ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「消防車」の検索結果

「消防車」に関連するその他の情報 2042件中 1〜10件目

南海放送

17日午後10時半頃、愛媛・四国中央市で「山火事です」と消防に通報があった。火は強風にあおられて燃え広がり、消防車が駆けつけるも消火活動は難航。消防によればけが人の情報はないが、火は山林約30ヘクタール以上を焼いた。延焼のおそれはなくなったものの、鎮火のめどは立っていない。


円通寺

今日午前10時半過ぎ、愛知県岡崎市の円通寺で隣の保育園から通報があった。消防車など16ダオが出動し、火は約4時間後に消し止められたが、園児ら約200人が避難する騒ぎとなった。


Google

京都・亀岡市にあり、車で走ること30分の場所にある北摂ローズタウンは80年代に誕生した標高500m超の夢のマイホームタウン。だが、町中の土地は売地のまま。人の気配もなく、手入れもされていない。町の人も「車が運転できなくなったらどうしよう」「救急車が来るのに20〜30分。そこから病院行くのも20〜30分かかる」などと述べており、前に火事が2回ほど起こったことがあるそうだが、消防車がすぐ来れないためにバケツリレーで消火活動にあたっていたという。


Google Earth

京都・亀岡市にあり、車で走ること30分の場所にある北摂ローズタウンは80年代に誕生した標高500m超の夢のマイホームタウン。だが、町中の土地は売地のまま。人の気配もなく、手入れもされていない。町の人も「車が運転できなくなったらどうしよう」「救急車が来るのに20〜30分。そこから病院行くのも20〜30分かかる」などと述べており、前に火事が2回ほど起こったことがあるそうだが、消防車がすぐ来れないためにバケツリレーで消火活動にあたっていたという。


北摂ローズタウン

京都・亀岡市にあり、車で走ること30分の場所にある北摂ローズタウンは80年代に誕生した標高500m超の夢のマイホームタウン。だが、町中の土地は売地のまま。人の気配もなく、手入れもされていない。町の人も「車が運転できなくなったらどうしよう」「救急車が来るのに20〜30分。そこから病院行くのも20〜30分かかる」などと述べており、前に火事が2回ほど起こったことがあるそうだが、消防車がすぐ来れないためにバケツリレーで消火活動にあたっていたという。

住民らはこのニュータウンの現状が購入時に業者から聞いた話からかけ離れていることに戸惑っていた。業者が話していたスーパーマーケットやモノレールができることはなく、住民は「騙された気分」だと述べていた。また、この町は井戸から水を汲み上げており、先日も水が止まるなどトラブルが多い。いつ水が止まっても良いように、この町の住民は常に生活用水を確保している。去年発生した台風21号によって町の中心を通る道が陥没しているが、1年経った今も当時のまま。

亀岡市長によると、事業者が安い山林を買って住宅にし、新たな一戸建てを買いたい人に販売した結果だという。ニュータウン「北摂ローズタウン」は80年代に開発業者が山林を宅地化したが、ここの開発というのは民間開発で行政指導が入っていない。さらに開発業者はバブル崩壊とともに倒産し、モノレール・スーパーの開発がストップ。市街地から車で30分かかるこの町は高齢化が進み、住民が減少。開発当初は500戸の入居予定だったが、現在では40戸。空き家や荒れ地が増えていった。

このような町で大変なのが通勤通学で、北摂ローズタウンに住む唯一の10代である森琴音さん(中3)はいつも朝5時に起きており、朝食後は6時50分に家を出る。最寄り駅まで車で40分であり、そこから電車で15分。さらに歩いて20分かけて学校に到着する。この町で生まれ育った琴音さんは鹿やクマ、アライグマ、イノシシなどの野生動物に遭遇したことがあるそうで、「最初はびっくりしたけどだんだん慣れてきた」などと述べていた。

琴音さんが朝5時に起きても学校に着くのは8時30分ぎりぎり。下校は寄り道せずにまっすぐ帰っても夜7時を過ぎる。この日は小学校の同級生である美奈さんが遊びに来た。彼女は隣のニュータウンに住んでおり、町には中学生が美奈さん1人で、小学生が2人いるという。琴音さんによれば、北摂ローズタウンには自動販売機はないという。

