ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「潮田玲子」の検索結果

「潮田玲子」に関連する情報 1264件中 1〜10件目

「潮田玲子」に関連するイベント情報

バドミントン香港オープン

バドミントン香港オープン女子ダブルス準決勝で、永原和可那・松本麻佑組が、チャン イェナ・キム ヘリン組に敗れた。

バドミントン女子ダブルスの世界ランキングは、福島・廣田ペアが1位で、永原・松本ペアが2位、高橋・松友ペアが4位となっている。永原・松本ペアは、高い打点が武器。潮田玲子が、バドミントン女子ダブルスの代表争いについて解説した。


「潮田玲子」に関連するイベント情報

ロンドン五輪

Jリーガー、増嶋竜也と元バドミントン日本代表・潮田玲子のプロポーズを紹介。プロポーズは潮田がロンドン五輪への出場を決めた際に増嶋からホテルでの食事に誘われ、バラの花弁が散らされた部屋でプロポーズを受けたという。しかし、潮田は返事を保留しOKしたのは後日になってからだったとのこと。当時について増嶋は「恥ずかしくて言いたくない」などと話した。また、潮田は返事をしなかったことについて「部屋が暗くて指輪がよく見えなかった」などと理由を述べた。


「潮田玲子」に関連するイベント情報

北京五輪

Jリーガー、増嶋竜也と元バドミントン日本代表・潮田玲子のプロポーズを紹介。プロポーズは潮田がロンドン五輪への出場を決めた際に増嶋からホテルでの食事に誘われ、バラの花弁が散らされた部屋でプロポーズを受けたという。しかし、潮田は返事を保留しOKしたのは後日になってからだったとのこと。当時について増嶋は「恥ずかしくて言いたくない」などと話した。また、潮田は返事をしなかったことについて「部屋が暗くて指輪がよく見えなかった」などと理由を述べた。


「潮田玲子」に関連するイベント情報

ラグビーW杯

松島幸太朗は高校3年生のときに出場した全国大会・準決勝で100mの独走トライを決め、一度も優勝できなかった桐蔭学園を優勝に導いた。その直後松島は2019年W杯で日本代表で出場することが目標と話していた。

日本代表の応援にやってきたのは田中史朗の家族。現在34歳で今回のW杯はラグビー人生の集大成を考えていた。番組では田中の家族に密着。アイルランド戦、途中出場した田中は後半19分、自分を起点に逆転トライを演出。試合終了時には妻・智美さんは涙を流した。スコットランド戦2日前、一家は近所の神社にお参りに訪れた。智美さんは田中について年齢的にも途中出場で疲労はあるみたいですごくしんどいと話していた。ラグビーにかける思いは理解しているつもりなので、大一番には力を発揮してくれると思うと話した。また田中は子どもたちが作った手作りのお守りを持っていた。田中は2011年に結婚。智美さんはバドミントンの元実業団選手で潮田玲子と同じチームだったが、結婚を機に引退し田中を支えることを選んだ。料理ノートにはトレーニングに合わせ食事内容を細かく変えていた。智美さんは田中には完全燃焼して現役を終えて欲しいと話した。迎えたスコットランド戦。後半10分に田中が途中出場。田中のスパイクはこの日のための特注品で左足にはこれまで出場したW杯、右足には家族全員の名前が書かれていた。W杯後田中は初めて家族と再会した。

姫野和樹が母校の中部大学春日丘高校へ。高校時代について姫野は女の子3人に大好きですと言われた。ネクタイもブレザーもなくなった。高校1年のときに3年の先輩を付き合っていたと話した。

姫野と同じラグビー部だった親友・森川裕斗さんはヒゲを剃っている写真を紹介。身だしなみにこだわっていて、毎日休み時間はヒゲを剃っていたと話した。スコットランド戦のスタンドには同級生の森川さんと加藤紘朗さんが駆けつけていた。加藤さんは当時姫野と違う大学に進学していたが、大学3年の時に白血病を発症。一方姫野は大学で活躍。そんなある日姫野がお見舞いに。姫野は監督に加藤さんを励ますため直談判して駆けつけた。加藤さんは入院中に貰ったメッセージ入りのTシャツを大切に持っていた。加藤さんは現在普通の生活ができるまで回復した。また姫野は高校時代に代表候補に入ったが敵わず挫折を経験。そこから肉体改造をした。


