ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「猫」の検索結果

「猫」に関連する情報 58314件中 1〜10件目

「猫」に関連する音楽・CD

そうだ、僕は恋をしたんだ。

手羽先センセーション「そうだ、僕は恋をしたんだ。」のMV映像。

スタジオでは手羽先センセーション「そうだ、僕は恋をしたんだ。」のMV映像について話題になった。この曲はアルバム「手羽先センセーション」の収録曲だという。カワイレナはMVは高いところで撮影したので怖さとの戦いだったと語った。またこれまでに心が騒いだエピソードについて話題になった。佐山すずかは猫を飼ったことと語り、カワイレナは行きたかったラーメンが閉まっていたという話をした。


「猫」に関連する音楽・CD

佐山すずかとカワイレナに手羽先センセーションがどのようなグループなのか聞いた。 手羽先センセーションはグループ名のわりには意外と王道なアイドルだとカワイレナは語った。またカワイレナから見た佐山すずかや、佐山すずかから見たカワイレナについて話題になった。最後にニューアルバム「手羽先センセーション」が宣伝された。

スタジオでは手羽先センセーション「そうだ、僕は恋をしたんだ。」のMV映像について話題になった。この曲はアルバム「手羽先センセーション」の収録曲だという。カワイレナはMVは高いところで撮影したので怖さとの戦いだったと語った。またこれまでに心が騒いだエピソードについて話題になった。佐山すずかは猫を飼ったことと語り、カワイレナは行きたかったラーメンが閉まっていたという話をした。

「手羽先センセーション〔Type-B〕」

Amazon.co.jp


浅草公会堂

能町は愛猫への想いを語り、歌詞に採用された。さらにヒャダインもペットへの想いを語り、迫りくるペットロスへの不安を語ったが岡村とディスカッションをし、さらなる展開を模索。さらに岡村の声のアシストが入ることを前提に歌詞が作成された、岡村は作品の思いを語った後に一連の流れの確認が行われた。

さらに曲がアレンジされ、おしゃれな雰囲気に仕上がった。さらに岡村はそれぞれ飼っているペットの名前を叫ぶよう促した。さらにヒャダインは岡村に出演者の叫びに呼応するような台詞が入るという。


「猫」に関連する音楽・CD

ボヘミアン・ラプソディ

能町は愛猫への想いを語り、歌詞に採用された。さらにヒャダインもペットへの想いを語り、迫りくるペットロスへの不安を語ったが岡村とディスカッションをし、さらなる展開を模索。さらに岡村の声のアシストが入ることを前提に歌詞が作成された、岡村は作品の思いを語った後に一連の流れの確認が行われた。


松山市の飛鳥乃温泉から中継。町で自慢の歌うまさんとして今年中学生になった宇都宮聖くんを紹介。これまで数々のコンテストで優秀な成績をおさめてきた。森山直太朗さんが書き下ろした花を披露。緊張したけど楽しく歌えたと歌唱後にコメントがあった。


新大阪駅

全国の建築士 ひらめきの突破劇の再現VTR。一級建築士・古賀のもとに狭小住宅の難条件だらけの依頼が舞い込んだ。土地は新大阪駅徒歩圏内で13.4坪(駐車場2台分)。ショコラティエの依頼人は、この土地に店を出したいのだという。依頼内容は、1階にオシャレで開放感のあるショップと厨房、材料の貯蔵庫、2〜3階に事務所兼寝室と猫が遊べる広いLDK、猫も洗える広い浴室、猫用品をしまう収納。おまけに家全体を明るくしてほしいというのが希望だった。今回の建蔽率は80%。古賀が土地の下見を行うと、3方向は建物に囲まれていた。そこで古賀は、1階がショップと厨房、貯蔵庫、2階が水回りと寝室兼事務所、3階がLDKとすることに。玄関は1階に1つだけ。1階から2階への階段は小回りがきく螺旋階段、2階から3階への階段は仕事と家庭のメリハリをつけられる直線階段に。しかし、古賀は「家全体を明るくしてほしい」という希望を叶えられずにいた。3方向を囲まれているため壁に窓をつけても日当たりが見込めず、大きな天窓はコストと断熱性に問題がありマンションからも丸見え。


円谷プロ

インタビューで長澤まさみは内容について言ってはいけないことがたくさんあるとコメント。西島秀俊は子どもの頃に戻ったようにワクワクしたとコメント。ウルトラマンになる役を演じた斎藤工はウルトラマンと不思議な縁があったという。斎藤工は当時、家にテレビがなく、フィギュアだけあったので、その形から物語を勝手に想起していたといい、ウルトラマンは想像の源だと明かした。撮影時に脚本が分厚く驚いたという。樋口監督がとても幸せそうに仕事をしていたという。本作で監督が拘ったのはアングル。見たことないアングルを追求するため、複数のカメラで同時に撮影していたという。また、出演者がカメラを持って撮影することもあったという。出演者にカメラをもたせた理由について監督は「チームの人間関係や関係性の表情がどこまで紡げるか」などとコメント。「シン・ウルトラマン」の魅力を「つたわれ〜」にのせてプレゼンする。長澤まさみは「ウルトラマンのかっこよさ・美しさ つたわれ〜」とした。今作のウルトラマンの特徴はカラータイマーがないこと。西島秀俊は「某アニメ作品だと思ったタイミングがあるのつたわれ〜」とした。猫背感やフォルムが似ているという。斎藤工は「再撮して1年老けているシーンがあるの つたわれ〜」とした。


