ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「琉球大学動物生態学研究室」の検索結果

「琉球大学動物生態学研究室」に関連する情報 10件中 1〜10件目

琉球大学動物生態学研究室

長崎県対馬で、野生のカワウソが少なくとも3匹いる事が確認された。カワウソは、朝鮮半島から流れてきたユーラシアカワウソとみられている。環境省は、繁殖が確認された場合は、国内で絶滅したとするカワウソの分類について検討していくとしている。


琉球大学動物生態学研究室

長崎県対馬では野生カワウソが少なくとも3匹いる事が確認された。見つかったフンの分析からオス2匹とメス1匹の可能性が高い。カワウソは朝鮮半島から流れてきたユーラシアカワウソとみられている。環境省は繁殖が確認された場合は国内で絶滅したとするカワウソの分類について検討していくとしている。


琉球大学動物生態学研究室

ことし2月、38年ぶりに日本国内でカワウソの姿が捉えられた。撮影したのは、琉球大学がツシマヤマネコの生態研究のため長崎・対馬市に設置していたカメラだった。国内で最後に野生のカワウソが確認されたのは38年前。高知・須崎市でその姿が撮影された。今回見つかったカワウソがニホンカワウソだとすれば世紀の大発見となる。江戸時代の記録には対馬市に生息する動物としてカワウソが記載されており、対馬の住人らは60年前にカワウソを見たことがあると話した。環境省は先月、対馬で環境調査を実施。調査の結果フンが2つ発見され、それぞれオスとメスのものだった可能性があるとのこと。対馬から50km離れた韓国沿岸部にはユーラシアカワウソが生息しており、泳いで渡ってきた可能性も。今回の調査ではニホンカワウソかどうかの断定ができなかった。環境省は今月下旬にも更なる調査を行う予定。


クニマス

日本で38年ぶりにカワウソが発見されたのは、ことし2月6日に琉球大学動物生態学研究室がツシマヤマネコの生態調査のために設置した自動撮影装置に映っていたという。ニホンカワウソかどうかは未解明だが、「対馬において細々と生き残っていた」・「韓国から泳いで渡って来た」・「海外から何らかの人間活動によって移動して来た」可能性が考えられるという。細々と生き残っていた可能性について、カワウソは昼間でも活動し目立つ所に糞をするため1頭でも痕跡が見つかる動物で、野生での寿命は8年と言われていて対馬で発見されていない50年以上代を続けない限り存続は難しいという。韓国から泳いで渡って来た可能性は、対馬まで約50kmあるが朝鮮半島から海流に乗って来た可能性が高いという。カワウソは本土から約20km離れた島にも生息しているため、約20kmは泳ぐことができるという。数年前にさかなクンによってクニマスが発見されたこともあり、絶滅と思われていた動物が発見されるのは嬉しいなどと本村さんらがコメントした。


ニジマス

日本で38年ぶりにカワウソが発見されたのは、ことし2月6日に琉球大学動物生態学研究室がツシマヤマネコの生態調査のために設置した自動撮影装置に映っていたという。ニホンカワウソかどうかは未解明だが、「対馬において細々と生き残っていた」・「韓国から泳いで渡って来た」・「海外から何らかの人間活動によって移動して来た」可能性が考えられるという。細々と生き残っていた可能性について、カワウソは昼間でも活動し目立つ所に糞をするため1頭でも痕跡が見つかる動物で、野生での寿命は8年と言われていて対馬で発見されていない50年以上代を続けない限り存続は難しいという。韓国から泳いで渡って来た可能性は、対馬まで約50kmあるが朝鮮半島から海流に乗って来た可能性が高いという。カワウソは本土から約20km離れた島にも生息しているため、約20kmは泳ぐことができるという。数年前にさかなクンによってクニマスが発見されたこともあり、絶滅と思われていた動物が発見されるのは嬉しいなどと本村さんらがコメントした。


ユーラシアカワウソ

日本で38年ぶりにカワウソが発見されたことについて、対馬では江戸時代はカワウソがいたがその後骨などは見つかっておらず生息が不明だったという。ニホンカワウソは1979年に高知県須崎市の新荘川で高知放送のカメラが撮影して以降30年以上生息が確認できていないことから2012年に絶滅種に指定された。映像だけではニホンカワウソかどうか確認はできず、アジア〜ヨーロッパにかけて広く生息する「ユーラシアカワウソ」の亜種なのか別の種なのかが学問的に決着がついていないという。