不便さを感じながらも、この町に暮らす住人たちは「私達にとってここでの25年の生活が結構。静かだし、誰にも迷惑がかからない」「井戸水が冷たいから、夏そうめん茹でて冷やすと氷いらない。マイホームだし出て行きたくない」「夏は最高。クーラーがいらない。不便だけど自分は気に入っている」などと述べていた。

国交省によるとニュータウンは1955年度以降に開発されたもので、計画戸数が1000戸以上または計画人口が3000以上などの定義があり、現段階でニュータウンは全国で2022か所ある。池本さんはニュータウンの問題について「氷山の一角で、これからたくさんの問題がでる」とした。また、北摂ローズタウンについて池本さんは会社が倒産し私有地のままであることが問題だったとした。郊外のニュータウンは交通が不便なため人口の循環起こりにくい高齢化の問題が出やすいと池本さんは指摘した。

池本さんによると、閑静な住宅街より都心に近い住宅街のほうが人気があると話した。ニュータウンの問題には一斉入居により一斉高齢化の現象があると池本さんが指摘した。一方で、高齢化しなかったニュータウンにはユーカリが丘はあえて段階的に分譲することにより新しい子育て世代が入居する。ユーカリが丘は高齢化を見据えて、モノレールなどを通したとのこと。また、イオンタウンなどの商業施設があり、池本さんは街の魅力をイオンさんが認めたと話した。現在はユーカリが丘では高齢向けての住宅を作って、 空いたところリノベーションして売りに出している。


喉の違和感

きのう早朝、茨城県常総市の廃材置き場で大規模な火災が発生した。敷地内には転売用の中古家電などが置いてあったという。消防車など約20台が消化活動にあたったが火の勢いは収まらなかった。常総市教育委員会によると付近の小学校に通う児童ら25人が目の痛みや喉の違和感を訴えた。神大実小学校では午後から予定していた陸上競技大会を煙の影響で中止した。24時間以上経過したが鎮火しておらず消火活動が続いている。


目の痛み

きのう早朝、茨城県常総市の廃材置き場で大規模な火災が発生した。敷地内には転売用の中古家電などが置いてあったという。消防車など約20台が消化活動にあたったが火の勢いは収まらなかった。常総市教育委員会によると付近の小学校に通う児童ら25人が目の痛みや喉の違和感を訴えた。神大実小学校では午後から予定していた陸上競技大会を煙の影響で中止した。24時間以上経過したが鎮火しておらず消火活動が続いている。


神大実小学校

きのう早朝、茨城県常総市の廃材置き場で大規模な火災が発生した。敷地内には転売用の中古家電などが置いてあったという。消防車など約20台が消化活動にあたったが火の勢いは収まらなかった。常総市教育委員会によると付近の小学校に通う児童ら25人が目の痛みや喉の違和感を訴えた。神大実小学校では午後から予定していた陸上競技大会を煙の影響で中止した。24時間以上経過したが鎮火しておらず消火活動が続いている。


水海道駅

茨城県常総市・坂手町の廃材置き場で火災が発生している。午前6時過ぎには金属くずが燃えていると通報があり、廃材置き場の全域が燃える形となっていて、現場では壁の外に燃え広がらないように廃材の撤去が行われていたが、けが人の情報はない。周りには田畑や農場が広がり住宅街まで1kmの場所にある。このあたりは田畑や工場によって道が広くないことで消防車が入っていけないことも問題となっている。また、煙が流れている北側には工場があり延焼の可能性もある。


JR常磐線・大甕駅

今日午後4時頃、茨城県日立市大みか町の住宅で「1階から火が出ている」と110番通報があった。このカシアで2階建ての住宅は焼け、隣の家もほぼ全焼した。消防車など15台が出動し消火活動に当たり、之以上延焼拡大する恐れはないという。焼け跡からは2人の遺体が見つかり、火元の住民と連絡は取れていないことから警察は、遺体がこの家に住む2人とみて身元の確認を急いでいる。