ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「消防車」の検索結果

「消防車」に関連する情報 2246件中 51〜60件目

Yahoo! 官公庁オークション

埼玉・川越市に住む小ノ澤辰範さんは消防車のミニカーを約500台保有。海外旅行でも各国の消防署を巡るという。結婚19年目の小ノ澤さんはお見合い写真も消防車と一緒だった。小ノ澤さんは小学3年の時に見た働く消防隊の活躍を見て憧れたのがキッカケだという。消防官の試験も受けたが年齢制限などから消防士を断念した。現在は火災放置機の会社で勤務しおり、好き過ぎるあまりにオークションで68万円で消防車を購入したという。


ホーチキ

埼玉・川越市に住む小ノ澤辰範さんは消防車のミニカーを約500台保有。海外旅行でも各国の消防署を巡るという。結婚19年目の小ノ澤さんはお見合い写真も消防車と一緒だった。小ノ澤さんは小学3年の時に見た働く消防隊の活躍を見て憧れたのがキッカケだという。消防官の試験も受けたが年齢制限などから消防士を断念した。現在は火災放置機の会社で勤務しおり、好き過ぎるあまりにオークションで68万円で消防車を購入したという。


成田国際空港

「禁断!成田空港の超裏側」と題し、松本が1つ目に「空港にしかない化学消防車」と称して成田国際空港の舞台裏を取材。成田国際空港は航空法に基づいて自衛消防組織が作られており、24時間体制で待機している。また成田国際空港には「HRET型 空港用化学消防車 ストライカー6×6」が配備されており、松本が見学し、放水を体験した。成田国際空港の自衛消防組織は年間約300件の出動があり、些細なことでも安全を守っている。

「禁断!成田空港の超裏側」2つ目「トイレにイケない緊張感」では、松本は空港で司令塔たちが働くランプコントロールタワーを見学。成田国際空港では国土交通省の職員が働く管制塔と、成田空港の職員が働くランプコントロールタワーがあり、分担して飛行機誘導を行っている日本唯一の空港。ランプコントロールを行う職員により、ピーク時間は2分に1機のペースで着陸があり、混雑時間帯はパイロットと1時間しゃべり通しなどと紹介した。また成田国際空港では滑走路はアスファルト、駐機場にはセメントが使用されており、駐機場は飛行機の重さで地面が沈まないように硬いセメントを使用しているなどと説明した。

「禁断!成田空港の超裏側」3つ目「飛行機の両翼機は燃料タンクだった」では、松本はANA広報の案内で飛行機が駐機場に入ってくる「ブロックイン」の様子を見学した。成田国際空港では離着陸時には1便につき6名前後の作業員が待機し、手荷物の積み下ろしなどの作業にあたっている。1つのコンテナには約40個の手荷物が搭載されており、その手荷物がどのようなルートで乗客のもとに戻ってくるのかを撮影した映像を紹介した。飛行機は両翼が燃料タンクになっており、両翼に燃料を入れることで重りにもなっているなどと説明した。

「禁断!成田空港の超裏側」4つ目「Wi-Fiは意外なところに」では、松本は整備場に立ち寄り、飛行機を真上から見学した。さらに5つ目「飛行機はバックができない!?」では、バックが出来ない飛行機をバックさせるために必要な特殊車両に松本が潜入して取材し、車で飛行機を押し出す「プッシュバック」を体験した。


京都市消防局

千葉市消防局の消防車29台が過積載だったことがわかった。過積載が判明したのは1999〜2017年度配備の水槽付きポンプ車や化学ポンプ車など計29台。去年、京都市消防局で同様の問題が発覚し、千葉市消防局が調べたところ過積載が見つかった。今年2月以降は資機材や積む水の量を減らし、過積載の状態を解消した。


産経新聞

放火をした少年達は燃やしたままあとを見ずに消防車が来ても何も関係なくどこか違う場所で火をつけたりし捕まらないことが多いと松永達也は答えた。


JR赤羽駅

北区赤羽はかつて飲み屋街のイメージが強かったが最近はおしゃれな店も増え交通の便もよく住みやすい街と注目されている。救急車が来ていて、見ていた警備員は自転車が車止めに衝突し、乗っていた男性が投げ出されたという。現場は赤羽駅から徒歩5分の急な坂道で坂途中には用治安があるため自転車を降りるよう呼びかけているが、乗ったまま多くの人が通り、事故も起きているという。取材班の呼びかけにも応じず、毎日通る人は「赤羽は自転車マナーが悪い」とした。放置自転車ワースト1位の赤羽駅周辺では一部の人のマナーが問題になっている。

東口にある商店街は昼の12時から夜8時まで自転車は降りるようルールを定めているが多くの人が自転車を降りず、取材班が注意をするがすり抜けてしまう。ある男性に注意を促すと逆上された。駅構内では降りて通行するようお願いしているが乗り入れ族が横行する。インタビュー中にも敷地内を堂々と通った。

赤羽の駅入り口ではたくさんの自転車が放置されていて、駅構内にも放置されている。東口から徒歩二分の道路では整理区域にもかかわらず状況は更に悪化していて、100台近く放置されていて条例違反。地元の人は「見慣れた」としている。赤羽駅は都内で放置自転車が最も多い駅として3年連続でワースト1位。数は1日約450台、毎日撤去していて費用は1台1万以上かかり、年間2億円にのぼるという。ルールを破る人は後を立たず、点字ブロックの上に放置している女性はそのまま立ち去った。特に多いのが西口、昼過ぎから放置が始まり100台近くに膨れ上がる。この状態では付近のビルで火災があった場合消防車が通れず、整理区域に指定されている。


中部電力

午後2時ごろ、三重・尾鷲市の中部電力、尾鷲三田火力発電所の関係者から「敷地内の変圧器が燃えている」と通報があった。消防車7台が現在も消火活動を行っている。老朽化で去年廃止されており、出火当時は解体作業が行われていた。


尾鷲三田火力発電所

午後2時ごろ、三重・尾鷲市の中部電力、尾鷲三田火力発電所の関係者から「敷地内の変圧器が燃えている」と通報があった。消防車7台が現在も消火活動を行っている。老朽化で去年廃止されており、出火当時は解体作業が行われていた。


吹塚・天神橋

埼玉・川島町の吹塚・天神橋で午後1時半ごろ、「橋でネットが燃えている」と通行人から119番通報があった。消防車など約7台が駆けつけ消火活動を行った。けが人はおらず午後2時14分ごろに火はほぼ消し止められた。工事のために橋に設置されたネットが燃えたとみられている。


戸田パブリックゴルフコース

5台の消防車を計600万円で購入したという石渡さんを取材した。所有するゴルフ場の芝生に散水するために使っているという。スプリンクラーと違って移動できることが最大の利点。さらに、移動式自動販売機としても使われており、売上も好調。ほかにも、消防車は漁師が網を洗うのに大活躍している。