。消防などによると小学生などは少なくとも11人がけがをしている。また警察によると大人4,5人と子供7,8人がいるところで切りつけられ、大人1人が心肺停止の状態だという。なお男の身柄は確保されている。現在の登戸の上空の中継で、現場付近は通行止めで救護活動、捜査している映像をうつした。被害者は小学生が多数だが性別などはまだわかっておらず、すぐに救急車で運び出さずその場での救護活動をしている状態。また救護のテントは公園から少し離れた位置に設置されていて、消防車両やパトカーなど多数あり道路を封鎖するように止められているとのこと。通報は今から50分前ほどで、子供たちはちょうど通学のタイミングで男がいきなり次々と指してきた状況だったのではと伝えた。現場から50m先にいるスタッフとの通話で、2名担架で運ばれているのは目視したと話し、救急隊の数をみるとけが人も多く感じるとのこと。新たな情報として、警察は大人一人と子供一人の心肺停止の状態と追加して伝えた。古坂大魔王は小学生の通学で大人が付いていても事件が起こってしまうと、もう何も対策の術がないとコメントした。元刑事の吉川裕二さんとの通話で、容疑者は今後動機などが判明するだろうが、通常の人の犯行ではない。凶器も小さいものではない、被害者の大人は子供を庇おうとした可能性もあると話した。川崎市消防局は現場には複数人けが人がいて、救急車8台、消防車8台が出動しドクターカーも出ていて、優先順位などを見極めて救護活動を行っている。通学通勤の人通りが多い時間に犯行に及んだのは、捕まることも想定していたのではと中江有里がコメントした。

川崎市上空からの中継でけが人の数が19人にのぼると伝えられた。地上のカメラ映像が流れ、すでに搬送されたけが人もいるが多くは現場に残って手当を受けていると思われると述べられた。けが人の中には小学生が含まれている。また小田急線と南武線は現在通常運行と伝えられた。


小田急小田原線

神奈川県警によると、午前7次45分ごろ川崎市・登戸の登戸第一公園付近で登校中の複数の小学生らが男に刺されたとのこと。消防などによると小学生などは少なくとも11人がけがをしている。また警察によると大人4,5人と子供7,8人がいるところで切りつけられ、大人1人が心肺停止の状態だという。なお男の身柄は確保されている。現在の登戸の上空の中継で、現場付近は通行止めで救護活動、捜査している映像をうつした。被害者は小学生が多数だが性別などはまだわかっておらず、すぐに救急車で運び出さずその場での救護活動をしている状態。また救護のテントは公園から少し離れた位置に設置されていて、消防車両やパトカーなど多数あり道路を封鎖するように止められているとのこと。通報は今から50分前ほどで、子供たちはちょうど通学のタイミングで男がいきなり次々と指してきた状況だったのではと伝えた。現場から50m先にいるスタッフとの通話で、2名担架で運ばれているのは目視したと話し、救急隊の数をみるとけが人も多く感じるとのこと。新たな情報として、警察は大人一人と子供一人の心肺停止の状態と追加して伝えた。古坂大魔王は小学生の通学で大人が付いていても事件が起こってしまうと、もう何も対策の術がないとコメントした。元刑事の吉川裕二さんとの通話で、容疑者は今後動機などが判明するだろうが、通常の人の犯行ではない。凶器も小さいものではない、被害者の大人は子供を庇おうとした可能性もあると話した。川崎市消防局は現場には複数人けが人がいて、救急車8台、消防車8台が出動しドクターカーも出ていて、優先順位などを見極めて救護活動を行っている。通学通勤の人通りが多い時間に犯行に及んだのは、捕まることも想定していたのではと中江有里がコメントした。