日本で38年ぶりにカワウソが発見されたのは、ことし2月6日に琉球大学動物生態学研究室がツシマヤマネコの生態調査のために設置した自動撮影装置に映っていたという。ニホンカワウソかどうかは未解明だが、「対馬において細々と生き残っていた」・「韓国から泳いで渡って来た」・「海外から何らかの人間活動によって移動して来た」可能性が考えられるという。細々と生き残っていた可能性について、カワウソは昼間でも活動し目立つ所に糞をするため1頭でも痕跡が見つかる動物で、野生での寿命は8年と言われていて対馬で発見されていない50年以上代を続けない限り存続は難しいという。韓国から泳いで渡って来た可能性は、対馬まで約50kmあるが朝鮮半島から海流に乗って来た可能性が高いという。カワウソは本土から約20km離れた島にも生息しているため、約20kmは泳ぐことができるという。数年前にさかなクンによってクニマスが発見されたこともあり、絶滅と思われていた動物が発見されるのは嬉しいなどと本村さんらがコメントした。


ツシマヤマネコ

絶滅種である「ニホンカワウソ」の可能性があるカワウソが長崎県対馬で確認された。ことし2月6日に琉球大学の研究チームがツシマヤマネコの調査のため設置していた自動撮影装置に映り込んだもので、プロポーションや顔立ちからカワウソだというのは間違いないという。日本国内で「カワウソ」が確認されたのは38年ぶりで、カワウソはかつて日本列島の川辺などに生息していて、1964年に「ニホンカワウソ」が天然記念物に指定された。ニホンカワウソは1979年に高知放送のカメラがとらえて以来姿は確認されなくなり、原因は水質の悪化や密漁にあるという。30年以上生息が確認できていないため、環境省は2012年に「絶滅種」に指定した。7月から環境省が生息状況を調査していて、比較的新しい痕跡が見つかればDNA解析からカワウソの正体などの手掛かりが得られるという。カワウソの発見には3つの可能性があり、NNNヘリが対馬上空を撮影した。

日本で38年ぶりにカワウソが発見されたのは、ことし2月6日に琉球大学動物生態学研究室がツシマヤマネコの生態調査のために設置した自動撮影装置に映っていたという。ニホンカワウソかどうかは未解明だが、「対馬において細々と生き残っていた」・「韓国から泳いで渡って来た」・「海外から何らかの人間活動によって移動して来た」可能性が考えられるという。細々と生き残っていた可能性について、カワウソは昼間でも活動し目立つ所に糞をするため1頭でも痕跡が見つかる動物で、野生での寿命は8年と言われていて対馬で発見されていない50年以上代を続けない限り存続は難しいという。韓国から泳いで渡って来た可能性は、対馬まで約50kmあるが朝鮮半島から海流に乗って来た可能性が高いという。カワウソは本土から約20km離れた島にも生息しているため、約20kmは泳ぐことができるという。数年前にさかなクンによってクニマスが発見されたこともあり、絶滅と思われていた動物が発見されるのは嬉しいなどと本村さんらがコメントした。


ニホンカワウソ

絶滅種である「ニホンカワウソ」の可能性があるカワウソが長崎県対馬で確認された。ことし2月6日に琉球大学の研究チームがツシマヤマネコの調査のため設置していた自動撮影装置に映り込んだもので、プロポーションや顔立ちからカワウソだというのは間違いないという。日本国内で「カワウソ」が確認されたのは38年ぶりで、カワウソはかつて日本列島の川辺などに生息していて、1964年に「ニホンカワウソ」が天然記念物に指定された。ニホンカワウソは1979年に高知放送のカメラがとらえて以来姿は確認されなくなり、原因は水質の悪化や密漁にあるという。30年以上生息が確認できていないため、環境省は2012年に「絶滅種」に指定した。7月から環境省が生息状況を調査していて、比較的新しい痕跡が見つかればDNA解析からカワウソの正体などの手掛かりが得られるという。カワウソの発見には3つの可能性があり、NNNヘリが対馬上空を撮影した。

日本で38年ぶりにカワウソが発見されたことについて、対馬では江戸時代はカワウソがいたがその後骨などは見つかっておらず生息が不明だったという。ニホンカワウソは1979年に高知県須崎市の新荘川で高知放送のカメラが撮影して以降30年以上生息が確認できていないことから2012年に絶滅種に指定された。映像だけではニホンカワウソかどうか確認はできず、アジア〜ヨーロッパにかけて広く生息する「ユーラシアカワウソ」の亜種なのか別の種なのかが学問的に決着がついていないという。

日本で38年ぶりにカワウソが発見されたのは、ことし2月6日に琉球大学動物生態学研究室がツシマヤマネコの生態調査のために設置した自動撮影装置に映っていたという。ニホンカワウソかどうかは未解明だが、「対馬において細々と生き残っていた」・「韓国から泳いで渡って来た」・「海外から何らかの人間活動によって移動して来た」可能性が考えられるという。細々と生き残っていた可能性について、カワウソは昼間でも活動し目立つ所に糞をするため1頭でも痕跡が見つかる動物で、野生での寿命は8年と言われていて対馬で発見されていない50年以上代を続けない限り存続は難しいという。韓国から泳いで渡って来た可能性は、対馬まで約50kmあるが朝鮮半島から海流に乗って来た可能性が高いという。カワウソは本土から約20km離れた島にも生息しているため、約20kmは泳ぐことができるという。数年前にさかなクンによってクニマスが発見されたこともあり、絶滅と思われていた動物が発見されるのは嬉しいなどと本村さんらがコメントした。