「猫」に関連する映画・DVD

シン・ウルトラマン

今日は話題の映画「シン・ウルトラマン」を特集する。斎藤工らキャストにインタビューをした。主題歌は米津玄師が担当。

先週金曜日に公開された映画「シン・ウルトラマン」は公開5日間で80万人を動員。映画の公開を記念し横浜には高さ10mの巨大ウルトラマンが登場。都内でも至るところにシンウルトラマンの姿があった。斎藤工らキャスト3人にインタビュー。映画の舞台裏を紹介する。

インタビュー冒頭、3人に好きな季節を問うと斎藤工のみ秋であとは夏。ウルトラマンが誕生したのは1966年。巨大な怪獣とウルトラマンが戦う姿に多くの人が魅了され最高視聴率は42.8%だった。以来、半世紀以上にわたり愛される特撮シリーズとなった。初代ウルトラマンが「シン・ウルトラマン」として現代に蘇った。企画・脚本を手掛けたのは庵野秀明さん。監督は樋口真嗣氏。物語は謎の巨大生物が出現し、危機に陥った日本。政府はスペシャリストを集めた組織をつくり、応戦していた。しかし、攻撃が利かず苦戦していた時、空から現れた銀色の巨人が謎の生物を撃破。この巨人の正体を探るため、新たな仲間も加わった。ウルトラマンは人類の敵なのか、味方なのか。現代を舞台にウルトラマンが初めて現れた世界を描く。

インタビューで長澤まさみは内容について言ってはいけないことがたくさんあるとコメント。西島秀俊は子どもの頃に戻ったようにワクワクしたとコメント。ウルトラマンになる役を演じた斎藤工はウルトラマンと不思議な縁があったという。斎藤工は当時、家にテレビがなく、フィギュアだけあったので、その形から物語を勝手に想起していたといい、ウルトラマンは想像の源だと明かした。撮影時に脚本が分厚く驚いたという。樋口監督がとても幸せそうに仕事をしていたという。本作で監督が拘ったのはアングル。見たことないアングルを追求するため、複数のカメラで同時に撮影していたという。また、出演者がカメラを持って撮影することもあったという。出演者にカメラをもたせた理由について監督は「チームの人間関係や関係性の表情がどこまで紡げるか」などとコメント。「シン・ウルトラマン」の魅力を「つたわれ〜」にのせてプレゼンする。長澤まさみは「ウルトラマンのかっこよさ・美しさ つたわれ〜」とした。今作のウルトラマンの特徴はカラータイマーがないこと。西島秀俊は「某アニメ作品だと思ったタイミングがあるのつたわれ〜」とした。猫背感やフォルムが似ているという。斎藤工は「再撮して1年老けているシーンがあるの つたわれ〜」とした。

もう1つ話題になっているのが米津玄師が書き下ろした主題歌。ウルトラマンはM78星雲からやってきたという設定。このあと米津玄師でインタビューでタイトルの秘密がわかる。


大人気広島スイーツのエントリーナンバー2は「尾道プリン」(420円)。このプリンはカラメルソースではなくレモンソースをかけた食べる。そのレモンソースは魚の醤油容器に入っている。店の名前が「おやつとやまねこ」で、広島県尾道市は”猫の町”と呼ばれており、その猫の好物「魚」の容器に入れるという店主の遊び心から誕生した。「尾道プリン」は地元で採れた新鮮な牛乳と卵を混ぜ合わせ、砂糖の代わりにてんさい糖を加え、素材の味を引き立てる優しい甘さに。そしてオーブンで約40分湯煎する。瓶に厚みがあるためゆっくりと火が通り、なめらかな食感になる。付属の醤油容器に入った酸味豊かな尾道産レモンで作られたレモンソースをかけていただく。


「猫」に関連するグルメ情報

レモン

大人気広島スイーツのエントリーナンバー2は「尾道プリン」(420円)。このプリンはカラメルソースではなくレモンソースをかけた食べる。そのレモンソースは魚の醤油容器に入っている。店の名前が「おやつとやまねこ」で、広島県尾道市は”猫の町”と呼ばれており、その猫の好物「魚」の容器に入れるという店主の遊び心から誕生した。「尾道プリン」は地元で採れた新鮮な牛乳と卵を混ぜ合わせ、砂糖の代わりにてんさい糖を加え、素材の味を引き立てる優しい甘さに。そしてオーブンで約40分湯煎する。瓶に厚みがあるためゆっくりと火が通り、なめらかな食感になる。付属の醤油容器に入った酸味豊かな尾道産レモンで作られたレモンソースをかけていただく。

大人気広島スイーツのエントリーナンバー3はジェラート「しまなみドルチェ」。広島県内で収穫されたフルーツの果汁で作られており、「楽天ジェラート部門」で17年連続第1位を獲得している。レモンの生産量日本一の広島県にある生口島のジェラート店「しまなみドルチェ」のジェラート。中でも人気なのが広島名産の柑橘類を使ったジェラート。新鮮な柑橘類などを専用のジューサーに入れて果汁を抽出。さらに本場イタリア産の機械を使ってマイナス26度で瞬間冷凍することにより、皮の苦味や渋みを抑えることができフルーツをそのまま食べているかのようなフレッシュ感を実現している。


検索結果の絞り込み


  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。