再春館製薬所

潮田玲子がフクヒロペアの注目プレーを解説。特にドロップショットの際に福島が前に出た動きが良かったと話した。フクヒロペアは2−1で勝利した。


再春館製薬所

バドミントンS/Jリーグに福島由紀・廣田彩花ペアが参戦。志田・松山ペアと対戦した。潮田玲子が試合を解説。


「潮田玲子」に関連するイベント情報

東京オリンピック

日本代表の中での立ち位置をサザエさんで例えた。堀江翔太は中島くん、福岡堅樹はタマに自身を例えた。堀江・福岡はジャパンラグビートップリーグ2020の告知をした。潮田玲子は自身をサザエさんのキャラクターに例えるとタイ子さんだと話した。


「潮田玲子」に関連するイベント情報

ジャパンラグビートップリーグ 2020

日本代表の中での立ち位置をサザエさんで例えた。堀江翔太は中島くん、福岡堅樹はタマに自身を例えた。堀江・福岡はジャパンラグビートップリーグ2020の告知をした。潮田玲子は自身をサザエさんのキャラクターに例えるとタイ子さんだと話した。


ジャニーズ事務所

9月30日生まれの著名人は石原慎太郎さんや潮田玲子さん、東山紀之さんなど。


「潮田玲子」に関連するイベント情報

ラグビーW杯

アジア初開催のラグビーW杯日本大会が開幕した。会場では男性だけでなく女性や子供のファンも多くおり、日本を応援する外国人もいた。会場の近くではフェイスペイントのサービスも行われていた。午後6時30分に開会式がスタートした。日本文化をプロジェクションマッピングとダンスで表現、歌舞伎の市川右團次さん・右近さん親子が登場して連獅子を披露した。

日本の対戦相手は世界ランク20位のロシア。ロシアはフィジカルを活かしたパワープレーが得意。日本とは去年11月に対戦した。結果は日本の勝利だったが僅差だった。パワー相手に欠かせないのがスピードとテクニック、そのキーマンとなるのが松島幸太朗選手。鋭いステップとスピードで翻弄する。ステップを生み出しているのが美しいヒップライン。女性・子供にも大人気。日本とロシアの試合が始まり、その前半4分でロシアに先制トライされた。その7分後に反撃、ラファエレの芸術的なオフロードパスから松島がトライ。しかしトライ後のキックは決まらず、同点とはならなかった。前半34分、チャンスが生まれ松島がトライ。しかしビデオ判定でノックオンとなり、認められなかった。それでも日本は攻め続け、前半38分で松島が逆転トライに成功し、12対7で前半終了した。

海外ラグビーファンにとって試合観戦のビールは文化。前回大会のスタジアム内のビール消費量は中ジョッキ換算で約370万杯分。今回大会の勝ち点システムでは4トライ以上で1点つく。後半2トライ奪って勝利が目標。後半3分、田村優がペナルティーキックを決めて15対7に。その3分後、日本が相手からボールをむしりとるパワープレーも見せ、ピーターがトライに成功。その後、松島が4トライ目をし、日本代表史上初のW杯ハットトリックを決めた。このトライの直前はロシアが大チャンスだったがロシアの選手の体力が消耗していてそのチャンスを潰した。そしてさらに田中がボールをキックしてロシアを後ろに走らせてさらに消耗させてミスキックを誘い、そこから日本が足で勝負に出てトライが決まった。そして日本は30対10で勝利し、勝ち点5を上げた。

初戦の難しさやかたさが見られた日本代表。中山さんは、ボールが手に付かないようだったと言った。ロシアの選手は倒れてから起き上がるのが遅くなっていった。最後は選手たちが、さまざまなペースを決めるという。リーチ・マイケル選手が、指示を出していたという。初戦は緊張すると潮田玲子さんがいう。ボランティアの人たちが笑顔で送っていたという。おもてなしの気持ちがあったと笛吹さんがいう。日本の第2戦はアイルランド代表との試合だ。