ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「焼肉」の検索結果

「焼肉」に関連する雑学・豆知識 12件中 1〜10件目

「焼肉」に関連する雑学・豆知識

ナスのおいしい食べ方

「鎌倉野菜」の直売所・鎌倉市農協連即売所で野菜を販売していた農家の女性が、ナスのおいしい食べ方について教えていた。
この食べ方でナスを試食した女性リポーターは、
「ジューシーです!おいしい!歯応えとほのかな甘みが…。焼くことによって引き立つ香ばしさがいいですね」
と感激していた。

(1)ナスを縦に3、4つに切って、皮ごと焼く。
(2)こげたナスを焼肉のタレにつけて食べれば、旬のナスの味が最大に引き立てられるとのこと。しょうが醤油をかけるても良い。


「焼肉」に関連する雑学・豆知識

牛角ロール

牛角の社長が考えた焼肉の食べ方。マヨネーズと韓国みそが絡み合い、やみつきになる味だという。

(1)サンチュの上にごはんをのせる。
(2)タレにつけたカルビをのせる。
(3)マヨネーズをかける。
(4)最後に韓国みそをかける。


「焼肉」に関連する雑学・豆知識

ハラミのおいしい焼き方

焼肉店「虎の穴」のオーナーの男性が教えていた、肉を100倍おいしくするという棒ハラミの焼き方。
肉は柔らかいほうがいいというわけではなく、味、肉汁、歯ごたえの三要素が重要とのこと。できるだけ肉汁を閉じ込めながら食べるのがポイントだという。試食した出演者たちは、
「すごいな!」
「とろけたり柔らかさはないんですけど、固いとかじゃない」
と感激していた。

(1)「ミディアムレアレア」というレアに限りなく近いミディアムで、肉をしっかり焼く。
(2)箸で肉をつかんで、箸を持っていない方の手で肉をしっかり挟むように箸の先をつかみ、引きちぎるように食べる。


「焼肉」に関連する雑学・豆知識

カルビのおいしい焼き方

焼肉通を自称するタレントたちが教えていた、肉を100倍おいしくするという牛カルビの焼き方。
カルビを試食した女性タレントは、
「あ、おいしい」
と言いながら肉の味をかみ締めていた。

(1)肉が「ジュージュー」と音を出し始めたらひっくり返す。焼きすぎて肉汁を出しすぎないのがポイント。


「焼肉」に関連する雑学・豆知識

タン塩のおいしい焼き方

焼肉通を自称するタレントたちが教えていた、肉を100倍おいしくするというタン塩の焼き方。
また片面焼きという、肉の片面のみを焼いて、浮いてきた肉汁をこぼさないように食べる焼き方も教えていた。
極上タン塩を片面焼で食べた男性芸人は、
「めちゃめちゃうまい!これ自分で食べるのよりもっとうまい!」
と大感激していた。

(1)焼く前に火加減を調節する。網から15cmくらいの高さの所に手をおき、5カウントできないくらいの温度がベスト。
(2)表面に肉汁が浮いてきたらひっくり返す。何べんもひっくり返すのはよくない。
(3)
【片面焼き】
(1)片面を焼いて肉汁がたっぷり浮いてきたら、肉汁をこぼさないように箸でつかんでそのまま口に入れる。


「焼肉」に関連する雑学・豆知識

社長おすすめ焼肉のおいしい食べ方 〜しめ編〜

牛角の社長が豆富チゲのおいしい食べ方をレクチャーしていた。

(1)ご飯に小さな穴をあける
(2)豆富チゲの半熟玉子を穴の中へ
(3)最後に豆富チゲをたっぷりとかける


「焼肉」に関連する雑学・豆知識

社長おすすめ焼肉のおいしい食べ方 〜タン塩編〜

牛角の社長がタン塩のおいしい食べ方をレクチャーしていた。

(1)片面はコゲ目がつくまで焼く
(2)もう片面は少し焼く
(3)焼いた後にネギみじんをたっぷりのせる


「焼肉」に関連する雑学・豆知識

ジモン流焼肉の賢い食べ方 家庭編

肉に関する著書も多数出版している寺門ジモンが、スタジオで実演を交えながら伝授していた。
もみダレを使った焼肉を食べた出演者たちは
「すげ〜すごい高い肉!」
「高級店の味!」
と感激していた。

<肉の買い方>
・肉は自家製コロッケを置く肉屋で買うべし!
自家製コロッケは、大きな肉を仕入れて余った肉で作るので、信頼できる店が多い。
・肉屋ではモモ肉を買うべし!
カルビ、ロースに比べて割安で脂や甘みも程よく焼肉に適している。
・ジモン流焼肉用もみダレを使う!
<作り方>
(1)お肉に市販のタレを絡める。
(2)前日作って寝かせておいた「おろしニンニク」、砂糖一つまみ、ごま油を入れよく揉み合わせる。


「焼肉」に関連する雑学・豆知識

ジモン流美味しい焼肉の焼き方

肉に関する著書も多数出版している寺門ジモンが、スタジオで実演を交えながら伝授していた。

※鉄板の部分に線が入っていて、脂が下皿に落ちる最新の焼肉ホットプレートを使うとよい。
(1)鉄板がしっかりと熱せられているかを必ず確認する。(水を1〜2滴落として丸まって蒸発すればOK)
(2)熱々の鉄板に肉をのせたら、やさしくワンタッチして後は触らない。
(3)テフロン加工の場合、肉を焼くたびに表面をきれいに拭くと、より美味しく焼ける。
【ロースのおいしい焼き方】
・焼きすぎ厳禁。表面の色が変わったらすぐひっくり返す。
スタジオでは片面3秒くらいで焼き上げて、出演者からは
「生じゃない?」
と文句が出ていたが、一口食べた司会者は
「うまい!」
とうっとりしていた。
【カルビの焼き方】
・カルビは表面に肉汁が浮いてきたらひっくり返すし、もう片面を軽く焼いたら食べる。


「焼肉」に関連する雑学・豆知識

ホットプレートで 焼き肉店の美味しい焼き肉を 家庭でも楽しめる賢コツ!!

焼肉店の店長が教えていた、焼肉店の美味しい焼肉を家庭のホットプレートでも楽しめる賢コツ。
アルミホイルを使うと、肉が焦げたり硬くなる原因の脂を効率よく取り除けるため、焼肉店のように美味しい肉が焼けるという。

<方法>
1.アルミホイルを広げ、ホットプレートの大きさに切る。
2.アルミホイルを軽く丸める。
3.破れないようにもとの大きさに広げる。表面にはっきりとした凹凸をつけるのがポイント。
4.アルミホイルをホットプレートの上に置き、ふちを1センチほど折り曲げる。
5.ホットプレートの温度を250℃に設定する。
6.アルミホイルが加熱されたら肉をのせて焼く。