カワウソ

絶滅種である「ニホンカワウソ」の可能性があるカワウソが長崎県対馬で確認された。ことし2月6日に琉球大学の研究チームがツシマヤマネコの調査のため設置していた自動撮影装置に映り込んだもので、プロポーションや顔立ちからカワウソだというのは間違いないという。日本国内で「カワウソ」が確認されたのは38年ぶりで、カワウソはかつて日本列島の川辺などに生息していて、1964年に「ニホンカワウソ」が天然記念物に指定された。ニホンカワウソは1979年に高知放送のカメラがとらえて以来姿は確認されなくなり、原因は水質の悪化や密漁にあるという。30年以上生息が確認できていないため、環境省は2012年に「絶滅種」に指定した。7月から環境省が生息状況を調査していて、比較的新しい痕跡が見つかればDNA解析からカワウソの正体などの手掛かりが得られるという。カワウソの発見には3つの可能性があり、NNNヘリが対馬上空を撮影した。

日本で38年ぶりにカワウソが発見されたことについて、対馬では江戸時代はカワウソがいたがその後骨などは見つかっておらず生息が不明だったという。ニホンカワウソは1979年に高知県須崎市の新荘川で高知放送のカメラが撮影して以降30年以上生息が確認できていないことから2012年に絶滅種に指定された。映像だけではニホンカワウソかどうか確認はできず、アジア〜ヨーロッパにかけて広く生息する「ユーラシアカワウソ」の亜種なのか別の種なのかが学問的に決着がついていないという。

日本で38年ぶりにカワウソが発見されたのは、ことし2月6日に琉球大学動物生態学研究室がツシマヤマネコの生態調査のために設置した自動撮影装置に映っていたという。ニホンカワウソかどうかは未解明だが、「対馬において細々と生き残っていた」・「韓国から泳いで渡って来た」・「海外から何らかの人間活動によって移動して来た」可能性が考えられるという。細々と生き残っていた可能性について、カワウソは昼間でも活動し目立つ所に糞をするため1頭でも痕跡が見つかる動物で、野生での寿命は8年と言われていて対馬で発見されていない50年以上代を続けない限り存続は難しいという。韓国から泳いで渡って来た可能性は、対馬まで約50kmあるが朝鮮半島から海流に乗って来た可能性が高いという。カワウソは本土から約20km離れた島にも生息しているため、約20kmは泳ぐことができるという。数年前にさかなクンによってクニマスが発見されたこともあり、絶滅と思われていた動物が発見されるのは嬉しいなどと本村さんらがコメントした。


琉球大学

絶滅種である「ニホンカワウソ」の可能性があるカワウソが長崎県対馬で確認された。ことし2月6日に琉球大学の研究チームがツシマヤマネコの調査のため設置していた自動撮影装置に映り込んだもので、プロポーションや顔立ちからカワウソだというのは間違いないという。日本国内で「カワウソ」が確認されたのは38年ぶりで、カワウソはかつて日本列島の川辺などに生息していて、1964年に「ニホンカワウソ」が天然記念物に指定された。ニホンカワウソは1979年に高知放送のカメラがとらえて以来姿は確認されなくなり、原因は水質の悪化や密漁にあるという。30年以上生息が確認できていないため、環境省は2012年に「絶滅種」に指定した。7月から環境省が生息状況を調査していて、比較的新しい痕跡が見つかればDNA解析からカワウソの正体などの手掛かりが得られるという。カワウソの発見には3つの可能性があり、NNNヘリが対馬上空を撮影した。

日本で38年ぶりにカワウソが発見されたのは、ことし2月6日に琉球大学動物生態学研究室がツシマヤマネコの生態調査のために設置した自動撮影装置に映っていたという。ニホンカワウソかどうかは未解明だが、「対馬において細々と生き残っていた」・「韓国から泳いで渡って来た」・「海外から何らかの人間活動によって移動して来た」可能性が考えられるという。細々と生き残っていた可能性について、カワウソは昼間でも活動し目立つ所に糞をするため1頭でも痕跡が見つかる動物で、野生での寿命は8年と言われていて対馬で発見されていない50年以上代を続けない限り存続は難しいという。韓国から泳いで渡って来た可能性は、対馬まで約50kmあるが朝鮮半島から海流に乗って来た可能性が高いという。カワウソは本土から約20km離れた島にも生息しているため、約20kmは泳ぐことができるという。数年前にさかなクンによってクニマスが発見されたこともあり、絶滅と思われていた動物が発見されるのは嬉しいなどと本村さんらがコメントした。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (10)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (10)