ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「潮田玲子」の検索結果

「潮田玲子」に関連する情報 1267件中 41〜50件目

青山学院大学

田中理恵、浅尾美和、小椋久美子、潮田玲子らルックスが注目される女性アスリートを紹介。ルックスが良いことが得なのか、プレッシャーに働くなど損することなのか、今だから話せる本絵に迫る。まず美人すぎるハードラー城下麗奈。2010年アジア大会で女子100mハードルで日本代表。多くの注目を集めたのは金髪にイメチェンしへそピアスなど、特集記事が組まれていた。しかし2010年のアジア大会の100mハードル予選で倒れてゴールするアクシデントが。メディアは転んでも美人とグラビアっぽく表示た。城下は2013年に現役を引退。東京町田市で現在の城下を取材。引退後6年で2児のママ。現在はランニングスクールのコーチ。メディアについて転んで取り上げられるのはショックと語る。へそピアスを開けたことで批判を受けないように練習を頑張ったと語る。競技力も上がったと語り成績は伸び、2年で日本代表に選出されるまでになったという


グレンチェックジャケット

コーデバトルでは真っ赤なマンパスタイルに大変身した潮田玲子さんのガチ私服。夫婦円満の秘訣を聞くと当初はぶつかっていたがグレーにする事を覚えたという。私服の総額はおよそ20万5000円で評価はちょいモテと述べられた。キレイ系アイテムにヨゴレ系ボトムズの合わせにブーツのテイストミックスがとても上手と語られたが、ボトムスの丈のバランスがイマイチだという。デニムパンツの丈を直し、トレンドのジャケットもプラスしよりおしゃれになった。テイラードのジャケットを着るだけでおしゃれっぽくなり、ボトムスは一折してよりダメージ感が出された。


ショルダーバッグ

コーデバトルでは真っ赤なマンパスタイルに大変身した潮田玲子さんのガチ私服。夫婦円満の秘訣を聞くと当初はぶつかっていたがグレーにする事を覚えたという。私服の総額はおよそ20万5000円で評価はちょいモテと述べられた。キレイ系アイテムにヨゴレ系ボトムズの合わせにブーツのテイストミックスがとても上手と語られたが、ボトムスの丈のバランスがイマイチだという。デニムパンツの丈を直し、トレンドのジャケットもプラスしよりおしゃれになった。テイラードのジャケットを着るだけでおしゃれっぽくなり、ボトムスは一折してよりダメージ感が出された。


ショートブーツ

コーデバトルでは真っ赤なマンパスタイルに大変身した潮田玲子さんのガチ私服。夫婦円満の秘訣を聞くと当初はぶつかっていたがグレーにする事を覚えたという。私服の総額はおよそ20万5000円で評価はちょいモテと述べられた。キレイ系アイテムにヨゴレ系ボトムズの合わせにブーツのテイストミックスがとても上手と語られたが、ボトムスの丈のバランスがイマイチだという。デニムパンツの丈を直し、トレンドのジャケットもプラスしよりおしゃれになった。テイラードのジャケットを着るだけでおしゃれっぽくなり、ボトムスは一折してよりダメージ感が出された。


ダメージデニム

コーデバトルでは真っ赤なマンパスタイルに大変身した潮田玲子さんのガチ私服。夫婦円満の秘訣を聞くと当初はぶつかっていたがグレーにする事を覚えたという。私服の総額はおよそ20万5000円で評価はちょいモテと述べられた。キレイ系アイテムにヨゴレ系ボトムズの合わせにブーツのテイストミックスがとても上手と語られたが、ボトムスの丈のバランスがイマイチだという。デニムパンツの丈を直し、トレンドのジャケットもプラスしよりおしゃれになった。テイラードのジャケットを着るだけでおしゃれっぽくなり、ボトムスは一折してよりダメージ感が出された。


レーストップス

コーデバトルでは真っ赤なマンパスタイルに大変身した潮田玲子さんのガチ私服。夫婦円満の秘訣を聞くと当初はぶつかっていたがグレーにする事を覚えたという。私服の総額はおよそ20万5000円で評価はちょいモテと述べられた。キレイ系アイテムにヨゴレ系ボトムズの合わせにブーツのテイストミックスがとても上手と語られたが、ボトムスの丈のバランスがイマイチだという。デニムパンツの丈を直し、トレンドのジャケットもプラスしよりおしゃれになった。テイラードのジャケットを着るだけでおしゃれっぽくなり、ボトムスは一折してよりダメージ感が出された。


「潮田玲子」に関連するグルメ情報

ソフトクリーム

「”レイタ”は、子供たちの大好きなものを作るロボット。何を作る?」。潮田玲子は「アイス!」と答えて正解、ソフトクリームを作るロボットだった。自動たこやき機も、鉄板を振動させるなどのポイントもある。


「潮田玲子」に関連するグルメ情報

アイス

「”レイタ”は、子供たちの大好きなものを作るロボット。何を作る?」。潮田玲子は「アイス!」と答えて正解、ソフトクリームを作るロボットだった。自動たこやき機も、鉄板を振動させるなどのポイントもある。


「潮田玲子」に関連するグルメ情報

レイタ

「”レイタ”は、子供たちの大好きなものを作るロボット。何を作る?」。潮田玲子は「アイス!」と答えて正解、ソフトクリームを作るロボットだった。自動たこやき機も、鉄板を振動させるなどのポイントもある。


「潮田玲子」に関連するグルメ情報

なんこつ(1本)

一同が、「やきとん やまちゃん」の中で、「生ビール」「レバカツ(3ヶ所)」「なんこつ(1本)」などを食べながら、色々なことを話し合った。松岡昌宏たちは、小椋久美子を、美人アスリートの元祖だと話したり、浅尾美和について話した。小椋久美子は現役時代に、潮田玲子とペアを組んでおり、「オグシオ」と呼ばれていた。小椋久美子が、潮田玲子や、自分たちがペアを解消する時の、日本選手権や、自分がバドミントンを始めた理由などについて話した。やがて食事が終わり、この食事の明細書が紹介された。そして、一同が外に出て、次の目的地へ向かった。